356 :鬼女の秘密 2019/01/18(金) 09:57:42 ID:CiuHowAJ.net
    友達と友達の彼氏との3人でご飯を食べに行く事になった。
    私は友彼とは初対面でどんな人かなーとワクワクしていたら誰でも知ってるスポーツカーで現れた。
    中古だけどイニD見てずっと憧れてた車だと友彼。
    なんかよく解らないけど半年に1回エンジンルームをクリーニング?しないといけなくて1回60万くらいかかるとか話しててお金持ちなんだなーとおもった。
    スポーツカーはガス代が高いと会社の先輩から聞いてたのでガソリン代として1,000円と運転代としてファミレスの自販機で友彼の吸ってるタバコを買って渡した。
    少ないかも知れないけど待ち合わせ場所からファミレスまで車で5分くらいだったのでこの件は叩かないで欲しい。
    後部座席は狭かった。

    食事後自分の分は自分で払うつもりだったけど友彼から3人分を÷2できっちり一円単位で請求された。友達は慌ててた。
    友彼が一番多く食べてるのに?と不満に思って「割り勘じゃなくて自分の分だけ払います」って言ったら不機嫌になった。

    この食事の2ヶ月後くらいに友達は別れた。
    割り勘が1円単位な事、割り勘したいから「俺より高いもん食うなよ」言われる事、
    ドリンクバーを注文しないで友達のをこっそり飲もうとすること、飲まれるのが嫌で注文しなくなったら「ドリンクバー頼まんとかせっこww」とバカにする事、
    あの日は私がいるから見栄張ってファミレス行ったけどいつもは4玉まで大盛り無料のうどん屋(量は多いけどまずい)しか行かない事、
    袋ラーメンを作るときに二人なのに1袋を分け合う事、
    彼氏一人だと袋ラーメンを4等分して4食分にする事。その時スープは使わず塩や醤油で味付けしてスープは5食目にする事。
    会社の喫煙所で他人のあまり吸ってないタバコ(シケモク)探しをしてる事。
    が嫌だったと言っていた。
    車のローンで極貧だったらしい。
    そんなつるぴかハゲ丸みたいな人いることが衝撃だった。
    タスポがまだない時代の話。今ならタバコは高いからあげないわ。

    955 :鬼女の秘密 2019/02/01(金) 06:38:17 ID:XKK8+5Ro.net
    5年以上前の話
    付き合ってた元彼の家に遊びに行ってトイレを借りたら
    トイレットペーパーの横から見た部分にサインペンで某大型スーパーの名前が書いてあった
    十中八九窃盗品じゃん!と思ってドン引き
    盗品でお尻拭くの嫌でウォッシュレット使ったら
    ウォッシュレットの音を聞きつけた元彼が
    トイレのドアの前で「水がもったいないからトイレットペーパーでふけよ!」って怒鳴ってきて更にドン引き

    付き合ってた当時、デート中ところどころケチでセコいことをする彼を見て「節約上手な人だなぁ~」とか思ってたのが不思議

    371 :鬼女の秘密 2019/01/18(金) 15:19:48 ID:wdwq8Spq.net
    旅行で知り合った人を好きになり旅行の後2週間くらい経ってからまた会いに行ったりしてた
    2~3ヶ月くらいは連絡を取り合ってたしプレゼントも送ってくれた
    結局は遠距離でフェードアウトしたんだけど、20年以上経ってからネット上でその彼を見つけて友達申請したら承認されたので、懐かしくなってメッセージ送ったらこちらの事を完全に忘れていた
    私としてはそれも衝撃だったんだけど
    改めてメッセージのやり取りをしていたら、その人と私は血液型と星座が同じ、子供の年齢、乗ってる車種、色も同じ
    子供の名前も、読みこそ違うものの全く同じ漢字を使ってた(流行りの名前じゃない)
    忘れられてたし色々似通ってて、気味が悪くなってメッセージするのやめたw

    412 :鬼女の秘密 2018/12/15(土) 05:09:08 ID:1Ekg5cRK.net
    ドライブデートして夜に彼女の家に送る最中、野良猫の団体に遭遇した
    住宅街なせいか道路の真ん中で普通にくつろいでて、よく見たら足元おぼつかない子猫もいる
    こっちの車にもまるでビビらず
    俺も彼女も動物好きで猫カフェとかモフモフ動画とか一緒に見てたから「可愛い」と思ったけど、とりあえず猫にどいてもらわないと進めない
    助手席の彼女に「猫を道の端に移動させてくれ」と頼んだら
    「えっ?やだよ!野良猫触るの無理なんだけど」
    動物好きじゃねーのかよ!と思ったけど確かに野良猫は衛生面が心配なのもわかる
    でもこの状況じゃお前がやるしかないだろ…
    ウェットティッシュあるから、とか、最寄りのコンビニのお手洗いですぐ手を洗おう、といろいろ言ったけど拒否
    仕方なく俺が車から降りて猫を道の脇に寄せるものの、俺が運転席に戻って発進しようとするとなぜかすぐに道路の真ん中に出てくる
    30分近く1人で猫を運んでようやく発進できた
    その間彼女は「野良猫は病気持ってるのに」「引っかかれたりしてない?」「あの耳のやつ病気だよ」「よく触れるね~うわぁ」と助手席から声だけかけてくる
    この時点ですでに気持ちが氷点下でとりあえず彼女を送り届けた後に「別れよう」とライン。冷めた理由も伝えた
    そしたら「野良猫は病気が!」「目とか耳とか汚かった!」「あの猫が集会してた家が餌付けしてると思う!無責任なことして繁殖させるからさっきみたいなことに!」とかなんか来たけど
    「じゃああの場で触らずにそのまま発進して轢き杀殳せばよかったのか?」と言えば「そうじゃないけど……」とゴニョゴニョ

    確かに猫好きだからって不衛生な猫も平等に可愛がれ!は無理なのはわかる
    わかるけどもうちょっとなんかあっただろうとモヤモヤしてる
    ちなみに野良猫のくせに人馴れしてたのでお触りはもちろん身体スリスリもしてくれた

    704 :鬼女の秘密 2019/02/22(金) 18:56:34 ID:YIw.xf.pa
    双子妊娠中
    主人が度々、チャイルドシート一つ買えばもう一ついらなくない?もう1人は抱っこすればいいしということを言ってきた
    いるかいらないか賛否両論分かれるベビーカー、ベビーベッドなら分からんでもないが
    車必須の地域でよりによってチャイルドシートをいらないと言う意味が分からない
    道路交通法で決まっていること、何より抱っこでは事故に遭ったときにどんだけ危険かをその都度教えてきて
    その場では納得するも、また思い出したかのようにチャイルドシートいらなくない?と言ってくる
    主人はケチで無知なのでてっきりその延長かと思っていたが最近になってもしかしたら義母のために言ってるのかなという疑惑が…
    というのも双子出産後、退院時に義母も連れて来たいと言われたから
    出産後はわたし実家に里帰り予定、切迫早産で入院していることもあり荷物は実母に任せ
    双子はわたしたち夫婦の車に乗せるつもりだった
    わたしたちの車は5人乗りだがチャイルドシートを二台乗せると双子入れて4人までしか乗れない
    加えて義母は運転できないのでただ退院するだけなのに何故義母が来るのか意味不明(出産日には呼ぶつもりだし)
    第一、その方法だと退院後はわたしたちの車には義母は乗れないし義母は実母の車に乗るつもりなのか?
    もしかすると主人、義母、双子でわたしたちの車に乗って
    わたしは実母と荷物と一緒に帰らせるつもりなのか?と色々考えてたけど結局、話し合って実母も義母も退院時は来ないようにした
    その際に義母にどの車に乗ってもらうつもりだったか聞いたところ
    主人の答えが義母はわたしたちの車に乗ってもらい双子の1人はチャイルドシートに乗せ、もう1人はわたしが抱っこすればいいかなと思っていたと言われ
    だからあんなにチャイルドシート一つにこだわっていたのか!と辻褄が合った
    主人はマザコンなので納得すると同時に我が子より義母のことしか考えてないことに幻滅
    そもそも運転して荷物が運べるわけではない義母をただ退院するだけなのに呼びたかったのも
    わたしの実母は退院時来るのにボクチンのママは来れないのは可哀想!みたいな暴走だったっぽい
    だから退院時は実母も呼ばず親子4人での退院に決定になったけどこんなマザコンが父親になれるのか心配になってきた

    619 :鬼女の秘密 2020/11/27(金) 16:22:06 ID:J1Gdm1sU.net
    高校生の頃、漫画読むのが好きで集めてたんだけど
    中学生だった妹に漫画をお勧めしても「読まなーい興味なーい」って感じだった

    ある日、妹の机に可愛い柄のノートが置いてあったんで、どこで買ったんだろう?とペラペラ~とめくってみたんだけどその内容に目を疑った
    私の集めてた某少年漫画のイケメンキャラと女の子のキャラクターがイチャイチャしてる絵や小説
    女の子は漫画に登場しないキャラで、髪型や服装等が妹の特徴を捉えてる
    小説は…キャラと自分の恋愛を書いた小説、いわゆる夢小説だった
    しかも、キャラと妹は血の繋がってない兄妹の設定
    血の繋がってない妹にキャラは「(かっかわいい…///)」とスラッシュを多用しデレデレで
    妹はそんな兄に「ほぇ?お兄ちゃんなんで顔赤いの?」って感じのやつ
    勝手に読んでしまって悪いと思ってるが、妹が普段から私が漫画を勧めた時「読みたい!」と積極的であれば
    ノートを見た時すぐに察して閉じたかもしれないが
    いつも「興味なーい」って態度だったから、ノートに書いてある絵や小説に対して
    「え?なにこれ?嘘でしょ?妹が描いたの?いやあの子非ヲタだし、そんなわけないよなぁ」と
    理解するまでに時間がかかって、つい読み進めてしまった

    967 :鬼女の秘密 2019/02/01(金) 13:42:05 ID:5al/0wHm.net
    数年前控えめな女忄生が気になってたけどその人のSNSを見たら
    自分は顔以外何もないとか顔だけ女とか書かれていた
    その他去年だけで5人以上に言い寄られて辛かったとか
    アプローチは基本的に気持ち悪いとか
    人とあまり関わらない自分でそうなんだから他の人はもっとそんなことがあるだろうとか書かれていた

    117 :鬼女の秘密 2019/12/22(日) 05:57:12 ID:sg.zw.L1
    数年前の事なんだが、登場人物は一人を除いて幸せになってます。

    弟が当時付き合ってた彼女にプロポーズした時の話。
    無事OKを貰って、結婚したら…と二人の生活や将来の子供について彼女と話し合いをした。
    弟は「しばらくは二人で、家計は折半でそれ以外はお互い自由、家事はお互いができる時に」と提案したそう。
    でもその時に彼女さんは「家計は折半でもいいけれど、1つの家族として収入や支出、貯え、つまりお金の在り方や流れを家族として明確でいたい。私も全部見せるよ」と提案。
    でも弟はそれに反発。俺の金目当てなのか?とか、貯金?保険?何か企んでる?コワwと言ったらしい。
    それを聞いた彼女さんは「結婚はできない。私の考え方は貴方には合わないし、無理にどちらかが合わせても、いつか何かの拍子で不満や不信感が出る事になるだろうから」と言って別れを申し出た。
    その後何回か話し合いを重ねて、一時期「お互い歩み寄る」的なニュアンスになったんだけど結局破談になった。

    長くなったのでちょっと分けます。

    711 :鬼女の秘密 2019/01/22(火) 04:17:45 ID:IH8
    大学の時から付き合ってた彼。バイト先の店長で歳は一回り以上離れてたけど大好きで仲良しだった。
    私が卒業してバイト辞めて就職してからも付き合ってたけど、4年経った頃に色々あって別れた。
    でも実際関係は変わらず、仲良しのまま普通に家にも行ってたしデートや行為もしてた。

    別れてから1年くらいたった頃彼が諸事情で実家に戻るといって引っ越した。
    それからは家に行くことはなくなったけど相変わらず仲良しで、連絡もおはようとかおやすみのレベルで毎日してたし体の関係も続いていた。
    私はずっと復縁したいって言ってたけど、
    彼は「まだかな~」とか「今は一人がいい」とか言っていて、
    事あるごとに「もし他の人がいるなら身を引くし、知らないうちに浮氣相手にされたくないから、少しでも情けがあるならこれ以上私を惨めにしないでね。」と伝えては
    「他の人はいないし、(私)のことはちゃんと見てるし考えてる。もし彼女や好きな人ができたら言うよ。」と返されていた。

    長いので一旦切ります。

    691 :鬼女の秘密 2019/01/18(金) 11:54:36 ID:WtG
    知人Aはイケメンで学歴も年収も高い欠点のない男で、高校時代はバスケ部のキャプテンだったしモテモテだった。
    Aに見合ったハイクラスな彼女もいた。
    こういう奴は一生順風満帆で生きていくんだろうと思っていたが、高校の彼女と別れてからさっぱり彼女ができなかった。
    えり好みしてるんだろうとか、本当は𣎳モなんじゃないかとか、前カノが忘れられないんだろうとか色々言われてたが、本人はニガワライするだけだった。
    そんなAに彼女ができた。前カノとは似ても似つかないバカでブスで金遣いの荒いクズみたいな女だった。
    話を聞くと、生い立ちに同情できる部分はあったが、それを差っぴいてもクズでバカだった。100円あったら101円使ってしまうような根本的なバカ。当然借金まみれだった。
    しかしAはそいつに夢中で、Aに貢ぎ、深夜に呼び出されれば飛び起きて駆けつけ、借金を肩代わりし、浮氣されても(ブスでも浮氣できるのが凄いよな)
    「最後に俺のそばにいればいい」などとラオウのようなことを言っていた。
    みんなAを止めたがAは聞き入れず、女と付き合い続けた。A親とは勘当騒ぎまでいったらしい。
    しかし2年くらいたって風向きが変わった。女がAの真心に報いはじめた。
    お水を辞め、底辺ながらまともな仕事を探すようになり「Aのために生まれ変わる」とか言い出した。Aは喜び、A親も喜んだ。
    しかし女が工場勤務になって一ヶ月もしないうち、Aは女と別れた。

    飲んでる時Aがぽつぽつ話したんだが、どうやらAはクズみたいな女でないと忄生的にそそられないらしい。
    本人いわく「俺がいないと、こいつ明日には東京湾に浮かんでんじゃないかって思う女でないと、恋愛感情までいかない」
    だめんずうぉーかーの男版とでも言うんだろうか。
    Aはその後親に「これは本能なので仕方ない。その代わりこれから付き合うどの彼女とも結婚しないし、血族に迷惑はかけない」と約束したそうだ。
    Aは今も虚言癖のあるメンヘラブスと付き合っていて幸せそうだ。
    「一生彼女といたいけど絶対結婚しないし妊娠もさせない。親兄弟まで巻き込めないから」だそうだ。
    Aと彼女の会話を聞いたことがあるが、まったく会話として成り立っておらず(たぶん彼女は知的にもなんかある)どこが幸福なのか傍目にさっぱりわからない。
    Aの優秀な遺伝子が絶えるのはもったいないが、これはこれで仕方のないことなんだろう。

    このページのトップヘ