2020年04月

    1 :鬼女の秘密 2017/02/01(水) 14:03:30 ID:60D3HIz50.net
    両方飼った俺の言うことに間違いはないはず

    725 :鬼女の秘密 2015/05/10(日) 00:40:25 ID:oZNoYqk5.net
    空気読めなくてごめん、俺話していい?いいよな?

    よし話そう。


    我が家に掛かってきた電話。どうやら兄貴が交通事故をおこしたらしい。
    警察なのかなんなのか、「大分やっちゃってましてね…」とか言ってくるんだよ。
    「とりあえず兄に変わって下さい」って言ったら、申し訳無さそうな兄貴の声。

    兄「俺今金無くてさ…やべぇ、どうしよう…」
    俺「マジかよ、いくらくらいかかんの?」
    兄「500万は掛かるらしい…なあ、絶対返すから、貸してくんねぇ?」
    俺「分かった。母ちゃんには言いずれえしな…あ、一つだけいいか?」
    兄「マジでか、助かった‼︎何だ?」
    俺「デデン!」
    兄「は?」
    俺「問題です、兄貴が好きなA/V女優は?」
    兄「え⁉︎…えっと、え~」
    俺「残念、時間切れ‼︎((ブチッ」

    因みに、兄貴の好きなA/V女優は俺も知らん。

    579 :鬼女の秘密 2014/01/26(日) 13:33:28
    初めて娘が参加しているバンドのライブに行って来た
    今までバンド活動をしているというのはちらっと聞いていたけど誘われたことは無かった
    娘は
    「今回のライブは静か目なはずだし、最高のメンバーだからライブに来てよ」
    と俺にメール。俺は嫁とワクワクしながら行った。浮くんじゃないかという心配もあったけどさ。
    ライブに来ている人はやっぱり見た目10代から20代が多い。
    けど俺達みたいな30~50代のおっさんやおばさんもいた。
    最初のグループから俺は驚いたね。
    インストバンドで6グループ。
    J-POPから洋楽まで自分たちで編曲して演奏していた。
    とにかく全部のグループが上手い。聞いていてもっと聞きたいと思うほど。ケルト風に編曲したり古典的な日本音楽に編曲してみたりととにかく幅が広い。
    娘たちのグループは最後。編曲は主に娘が担当していたらしい。驚いた。そんなことできたんだ、って。
    娘はアコーディオンやバグパイプなど一曲ごとに楽器を変えて演奏していた。
    もっと驚いたのは4曲終えたあと
    「私事になるんですけど今日は父の誕生日なんです。初めて父をライブに呼んでみました。
    ちっちゃくて今どこにいるのかわからないんですけどね」
    と言うと会場もニヤリって感じの笑いが起こる。目が合ってんだろ!と思ったけど俺もニヤリ。
    「恥ずかしいもんですね。親を呼ぶのって。しかも喧嘩中なんですよ。でも今日だから呼びたかった。
    恐縮ですが皆さん歌ってもらえますか?」
    と娘が観客に聞くとみんなノリが良いのな
    「いえーい!」と大騒ぎ。
    ハッピバースデートゥーユーとみんなが歌ってくれた。で、まさかのでっかいケーキまで登場。
    その日のライブの出演者、観客みんなで食べた。
    新鮮だけどとても楽しい誕生日だった。
    それにしても今の若い子ってとにかく陽気な明るい子が多いのな。まぁ、そういう場所にいる子達だからって言うのもあるんだろうけど…
    娘と話していると
    「あ、○○ちゃん、さんのお父さん誕生日おめでとうございます!」
    みたいなことを色々な子達が笑顔で言ってくれるんだ。俺、びっくりした。
    喧嘩してそのまま俺も仕事が忙しくて娘も忙しくてあまり話してなかった期間の間の出来事だったから余計にこう、胸に来るものがあった。
    俺の方がガキだななんて思ったり。
    長文すまん

    447 :鬼女の秘密 2016/04/14(木) 10:14:58 0.net
    10年近く前に義弟嫁の不倫が発覚した
    芋づる式に托卵と義弟の種ナシも分かった
    離婚や子供2人の戸籍問題が片付いた後
    義弟は退職して遠方に越し家族や友人とも
    疎遠になった
    今は離婚歴があって子供が2人いる人と
    お付き合いしてそれなりに幸せなよう

    先日携帯に見知らぬ番号の着信があって
    出たら前義弟嫁だった
    「血の繋がらない子供2人を養うなら私の子を養え」
    みたいな内容

    義弟と前義弟嫁は高校の部活の先輩後輩だから
    その辺から情報が流れたんだと思う
    似たような話は見たことあったけど
    自分に降りかかるとげっそりするね

    616 :鬼女の秘密 2015/08/30(日) 18:17:48 ID:QcG
    愚痴というか怖かったことというか…
    昨日遅くに友達と飲んだ帰りにタクシー捕まえて
    自宅の前の階段で下ろしてもらって階段を上っていると
    私が乗ってきたタクシーの後ろに車が止まりました。
    人気のないところだしだいぶ深夜なので車?珍しいなあ~と思っていたら
    車から男(20代くらい)が降りてきて階段の下から「すみません」と話しかけられました。
    返事をすると「あの、連絡先を教えて下さい」と突然言われてわけがわからず何も言えないでいると
    男が「????(地名)からタクシー乗られてましたよね?車でそこから追いかけてきました」と…
    何だか異常性.を感じて怖くなり「すみません、私もう家そこなので…」と言うと
    「彼氏はいますか?結婚されてますか?家はそこなんですね?LINEだけでもだめですか?少しお話だけでもできませんか?」と質問攻めをしながら階段を上ってこようとする男。
    本当に怖くなったので「すみません!」と家に逃げ込みました。
    家に入ってからは怖くて眠れず朝まで起きてました、きっとナンパ?なので大したことはないかもしれませなんていうかんが
    家はそこなんですね?という発言が気になっています…。
    警察に行った方がいいのか、何か実害があったわけではないので行くまでもないのか困っています。

    471 :鬼女の秘密 2016/08/17(水) 09:13:35 ID:GYg
    うちも半居候同居(土地家義両親所有、旦那の勤務地都合で同居、生活費折半で家事は世帯ごとに別々)で
    義妹が里帰りするかもって時、
    旦那が「うわー子供くるのかよー」って言ったら大事になったよ。
    まぁ旦那は夜勤とかあって寝れないと困るって軽い気持ちで言ったんだろうけど、
    義父が「不満ならお前が出て行け」って切れちゃって。
    旦那が義父の怒りを回避するために
    「だって嫁も大変だしさ~」なんて私を巻き込んだからさらに火に油。

    私は世話も頼まれてなかったし義妹とは同い年で仲良しだから楽しみにしてたのに。
    しまいには「本当は嫁の方が不満なんじゃ?」「子供がいないから妬ましいのか?」みたいに邪推されて、
    いままで仲良かったのが一気にギスギスしちゃって逃げるように同居解消になった。
    義母から話しが行ったのか義妹にはめちゃくちゃ謝られるし気まずかったなー。

    その後義妹は第二子出産の時は里帰りしたんだけど
    「第一子ちゃんのときも里帰りさせたかった」とかずーっとチクチク言われるし、
    その後自分の時里帰りしたら「自分はするのか」みたいに嫌味言われるし散々だよ。

    716 :鬼女の秘密 2019/10/21(月) 23:59:37 ID:ez.yh.L1
    アンガールズ田中がラジオで話してた、母親の弁当にまつわるブチギレ話を聞いて
    小学生の授業参観のことを思い出したので誰か聞いてくれ
    昔の記憶を掘り起こしてるので、途中変な部分があるかも

    授業参観の内容は食育についてで、事前の授業で家族で夕飯をとることの大切さを学び、
    事前に家族揃って夕飯をとれているかアンケートがとられており、
    とれていない子は一週間以内に家族全員で夕飯をとる日をつくることが課題だった
    今では信じられないような授業かもしれないけど、授業参観はその結果を発表する日だった

    そのとき私は小4で、下に五歳離れた妹がおり、さらに末期がんの祖母がいた
    母は看護師で、
    夜勤をしながら病院の託児所に預けた妹の世話と、病院に入院してる祖母の世話をしていた
    祖母はタヒを間際に赤ちゃん返りしたようになってて、無条件に両親から愛情を注がれる私や妹に嫉妬するから
    母は私や妹を連れて祖母の看病をすることが出来ず、
    小4の私が母を恋しがる妹をなだめて寝かしつけてる間に母が病院へ行き看病にする日々だった
    父は当然のように子育ても介護も何一つしなかったが、それでもお金だけは稼いできたのでまだマシだった

    そんなドタバタした家庭環境なので、家族揃って夕飯なんて夢のまた夢で、
    急患の会った日は母も帰ってこず、
    私は一人カップ麺の夕飯なんてこともあった
    だけど母の苦労は知っていたし、結局誰かがやらなければならないことだから、母を責めたことなんて一度もない
    祖母の世話だって本来二人いる伯父がやらなければならないが、長男の伯父は祖父の遺産を持ち逃げして失踪したし
    次男の伯父は子供が重度障/害者で介護できる環境になくて、母がやらなければ祖母を見られる人は誰もいなかった

    そんな環境なので、私は先生からの課題を達成できていなかった
    だけど私は忙しいながらも可能な限り毎日お弁当を作り、置き手紙を置いて働きに出る母を感謝こそすれ
    母親失格、食育失敗だなんて思っても見なかった
    しかし、参観日の発表で、たった一人食育の課題をクリアできていなかった私を、20代の若い担任は母共々否定した
    たった一日すら時間のとれない母を愛情不足だと遠回しに、でも子供にもわかるように言った
    後ろに立っていた参観に来た保護者たちも、どよめいているのがわかった
    当時共働きの家庭は本当に少なく、母は以前から同級生の親たちに「母親失格」と影口を言われていたから
    保護者たちのどよめきも、母に対する陰口だということは幼い私でも理解できた
    当時は働いてる母親は専業主婦の母と親から当然のように見下されている時代だったから
    でも私は働く母を恥ずかしいし、誰かの母より劣っているとは思わなかった
    「お母さんがお金を稼ぐことがテイゾクなら、○○先生も子供居て働いてるからテイゾクなんですか!
    ○○先生(担任)も女なのに働いてるからテイゾクってことですか!
    ○○ちゃんと○○ちゃんのお母さんが私に言いました!子供いるのに働いてるなんてテイゾクだって!
    先生も3歳の子供がいるのに働いてるからテイゾクなんですか?○○ちゃんと○○ちゃんのお母さん!
    先生、ご飯を一緒に食べることがそんな大切なんですか!
    ご飯を一緒に食べないと暖かな心が育たない冷たい意地悪な子になるっていうなら、
    じゃあなんで毎日ご飯一緒に食べてるのにすぐ人のことを殴ったり蹴ったりする子がいるんですか!
    なんで人の物を盗んだり壊したりするのに謝らない人がいるんですか!
    お母さんは働いててもご飯作ってくれる!お手紙くれる!お母さんは最低じゃない!
    私は意地悪じゃない!お母さんが自慢だって言ってくれる!お母さんだって最低じゃない!お母さんは凄いんだから!
    働くお母さんすごいんだから!かっこいいんだから!お母さんバカにするな!」

    236 :鬼女の秘密 2019/11/13(水) 01:49:04 0.net
    親がタヒんで全く気持ちに寄り添ってもらえなくて、相当参ってたから当たり散らしてしまって音信不通。
    あちらにはあちらの生活があるから、こっちの事なんて考えてる暇も余裕なんてないのにね。
    今更気づいたよ。ごめんなさい。成仏できないまま精神科行き。

    737 :鬼女の秘密 2019/07/03(水) 14:25:59 ID:mnq
    元カレがDVののヒモ男、通称クソ人間でした。。

    そもそも私の実家が虐待する家だったのだが、19才のある日家を追い出され、
    当時付き合ってた彼氏(以後クソ人間)にそれを話したら、「彼家(実家)に来ていいよ」と言われたのが不幸の始まりだった。

    彼家に住み初めて数日後、突然クソ人間が会社を辞めたと言い出し、「なんで?」と聞いたら、「一緒にいたいから」との答え。
    一瞬「ん?」伴ったが、当時の私は少しうれしかった部分もあった。
    しかし、そこからは私の稼ぎを当てにするようになっていった。

    その当時、私は昼職と夜職をしていたが、ある日、夜職のあとすぐ昼職に行く日があり
    ソ人間を起こさないように、
    制服を取ってそのまま出勤しようとしたところ、その時の音で起きてしまったらしく、
    玄関で靴を履いていた私をひっつかみ、そのまま部屋へ引きずり込まれ、

    会社に出れなくなるくらいまで殴られた。これがDVの始まり。

    結局、昼職の職場が彼家から遠くなったこともあり、私も昼職を辞めてしまい、
    以後昼職の給料を貯金し夜職の日当を日々のの生活費にした。

    「食べ物買って」、「服買って」は当たり前、
    夜の仕事は続けていたが、職場に電話が来て「飲みに来てるから飲み代くれ」とその日の日当を持っていかれることも多々あった。

    足りない分は、昼職の貯金から補填していたので、底を着いたのは間もなくのことである。

    夜は門限が設けられ、夜職の付き合いなど行った日は必ず殴られ、無段外出が禁止となった。
    その後友人から聞いた話で、私は通称「籠の鳥」と言われていたそうである。

    329 :鬼女の秘密 2008/02/18(月) 16:06:10
    友人の式で少し不幸だった話

    席に着いてしばらくしても新郎新婦が現れない。
    やっと出てきた新婦は目が腫れてて、泣いた後丸出し。
    その後、お色直しもなく微妙な表情の新婦を気遣いながら進行。

    しばらくたってから共通の友人に聞いたら、
    式場の手違いで友人が着るはずのドレスとカラードレスを紛失。
    それに気付いたのが当日だったそうだ。

    ドレスを着るのを楽しみにしていた子だったから、
    ショックは計り知れないだろう。

    このページのトップヘ