2020年07月

    416 :鬼女の秘密 2019/11/13(水) 09:17:26 ID:DL.gd.L1
    嵐の二宮くんの結婚で思い出したので。
    夫と結婚する前に夫に匂わせ女が出現したときの話。
    以下の話、全部結婚する前なので恋人の状態だけれどめんどくさいから夫と表記します。
    私の夫は芸能人っていうほど立派なものではないけれどありがたいことにファンがつくようなお仕事をしてる。
    漫画家とか小説家とかそういう仕事をイメージしてもらうとちょうどいいかもしれない。

    その女の存在を知ったのはSNSで「○○(夫)の彼女」として話題になっていたから。
    気になってその女の子のページを見てみると
    ・夫が取材に着て行った服を着て「ブカブカだよお><」という写真
    ・夫のよく着ていた服の袖が対岸に映ったカフェの写真
    ・夫が貰った花束と同じ花束が飾られている部屋の写真 などなど

    最初は浮気を疑ったけれど、花束は同棲中の部屋にいけられてるし、服はちょっと目立つ位置に汚れが付いてしまったので廃棄した後の日付の写真で一つ一つ紐解いていくと、彼女は単なるス㋣ーカーだった。
    「なんだ浮気じゃないのかーよかったー」と安堵する私の隣で夫が震えてた。そっかス㋣ーカーの方が怖いよね。
    いろいろ外に相談もしてみたんだけれども女→男のス㋣ーカーってどこも軽くみて全然動いてもらえず。実害もないのでそのまま放置された。
    神経わからんのはこのあと。
    結婚したあともその子のSNS続いてるんだよね。ささやかながら結婚報告もしたし、ファンなら結婚してることは知ってる。
    そして、その女が結婚相手じゃないこともファンの間ではみんな知ってる。
    どういう思いであの写真をアップし続けているんだろうって思うと不思議でならない。

    397 :鬼女の秘密 2011/05/14(土) 15:54:20 ID:8pxWWEBu0
    >395
    会社だと、ヘタに首突っ込んで巻き込まれたらめんどうだからと静観する人多いよ。

    私と同時期に中途入社したAちゃん(20代前半)、
    すぐに20代後半の先輩社員Bと付き合い始めて結婚→出産で退社したんだ。

    Aが退社してすぐ、Bは女子社員C(Aより若い)とただならぬ雰囲気に。
    「バレてない」と思っているのは当の二人だけってくらいバレバレの
    お花畑ぶりでもうほんと気持ち悪かった。

    実はBは数少ない女子社員(男9:女1の職場だった)のほとんどに手をつけてた上に
    乗り換えの仕方がひどくてAちゃんの前につきあっていた女子社員は自杀殳未遂まで
    起こしていたらしい。

    A本人はもちろん、Aと仲がよかった私にも誰も教えてくれなかったよ。
    まあ自分が外野の立場でもそうしただろうけど。
    Bは女癖以外の部分では気さくで仕事もできて、後輩の面倒見も
    上のウケもよかったからね。ヘタにバラして睨まれたら困るってのもあったんだろうけど。

    655 :鬼女の秘密 2016/12/07(水) 21:59:52 0.net
    相談です。家族、特に姉との関係に悩んでいます。

    私は3姉妹の真ん中で、姉妹全員が実家暮らしをしています。
    元々、家族仲は良かったのですが、ここ最近になって関係が拗れてきました。
    その原因は私と姉の不仲です。
    昔から反りが合わず、仲がいいとは言えませんでしたが最近はかなり悪化しています。
    理由としては、姉が私は避妊に失敗してできた要らない存在だと認識したことにあります。
    この話自体は姉妹全員が両親から聞いていて、もちろん私も知っていました。
    しかし、私自体は生んでここまで育ててもらい、愛情もきっちりともらっていると理解しています。
    姉にとってはそれが気に入らないことだったようです。
    その話を聞いていこう姉は私のすることすべてを否定するようになりました。
    直近のものでいうと泣くのは人間だけがしていいことだと怒鳴り散らされました。

    私はもうすぐ大学を卒業します。
    これを機にやはり実家を離れた方がよいのでしょうか?

    405 :鬼女の秘密 2011/10/13(木) 15:54:49 0
    子供の虐待などのニュースを見るたびに人並みに憤るトメ
    「可愛がれないなら産まなきゃいいのに!なんなのかしら!
    子供が子供を産むなんて!!子育てを甘く考えすぎなのよ!!」
    その通りですね御立派です
    でも言い返してみた
    「子供なんて放っておけば勝手に育つものですしー
    生まれる前は不安でも、産んだらわが子だけは絶対可愛いものですしー
    お金なんていざやってみたらなんとでも工面できるものですしー
    そんなこと不安に思ってたら一生子供なんて作れないですしー
    やってみればなんとかなるものだから産んだんじゃないですかー?」
    トメすっごく怒って
    「そんな無責任なことでいいわけないでしょう?!命をなんだと思ってるの!?
    そんな風に気軽に考えるからこういう不幸な子供がいるのよ!!」

    1 :鬼女の秘密 2019/08/04(日) 03:14:58 ID:/G0nk4E60.net
    4年前の話だけど、不倫相手出所記念に書き込みたい。

    1 :鬼女の秘密 2016/05/11(水) 22:42:33 ID:YgAzya6y0.net
    彼女「そうなんだ…私も力になれるよう結婚してからも一緒に頑張って働くね!」

    なにこのいい彼女、泣いた

    1 :鬼女の秘密 2019/08/14(水) 09:45:14 ID:r29pW5vn0.net
    まじでエ□いバツイチ女めが
    これで最後にするっていっても「会う?」とか言われると普通にあってしまう
    助けてくれ

    584 :鬼女の秘密 2015/01/08(木) 11:17:51 ID:zQcCYq8f.net
    義母親友は末息子を溺愛していた
    それが嵩じた末に、末息子嫁に毒を飲ませて子供を流産させてしまった
    義母親友は過失だと言い張り、末息子も他の兄妹も義母親友の肩を持った
    警察も親族間のいざこざだと介入に消極的
    後ろ盾もなかった末息子嫁は裁判もできずに示談名目のスズメの涙金で貰い追い払われた
    義母が聞いた所、末息子嫁は毒の影響で内臓を傷めて、再度の妊娠出産に耐えられるかは微妙だったらしい

    数年後、末息子に見合い話が持ち上がった頃。義母とデパートに買い物に出かけた
    手ごろな喫茶店で義母にその話を聞いた
    義母は「前のお嫁さんと同じようにならなきゃいいけどねぇ」と心配していた
    その後、見合い話は流れた

    そのあと数回結婚話が持ち上がったが、どれも成就とはならなかった
    義母親友の末息子も40の大台に乗ってるが再婚できていない

    義母は昨年、ある病気で入院した。その時に親切に見舞いに来てくれた人がいた
    いつも行くデパートの喫茶店の主任だった人。定年退職後は、自分の店を開いている
    義理堅い人で、義母と手紙のやり取りをかかさない人

    帰りは私が駅まで送った。途中休んでいきませんか。と言われてお茶をした
    そこで聞かされた。最初の見合い話の相手は、デパート勤務で主任さんとも顔見知りだったそうだ
    見合い話当時は県外の店の配属だったそうだ
    世間は狭いし、義母は怖いね

    1 :鬼女の秘密 2019/11/27(水) 17:20:04 ID:uBTgOk/aa.net
    嫁「野菜食べないじゃん!」

    は????www

    37 :鬼女の秘密 2007/12/26(水) 14:40:30
    友達がスピーチでコテンパンにされて可哀想だった…

    新郎が28歳、新婦が35歳
    新婦は家庭がちょっと複雑で結婚間近になると相手に逃げられるケースがあって
    人柄は凄く良いのにねぇ…なんて友達と話をしていたので、結婚が決まって私たちも大喜びだった
    ところが、当日新郎の友達のスピーチがひどかった
    「若くて男前の新郎がこんなオバサン…いやいや、素敵なお姉さまとご結婚ということになって…」という前置きからはじまって
    「結婚は人生の墓場といいますが、棺おけに片足突っ込んだ奥さんをもらった新郎は…」だの
    「高齢出産確実でダウソ症の子供でもうまれる確率も高いですが、それでも心優しい新郎は健常者の子供を接するように愛してくれるでしょう」だの
    とにかくひどかった
    これが酔っ払ってなら良いんだけど、ほとんどしらふ状態で本人曰く「何日もかかって考えたネタ」だそうな
    最初は苦笑というか付き合いの笑いもおきていたものの、どんどん会場内も冷めていった
    途中で新郎が立ち上がり「ストーーップ!これ以上俺の嫁さん貶すんなら、もうお前帰っていいから」とマジ切れ
    友人は「あはは。別に貶すとかじゃなく軽いジョークで…」なんて笑って誤魔化してた
    次にスピーチをした新婦側の友人がこれを上手くフォローして、笑いも交えて何とか会場の雰囲気を盛り上げたので何とかなったけど
    そのままいったら最悪の結婚式だったかも…

    このページのトップヘ