修羅場

    980 :鬼女の秘密 2012/06/26(火) 13:25:53 0
    じゃあ埋めついでに自分の修羅場

    免許とってすぐの頃、信号待ちの交差点で大型トラックの後ろについた
    そしたら私の後ろからもう1台大型トラックが来た
    ルームミラーを見ながら「すげー勢いで来るなぁ」とぼんやり見てたら
    ガッシャーーーーーーーン!!!!!と
    前のトラックにもぐりこむ形の私の車
    ハンドルと座席が信じられないくらいの距離になってて
    私は挟まれて動けない
    周りの人が「大丈夫か?」と声をかけてくれ救急車と警察を呼んでくれたが
    私は事故のパニックで感覚がマヒしてたのか痛みがまったくない
    でも挟まれて動けない
    あー、腰椎やって感覚なくなったかなぁ痛すぎてわかんなくなってんなぁ
    これからずっと車いすなのかなぁとかいろいろ考えながら
    携帯で自宅の母に電話して「事故って車に挟まれてる動けない痛みもわかんない」と報告
    レスキューがついて車を切断し私を運び出し救急車で病院へ
    この間時間にしたら30分程度だったんだけど、いろんな事が頭をグルグルして修羅場だった


    ちなみに怪我は膝にかすり傷だけだった

    234 :鬼女の秘密 2019/10/14(月) 08:39:39 ID:1Q.rd.L4
    旦那が、私と子供たちが見てる前で血相変えて不倫相手に電話しはじめてわろたわ
    笑えないけど
    なんか川が氾濫した某市に住んでるらしいわ
    そこ旦那の会社の支社があるとこなのよ
    不倫してたなんて知らなかった
    娘がショック受けて部屋に引きこもっちゃったわ

    234 :鬼女の秘密 2014/09/09(火) 01:51:03 ID:???
    もう10年も前の話
    うちの息子は軽いアトピーで定期的に皮膚科に受診していた

    ある日、受付を済ませ待合室で子供と遊んでいると、激しく泣く赤ちゃんを抱いた若いお母さんが入ってきた
    「初診なんですけどー」
    と、泣く子供を全く意に介さず、揺らしてあやすわけでもなく淡々と受付をしていた

    受付を済ませた後も泣きやませる努力を一切しないまま、母親はずっと待合室のテレビを見ていた

    10分くらいしてから看護師さんがカルテを持ってきて、母親に今日はどうしましたか~?と質問した

    母親「あのー、抱っこしたままご飯食べてたらこの子に熱いコーヒーかけちゃって」
    看護師「何時くらいの事?火傷したところは冷やした?」
    母親「あー...たぶん7時半頃?(この時午前10時近かった)冷やしてないです」
    看護師「えっ?ちょっと火傷したところ見せて!」
    母親「はい」

    母親の後ろにいたので詳細は見えなかったが、火傷を確認した看護師が
    「先生!こちらの赤ちゃん急ぎでお願いします!」と母親から赤ちゃんを奪うようにして診察室に向かっていったので、たぶん酷く火傷していたんだと思う

    赤ちゃんを連れていかれた後、母親は後をついて行くわけでもなく、そのまま椅子に座ってまたテレビのほうに目をやっていた

    他の看護師が呼びに来てようやく母親は診察室に向かった

    ここの皮膚科は腕はいいけれどものすごく怖い先生がいる
    その先生の怒声が待合室まで響いていた
    「何を考えてるんだ!」
    「あんたは自分が火傷したときも何時間も冷やしもしないで放置するのか!」
    など、こっぴどく怒鳴られていた
    極めつけに「もういい、治療の邪魔だ!」と怒鳴られ待合室に戻ってきた母親は、自分がなぜ怒鳴られたのか分からないという表情をしていた。
    泣くわけでも怒るわけでもなく、本当に不思議そうな顔をしていた
    そして座ってまたテレビを見始めた

    しばらくすると看護師が来て母親と話をし始めた
    なぜ火傷を放置していたのかという話だったが、以下母親の話を要約

    火傷したのはまだ病院が開いてない時間だったから開くまで待ってた
    冷やしたりしたら風邪をひいてしまう(このとき2月)
    救急車を呼んだら近所の騒ぎになって恥ずかしい
    などと話していた

    なんかもう、この母親は色々と衝撃的だった




    353 :鬼女の秘密 2014/07/01(火) 21:30:48 ID:9sxJsHL6.net
    十数年前の話。
    当時学生で駅隣接のコンビニでバイトしてたんだけど、
    コンビニの隣がコインロッカーで、客からよく両替を頼まれてた。
    そのロッカーもコンビニと同系列の会社が運営してたので、
    小銭に余裕があるときは、両替はOKだった。
    田舎の駅なので、最終の特急が出た22時以降は比較的暇だった。
    そこに真っ白なロングドレスを着た女性.が両替に。
    場違いな格好だったけど、20代の普通にきれいな女性.だった。
    とりあえず1000円を全部100円玉にしてあげた。
    気になって見ていると、店舗の前に止めた車から大荷物をごそごそとロッカーに。
    しばらくして、また店に入ってきたその女性.は、ごみ袋とおにぎりを購入し、
    ついでにまた1000円の両替を頼まれた。
    どんだけ荷物ロッカーに入れるんだと、はっきり記憶。
    その後も車からごそごそと荷物を出してロッカーに入れてた。

    数日後、シフトの入っていない日に店長よりTEL。
    ケーサツが聞きたいことがあるので、店まで来て欲しいとのことだった。
    嫌な予感はしたが店まで行くと、やはりロッカーに入れらていたのは、
    バラバラのタヒ体だった。
    ケーサツには上記の話をして、その女性.が購入したジャーナルを提出。
    もうその時は犯人=その女性.はつかまっており、裏付け捜査だったらしい。

    最後に大部分が遺棄されたコインロッカーだけでなく、
    高速のパーキングのごみ箱とか、山中とか、いろんなところにタヒ体が
    捨てられていたので、ニュースやワイドショーで結構取り上げられた事件だった。
    恋愛感情のもつれとかなんとかで、恋人が杀殳され、風呂場でバラバラにされたと記憶している。

    ごみを捨てに行くのに、深夜にそのロッカー内を通らなければならず、
    そのロッカーの床で寝袋で仮眠していた自転車旅行のあんちゃんがめっちゃうなされていたの見た時が修羅場。
    だってその顔の真横はちょうど遺体が入っていたロッカーがあった場所だった…

    361 :鬼女の秘密 2013/08/04(日) 09:59:35 ID:JcltP2mM
    昔の話なんだが、付合いで参加した登山で遭難した。仲間は俺置いて先に下山。
    仲間は俺のこと嫌いだから置いて行こうみたいな態度でさ。あっち(どっちだよ吹雪だぜ)
    まっすぐ行ったら帰れるからって早口で言って笑いながらで走って逃げて行かれた。
    冗談・好き嫌いでもやっていいことと悪いことがあるよな。
    登山経験ゼロの俺は、逆に冷静になった。頼れるのは俺だけ。慌てるな、考えろって。
    でも視界はクソ悪い。登山経験者ならコツを掴んでるかもしれんが…

    風よけの大きめの木に寄りかかって夜が明けるのを待ってた。
    その大きめの木を探している最中に一体ほど、まあ、その、氷漬けの人を見つけた。
    話しかけたら、反応しないわけよ。ここは風くんのかーっとおもってちょっとだけ距離とって
    その人の寝袋もどきを見ながら夜明け待ってた。その時、寝たらダメだと思い色々考事したんだ。
    この寝袋取ったら三時間は長めに生きられるのかなとか。でも多少の違いなら剥ぐの忍びないなとか。
    正直この時点でもう体が鈍くて動かなかった。七割ぐらい諦めかけてた。せめて遺書でもと
    ペンしかないので腕にちょろっと書いて寝ようと蹲ったんだ。で、その時はっと思い付いた。
    もうガチでダメ臭いけどどうせなら見晴らしがいい場所の方が見つけてもらえやすいんじゃないかと。
    たとえ一か月後でも。これも何かの縁だと最後の根性.でそいつ引きずったり転がしたりしながら
    (二体の方が目印になるかと)開けた場所で気絶してたら運よくヘリが来てなんとか助かった。
    そのヘリっていうのがそいつを探してたヘリらしく、俺はついでに見つかった運のいい遭難者だった。
    あれ以来、アウトドアとかトラウマ

    234 :鬼女の秘密 2009/07/17(金) 17:53:19 0
    結婚するときに、母から聞いた話。

    母は田舎の長男に嫁いでしまい、時代もあり朱に交わってエネmeになってしまって数年。
    同居の祖父母に「実家は捨てたものと思え」「電話などはトメの許可を得てするように」と言われ、
    父に愚痴っても「でも結婚ってそういうものだろ?今のお前の苗字はなんだ?」
    と、本当に結婚以来ほとんど実家には帰らせてもらえなかったそうだ。
    母実家の父(私の祖父)が病気に倒れ、介護が必要になっても「お前はうちの嫁」「近寄ることは許さん」で、
    母実家近くに住む母の兄夫婦(実質兄嫁)に全て任せるかたちに(祖母もいたけど、足が悪いので)。

    もういよいよ悪い、というときに、土下座をして「せめてもう一度だけ父の生きている顔を見たい」と
    泣きながら訴えたら、祖父に丸めた雑誌で頭をはたかれた。
    「お前はあの家の人間ではない、○○という男(祖父)とお前はもう他人なんだ」と。
    母いわく「ここで私の中の最後の線が切れた」らしい。
    もうどうにでもなれ、と通帳を探して(お金は、たとえ食料品を買うのでも、トメに頭を下げてそのつど
    手渡してもらう、がルールだったそうだ)次の日にでも実家に行ってしまおう、許可なんかいるか!
    と準備をしていたら、その夜祖父の訃報が飛び込んできた。

    「仕方がないので葬式だけは行かせてやる。感謝するように」と送り出され、実家に到着。
    親戚からの親不孝者!の罵りも受け、介護で疲弊しきった兄嫁を見て、母は遺産の相続を断った。
    兄夫婦は「そういうわけにはいかない」と言ったが、とても受け取ることはできないと。
    (祖父の介護や祖母の生活の面倒の費用なども、当然ぜんぶ兄夫婦に頼りきりだったので)
    (母曰く、遺産を全て兄に回してもきっと足が出ていたはず、だそうだ)
    そして、葬式会場にウトメから
    「うちの嫁がそちらに行ってると思いますが、泊まりは許してませんのでくれぐれも」という電話あり。

    221 :鬼女の秘密 2015/05/27(水) 07:21:07 ID:OLi
    ガチ修羅場か迷ったけどたぶん人様から見れば笑われちゃうからこっち

    第二子妊娠中、9ヶ月まで働いて、産休。
    産休中に引っ越せるよう計画して、築年数浅い一戸建てを買ってリノベーションした。
    中から外まで全面リフォームしたから、エクステリアにあんまり力入れられなかったんだけど、
    業者さんがオマケで不必要なコンクリとか樹木撤去ぐらいはタダでしてあげると言われてお願いした。
    大層な庭があったんだけど、なんだか趣味に合わなかったからすごく助かった。
    で、産休中にエクステリアをDIY。
    これがなかなか楽しくて、庭も広いからけっこう時間かかったんだけど、
    出産までに間に合わせなきゃ!とホームセンターの人と相談したり、親や夫に手伝ってもらいながらがんばった。

    そして出産予定日一週間前に、コンクリ流しはじめてたら、まさかの陣痛。
    経産婦だからかけっこう感覚短くなるの早くて、
    でもこのコンクリけっこう高かったから絶対終わらせないと!とタクシーくるまでコンクリ流してた心中修羅場。
    結局お隣さんがウンウン言いながらコンクリ流してる自分見て、
    「陣痛始まってるんでしょ!馬鹿じゃないの!?コンクリくらいうちの人に流させるから、私の車乗りなさい!!」
    と、80歳のおじいちゃんにコンクリ任せて奥様にケツ叩かれて修羅場。

    お産は病院到着後30分のスピード安産だったけど、
    80歳のおじいちゃんが流したコンクリか…とひどい有様を想像してたけど、
    病院から帰宅したらプロ張りのエクステリア完成してた。
    ちなみに私がしたところ全部やり直されてたし…orz
    お隣夫婦が好きなフルーツとかたくさん持って行ってお礼に行って聞くと
    「うちのひと、手先だけは器用だから~」とだけ。
    後日立て付けで来たリフォーム会社の人に「やっぱりエクステリア外注したんすね~」と言われたくらいの出来だった。

    今や2人の子供は、おじいちゃんおばあちゃんと本当の祖父母のように慕っています。
    ありがとうございました。
    明日頼まれてたベーコン持っていきます。

    100 :鬼女の秘密 2015/10/31(土) 19:52:42 O.net
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性.と結婚した
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
    そんなある日

    237 :鬼女の秘密 2016/08/26(金) 10:37:13 ID:59T
    一部不謹慎な内容かもしれない

    毎朝毎朝六時頃に家の前をノーヘル、速度違反、信号無視してる大型バイクがいた
    いつか被害者がでるんじゃないかって警察に連絡したけど対応してくれなくてその矢先に被害者が出た
    私の祖父
    道路の端を歩いてるところをハンドル操作を誤って真正面からぶち当たったらしい
    その時点で相手のこと許せないんだけど、相手は既婚者子持ちなせいで、近所の宗教団体が家に来て
    「相手の身になりましょう。あなたの親や配偶者がいつ同じ加害者になるのかわかりませんよ
    加害者があなたの親や配偶者だと考えて下さい」
    みたいなことを言われて思わずドアをぶん殴ったら扉に傷がいった
    加害者の任意保険が態度悪いことで有名で、コチラが弁護士入れると宣言するまで説明責任を全く果たさずに逃げ回るし金も渋る
    挙句こちらの任意保険会社の担当は寝ぼけたことを言い出したので、任意保険の弁護士特約をつけて自分の任意保険と戦うという謎の労力まで果たす羽目に
    その間にも加害者の配偶者や親や子供が泣きついてくる
    電話してくんなと言ってるのに謝りたいといいつつ電話越しに泣いた子供に「パパをゆるしたげてーうぇーん」と聞かされ
    「ならあんたの両足と両手ちょん切っておじいちゃんに頂戴。おじいちゃんの両手両足つぶれてぐちゃぐちゃだよ」と言ったら黙り込む
    こっちは疲弊してヘトヘトなのに野次馬から「祖父とかもう先が短いんだから頑張らなくてもいいじゃん」と言われて殴りそうになったのを周りに羽交い締めにされなんとか思いとどまった
    治療はすすむけど車いす介護必須は揺るぎなく自宅改修をしたいけど役所にかけあったら「現状自宅にいなければ改修工事の補助金は出ません」
    でも改修工事ができないとそもそも家に住めないんですけど?家で住むための改修工事ですけど?と言ったら「一日か二日でいいから家にいた実績作って下さい」
    何この謎のルール
    事故にあうまではずっと同居してたけど入院した時点で補助金の対象外なんだと
    祖父の送迎のために車も車いす用に買い換えなきゃならない
    祖父が乗り降りできる車いす乗せられる車を見積もったら1000万くらいするらしい
    しかも任意保険に聞いたらそのお金は出さないと
    通院はタクシーでしてね、だって
    全身麻痺の車いすの祖父をタクシーが毎日送迎してくれんのか?
    しかも祖父の送迎のために家族が1人犠牲にならなきゃならん
    その犠牲になった家族の時間は補償されない
    祖父は元気だったのに何もできなくなって荒れて人が変わってしまった
    まだまだ言いたいことあるけどなんだかいろいろ疲れてきた

    705 :鬼女の秘密 2016/07/07(木) 09:53:43 ID:3+rV6k68.net
    整形外科病棟の新人だった、看護師が「看護婦」だった時代の話。
    若い女性.の患者さんの日勤担当だった。
    患者さんから外出の申し出があった。
    急な入院だったので足りない物がある、売店になかったから自宅に取りに行きたい、という理由だった。
    主治医に確認したら許可が出たので、書類を書いてもらって行ってもらった。
    そしたら…患者さんの旦那が怒鳴りこんできた。
    患者さんは自宅じゃなくて間男に会いに行っちゃったんだって。
    入院理由も「転んで骨折」って聞いてたけど、旦那と間男が取っ組み合いをしたのを止めようとして転んで骨折…だったらしい。
    旦那「外出を許可しやがった看護婦は誰だ、出てこい‼」って激怒。
    私がフリーズしてガタガタ震えてたよ、名乗り出たら頃されそうな勢いだったから。
    婦長「患者さんが主治医の許可を得て自宅に行くというなら、止める事は出来ません。」
    旦那「患者を管理するのが看護婦の仕事だろ‼」
    婦長「幼児や認知症の方ならともかく、意識のしっかりした患者さんを管理するのは、我々の仕事ではありません。それは家族の仕事です。」
    旦那さんは黙って俯いて帰って行った。
    患者さんもすぐに退院して、リハビリにも来なかったらしい。
    更年期障/害が酷くて有閑マダム状態の婦長だったけど、あの時はさすがだなって思った。
    他にも色々とあるけど、不倫なんてドラマや小説の世界でしか知らなかった小娘には驚きの体験だった。

    このページのトップヘ