相続まとめちゃんねる

遺産・相続・離婚・親権・探偵・争続まとめ

    トメ・ウト

    24 :相続まとめちゃんねる 2010/03/07(日) 10:43:32 0
    流れ豚切りで。
    トメは積極的にいびる訳でないけど、そこはかとなく気分の悪い事を「悪気は無い」「記憶に無い」を免罪符にやり続けてきてくれた。
    私自身にしてくるだけなら「ばかがほざけ」でスルーしておけるんだが、実家の親に「将来は嫁ちゃんに面倒見てもらう」や「お父さん(うちの父)も早く孫の顔が見たいでしょう」等の発言は許せなかった。

    うちの親が娘の為って黙ってるのを良い事に増長しすぎだ。

    半年近く前に安定期に入ったので妊娠報告に行った時に「金は出さん」と言われたのでさすがに夫と2人で堪忍袋の緒が切れた。
    今まで無心された事はあってもこちらからして欲しいと言った事は一切無い。
    まずは出産なので取り敢えず放置。
    新年に息子が産まれたのだが、いけしゃあしゃあとウトメ祝いを持って見にきた。
    挙句息子に「将来お母さんに色々したりや」とのお言葉を吐かれた。
    思わず「子供にはすることはあってもしてもらう事は無い。介護要員作った訳ではない」を溶けたオブラートに包んで言った。
    でもってお金を出したく無い人から受けとる義理はないので全額丸々返却させて頂きます。
    孫と将来面倒見てくれる長男の絶縁宣言をオプションにつけて。
    生保でつましく生きるがよい。

    嫌いな相手とはいえお祝いを丸々返却するのはドキュかなとこちらに投下。

    163 :相続まとめちゃんねる 2011/09/15(木) 11:41:13 O
    トメがうどん屋を始めたいと言い出した。
    開店資金をたかられたが、夫兄弟全員示し合わせて断った。
    結局、トメの貯金から全ての費用は賄われた。金は持っているみたい。

    昔、トメは義兄の奥さんをイビリたおしていた。
    私は正月くらいしかトメと会わないが、よく義兄嫁が台所で泣いているのを見た。
    義兄は一度それを偶然発見し超高速で別居したから、義兄嫁はいまは穏やかに暮らしている。

    義兄が逃げたので私たち夫婦にすり寄ろうとしているトメは、私が書道していることを思い出したようで、
    タダでうどん屋の看板を書いてくれと言ってきた。

    看板本体の費用と彫り費用は払うから、トメのイメージに合う立派なのを書いてと言われた。
    だから、立派な看板は立派な板でとトメに話し、屋久杉の太い一枚板を2枚取り寄せた。
    表用と店の中用に。

    そして、店の名前をとにかく立派に書けと言われたのだが、
    無視して「嫁いびり庵」と表裏都合4回を書きあげ、彫り屋さんに預けてきたw

    彫り屋のおじいさんが、注文の際に屋久杉が勿体無いと言っていたが、
    屋久杉の木目と私の字体が面白いから、よい作品になるだろう、出来上がりは任せろと言ってくれた。

    昨日、店に設置された看板を見てトメは憤怒。
    人はあそこまで怒ることができるのかとビックリした。
    夫は「良かったな、母さんのイメージ通りだ」とトメに言っていたが、
    怒り狂ってるトメの耳には入らなかったみたい。

    327 :相続まとめちゃんねる 2007/07/10(火) 22:09:05 O
    先日、トメが株かなにかで大損したらしく、夫に内緒で200万ほど寄越せと電話が来た。
    断って、仕事から帰った夫に報告し、夫は速攻でトメを〆に行った。

    で、さっきトメから「(夫)に内緒って言ったのに!」と怒りの電話が来たので、「夫婦で隠し事なんてダメって、お義母さん言ってたじゃないですか。
    それに、いつも〇〇家のことは私(義母)と(夫)さんが仕切るから、あんたは関係ないって言ってるし」
    と言うと、「それとこれとは話が違うでしょ!余計な口ばっかり!」
    とかわめいてガチャ切りされた。
    仕事から帰った夫に再び報告すると、怒りと呆れの中間のポカン顔して、再び〆に行った。
    まだ帰ってこないが、妊婦で眠くて仕方ないので、先に寝ることにする。
    明日以降の展開が楽しみだ。

    513 :相続まとめちゃんねる 2012/05/31(木) 19:39:30 0
    プチDQN返し話投下

    うちのトメはある3世帯ブログの信者でそこの嫁が大好き
    何かにつけそのブログ嫁ageして息子嫁(私)sageしてきて苛々してた
    そのブログ嫁が誕生日プレゼントすれば、「貴女も見習って~」
    母の日も姑さんにも感謝した的なことを投下すれば、「私も息子の母なのにね~」
    ↑孫が出来てからは私が母の日にちやほやされていてそれが気に食わない
    痴ほう症と要介護のお世話をしているブログ嫁、「この人は素晴らしい。嫁は婚家に尽くすもの」

    で、極めつけにトメ妹を引き取ってきやがった
    トメ妹は自分の子ども達にまで「クソ」呼ばわりされた、「クソトメ」の見本

    そこでも、ブログ嫁を引き合いに出されてトメ妹も面倒みろ的な事を言われたから思わず
    「確かにあのブログのお嫁さんは素晴らしいですよ
     でも、あなた達はあの忄生悪姑達以上に腐った忄生格してるくせにお金はないんですよ
     あの姉妹は公務員を勤め上げ、退職金も年金もウハウハな年代なんです
     あなた達には負債しかないのに何を楽しみにあなた達の面倒を見るんですか
     あのブログの家庭は利害一致してるから上手く行くんですよ、分かりましたか貧乏人」
    と㬥言吐いちゃったけど後悔してないしスッキリした

    旦那と舅にも「もう良いですよね」って笑って承諾求めたら首振り人形のように別居獲得

    あのブログ嫁さんはお金の為に介護とかしてる訳じゃないのに、さもそのように言いきったのがDQN
    しかも他人の姑さん達を忄生格悪いとか断言しちゃったのがDQNだと思ってる

    678 :相続まとめちゃんねる 2007/11/05(月) 22:37:55 0
    最初は良いトメさんだと持っていた。
    結婚後、夫の居ないところで嫌みや意地悪が始まったが、私の勘違いだろうと
    自分に言い聞かせ、だんだん嫌みが激しくなり耐えきれなくなり夫に訴えても
    「息子の嫁は誰だって憎いはずだから」
    とスルーされて、一人で無意味に耐えていた。
    とうとう昨日、実親の事を「早くタヒねばいいのに」と言われました。
    あああ、ここまで来たかと脱力。
    いつもの様に泣きそうな顔で黙りこむ私を怒鳴りつけようとしたトメだったけど、
    思いがけず、わたしのニヤニヤ顔をみてびびり、「何なの!?」と狼狽える。
    片手にはICレコーダー、勿論それが何なのか解らないトメに
    「これ、今までの会話全部録音してますよ?聞かせましょうか」と言うと、私に
    襲いかかってきたので(想定内)、ひょいと身をかわしたら、トメが勝手口のコンクリ
    の上に勝手に落ちていった。
    運が良いことにトメ毆りかかる→勝手に落ちるところはコトメが観ていたので
    どんなにトメが叫ぼうと誰も相手にせずひたすらウトとコトメに謝られた。
    一番ショックだったのは、実はトメの嫁いびりはなんとなく皆気付いており、
    ウト、コトメ、夫の間では、いつかきちんと言い聞かせなければ、と話して
    いたと言われ、私の中で何かが切れました。
    トメは勿論憎いけど、あんなに訴えて来たのにスルーされてた夫に杀殳意が湧いて、
    義実家の食器棚に椅子投げつけて一人で帰ってきました。
    今は実家には帰らず友人の家にお世話になってます。
    トメも憎いけど、夫への杀殳意をまだ消化しきれないでいます。

    573 :相続まとめちゃんねる 2011/09/12(月) 15:10:12 0
    長男教で小梅男梅とうるさいトメ、過干渉のウト
    電車で1時間ほどの近距離別居、ウザいので出向くか、電話のみ。
    コトメが過干渉に耐え切れなくなり、うちに家出
    電話連絡はしていたので捜索とかはなく、そのままうちで暮らしてた
    この間コトメの養父母として、結婚式に出てしまった
    女の子ほしくて男3人産んだけど、まだ伝えてないのがDQNかなと

    532 :相続まとめちゃんねる 2008/08/21(木) 20:50:17 O
    わけあって一時的にウトメと同居しています。
    トメは私の家に住まわせて貰っている身分の癖に威張り放題。
    旦那は嫁いびりするトメを夜中追い出したこともあるくらいトメを叱ってくれているが、
    それがまた気にくわないトメ。
    いつもトメにねとねと厭味言われ、ウトが「ごめんね嫁子さん」と謝りにくる。
    ウトは謝罪はしてくるが、トメを止めないしからない。
    今日はウトの謝罪にクスッと笑って「いえいえいいんですよ」と、
    ウトが私の優しい笑顔にホッとした次の瞬間
    「嫁いびりの証拠があればあるほど夫と離婚したとき慰謝料増えますもの」と言ってみた。
    ウト固まる。
    それを聞いてたトメが物凄い勢いで「金目当てで結婚したのか!」と罵倒。
    (私のほうが稼ぎあるんだがな)
    「録音してますよ」とニコニコしてたらウトがトメを無理矢理引きずって部屋に押し込めた。
    頭を何度も下げられ「そ、そのテープを…」とか言ってたがもう知らんわ、
    「三日以内に出ていってください、生活費は夫から貰ってください」
    (同居前からずっと私と旦那で折半して仕送りしてた)
    とだけ言ってウトメの荷造り開始。
    ウトはさっきまでオロオロしてたけど今トメに「嫁子さんに今すぐ謝りなさい」とか言ってる。
    「今更謝っても遅いよ」と言って荷造り続行。
    旦那と離婚するきはないけどこのまま同居の流れに持ってかれたら困るしな~

    232 :相続まとめちゃんねる 2016/05/09(月) 13:11:31 0.net
    >>103の内容の
    >配偶者エネミーの場合、義実家も歪んでいることがある。
    そんな配偶者を選んだ本人も、実家が歪んでいることがある

    が今となってはすごく理解できる
    なぜ私はもっと早くにこれにきづかなかったのだろうと後悔しきり。してもしかたないんだけどね
    新聞投稿の人じゃないけど、今アラフィフで子供は高齢出産でまだ幼いし、もうどうすればいいかわからない
    はじめは子供つれて実家に戻ろうと思ったけど、そのころから私の実家との洗脳が解けてきたようで
    私の実家身内全てが毒だったことに気づいて今は疎遠を貫いてるし、住田のような頭おかしい姉がいるから騒がず静かに縁切り状態
    戻らなくて良かったとほっとするけど、夫と夫身内達からのモラ八ラから精神病んでいくつもストレス忄生の病気になり、義実家には
    冠婚葬祭すら行かなくなった。ふと、夫がもしタヒんだら義家族には伝えないといけないのだろうかとか、葬式なんかせずに焼き場へ
    直行しようと思ってるんだけど、葬儀で義家族やその親戚に会うのも嫌だし。けど自分でもその辺はあんまりかなって思う節もあってどうしたものか
    私自身はタヒんだ義父の嫌味な言葉があってからはもう、野垂れタヒにするつもりでいるし、骨なんか生ごみで捨ててくれてもいいと思ってるけど
    元は冠婚葬祭、特に仏事に関してはきっちりとした価値観持ってたのに。
    モラ八ラのPTSDから頭おかしくなってから自分でも信じられない変貌ぶりだわ

    だらだら書いてしまってすみません。あ、スレチだったらもっとすみません!!

    608 :相続まとめちゃんねる 2003/11/13(木) 11:50:00
    お祝いといえば
    息子のお食い初め・・・
    旦那と実家に帰った時にやっちゃいました。

    上の娘の時にはトメを呼んで自宅でしたのですが
    私の実家に帰った時に、
    「そういえばまだムチュコのお食い初めしてない!」
    という話になった時、旦那が
    「折角だからここ(実家)にいる間にしちゃえば?」
    と提案。でも一応
    「トメさんに悪いんじゃないの~?」
    と心にもないことを尋ねると
    「忘れてるんじゃない?いいよ」とキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    親は大喜び!知り合いのお寿司屋から鯛など取り寄せ
    お祝いしました。

    その後随分してからトメが
    「それはそうと孫夫ちゃんのお食い初め、まだだったわよねえ?」
    と聞かれた時、素で
    「え?やったじゃないですか?!忘れちゃったんですか?」
    と口からポ口リ。トメは
    「あら、そうだったかしら・・・そうよね、あはは」
    と不思議そうな顔をしていました。
    その後実家で祝ったことを思い出して一人で笑ってしまったのでしたw

    お宮参りの時も初節句も実親の出席を拒まれ
    かといって人形や誕生日のお祝いの席のお金は
    全て実家持ちとたかられたような過去があるので
    自分的にすっきりしました。


    885 :相続まとめちゃんねる 2012/04/14(土) 12:14:00 0
    >850
    思い出した。

    義父が要介護の病になったが、義母は習い事&買い物、友人とのランチという
    優雅な生活を一切変える気がなく、近くに住む私に丸投げ。
    最初は、「私も体調が悪くて」とか「病院で検査が」とかの言い訳を信じて
    手を貸していたのが、こちらに丸投げ状態におかしくないか??と気づいた(1年後)。
    こちらは小さい子供がいるし(子育て援助はなし)、遊びまわる元気があるなら
    義父の世話は妻である義母がやってくれと迫ったら、
    「あら、私が元気に好きなことをしているから、お父さん(義父)は安心してるのよ。
    私まで寝込んだら困るのは、あなたよ」と。
    …ええ、もう心おきなく放置してます。



    このページのトップヘ