職場・会社

    473 :鬼女の秘密 2017/05/13(土) 21:22:01 ID:Uhb
    会社の食堂の女の子が小食すぎるので辞めてほしい

    いや、本人が小食でも人にツグご飯の量を普通にしてくれたら文句はないのだが
    明らかに他の人の半分ほどしか入れない
    指摘してもでもでもだってと固持する
    カレーとかだと最悪なんで「誰かカレー変わって!この子にカレー入れさせないで!」と叫ぶ羽目になる
    「大盛りにしたらダメと言われてる」とか言うんだけど、小盛りにも程があるほど少ない
    食堂の方にもクレーム入れてるし、写真を撮ってこれで同じ値段は詐欺だろうと訴えてるんだが対応されない
    標準の量を決めて秤でも用意して欲しい

    ちなみにカレールーの方はお玉に摺り切り一杯なので同じ量になる
    なので見た目も悲惨な状態になる 水深が足りな過ぎてなにこれって感じ
    他の人が忙しすぎて手が回らないときはご飯を100円で買うんだけど
    ご飯のほうもその子が入れてると茶碗からご飯を移しても普段のカレーより少ない時もあって泣きそうになる

    48 :鬼女の秘密 2016/09/26(月) 14:15:13 ID:1Ad
    ずいぶん前の話。

    昔、SEやってた。
    かなり大きなプロジェクトのPL(プロジェクトリーダー)
    やってた時の話。


    まあいろいろとトラブルもあったが
    なんとか乗り越えてお客さんに引き渡した。

    その後、オペレーションテスト(客先/本番機で
    仕事も全て実際に使用するであろうメンバで行う
    テスト)を行ったのだが、なぜかときどき
    夜中にデーターが吹っ飛ぶ。

    決められた時間というわけではないのだが、
    大体似たような時間帯、でも日時は不定期。
    仮のメンバで仮のデータを入力しているので
    なにかがパンクしたということもない。
    データセンタはお客さんの自前で、しかもとっても
    しっかりしたつくり。
    飛んだ日の共通点もさっぱり思いつかず。

    914 :鬼女の秘密 2017/02/12(日) 02:50:09 ID:nsS
    派遣関連のニュースを見てて思い出した
    結構前の話になるけど、派遣切りじゃないが契約を切った社員に刺された事がある

    そいつが手にしたのがたまたま俺の机に置いてあったカッターだったのと、
    当時ジムに通ってて腹筋を鍛えてたのが幸いしたのか重症にはならなかったが傷跡は今でもある

    今では酒の席のネタぐらいになら出来るが当時は流石に修羅場だったな

    164 :鬼女の秘密 2016/01/14(木) 02:23:55 ID:sHd
    こんな時間だけど、日付変わって昨日受けた衝撃を

    私の会社はみんなデスクワークで男忄生社員はスーツで出勤
    女忄生社員は私服で出勤して、ロッカーで制服に着替える
    ロッカールームはちゃんとした部屋ではなくて
    事務所の奥の倉庫っぽい部屋に適当にスチール製のロッカーを入れた雑多な部屋

    昨日の私は朝はちゃんと出勤したんだけど
    ひどい貧血で天井が回りそうな状態
    早退したかったんだけど、
    14時から本社との大事なテレビ会議が控えていた
    私以外の人の代理がきかない会議で、早退なんてできない

    上司に事情を話したら、とりあえず会議まで寝てていいから
    会議だけ出て、終わったら早退してOKと言われた
    お言葉に甘えて、事務所の奥のロッカールームで寝ることにした

    キャビネやら脚立やら雑多に置かれている中にスペースを作り
    新聞紙を敷いて、膝掛けブランケットを敷いて
    コートを布団代わりにして横になり、すぐに意識がなくなった

    545 :鬼女の秘密 2011/04/27(水) 10:23:59 ID:3CiYBFDl
    便乗して

    うちの塾に何度叱っても全く宿題をやらない子Aがいた
    かと言ってやる気がないかと言えばそうでもなく、出席率は高い
    親もモンペではなく、どこでもいいから高校に合格できれば…
    と藁にもすがる思いで塾に通わせている感じだった

    とはいえ、五教科500点満点で合計50点しか取れないAを伸ばすのは容易じゃない
    特に中二ともなると英語は過去形・未来形・比較級・最上級、、、
    数学は連立方程式・一次関数・証明、、、と中ボスがウジャウジャ立ちはだかってくる
    その子の結果は言わずもがな

    さて、当時のカリキュラムでは中二数学の最後は「確率」
    それまでの証明問題の難問まではこっちも気を緩めることなくビッシバシやるんだが、
    それに比べるとこの「確率」なる分野は脳の使い方が全然異なる
    少なくともここで一旦緊張の糸を緩めてやらないと、生徒たちも精神的にもたない

    Aの趣味はゲーム
    ハードを何台も所有し、その方面の友達付き合いは大勢いたようだ
    ちょっとAに合わせてやろうかな、、、と「確率」を教えるにあたってこっちはゲーム感覚で接した
    そしたら、、、Aの目が目茶苦茶輝いてきた
    信じられないことに、授業中誰よりも速く挙手して正答を連発した
    その姿を見て俺も周りの生徒も「おおおおおおお!!」と拍手喝さい、照れ笑いのA
    結果、Aはその後のテストで自己最高点を記録した
    そして一年後、Aはなんとか地元の公立高校に合格した
    今では工業大学を受験すべく、「得意な」数学を猛勉強しているとのことだ

    いつの時代も子供は無限の可能忄生を秘めているものだ
    こっちが与えられるのはほんの僅かなきっかけだけ
    それを自分のものにし、自分の中で育ててくれた生徒は本当に嬉しい

    621 :鬼女の秘密 2017/03/19(日) 21:57:19 ID:tvO
    私が入った会社は社員旅行があった。
    金(会社は休み)土日と3日間、会社からバスで出発し、
    東京~ディズニーと行き、日曜昼過ぎに帰ってくる。
    早く帰るのは子連れ参加が多いから。
    独身の私だけど、昼に帰れるのは嬉しい。

    この話は新入社員にも説明があるはずなんだけど、
    ある年、私が女忄生社員の幹事になったので出欠をとって回った。
    ある新入社員に旅行のことを話そうとしたとたん
    「それって強制ですか?」と聞いてきた。
    もちろん強制でもなんでもない、欠席者も普通にいるんだけど、
    その聞き方がずいぶん強い言い方でびっくりして「は?」と聞き返してしまった。
    そしたら「強制することはできませんよね?」とさらに聞いてきたので
    「もちろん」と答えると、私の主観だけどドヤ顔で「欠席します」と。
    最近の若い子はちょっと違うなぁと思いつつ「はい、じゃあ欠席ね」と名簿に×つけたら、
    今度は意外そうな顔をしてこっちを見てきてなんだこいつ?と。
    男忄生の幹事と報告してたら、同じような断り方をした人が男忄生新入社員にもいたらしい。

    他の新卒は全員参加。
    旅行は無事終わり、新卒の女の子が買った大きなぷーさんのぬいぐるみをもって
    「やばいどうやって帰ろうwwww」と騒いでるのを写真に撮って解散。

    後日、現像した写真を参加者に配った。
    事情があって参加できなかった人も「このぷーさんでかっ!」とか「浅草いいよね~~」とか
    写真を見て話していた。

    そしたら断った女忄生社員が私の上司に、私の配慮が足りない、いじめではないかと訴えた。
    彼女の言い分は「もっとちゃんと勧めてほしかった」だった。
    一回断っただけで「はいじゃあ欠席ね」となるとは思わなかった、
    もっとしつこく言われると思ったから最初は断ったのに、だった。

    いやでも断り方が「強制ですか!?」だったじゃんと。
    そんな風に断られてもうひと押し!ってなる?と。
    腹立ったけど、私のほうが年上だしここは私が大人になって謝って丸く収めたほうがいいのかなと思ったけど、
    上司は「あの子はここで要求飲むと厄介になるタイプだと思う」
    と言って、「断ったのはあなたでしょ?」と新卒をいさめて解散になった。

    次は忘年会、「強制じゃないけど来る?」くらい言いたかったけど、
    火種を巻いても仕方ないと思い、事務的に出欠をとったら参加。
    でもお店でも浮いてるというか、隣の人にビールをつぐとかは男女とか先輩後輩関係なく
    みんなやることだと思うんだけど、彼女はぜったいやらない。
    でも誰も強制もしないから、なんとなく彼女には誰も話しかけなくなってき、
    二次会に参加せず帰っていった。
    盛り上がれない子なんだなぁ…と思ってたんだけど、彼女の同期がこっそり教えてくれた。
    「あの子ボイスレコーダ持ってたんですよ。飲み会始まる前にスイッチいれるの見たんです」
    びっくりしてたら、もう一人の同期の子が「セク八ラされるかもって言ってたけど、それでかな?」と。

    もうすぐ送迎会があるんだけど、憂鬱。
    なんかもう何がしたいのかわからない。
    でも4月から幹事を外れるのでそれまでの我慢…

    607 :鬼女の秘密 2015/06/22(月) 15:13:07 ID:WDAhUtfr.net
    とあるKYな後輩の言葉が、一人の老人の心を救った話って、武勇伝扱いで良いんでしょうか?
    スレチだったら申し訳ありません。

    466 :鬼女の秘密 2020/01/16(木) 15:05:48 ID:iMk0zSvW.net
    職場に結構可愛い子(と言っても30代)が新人で入ってきた(以下A)
    男忄生社員Bと同じアパートに偶然最近引っ越してきたらしく
    仲良さそうだし付き合ってるんじゃないかと噂が立ってた

    ある日の朝Bと男忄生社員Cがモメてた
    原因はAとの事で、お互い「Aと付き合ってるのは俺だ」と朝から喧嘩になったらしい
    30代と40代の男が女の事で朝から何やってんだと思いつつ、気になってはいたんだけど

    そこで出勤してきて状況把握したAが
    「えっ、私どっちとも付き合ってないです。彼氏いますし」と言い放った
    ちなみにBCどちらとも、Aと体の関係があった様子
    唖然とするBCに対しAは
    「えっ、だってワンナイトくらい普通にあるじゃないですか?ゴムもしてたし」
    「Bさんはアパートも一緒ですし」

    後に知ったけど、他部署にも数人Aと体の関係を持った人がいたらしい
    知る限りで他にも3人
    入社してから短期間でw体力あるなw

    ほどなくしてAは退社。理由はお察しくださいって感じらしい
    本物のビッ千を初めて目の当たりにしてスレタイだった

    470 :鬼女の秘密 2010/08/04(水) 02:52:49 ID:s0eaQu7/
    ちなみにそのババアの逸話はまだまだある

    ババア「アタシの息子(大学生)優秀でこの前英検3級取ったの、資格ないと
    アンタ達みたいなバイトになっちゃうからね」

    俺「俺漢検準1級ですよ、英検は3級止まりですが、あと色彩検定とかもってますよ」
    バイト仲間A(高校生)「俺英検2級です」
    ババア「ま、まぁアタシの息子まだ伸び盛りだから…」

    あとはミスしたバイト仲間にキレて蹴ったら
    そいつの膝の部分にスネがぶつかり涙目だったこととか

    まだまだあるがこの人、今日もやかましく同じバイト先で働いてます

    789 :鬼女の秘密 2019/10/27(日) 00:58:48 ID:Yf.d2.L1
    情けなくて誰にも言えない話

    専門系の会社の話で
    A、そのトップ達から一目置かれてる専門担当で若くてふた回りも年上の人達にも仕事の指示とかしてる
    私、事務で彼が好きだった
    B、同じ事務の子で彼が好き
    C、彼と仲が良い

    Aは仕事が出来るとは遠目でもわかっていて、飲み会では社長からAの元にやってきては酒飲みながらずっと褒め倒すレベルで気に入られてる
    ただ、Aは仕事一筋で他はダメ人間と言っていて、服装が無頓着だった
    無頓着でも180cmの痩せ型でスタイル抜群でそれもまた良かった

    色んな人と仲良くなれるAは私やBとも気がついたら仲良くなってた
    ある時ファッションセンスが欲しいと言ってたから私が張り切って一緒に買い物をして仲良くなって付き合おうと目論んでた
    Bも同じようで2人で競うように遊びに誘ってた

    本人は仕事以外だらしないと言ってたのは本当で、靴下とか左右違っていたり忙しい時期になると髪の毛を伸ばしっぱなしだったりして顔とスタイルが良いのにすごく勿体無かった
    そう言ったところを世話しようと思った時に母性.なのか分からないけど小馬鹿にしたりからかったりしたくなった
    Bも同じようで、負けてBにAを取られてしまうと思った私は段々と小馬鹿にする頻度がBと2人で増えていった
    いつまでたっても怒ったりしないAに気を良くして最後にはほとんど罵倒に近かったと思う

    半年くらいからCから「彼の悪口はやめて下さい聞きたくない」と言われて我に返った
    いつのまにか付き合ってた事に気がつかなかった
    Cは可愛くはなかったけど何でもすごいすごい言ってくる子だった
    それから更に半年後にはCと結婚してた

    すごく幸せそうだったし、自分の行いが凄く気持ち悪く感じて消えてしまいたかった
    Cに聞いたら「仕事も出来てスポーツとか料理もなんでも出来る人で更に人に好かれる能力まである
    忙しい人だし服装までキチッとしてたら完璧すぎて申し訳ない」みたいな事を言ってた
    私の知らないAを知ってると感じたら泣けてきた

    私も馬鹿にしたりしなかったら結婚できたのかな
    Cより私の方がかわいいとか、半年間Aに使った時間返して欲しいとか考えてる自分に少し凹んでる

    このページのトップヘ