職場・会社

    15 :鬼女の秘密 2019/11/01(金) 21:07:55 ID:07.mc.L4
    今日は会社で大きなイベントがあって、とても美味しいお弁当が支給された
    そこそこの数のお弁当が余ったので、スタッフに振り分けられて私もそれを2個いただいた
    すごく美味しかったから、旦那の夜食にしたら喜ぶだろうとホクホクしてた
    旦那が美味しそうに食べる姿を想像したらそれだけで嬉しくなってしまった

    その後、仕事が立て込んでノンストップで業務して、体力が切れそうになったので
    貰ったお弁当を一つだけ食べようと休憩室に向かった
    それを食べれば残った業務もやりきれる気がした
    一個お弁当を食べて、残りの一個を旦那に渡そうと思ってた
    気がついたらお弁当は、二つとも私の胃の中に収まったしまっていた
    あまりの美味しさと、空腹と、業務のストレスであっという間に二個目まで食い尽くしてしまった
    空になったお弁当の残骸を見て、あまりの惨劇に泣きそうになってる
    なんで食べてしまったんだ
    なんでこんな光の速さで平らげてしまったんだ
    旦那とのLINEでお弁当の話はしてなかったけど、コンビニ弁当が苦手な旦那も絶対美味しいと喜んでくれる味だったんだ
    私の中で想像していた旦那の笑顔がガラガラ音を立てて崩れ去った
    旦那の笑顔は私の胃の中に吸収され消えてしまった
    茫然として仕事も手につかない
    お弁当を食べて旦那の喜ぶ旦那の顔はもう見れない
    私は何を糧に帰路につけばいいのだろうか
    つらい
    とてもつらい

    162 :鬼女の秘密 2019/09/11(水) 20:17:50 .net
    あの人が何考えてるのか分からない…

    職場の上司。
    好きになって一年以上。
    今日プライベートでご飯誘ってもらったんだけど、途中で奥が来た。
    聞くと今日私に会う事を正直に言って会う理由は、先日業務の指示の間違いが原因で私に迷惑を掛けたからそのお詫びに会うと言ったら、私も途中からそこ行くと言われたらしい…
    上司はフランクな人で年齢性.別関係なしに色んな人とご飯行ってるから奥は慣れててヤキモチとかじゃないと思うけど。
    奥は感じの良い人で仲良く話した後、奥が買い物行きますねと中座した時に、上司が私の食べ残しを普通に食べてびっくりした。
    上司は家まで送ると言ってくれたけど、断ってそこから一人で帰ったよ。

    好意持ってくれてると思ったのは勘違いだったのかな?
    好意がないならボディタッチしたり、私だけ明らかにひいきしたり、二人だけで会おうと誘ったり、食べ残しを食べたりするのが解せない。

    1 :鬼女の秘密 2019/06/10(月) 01:12:56 ID:L4lHdLg2d.net
    係長「お前さ、先月の残業時間どのくらいだったか知ってる?」

    俺「えっ、45時間くらいですか?」

    係長「60時間だよ、残業代もお前だけに手当も付けなきゃいけないし大変なんだよ」

    俺「はあ・・・・」

    係長「本部に怒られるのはお前じゃなくてこっちなんだよ、いい加減にしろよ、明日からさっさと帰ってこい」

    係長「これ以上言って改善の余地がないようなら、こっちで無理やり代休当てるから、わかってんな」

    俺「」


    言ってることは分からんでもないが仕事量も多いし無駄に残業時間減らされても困るんだが
    確かに先月は残業代だけで8万あったけど
    明日(今日)も出勤11時からにさせられた

    413 :鬼女の秘密 2017/03/13(月) 15:43:43 ID:Dzu
    神経と言うのか、頭の作りが分からんと言うのか悩むんだけど。

    今から5~10年くらい前、とても小さい会社で事務をしていた。
    ある日電話を取ると、ものすごく丁寧な口調の女性.で商品を買いたいとの内容だった。
    かなり大きな商品で、車がないから取りに来られないと言うので、
    「では宅急便の着払いで送ります。中に入っているコンビニ支払いの請求書でいついつまでにお支払をお願いします。」
    という事で話がついた。

    女性.は「御社」とウチの会社を呼び、自分を「弊社」と言ったあと「わたくし」に言い直してたので、てっきり社会経験ありで個人の買い物なのにうっかり会社の電話と同じように喋ってしまったのかな、と思ってた。

    最後電話を切る前に「確認なんですが、中の請求書以外料金はかからないのですね?」と聞かれ、
    「?」と思いながらもう一度、着払いなので送料は今の段階では分からない、あとは商品代しか頂かない、梱包代等はサービスだと説明した。

    後日社長が私の席に来て、
    「先日の女性.から総務省にクレームの電話が入って、商品代しかかからないと言われたのに送料も請求された、あの会社を指導してくれと言ったらしく、総務省から確認の電話がきたよ。商品も受取拒否されたから、送料はこちらが払った。私さん、ちゃんと説明した?」
    と聞かれたので憤慨しながら最低5回は着払いという言葉を使ったと弁明。
    社長もそうかそれならいいんだ、と言いながらすぐ引いてくれたけど。

    まさか着払いという言葉を知らなかった?
    それとも都合良くそこだけ聞いてなくて、勝手に我が社が出して当然と思い込んでた?
    着払いは理解できないのに総務省にクレーム入れる事はしっかりできる謎の行動力も、ほんと神経分からん。

    138 :鬼女の秘密 2011/05/07(土) 14:44:13 ID:ZEUv5FLK0
    冠婚葬祭板の「不幸な~」と、迷ったんだけど。

    A子、新婦…私の友達、美人、良い人
    B男、新郎…A子とは高校からの付き合い
    C男、A子の会社の同僚

    A子とB男の披露宴でのこと、A子の同僚が座るテーブル(私子が座る
    友人席に近い)の様子が何となくおかしい。
    変な雰囲気の中心は50代近い女性.?上司は違う席だから、お局様?
    せっかくのA子の結婚式なのに何だか嫌だなあと、思ってた。

    披露宴では来賓のスピーチがあって、会食、歓談、その間に余興ではなくて
    司会者が招待客にインタビュー。
    新郎新婦のエピソードを楽しく暴露(新婦の叔父が木登りをして下りれなかった話や
    新郎友人が二人が付き合いはじめた頃の話など)していった。
    で、マイクが新婦同僚席に来た時、司会者から名前を呼ばれてマイクを受け取った
    女性.から、お局様?がマイクを奪い取った。

    992 :鬼女の秘密 2019/11/01(金) 18:21:59 ID:???
    特定されるかもしれないけど出来る限り隠しながら愚痴らせてもらう
    御使いを頼まれたんだけどその商品が2種類しか売ってなくて
    念の為お店の人に「○○ってありますか?」と聞いても「その2種類しかない」と言われ、
    電話で事情を説明して確認してから買ったら、電話では「○○ならなんでも良い」と言ったくせに
    買ったものを目にした途端に「違う」と言われた
    こうなることを恐れて事前に電話で
    「2種類しかないのですがメーカーは何と言いますか?」
    「○○なら何でもいいですよ」
    「でしたらその2種類を購入したらいいですか?」
    「はい」
    というやりとりをしたのに帰って商品を見せると
    「違う!これは使い物にならない!何で事前に確認しなかったの?」
    と責められた
    「確認の電話しましたよ。「○○なら何でもいい」との事だったので購入しました」
    等2種類しかなかった事も含めて説明したのに次の日に他のスタッフに言いふらしたのか
    「間違えて違う○○を買っちゃったの?w」と今笑われている状況でもう退職しようと決意した
    他にもやたらと「仕事まだ終わらないんですか?」と急かされたり、何かあると私が疑われたりの日々だったので
    もう我慢の限界でこの先やっていけそうもない
    もしかしたら本当に私が使えない人材なのかもしれないけどそれなら尚更退職した方がいいよね
    もう疲れた

    907 :鬼女の秘密 2019/11/10(日) 22:13:03 ID:Ml.le.L1
    穏やかで怒ったところを見たことがなかった部長がいた
    私が夫のせいで離婚の危機になった時、これこれこういう事情で離婚になるかもなのでお休みをくださいと言った
    そしたらブチギレられた
    休みを要請したことじゃなくこんな理由で離婚なんて妻失格だ!!って方向でキレられて怒鳴られた
    当たり前だけど問題になって部長はキャリアをすべて失って地方に転勤になった
    今でもなんでそんなにキレたのか謎

    721 :鬼女の秘密 2019/01/24(木) 19:49:49 ID:KsZkSd1J.net
    長くなります
    職場での事なんだけど得意先係のスタッフ(Aさん)が脳梗塞で退職した
    急きょ、代わりのスタッフが担当する事になったんだが
    得意先の担当者から「代わりの人じゃなくAさんと話がしたい、何とか連絡を取ってくれ」と
    しつこく何度も電話がかかってきた
    あまりにもしつこいので本来、退職理由はお話し出来ませんが、と前置きした上で
    脳梗塞で発見が遅れて手術はしたが面会謝絶で会話は出来ない状態、用件をお伺いすると言っても
    直接Aさんと話がしたいとしつこく言ってきた
    これは事務員レベルでは無理だと判断し上司に出てもらった
    上司にもしつこく言ってきたようで上司は半ギレで「Aは退職したので当社の社員ではないので業務はさせられない
    代わりの者が駄目なら自分が話を伺う」と話していたがそれでも相手は引き下がらなかった
    何とか断って電話を切っても直ぐにまたかかってきて業務が滞った
    上司は最終的には「ご用件はお取り引きに関する事ではないのでしょうか?個人的な用件と認識させて頂きます
    個人的に脳神経外科を回って探し出して直接お話下さい」と一方的に電話を終わらせ
    相手の本社に苦情の電話を入れた
    相手は誰もが知る大企業
    さすがにここまでしつこいのは普通じゃない
    もしかしたらおかしな人なのか?という判断をしたようだ
    もしかしてAと相手の間でやましい出来事でもあるのか?という話が出始めた時
    しつこく電話をかけてきた人が突然怒鳴り込んできた
    40代位の中堅位の雰囲気の人だった
    お前ら本社にクレーム入れただろう、誰だ出てこい!と大騒ぎ大暴れ
    110番の準備もするほどだった
    上司が外廊下に連れ出し対応すると直ぐに静かになり帰っていった
    上司は「Aはおそらくもう意識は戻らない、生命維持装置を外すと家族から連絡がきた
    自分は色んな事をやってきた、経験も権利も人脈も力もある
    大きな声では話せないことも協力出来る。信頼して話してくれ」
    と一か八かで言ってみたそうだ
    相手は「そんな事ではない。もういい」とあっさり引き下がったそうだ

    574 :鬼女の秘密 2019/11/24(日) 14:25:44 ID:nT.7f.L1
    会社の同僚が退院したので快気祝いに皆で食事したんだけど、
    AとBが海鮮丼を頼んで、醤油が私のそばにあったから、斜め前のAに「お醤油です」と差し出した
    そしたらAはすっごいナチュラルに私に丼を差し出し、「はい」と言った
    意味がわからなくてフリーズしてたら、Aの左隣に座ってたBが
    「何当たり前のようにかけてもらおうとしてんだよw自分でかけろよwお前は醤油を受け取れw」
    と茶化すように言ってくれたことで、Aはハッとして丼をおいて醤油を受け取った
    でもその後の行動もスレタイ
    普通自分が使ったら左隣のBに醤油を渡すだろうに、Aはごく自然に自分の右隣に醤油を置いた
    これもBが「俺も使うんだよw次俺にまわせよw」と言われて、Aはやっとそのことに気づいて醤油を渡した

    それからAのことを気持ち悪く感じるようになり、Aの行動が目につくようになったんだけど
    Aは仕事中も共用物を使ったら元の位置に戻さず手元においており、他の人がなくて困ってるという状況を結構見かけた
    私物も使ったらしまわないせいで、いつもデスクの引き出しはあいてるし、机の上ゴチャゴチャだし
    何よりお菓子の包装紙とか欠片とかそなままだったり、引き出しの奥にハッピータンが忘れ去られてたり
    なんかもう気持ち悪くて生理的にむりになっていった
    Aは自分がだらしない、不潔だと思ってないみたいで、怒ってきちんとしてと伝えても、首をかしげてるだけだった
    ちょっと育ってきた環境が違いすぎて、Aから交際を申し込まれたけど気持ち悪くて仕方ない

    939 :鬼女の秘密 2011/05/24(火) 11:08:47 ID:tZoqdri10
    乱文すみません。

    職場の知り合いA(友人と呼びたくないのでそう呼びます)に彼を寝取られた。
    と言っても、実際取られたわけではないんだけど。
    Aは常に自分が一番目立っていないと嫌というタイプ。
    特に見た目がよかったわけでもないが、職場での人付き合いが円滑な私が妬まれるように。
    そして、特に取り柄もない私の彼氏がターゲットにされた。
    寝取ってやれば私が苦しむと思ったのだとか、、。

    まだ私が彼と初Hする前に、彼が言葉巧みにAに誘われてそれに乗っかりやがった。
    彼は当時DTだったんだが、
    「DTなんて絶対引いてるよー!」「やっぱり汚いって思うって(私)ちゃん言ってたし」
    「風イ谷とかは病気がこわいし、手伝ってあげるよ」
    など、実際にはDTがどうとか思ってもいなかったし、もちろん根も葉もない嘘。
    (ただ、付き合って3ヶ月でHは軽い女って思われるかなーと不安で、二人っきりになれる場所にはあまり行かなかった)

    しかも、事が済んだあとAが「こんなことしちゃったし、付き合う?」と彼に問いかけると、
    「いや、(私)のための練習じゃないの?しかも俺お前のこと好きでもなんでもないのに何で?」と返されてファビョった。

    それから、何も知らないまま彼と初夜を迎えて1ヶ月ほど経ったころ。
    出勤すると、Aから「ちょっと話がある」と呼び出された。
    もちろん私はこの時点では何も知らない、何か書類忘れてたかな?とか考えていた。
    誰も使っていない会議室に入り、そこからAの猛烈トーク。
    「(彼)のこと怒らないであげてね?実はこういうことがあったの」と、
    Aが話す内容は『彼がAを好きで、一度だけでいいからHしたがった』というものだった。
    もちろん私はパニック、幸いその日は私だけ半休だったので、帰ってから彼に問い詰めた。
    彼は平謝り、そしてAのことを好きだとかいうのは全くの嘘だとわかった。

    しかし彼に対しても煮え切らない思い、、。
    あんな奴の言葉信じるなよ、、。

    このページのトップヘ