感動話・いい話

    649 :鬼女の秘密 2009/09/14(月) 01:54:54
    これだね

    932 名前:愛とタヒの名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 17:00:57
    昔出席した結婚式の話だが、当日新郎と新郎妹が才柔めて、
    逆上した新郎妹が、高砂に座ってた新郎のヅラを剥ぎ取った事があったな
    もちろん新郎はヅラだという事を伏せていたんで、
    場内が一瞬で凍りついたよ

    固まる新郎新婦と客に、「ほらほら~皆さんこいつハゲですよ~w
    ハゲがハゲ隠して結婚なんてふざけ過ぎwww」
    と新郎妹が言い放った途端、新婦がドレス姿で飛び掛った
    新郎妹どつきまわしながら
    「人の隠してることばらすなあああああ!!」と絶叫
    そのまま二人で高砂吹っ飛ばすほどの大乱闘
    新婦むちゃくちゃ強くて止める外野を掻い潜り、
    最後泣き喚く新郎妹タックルで床に沈めて、
    「ハゲの何が悪いのよ!ハゲでもいいじゃない!
    どうせ年取ったらみんなハゲるでしょ!ハゲでも好きなのよー!」と大号泣

    何かこっちの目頭が熱くなった式だった
    新郎より独り身のこちらが不幸な気分になったわ


    938 名前:愛とタヒの名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 17:22:01
    >>932
    新婦かっこええなあ。
    結婚式ぶち壊しは気の毒だけど、夫婦の絆は深まったんじゃないだろうか。


    41 :鬼女の秘密 2010/09/27(月) 21:53:38 ID:oe3A26gG
    高三生で最近なんとか大学決まった俺ですが、感謝したいやつがいるんだけどそいつの話。

    高一の頃の俺は本当にただのキモい二次オタで、もちろん友達は同じ趣味の数人しかおらず、絵に書いたようないじめられっこだった。

    で、そのうちDQNグループに本格的にいじめられだして、椅子が無くなるとかの古典的なやり方もされたり、そのうち学校に行きたくなくなった。
    今考えたら本当に馬鹿な話だけど、ちょっと自杀殳だって考えてた。

    でもある日、俺が机で座ってたらDQNグループに囲まれていつもみたくちゃかされてたら

    後ろから「おい〇〇(DQNグループのリーダー的なやつ)!テメェいい加減鬱陶しいんだよ!!次にそいつに余計な事してたらマジで杀殳すぞ!!」ってドスの効いた声が聞こえてきて。

    それがN君っていう柔道部で全国三位の実力の持ち主で、普段は大人しくて誰にでも優しいタイプだったからクラス中がぎょっとした。

    俺も助けてくれたという以前に驚いてしまって、つーかN君の初めて見るキレた顔がめっちゃ怖くて、感謝の言葉は言えなかったんだけど
    そのうちN君が話しかけてくるようになった。

    665 :鬼女の秘密 2009/09/14(月) 22:11:24
    836 名前:愛とタヒの名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 14:51:42
    妹の結婚式でウェディングケーキぶっ倒れたよw もう15年も昔の話だけどw
    緊張していた新郎新婦が刀を入れたら、台の足が折れたか傾いたかしてスローモーションでバターン!
    あっけに取られる場内。慌てて駆け寄る式場スタッフ。
    妹が、その様子をひな壇から見ていて(出席者の口を開けた放心状態と、倒れたケーキ)、
    何かツボったらしく笑いだしたw 遠慮勝ちにクスクスだったが、正気を取り戻した会場が、釣られて笑いだしたw
    会場内なぜか爆笑www 新婦も咳きこむほど笑って、介添えの人まで笑いながら心配していたw
    その後は、緊張も解け、会場はとても和やかにいい雰囲気に進み、
    手紙の読み上げと花束贈呈では、みんな号泣w

    あんなに喜怒哀楽の激しい式は後にも先にもあれ1度だけだったw
    親戚が集まるといまだに『いい式だったなあw』と語りるがれているw

    一歩間違えば不幸だったかもしれないけど、新婦次第で雰囲気が救われるもんだなと思ったので書いてみた。

    672 :鬼女の秘密 2010/10/16(土) 22:12:00 ID:Iv4dSP++
    学生の時、電車の中で立っていたら急に立ちくらみがした
    とっさにポールを掴んだら前に座っていたおじいさんが席を譲ってくれた
    苦しかったのでご好意をありがたく受けて座ろうとしたら、近くでずっと「座りたい」とごねていたお子様に押されてよろけた拍子に座られてしまった
    母親は「あらあら、座れてよかったわね」とうふふ、と笑うばかり
    するとおじいさんは低い声でお子様に「立ちなさい」と言った
    お子様が「疲れてるからやだ」と言うと「立つんだ!」と一喝
    「何ですか!大きな声で!」
    と怒る母親に
    「お子さんは男の子。でしたら女性.に優しくするのは当然のはず。貴女もそうしつけなければいけないでしょう。私はこちらのお嬢さんに席を譲ったのであって貴女のお子さんには譲ってない!」
    静かに言うと子供を立たせて私を座らせた
    それを見て母親は顔を真っ赤にするとお子様を抱えて別車両に行ってしまった

    見るからに弱々しげでむしろ私が席を譲るべき感じの人だっただけに、その力強い声にはっとした
    何だか亡くなった祖父を見ているようで少し泣いてしまった

    スーッとはしないかもしれないけれど、パニック障/害で本当にタヒぬかと思うほど苦しかったので座らせてもらえて本当によかった

    462 :鬼女の秘密 2019/11/15(金) 19:58:53 ID:Fi.1q.L3
    うさぎの味覚を感じる部分は人間の倍、犬の十倍ある好き嫌いはっきりしてるグルメな生き物。

    人参嫌いもいれば、キュウリ食べるのもいる。
    大好きな食べ物あげると、噛みつかんばかりの勢いでがっつくが、嫌いなものはクンクンし確認後ぷいっと顔を背けるか、歯で掴んで放る。

    グルメなところも、見てると癒される

    944 :鬼女の秘密 2015/11/17(火) 16:08:21 ID:cDr
    俺デブで不細工なんだけど、嫁さんがいる
    可愛くて料理めっちゃうまくて家はいつも綺麗にしてくれるし、俺の稼ぎそんなないから働いてくれてる
    たまに毒吐くけどそれがギャップで面白くて、嫁さんといるといつも楽しい

    付き合ってた頃は遠距離だったんだけど、こっちに来てくれるときはめっちゃ早起きして弁当作って持ってきてくれたり
    結婚してからでも誕生日とか記念日なんかには豪華な飯とかケーキ作ったりしてくれる

    ちなみにまだデブだけど嫁さんが低カ□リーでうまいもん作ってくれて、一緒に散歩とかしてくれたおかげで
    結婚してから10㎏は落ちた

    本当に俺にはもったいないくらいなんでもできる嫁さんだし、ある日「なんで結婚してくれたん?」って聞いたら
    「だってあたしが作るごはん俺くんみたいに毎日おいしいおいしいって食べてくれる人いないし
    あたしが何かするたんびにありがとう!嬉しい!って喜んでくれるし、そんな顔ずっと見てたいなって思って。
    ちっちゃいことかもしんないけど、大切にされてるなー愛されてるなーって思うもん。逆に毎日ありがとうだよ」
    って言ってくれたあと、すぐ真顔になって「でも服のセンス皆無だから、今度一緒に買いに行こう」ってまた少し毒吐かれて
    でもなんか楽しくてうれしくて、この子に出会えて本当によかったなって思った

    頑張って働いて、俺もいっぱい尽くしてあげれるように頑張ろう

    581 :鬼女の秘密 2007/04/04(水) 07:59:32 ID:g274Un5F0
    >580
    ドンマイ

    イベントに行くために朝6時くらいに家を出たんだ。
    そしたら通り道で、見知らぬおじいちゃんが頭から血流して倒れてるのを見つけた。
    取敢えず第一発見者として、学校の保健の授業で習った一連の流れをやった後に
    集まってきた周りの人に救急車呼んでくれって頼んだら、消防車が来た。
    通常の3倍が来て、不謹慎かもしれないが緊迫してた場の空気が和んだ。

    おじいちゃんは無事だった。良かった。

    52 :鬼女の秘密 2015/03/06(金) 19:37:17 .net
    相談させてください。俺52嫁50子供たちは自立
    俺は中学生のときに事故で上半身が文字通り崩壊した。皮膚がただれたとかじゃなく、整形外科でもどうにもならないレベルで欠損している感じだと思ってほしい
    そんなんだから当然、周りからは化け物扱い。でも成人する頃に嫁と出会い、外見に囚われず俺を好きでいてくれた嫁に心底救われ、勢いでプロポーズした
    それから今に至るまでラブラブ夫婦で居続けた
    お恥ずかしい話だが未だに遊園地デートはするし夜の営みもある
    心底幸せだったんだが、先週の休みにそれが崩れてしまいそうな事態になった
    嫁が俺の実家に行き、そこで俺の妹に捕まってお茶会をすることになったと連絡を受けた。妹は俺を毛嫌いしているんだが、嫁のことは大好き
    たまたま実家に帰った時に大好きな義姉がいてハイになったんだろうと思う
    しかし数時間経っても帰ってこないので流石に拘/束しすぎだろうと思い嫁を迎えに行った
    家に上がったら嫁と妹の会話が聞こえてきて、聞いてしまった
    妹が「なんでアレと結婚したの?」と嫁に問いかけて、嫁は「だってあまりにも可哀想じゃない」と答えたんだ
    同情から俺と結婚したのか、とそれから今に至るまで混乱しています
    どうするべきなのでしょうか…
    関係は壊したくない、でも今まで通りにするのも苦しいでわけがわかりません

    369 :鬼女の秘密 2020/01/06(月) 12:22:40 ID:???
    とても長くなってしまったけど書かせてね。

    昔、爺の親友が事故で亡くなって遺された一粒種の男の子をうちで育てたの。
    その辺りの事情は長くなるし、身バレも困るので割愛するけど
    すでに6歳になってたから本人も事情は大体分かってて、
    でも亡くなった親友と共によくうちに遊びに来てたから、うちの生活に慣れるのは早かったの。
    本当は養子にしたかったのだけど母親が養子にすることだけは了承しなかった。
    うちには子供がいなかったから、子育てについて戸惑うことも多くて
    どう対応していいのか分からない時もあったけど
    婆と爺の双方の両親も孫として接してくれたし、
    友人たちも協力してくれたし、色々教えてもらいながら頑張って育てた。
    でも普段明るくて良い子なのが、時々暗い目になることがあって
    それがすごく気になったりもしたわ。
    一年も一緒に暮らすと、もう我が子にしか思えなくなって可愛くて可愛くて
    いつか母親が迎えにくるかも知れないと思うと不安で震えることもあった。
    で、息子(と書かせてね)が高2の時に転換期があったのよ。
    ある日息子が「卒業したら就職する」って。
    それに対して爺は「学力は十分あるんだから大学は行った方がいい。
    行きなさい。お金の心配は要らないから」って言ったんだ。
    お金の心配してるのは黙ってても分かったから。
    もっと早く言ってあげたら良かったと反省したわ。
    こっちは我が子として育ててるつもりだったから学費は用意してたの。
    そしてこの時に息子が思いのたけを話してくれたのよね。

    子供の頃、父親と一緒にうちに遊びに来てたころ
    お母さん(婆)が作ってくれるごはんが美味しくて
    いつもこんなの食べられたらいいなぁって思ってた。
    そしたらお父さんがタヒんじゃって、お母さんに捨てられて
    罰が当たったってずっと思ってた。
    中学の時に新しい家(婆たちのマイホーム。それまでアパート暮らしだった)が建った時
    僕の部屋があって嬉しくて泣いた。
    ちゃんと僕を息子だと思ってくれたんだって。
    でも大学に行きたいってのはどうしても言えなかったって。
    奨学金を借りてってことも考えたけど、自分みたいな境遇が
    ちゃんと就職できるかどうかも分からないし、
    払えなくなったら婆たちに迷惑掛けるしと思ってたって。

    332 :鬼女の秘密 2010/03/24(水) 22:41:39 ID:vInIpViW
    俺とオヤジに血のつながりがない事を
    俺は知らないと両親が思ってた事。

    結婚したい子が出来た、とオヤジに言っ
    たら数日後「大事な話がある」と言われ
    家族会議になった。今までにない、真剣
    な顔で
    父「実は、俺と…俺と、お前は血のつな
    がりがないんだ。。」
    俺「…うん、知っ、、
    父「でもな!でも!父さんは、いつだって
    お前を本当のムスコと思ってきた!」
    俺「いや、うん。だから、知っ、、
    父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」
    父、涙目。
    母、号泣。
    俺、呆然。
    父「うん。わかるよ、いきなりこんな事
    言われたら。。混乱するよな…黙ってて
    悪かった。うん。父さんが悪かっ、、
    俺「知ってるよね?俺」
    父「うん、そうだよな、、、あ?」
    俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」
    父「え?」
    俺「え?」

    嘘みたいだけど、本当の会話。リアルで
    「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw

    このページのトップヘ