いろいろ

    406 :鬼女の秘密 2011/06/24(金) 16:42:30 0
    ちょっと前の話だけど、近所の娘さんが大学進学を両親に反対されて
    それでも進学する!するなら勘当だ!の大喧嘩を繰り広げ
    結局、娘さんは自力で大学に行くと決め、バイトと奨学金で4年間乗り切った。
    その娘さんとうちの姉が友達だったんで、何かと連絡を取り合ってたんだけど、当時住んでいたアパートが

    「キッチン・トイレ・風呂共同」「電話なし」「給湯設備なし」「間取りは四畳半一間と押入のみ」

    だったらしい。
    携帯電話も就職活動に必要になるまで持たなかったとか。
    「ないことに慣れちゃうと、以外となんとかなるもんですよ」と笑っていたが、凄いと思った。

    卒業するまで、その子の両親は「娘はもうタヒんだものと思ってる」「最初からいなかったと思うことにしてる」と
    本気で言い回っていたから、こっちも筋金入りかもしれないw

    1 :鬼女の秘密 2020/10/19(月) 14:29:55 ID:5H1
    カルシウム足りてないからイライラするんですよ!

    213 :鬼女の秘密 2018/01/22(月) 11:47:53 0.net
    義妹から
    「私の結婚式に実弟さんに出席してほしい
    披露宴がダメなら二次会に参加してほしい」
    と頼まれた
    実弟(28)は
    地元の国立大卒県庁勤め(地元では理想的wな経歴)
    高身長で学生時代に地元タウン誌にイケメンとして紹介されたことアリ
    なので義妹(33)の独身の友人に紹介したいと言う事らしい

    今でも実家暮らし、歴代彼女より母が大好き、
    デートより母との買い物を優先する
    今でも買い物は母と一緒、母の選んだ洋服を着てる
    年に2回は母と2人で旅行
    母と離れたくないから家を出るつもりは1ミリもない
    結婚したとしても絶対母と同居、どんな場合も母を優先する確率100%

    それでもいいの?と聞いたら顔面蒼白になってた
    残念でした

    1 :鬼女の秘密 2018/07/01(日) 14:08:48 ID:RyQ6XWLRd.net
    ぼく「特選カルビ2人前、厚切り牛タン2人前、さくらユッケと刺身も2人前で!」

    隣の底辺家族「ほ、炎のドラゴンカルビ(豚)…」

    ぼく&嫁「厚切り牛タンおいしいね!」

    底辺嫁「やわらかカルビ(加工肉)おいしい…」

    底辺ガキ「…」チラチラ

    底辺おやじ「…」

    ぼく&嫁「さくらユッケおいしいね!」



    これ僕が悪いの?

    866 :鬼女の秘密 2019/12/04(水) 13:55:35
    猫の足音は意外というかびっくりするほど大きいこと

    鉄筋コンクリート製の分譲マンションに住んでるんだけど上の階の人が猫を飼うからって
    手土産持って挨拶に来た
    猫なんて抜き足差し足忍び足で物音立てないだろうにどうして挨拶なんてしに来るんだろうと
    不思議に思ったが早朝からドタバタと小さい子供が暴れるレベルでうるさいしいろんなものを
    倒して転がる音までしてくるのが衝撃的だった
    文句言いたいぐらいだがお菓子もらっちゃってるした手前我慢してる
    人間のこどもならいずれ静かになるだろうけど猫じゃ無理だよな

    602 :鬼女の秘密 2016/09/20(火) 09:58:19 ID:2GCYvZGv0.net
    最初の結婚の相手は会社経営者で一回り上のバツ1で某広域暴カ団の企業射程とかいう役職だった
    私はハタチで今思うとなんでそんな難あり物件とと思うが、裕福で気前のいい夫に甘えて当時は幸せだった
    兄と弟に挟まれた中間子長女で父親っぽさに飢えた結果なせいな気がする

    結婚して3年目に夫の会社が不渡り出した時に現金で1500万円を渡された
    「どっかに仕舞い込んで誰にも秘密にしとけ、銀行に預けたりしたらばれるからダメ」と言われた
    金額のわり意外と少ない嵩だったので考えて、色つきのタッパーに分割して冷凍庫保管
    不渡り出した後も、私の生活に変化はなく専業主婦で暮らしていたけどさらに数年たって夫の会社がとうとう倒産してしまった
    家は私名義だったので無事だけど、それ以外はほとんど失って無一文に近い状態
    私名義のお金で食べながら再起をはかることになった
    当然夫の前妻の子への養育費は止まった、夫が無一文だからしょうがないと説明済
    その翌年夫が事故タヒ、怨恨とか杀殳人とかいろいろ疑われてたけど事故だった
    私に保険金が入ったので、前妻親子からお金を請求されたけどそんな権利はない

    私は30になったばっかりだった
    前夫が盛大に甘やかしてくれたおかげで父忄生愛も贅沢ももうお腹いっぱい
    一人住まいには広すぎる自宅は借家に出し、ワンルームに住んで簿記の専門学校へ通った
    専門学校から紹介されて小さな事務所の経理兼事務に就職、
    地方公務員の今の夫と知り合って2年付き合って35で再婚、子どももできた

    夫は私が前夫とタヒ別してるのは当然知ってるけど、借家に出してる持家が結構大きいこと、お金が2千万近くあるとは知らない
    家は県外だし前夫の親族が住んでるので当分は何もできないと説明してある
    前夫がヤ𠂊ザ関係者だったのと家賃収入と貯金の事は一生言わないと思う

    639 :鬼女の秘密 2018/05/27(日) 01:56:19 ID:fIC
    今年40のBBAをつかまえて
    「ミニスカート履いてよ」
    ってそりゃないんじゃない?
    「絶対似合うし!」
    って言いますけど、そりゃ貴方の身内目線でそう思うだけで外部からすれば醜いもの見せられてテロに巻き込まれた感になるんだから辞めましょうよ…
    そりゃ私が芸能人やモデルみたいに別嬪さんならまぁ理解出来るけども、標準体重+10キロのふとましい体型なのよ。

    96 :鬼女の秘密 2020/07/05(日) 11:38:13 ID:8T.4d.L3
    前カレとは中学~大学まで付きあってた。でも「お前にもうときめかなくなった」と大3でふられた。
    幼馴染みだったし、彼氏彼女というより家族みたいになってたから、ときめかないのもしゃーないかと思い悲しいが別れを了承。
    結婚を視野に入れ地元に就職予定だったが、予定を変え県外に就職し地元を離れた。
    これが2年前。

    昨日母から電話があって「前カレくんが家に来たよ」と。
    「おまえに話があるから中に入れてって言われて、『娘はよその県で働いてるからいない。入れられない』って言ったらびっくりして帰っていった。
    あんた前カレくんに言ってなかったの?」
    うん。別れたら連絡すんなって言われてたしね。こっちも番号とID消したし。
    その後また母から電話。前カレ、今度は自分の母親を連れて実家に再突撃したらしい。
    今度は父がいる時間帯だったから、父母+前カレとその母で話し合いした。
    どうやら前カレ、彼女と別れたようだ。
    「彼女はときめくけど、地元民じゃないから色々習慣が違うし、年下だから甘えが目立つし(私)と比べてしまって駄目になった」と前カレは主張。
    で、別れたから私とやりなおそうと思って実家に来たらしい。
    私ん家に来さえすれば、前と同じように父母が歓迎してくれて、私の部屋に通されてすぐやりなおせると思ってたらしい。
    でも『娘はいない』と言われて中にすら通してもらえなくて、驚いて自宅に帰り『(私)さん家が変だ!』と自分の母親に泣きついたという。
    前カレ母は「そんなことで連れてこられたのか!」と驚き、息子を叱って、うちの父母に謝りながら帰っていったそうな。
    母から「コロナがあるから当分帰ってこれないのはわかってたが、あそこんちの息子が片づくまで帰郷しなくていい」と言われた。
    今はLINEのグループトークやスカイプ使えば、直接会えなくても話せるしね。
    しかし幼馴染かつ弟みたい(同い年だが)だった前カレだけど、別れた後も家族の延長のつもりだったのかな~と脱力。
    兄弟ゲンカや親子ゲンカなら何年たっても和解できるかもしれないけど、彼氏彼女はそうはいかないんだよ…

    879 :鬼女の秘密 2003/08/15(金) 00:09:00 ID:NqK5Nxqt
    中学3年の時の話なんですけど
    俺は不良でもガリ勉でもないごく普通の中学生でした
    ただ、クラスにちょっと人のワクを外れたY田っていうバカがいて
    消火器ぶちまけるとか、バットでガラス割るなんて、ここまではどこでもあると思うんですけど
    ハサミで無差別に女子の髪を切るとか、昼間っから学校を放火するとか、異常なヤツがいたんですよ
    んで、ある日Y田がいつものようにライター振り回して人の服や髪に火を付けて廻ってまして
    俺は遠巻きに逃げてたんですけど、Y田が俺の学生カバンを燃やし始めたんですよね
    さすがに自分のモノに被害が及ぶと俺も黙ってられないんで
    「おい!やめろよ!」と怒鳴ったら、Y田、ポケットから投げナイフ出して、俺に向かって3本連続して投げてきたんですよ!
    (続く)

    918 :鬼女の秘密 2009/05/13(水) 11:00:21 ID:cuHBr8Ty
    クラスの男子(眼鏡で地味、無口)と同じ図書委員になったんだけど
    そいつが面倒な仕事を今までずっとやってくれていたことを任期終了一月前になって知った
    古い本の処分や、毎月新しく購入した本にタグをつけたりと、
    今まで先生がやってたと思ってた\(^o^)/

    せめてものお礼に、無茶苦茶緊張したけど2/14にチョコを渡したら
    顔赤くして照れ笑いしながら
    「今まで頑張ってよかったよ、ありがとう」

    はい落ちた!いま落ちたよ私!
    今までダサイ地味眼鏡だと思ってたのに、
    その日からそいつがカッコよく思えてしかたないよ!
    もっと良いチョコ渡せば良かった・・・
    学年変わってクラスも別になったけど、あの時の笑顔が忘れられねぇえええええ

    このページのトップヘ