いい話

    849 :鬼女の秘密 2009/09/20(日) 23:19:59
    なごみとはちょっと違うかもしれないけど。あと長文すいません

    その日はオンリーだったんだ
    閉会直前までがっつり買い物して、戦利品を抱えて山手線に乗った
    一人だったから、何となく同じイベントから帰る人(=同じ駅から乗った人)を
    ぼんやり観察しながらとある駅で降りた
    たまたま、同じ駅から乗った自分よりも更に大きな荷物を両脇に抱えてるべっぴんなお姉さん
    も一緒に降りて、改札のある階段に向かった
    お姉さん速い。すごい荷物+ヒールの高いミュールなのに自分の倍速くらいで歩いていく
    自分がゴミ箱にゴミ捨てたりしてるうちに、お姉さん階段を降りて行った。自分もやっと階段に辿り着いた
    そうしたら、階段の途中で、すっごい一段一段ゆっくり降りてるさっきのお姉さん発見
    人の多い駅で、階段は昇降分離していない。時間的に、昇ってくる人もかなり多い
    あー、さすがにあの荷物で階段を光速は無理かとひょいひょいと追い抜こうとした
    お姉さんの前には、腰の曲がった小さなおばあさんが手すりを持ちながらゆーっくり階段を降りていた
    前にも書いたけど、人の多い駅の階段で、カバンを体の前に抱えてても通りすがる人と肩が当たるくらい
    でも、お姉さんが両肩に荷物を抱えておばあさんの後ろに立っているので
    他の人はおばあさんの幅ではなくお姉さんの幅で横を通っていく
    昇ってくる人も、降りてくる人もそう。だからおばあさんはマイペースにゆっくり降りていく
    ようやくおばあさんが一番下まで降りると、お姉さんは何事も無かったようにまた
    おばあさんを追い抜いて、自分の向かう出口とは逆の改札へ高速で歩き去って行った

    荷物を持ってあげたわけでもないし、気遣いの声をかけてたわけでもない
    でも、荷物で両手が塞がってても、ただ歩いてるだけでも、人に優しくできるんだと
    なごむっていうか感動した。あんなオタクになりたいと思った帰り道だった

    214 :鬼女の秘密 2009/08/14(金) 19:15:09
    お仕事でコミケ行けなくてむしゃくしゃしてるので、
    腹いせに今日はひどいことをしてやったよ!
    (`・ω・´)

    とりあえず、日比谷線で秋葉原に着ちゃって、道に迷っちゃって、
    昭和通り沿いを地図を片手に、途方にくれながらうろうろしてる、
    コミケ帰りらしき各国からの外国人のみなさんを、
    かたっぱしから道案内してあげたよ!
    団体さんも含めて、もう9人も人助けしてやったからね!

    メイド喫茶とかフィギュア買いまくりとか、
    心ゆくまでたっぷり楽しんで帰るがいいさ!

    622 :鬼女の秘密 2008/01/03(木) 16:15:26 ID:cjCeAPfd0
    犬話注意

    いつも散歩に行く土手に、何ヶ月も前から白い犬がいた。
    犬は毛がぼさぼさで、あまり食べていないんだろうか、痩せこけていた。
    とても人に慣れていて、決して触らせないが近くまで寄ってくる。
    捨て犬なのか、迷い犬なのか分からないが、野良ではないオーラを持っていた。
    近所の犬の散歩を、いつもじっと見つめているんだが、とても寂しそうで、こっちが切なくなった。
    連れて帰りたいけど、うちは賃貸だから無理だしなあ、と思っていた。

    先週、新しい真っ赤な首輪が犬に付けられていた。でも飼い主の姿は無い。
    今日また行ったら、リードを持ったおじさんに連れられて、元気に、嬉しそうに散歩していた。
    連れと「あの犬かな?」って話していたら、おじさんが気づいたのか話しかけてくれた。
    おじさん曰く、ずっと前から気になってはいたが触らせてくれないもんだから
    こりゃ持久戦だ!と思って、少しづつ仲良くなっていく作戦を取ったそうな。

    離れたところから餌を置き、
    それを1ヶ月続けたところ、自分から寄ってきて触らせてくれるようになった。
    チャンスだ、と思い持っていた首輪を付けたが、逃げられてしまった。
    でも翌日も寄ってくるから、餌付けは続けた。
    で、大晦日にとうとう家に連れて来る事ができた、と。
    どうやら今日が初めての散歩だったらしいが、犬の目は輝いていたし、毛並みも前より良くなっていた。
    幸せそうだったし、触らせてくれている間も尻尾をぱたぱた振っていた。

    本当に良かったな、と心から思ったよ…

    530 :鬼女の秘密 2016/04/02(土) 12:51:01 ID:9WP
    皆の衝撃話に比べたらささやかなんだけど、自分が「ありがとう」「ごめんなさい」が全然言えない人間だって知ったとき。

    結婚2年目の嫁が思いつめた顔で、
    「あのね、話があるの。
     喧嘩したいわけじゃないから冷静に聞いて欲しい」
    と言う。聞けば、
    「あなたは、日常の中での『ありがとう』や『ごめんなさい』が全然足りない。
     小さなことでも絶対に必要なことだよ。
     例えば、あなたに頼まれて私が冷蔵庫からビールを取ってきたら、本来あなたは『ありがとう』って言うの。
     私は『どういたしまして』って言うの。
     あなたが私にぶつかっちゃったりしたら、あなたは『ごめん』って言って、私は『大丈夫だよ』って言うの。
     私たちにはそのやり取りが無いんだよ…」
    そう言われた。
    その時は全然そんなふうには思ってなかったから、
    「いや、言ってるだろ!」と言ったら、
    「喧嘩したいわけじゃないんだってば」と困ったように言われた。
    嫁が言うには、俺はありがとう・ごめんなさいの他にも、嫁のありがとうやごめんなさいに対する返答も疎かすぎるらしい。
    「私があなたのしてくれた事にありがとうって言ったら、せめて『うん』ぐらい返して欲しいよ。
     私がありがとうって言ってもあなたは無言だから、いつも少しだけ悲しいんだよ。
     毎回少し悲しい」
    と言われた。
    返してるつもりだった。
    口からでていなかったのか。とその時知った。

    次の日から、本来「ありがとう」「ごめんなさい」を言うタイミングで、嫁が「今だよー!ありがとうのタイミング!ほらっ」と笑顔で突っ込んでくるようになった。
    嫁が「あ、ごめん」と言った時につい無言でいると、覗き込んで「ねえってば、ごめんね?」と改めて言ってくるので、
    「おっ、おお、大丈夫だよ」みたいな感じで返すようになった。
    こうやって言われて初めて、俺は全然足りなかったんだと知った。
    しばらく経った今も、まだ習慣レベルで口から出るところまで行けていなくて、
    さすがにもう嫁の突っ込みはいらないが、
    頭の中で(あ、今ごめんのタイミングだ!言わなきゃ!)「ごめん!」ていう感じなので一拍置く感じになってしまっている。
    でも嫁は毎回すごく嬉しそうで、「結婚生活の唯一のモヤモヤがなくなった!もっと早く言えばよかったな~」だそうだ。
    悪いことをしてたな。
    ちなみに、「旦那 謝らない」でググったら、以前の俺のような旦那を持つ奥様方の愚痴や悩み相談がワンサカ出てきた。
    離婚に発展しそうな人までいた。
    嫁も悩んでる一人だったんだな。
    まだ下手くそだけどこれからちゃんと伝えていかなきゃ。

    326 :鬼女の秘密 2014/11/16(日) 14:54:18 ID:QZSKTM92T
    2番目の子を産んだ時、上の子が赤ちゃん返りするわ旦那が単身赴任するわ両親が相次いで亡くなるわで精神的にも肉体的にも追い詰められていたのが修羅場。特に子供達の悲鳴みたいな泣き声が堪えた。こんなに頑張ってるのにこれ以上なにをしてほしいのって。ご近所にも苦情言われるようになって、もうなんかダメだってなった。旦那の単身赴任先が治安の悪い海外で、その時は情勢も悪化しててとてもじゃないけど連れて行けないって言われてたから旦那も頼れなかった。そんな時、お隣の女の子が訪ねてきた。すごく子供好きな良い子で、上の子はかなり懐いてたから喜んで遊んで遊んでってアピールしてて、でもその時は何だ私より他人が好きなんだって思ってしまった。我が子なのに。
    お隣の女の子(Aとする)は、私の家でお茶しませんか?と誘ってくれた。久しぶりに長男くんの好きな蒸しパンと人参のケーキ作ったんでお子さんも是非と。甘い物も久しく食べてないと思い出して、苦情を言われるのかと張り詰めていた気持ちが緩んで泣いてしまった。Aは少し待ってて下さいと言うと奥に入って、次男のオムツとミルクをバッグに詰めて戻ってきて私をAの家に連れて行ってくれた。(旦那がいる時から交流があって、育児用品の場所はある程度Aも知っていた)お茶を入れて貰ってAの作ったお菓子を頂いていると不思議と気持ちが落ち着いた。「ママさん(Aは私のことをママさんと呼ぶ)気分転換に美容院行きません?私の友達がカットモデル募集してて!私長男くんと次男くん預かりますから!」と。美容院なんてもう何ヶ月行ってないんだろうと思い出して、Aに甘えることにした。久しぶりの外出だった。
    それからもAはちょくちょく子供達を預かってくれた。買い物をついでにと引き受けてくれたり、おかずをお裾分けしてくれたりと気にかけてくれた。神様みたいだと本気で思って拝んでた。Aがいなかったら心中してたかもと思うくらいあの時の私は追い詰められていた。今でも交流のあるAが結婚決まったのでAが幸せになりますようにと記念カキコ。
    327 :鬼女の秘密 2014/11/16(日) 17:12:19 ID:T1f20qiUS
    ええ話や
    引用元:https://www.logsoku.com/r/open2ch.net/kankon/1414581058/

    このページのトップヘ