おじさん

    866 :鬼女の秘密 2009/09/21(月) 21:36:25
    今日路肩にレトロ車が止まっていた
    そういうのナマで見たこと無かったからこれ公道走れるのかと思うような形だった
    どうやら故障したらしくおじいさん寄りのおじさん数人が
    あーやっちゃったねーという顔でで車を囲んでいた
    自分が信号を抜けてその車の後ろを見ると
    ずらずらと5台くらいの同じような年代物の車が並んでいた

    車に詳しくないから説明しづらいが、昔の英国風?とか
    アストンマーチンやコブラっぽいの、アニメの犬のホームズが乗ってそうなの、
    クラッシックカーショーに出てきそうなものばかりでそこは異世界
    よく見たらおじさん達はみんなシルバーグレイっつーかかっこいいおじさんだった
    みんなの困った顔に気の毒になったが
    シルバーウイークに趣味の友達が集まってキャッキャとドライブしてたんだろうなと思うと
    その集まりが可愛く見えた
    そして可愛がられてるであろうぴかぴかの車達は目の保養になった

    455 :鬼女の秘密 2016/04/04(月) 07:33:54 ID:Sjv4Fd7v.net
    親戚のおじさんがやってた零細の会社にアルバイトで何年過前夏休みだけ手伝いに行った
    そこには数年目くらいになる従業員のお兄さんが一人いた
    こちらも血の繋がらない遠縁
    ところがおじさん、私のつたない仕事にはアホかと思うくらい甘々なのに、このお兄さんをミスとも言えないミスで大声で叱る叱る
    叱ると言うより893みたいに怒鳴る
    「そんなので通用すると思ってんのかよこのグズがーーー!」みたいな感じだよ
    中年の怒声ほど醜くキモくビックリするものはない
    いくら給料よくたってこんな歪んだ環境は無理
    第一大の男を本人のプライドも考えずに人前でけなすのが信じられなかった
    見せつけるみたいに私にベタベタ、甘々なのも吐くほど気持ち悪かった
    どん引きして親に「あのおじさん人としておかしい」と言って、適当に理由つけて辞めさせてもらった
    その後すぐにそのお兄さんも辞めたそうだ
    母から聞くとその人は前は普通の会社員だったんけど、重い病気で一度退職した
    社会復帰にどうだと誘われて、その零細で働いていたんだそうだ
    事務も営業も現場もほぼその人がやってたらしい
    おじさんはお兄さんに任せきりだったらしく、ほそぼそながらも代々かなり古くから続いてきた零細はお兄さんが消えて半年もしないうちに潰れた
    親戚中に「あいつを辞めないよう説得してくれ」「あいつの代わりになる奴はいないか」と泣きついていたらしいけど、だったらもっと大事に普通の扱いすれば良かっただけじゃん…
    あんな安い給料で働いてくれる人なんてなかなかいないのに
    義理でもなければいたいと思うはずないじゃん
    なぜ虐げた人がついてくると思うのか
    本当に神経が分からなかったけど、社会人なってから似たような人を何人か見かけて、バカは結構いるんだなと呆れた

    151 :鬼女の秘密 2017/12/02(土) 15:50:08 ID:mrpChaf8.net
    友達3人と俺の4人で映画を観た帰りにデパートのレストラン街に行ったら
    えらいこと混んでて、リストに名前を書いて4名と記入して待ってた。
    その後で何人か記入して、少ししてから3~4歳くらいの子供を2人連れた
    家族連れが来て記入した。さらに20分くらい待ってたらその子供達がぐずりだした。
    次の順番は俺達。お腹空いてるんだな可哀想にと思って見てたら
    友達もみんな同じこと考えてたようで、俺達の名前が呼ばれたときに
    「順番代わりますよ」とその家族に言った。親は固辞したけど「お子さんお腹空いて
    可哀想だし。俺らどうせ暇なんで待ちますよ」と言ったら喜んでくれた。
    そしてお店の人に「こことここと入れ替えになりますので」と告げたんだけど
    俺達の後(その家族の前)に待ってた中年夫婦のおっさん(夫)が
    「おい、割り込みさせんじゃないよ。みんな待ってんだよ」と怒り出した。
    「割り込みじゃなくて順番代わるだけですよ。俺達が一番最後に行くから
    そちらの順番は変わりませんよ」と言っても「そういうのを割り込みって言うんだ。
    だったら俺達とも順番代われ!」とわけわからん反論。困ってたら奥さんに叱られて
    しゅんとして黙ったので助かった。その後おせんべいもらって食べてた。
    お腹空いてたのはわかるけど、少し考えてから怒れと。

    このページのトップヘ