かわいい

    636 :鬼女の秘密 2006/06/15(木) 19:40:56 ID:YEnZ4YVO
    こないだ電車で、ちょっと心が暖かくなったので書き込み。

    平日の夕方くらいだったかな、立ってる人はギッシリではないが
    まあまあいるちょい混みの車内。私は席に座って本読みに集中してた。
    電車が駅に停車してドアが開いたな、となんとなく思ってたら
    私の横に座ってた20代くらいのダサ真面目な感じの青年が
    「起立ッッッ!!!」の号令をくらったかのように、突然バッと立ち上がった。
    青年の膝に乗ってた紙袋は、彼が立ち上がった勢いで床に落ちた。
    私は、ちょっとびっくりして??何?と怪訝に思い彼の視線の先を見ると
    杖をついた小さくて白髪の女性.が、この車両に乗って来てた。
    80歳は確実に越えてるぽい。
    青年は、頑張って声を張り上げてるカンジに緊張気味のデカイ声で
    「ど、どうぞ!」
    と言ったけど、そのご老女はにっこりと
    「あちらの優先座席に行きますありがとうございます」
    と答えられ前を通りすぎて行かれた。
    なんとなく青年も、私を含め他の乗客も、ご老人を見送った。
    そしたら、青年は今度は「着席ッッ!!」と号令をくらったかのようにシャキーンと席に座った。
    座っても、背筋が超伸びて手をギュッと握ってるwwwやべえ超かわいいコイツwwww
    私は心の中で、にーちゃんGJだったよ!と絶賛しながら
    床に落ちたままの紙袋を拾って、彼のドラえもんのように握ったおてての上に乗せた。
    彼は微動だにせず前を見据えてグーの上に紙袋乗せたままwwww
    席譲るの、そんな緊張したのかwww
    君の勇気に乾杯!きっと周りの乗客もみんな、心で君にGJを送ってるよ。
    だから不発だったけど、そんな固まらないでよ~~wwwと吹き出しそうになるのを耐えた。
    とても、微笑ましい出来事でした。

    763 :鬼女の秘密 2009/09/18(金) 17:34:22
    89 :名無しさん@HOME:2009/09/18(金) 02:26:42 0
    近所の糞犬!ふざけんな!!
    柴犬でいっつもハッハハッハしてるから徐にホネッコの太いの一本買ってきた!!
    他所の犬だがあげたくてあげたくて仕方なく買ってきた!!そんな子供心!!
    その旨を飼い主のおばちゃんに話して許可もらってあげてみた!!
    こいつこれが何か全然わかってねーよ!!匂い嗅いでちょっとなめて、くわえて犬小屋に帰ってった!!
    ちくそー!!目の前でウマウマしろよ!!それが見たいのに!!
    でも数日後懲りずにまた買ってきた!!またおばちゃんに許可もらった!!
    犬は今度は大喜びした!!後ろ2本足で立ち上がってハッハハッハしてる!!
    何その満面の笑み!?犬も笑うの!?口角上がって目が爛々とって出来るのその表情!?マンガか!!
    ほねっこあげた!!目の前でウマウマしやがった!!アホかお前なんでそんなに可愛いねん!?
    おばちゃん「これなら時々くれてもえーよ。体に良さそうやし。でも毎日はやめてな。飽きると思うから。」言うた!!
    それでお徳用のほねっこ何本か入ってる袋を奮発して買って毎週習字の帰りにと決めてあげてた!!
    けどそのお徳用の3袋目辺りが半分になった頃おばちゃんが家に来た!!犬連れて!!
    「おばちゃん引っ越して息子と暮らす事になってん。今まで犬可愛がってくれてありがとーな。」
    そー言ってクッキー缶とか駄菓子とか何かいっぱいくれた!!
    残りのお徳用ほねっこおばちゃんにあげた!!最後に一本犬にあげた!!
    泣いてたのはその時にお母さんに怒られたからとちゃう!!別れが辛かったからや!!
    その後犬はおばちゃんと一緒に遠い所に引っ越した!!犬に会えなくなった!!
    ちくそー!!なんでいきなり引っ越すねん!?ほねっこウマウマ出来ひん!!
    犬!!お前の名前何やってん!!ふざけんなー!!

    686 :鬼女の秘密 2008/09/17(水) 23:48:11 ID:ECRFDdcs0
    マイ和み犬と子供注意


    近所の公園に犬の散歩にやってきた10歳位の男の子
    男の子は手に持っていたリードを地面に置き、散歩バッグから一個のボールを取り出した
    何をするのかな?と思い見てると男の子がボールを低く投げた
    投げたボールを犬に取らせる、っていう事をしたかったのか、男の子はボールを投げた後、犬を見た
    犬は投げられたボールを不思議そうに眺め、男の子の顔を見た
    男の子の言いたい事は判らないけど目が合ったのが嬉しいのか、尻尾をバタバタと激しく振るだけ
    男の子は心底ガッカリしたような表情で犬の頭を撫で、地面に置いたリードを持ち数歩先にあるボールを回収した後
    寂しそうに公園を後にしていった

    このページのトップヘ