エレベーター

    59 :鬼女の秘密 2014/06/20(金) 17:29:54 ID:EVbsgEbo1
    通販で買った商品の話
    相手は宅急便なんだけど

    某通販で、ずっと欲しかったドレッサーを購入
    狭いワンルームでも邪魔にならない組み立て式の小さなもの
    楽しみに待っていたらドアのチャイムが鳴ってうきうきしてドアを開けると
    「○○さんの・・ぜえぜえ・・・お宅は・・・ぜえぜえ・・・ここ?」
    って白髪の小柄なおじいちゃんと言える年齢の方が息を切らしながら聞いてきた
    そうですって返事したものの、あんまりにもしんどそうで
    「大丈夫ですか?」
    って思わず声かけたんだけど、次の瞬間
    「あんたねえ!ここ、エレベーターないでしょ!!!
    エレベーターない3階の人がね!こんな大きなもの注文しちゃいかんでしょ!!!」
    って。すごい剣幕でまくし立て始めたんだよ
    当時はまだ学生上がりの社会人成り立て。通販で商品頼んでこんなこと言われたのも初めて
    本当に、情けないことに本当におろおろしてしまって何も言い返せなかった
    とにかく、ぶつぶつ言い続けて受け取りの処理とかわざと?させてくれないので
    仕方なく「・・・・すいません」って小声で言うとやっと受け取りのサインさせてくれた
    その家具、今ならその場で受け取り拒否か後で返品するんだけどね
    きっちりクレーム入れて
    組み立て式とはいえ、ちょっとした家具だしこんなおじいちゃん一人では確かに重かったろうに
    だがそれは私には関係ないだろう!って怒りが後になってふつふと沸いた
    それ以来、その通販では二度と家具は買うまいと誓ったし未だに買ってない
    一応、だめな接客ってことで

    749 :鬼女の秘密 2016/03/20(日) 22:40:23 ID:XjB
    うちの父親は転勤族だったので、小中の9年間で4回引っ越しをした。
    その中で一度だけ恐ろしい経験がある。
    中2の時、市の総体前で部活(バスケ)で遅くなった。
    もう暗くなっててエレベーターの前もがらんとしてた。
    1階の踊り場で待ってたときは確かに私ひとりだったのに
    箱が降りてきて乗り込もうとしたら、私に続いて腰の曲がったおばあちゃんが
    すぐ後ろから乗り込んできた。
    あれ?ひとりだと思ってたけどいつの間に・・・?
    腰が曲がって小さいから見えなかったのかな・・・?
    そう自分を納得させて、その時は別に怖いとか不思議だとか思わなかった。
    ただの勘違いだと思ったから。
    パネル(でいいのかな?ボタンが並んだやつ)の真ん前に立って
    自分の階のボタン⑧を押し「何階ですか?」って聞こうとしたら
    同時に「3階お願いします」と、か細い声。
    ③を押してしばらくすると3階で止まり、扉が開いた。
    おばあちゃんが降りるんだろうと思って振り向いたら誰もいなかった。
    ちびった。

    このページのトップヘ