クズ

    1 :鬼女の秘密 2019/11/05(火) 11:37:12 ID:fLzcGOOf0.net
    昨日彼氏の誕生日でプレゼントあげました。
    私なりに必タヒに考えて喜んでもらえる物をあげたつもりなんですけど、
    彼氏的には金額に不満だったらしく

    俺があげたやつは相当高かったけどこれショボくね?

    って言われました。
    ショックすぎて…。
    昨日の事だけど未だにショックです。
    こういう彼氏とは別れた方がいいでしょうか?

    1 :鬼女の秘密 2019/02/27(水) 11:10:38 ID:S0PBKRvD0.net
    俺悪くないよな

    1 :鬼女の秘密 2019/08/14(水) 09:45:14 ID:r29pW5vn0.net
    まじでエ□いバツイチ女めが
    これで最後にするっていっても「会う?」とか言われると普通にあってしまう
    助けてくれ

    302 :鬼女の秘密 2011/05/13(金) 21:55:53 ID:KPf+1HQdO
    もう完全に笑い話に出来るようになった昔の話。
    元彼がある日のデートに母親と元彼の幼なじみの女の子、そしてその両親を連れてきた。
    そのデート場所は自分が初めて元彼の両親に「彼女と付き合っている」と紹介してくれた、ある意味思い出深いステーキ屋だった
    そこで元彼母親から知らされたのは元彼が幼なじみの女の子を妊娠させたので別れて欲しい。そして金輪際元彼に連絡取るような真似をしないで欲しいという事だった
    ついさっきまで普通のデートだと思っていたので頭真っ白になったし、事態の把握が出来なかった。
    とにかくまだぺたんこのお腹を嬉しそうに触る幼なじみとその両親を見ていた。
    訳が解らずにボーっと話を聞いていたらどうやら幼なじみが同棲していた彼氏に浮気されて傷付いて実家に帰った時に元彼が親身に励ましてくれたそうだ。
    その話は少し聞いていたし、幼なじみと飲みに行って相談に乗っていたのも知っていた
    それがいつの間にか男女の関係になり、子供が出来たと言う事だった
    26歳になって、結婚も考えていた。何も言い返せなかった。涙も出なかった
    ただ、少し体勢を変える仕草をすると元彼母親や幼なじみ家族が幼なじみを守る仕草をするのがじわじわキツかった

    303 :鬼女の秘密 2013/02/03(日) 11:04:35 0.net
    毒男、不倫あいてに子供ができた、どうしよう。

    782 :鬼女の秘密 2013/03/02(土) 10:32:52 0
    だめんずで思い出した。
    同棲相手が家賃滞納して数十万貸せって言われて、
    借用書書いてって言ったらフルボッコにされて、
    ドラマみたいに目の前に包丁がすとーんと落ちたことがある。
    タヒぬかと思った。
    他人から見ればだめんずに引っかかる女もクズなんだけどね。

    828 :鬼女の秘密 2019/09/05(木) 16:24:25 0.net
    義弟嫁:「ちょっとだけ事故起こしたので身代わりになってほしい(テヘ」
    私:「無理。というか事故なら警察にまず連絡では?」
    義弟嫁:「お金払うから。物損だし、ペーパードライバーなら影響ないはず」
    私:「物損ってことは被害者がいるはず。お金払うはらウチじゃなくてそっちに払うべきでは?」
    義弟嫁:「事情があって私は警察にいけないから」
    私:「私だっていやに決まってる。とにかく無理。絶対無理。じゃあ子どものお迎えの時間なので」

    その後しつこく着信・LINEが来るがスルー


    義弟:「もしもし?嫁が私子さんに車貸したら当て逃げしたらしいって聞いたけど?」
    私:「んなわけねーよ(以下説明)」
    義弟:「話が食い違ってるので、嫁ともう一度話するわ」
    私:「そもそも物損って何やったの?」
    義弟:「コンビにで他の車に当て逃げ」
    私:「コンビニて監視カメラあるし逃げられないじゃん」
    義弟:「ですよねーw」

    翌日、義弟嫁からLINEにタヒぬほど苦情がきてる
    (ちなみにこの段階でも警察にいってない)

    旦那:「弟から連絡あったけど、義弟嫁、無免許だってさ」
    私:「はぁああああ?」
    旦那:「絶対警察いきたくないってゴネてるらしい」
    私:「私が通報しようか?」
    旦那:「今日中に引きずってでも連れて行くって言ってるわ」

    直後に電話かかってきて「義兄嫁さんが身代わり引き受けてくれないから私が犯罪者になっちゃう!!バカ!!」と怒鳴られる

    いやー、すがすがしいほどにクズだったわ・・・

    138 :鬼女の秘密 2018/08/14(火) 16:41:43 0.net
    ご意見を頂きたいです。
    相手 40代後半既婚子持ち
    当方 20代後半婚約者あり
    昔勤めていた会社の元上司と関係を持ってしまいました。
    在職中から公私ともにお世話になり、共通の趣味もあり、ずっと尊敬している相手でした。
    直属の上司と部下だったこともあり、お互いに少し特別な存在というだけだったはずなのですが、気持ちに気付いてしまってからは早かったです。
    一度は罪悪感から縁を断とうと思いましたが、そう簡単に今までの関係を切れるはずもなく現在に至ります。
    相手の家庭は壊したくないし、離婚してほしいとも思っていません。
    ですが、下世話な話で申し訳ありませんが、相手の夫婦関係は長年レスらしく、当方の婚約者とも性.的関係が無くなっていたところで関係を持ってしまい、心身共に一気に傾いてしまっています。
    このまま結婚してしまってよいのか、このまま関係を続けていくのか、悩んでいます。
    誰にも相談出来ず書き込みさせて頂きました。

    712 :鬼女の秘密 2012/03/02(金) 21:38:34 ID:FE4ouG0r0
    彼…高校のときからつきあってた人。超まじめ。なにをするにも真剣になるタイプ
    私…当時彼とちょっとだけ遠距離(電車で1時間)恋愛だった。
    A子…彼が大学で知り合った人

    彼とは高校のときから付き合っていて、親ごさんとも仲良しだった。
    進学でちょっと遠距離になってしまったが(彼が親元を離れ大学近くに一人暮らし)
    それでも毎週末には会ってたし
    それなりにうまくいってた。

    ある日彼からメールがあった。
    「今月の生活費が入った財布を落としてしまった。金がないどうしよう」
    私「警察に届けた?」
    彼「届けたが戻ってくる見込みはまずないだろうって。親にこんなこと言えねーよ;;」

    私も余裕なかったけど5万貸して、週末だけでなく彼のアパートに通って
    なるべくゴハン作ってあげることにした。
    彼はすっごい感謝してくれた。
    彼がバイトで帰り遅くなる日は合鍵で入って(もちろん事前許可もらって)食事だけ作って
    帰ったりしてた。

    601 :鬼女の秘密 2016/11/23(水) 22:51:04 0.net
    弟のこと

    母子家庭で育ち進学上京した弟は大学中退し就職、職場結婚、入籍1年後に弟嫁の妊娠発覚
    弟嫁がアルコールを飲まなくなり夜の方も多少制限されるのが非常に不満だったらしい弟は職場の若い子と不倫し、それを知って実家に帰った弟嫁
    実家に謝罪に行くどころか家に不倫相手を連れ込み、外でキスしているところを興信所に写真撮られ不倫の証拠は十分
    勿論離婚を切り出され、慰謝料350万+養育費月5万+出産費用50万を請求された
    慰謝料は300万に減額してもらい、貯金のない弟は私から350万を貸り一括で支払い、養育費は月々支払っていくこととなった

    離婚の際サラ金からの借金も発覚、その額100万
    返済額を自分で設定させたところ、月々サラ金へ3万・私へ4万・養育費5万 計12万払っていくと自ら言ってきたため了承
    仕事は同じ会社の別支店で続けさせてもらえることになっていたため、年収450万程度はもらえる予定だった
    だが返済は5か月目に滞り、家賃8万も支払わなくなった
    片道5時間かけて母が安否確認に行きアパートの呼び鈴鳴らすも反応なく、警察を呼び部屋に入ろうとしたところでやっと出てきた
    「仕事で嫌なことがあって無断欠勤していた」だってwwwww
    警察には地元に連れ帰ることを勧められたが弟が断固拒否したため、職場に母と一緒に謝りに行かせ仕事を続けることを約束しその時は終わった

    しかし以降も支払われない家賃、保証人だから立て替えざるを得ない母、私へも返済されない借金、養育費とサラ金への返済は不明という状態で半年
    何回も連絡を試みるもすべて無視する弟
    職場に確認したら一応働いてるみたいなんだけどね
    これ以上連絡がないなら家賃の支払いをやめる旨を母が通達するも無視、ということで最終通達したから今月から家賃の支払いはしないことになった
    もう弟にはタヒんでてほしいというのが正直なところだ

    あとは私の借金の回収である
    借用書を作った上で貸したのだが、これをどっかに売ることってできるかな?または回収代行とか頼めないかな?

    このページのトップヘ