メシマズ

    1 :鬼女の秘密 2015/03/23(月) 01:03:50 ID:BryoaSY00.net
    理由を聞いても「なんでもない」の一点張り

    ちょっと俺も泣いていいっすか

    536 :鬼女の秘密 2017/08/22(火) 22:35:45 0.net
    土曜に酔った弾みでマズイ食えないと言ってしまって嫁が泣いて
    それからというものカップラーメンとコンビニパンしか出て来ないわけで
    それはそれで勝利なのかもしれないが
    まずくてもおまえの手料理が食べたいという気持ちがこう

    そんなことを中学の息子と娘に言ったら
    マジで余計な事すんなよ本気で切れるから?ぐれるじゃすまねえぞ小遣い三倍でも許さない
    などという血も涙も関係無い切実な叫びを受けたわけで

    そんな晩酌にコンビニ炙りイカとパック刺身を突きながら思う残暑

    79 :鬼女の秘密 2018/03/03(土) 13:56:26 0.net
    嫁実家に子供の顔見せで来たんだが
    嫁弟「ねえちゃんクソマズイよ何だよこれ子供タヒぬぞ」と正面からいきやがった
    嫁父「食ってタヒぬなら旦那くんがもうタヒんでるだろ文句言わずに食え」俺が毎日食ってるのは心配しないんですねそうですよね
    嫁母「あんたなんでいつまでたっても味付け下手なままなの」
    嫁妹「おねえちゃんさしすせそって知ってる?」
    嫁絶叫しながら弟くんに殴るの失敗したラリアットで吹っ飛ばしてテーブルひっくり返した
    おかげで緊急嫁実家家族会議で俺空気でいたたまれなくて子供抱えて隣室で待機中というか避難中
    子供がぐすりそうなんでちょっととなりにいますねと

    子供の離乳食の相談ついでで孫見せにきただけなんだけどなぁ
    ポテトサラダが醤油で黒く染まって変なハーブ大量に混じってれば家族なら怒るわな
    今日帰れるんだろうか

    555 :鬼女の秘密 2019/05/29(水) 14:45:50 0.net
    お前の料理はまずいって言われるので
    旦那の好きな中華屋で持ち帰りした好物のオカズを
    皿に移して出したらやっぱりまずいって言われた
    つまり旦那は私の料理じゃなく私の事が嫌なんだな
    もう別れるわ

    827 :鬼女の秘密 2012/07/25(水) 09:16:11 ID:l+upFt1iO
    義実家に私だけ泊まったときのこと。
    姑が納戸から蓋の開いた箱入り素麺を出して来て、
    「去年のやつやけどもったいないからあんた食べなはれ」と
    差し出した。
    素麺は青カビだらけで、小さな虫がうじゃうじゃうごめいていた。
    「お母さん、この素麺にはカビと虫がわいてますよ」と言ったら、
    姑「あんた何をゼイタク言うてる!この程度のもん食べてもタヒなへんわ!
    虫がいるいうのはな添加物が入ってへん証拠や。
    私が茹でたるからあんた食べやーっ(`Δ´)」
    嫁いで間もなかったので私はさからえず泣く泣く素麺を食べました。
    納戸の中で、ワタゴミだらけのダスキンモップの真下に
    蓋の開いた一年前の素麺なんか置いたら虫が沸いて当然。

    保管の仕方が悪いし、普通ならそんなカビ虫素麺なんか廃棄処分ですよね。
    嫁イビリでしょうね。

    733 :鬼女の秘密 2015/02/11(水) 11:59:46 ID:vWN
    誰かいたら聞きたい。
    一昨日から嫁さん怒らせて口聞いてもらえてない。
    俺が嫁さんの作った料理を流したのが原因。
    別にメシマズとかじゃないんだ。
    たまたま嫁さんの料理中にキッチンに行ったらちょうど昆布をふきんで拭いて鍋に入れるとこだったんだよ。
    俺、昆布は固く糸交ったふきんで拭いて汚れを取るなんて事知らなくて 、「何やってんだちゃんと洗ってから使えよ汚ねえな!」って怒鳴ってその鍋流したんだ。
    今までこんな汚ねえ飯食わされてたのかよって不機嫌になってそのまま実家に行ってその出来事を母さんに愚痴ったら「あんたは馬鹿か!」って怒られてさ。
    そこで初めて昆布は水でジャバジャバ洗うもんじゃない、嫁さんのやり方が正しいって教えられたんだよ。
    そんで嫁さんに悪い事した!と思ってすぐ電話して謝ったんだけど俺、謝るのって恥ずかしいタイプでさ。
    「俺が間違ってた、すまなかった。けどそれを俺に教えないお前もどうなの?」って言っちまった…。
    嫁さんにガチャ切りされてヤバいと思って急いで帰ったら嫁さんいなかった…。
    実家にいるらしいけどどうすれば1番正解?

    927 :鬼女の秘密 2007/10/25(木) 05:28:17 O
    あんまり深刻じゃないけど、家庭内修羅場を。
    私が高校一年の冬、母がホットプレートで夕飯のお好み焼きを焼いていた。
    母は普段は料理が上手い人なのだか、何故かその日は
    焼きの段階から少し変な匂いがしていた。
    お好み焼きが焼きあがり、父・母・私で食卓を囲んだ。
    匂いの通り、何だか妙な味…例えるならば、
    牛乳を拭いた雑巾汁を飲んだらこんな感じか?というような。
    私と父は三口ぐらいで食べるのを止めた。
    私「何か、匂いも味もおかしいんだけど」
    父「うん…何入れた?」
    すると母が突然逆上、いきなり立ち上がって父と私の茶碗(白飯入り)を
    父に向かって投げつけるわ、金ヘラを窓から放り投げるわ大修羅場。
    母は星一徹状態でホットプレート上のお好み焼きすらもひっくり返し、
    当時新築したばかりの家の壁からカーテンまでソース塗れ。
    「そんなにマズいんやったら食べんでええ!」(母:京都出身)
    よく分からないままに5千円を渡され(これで外食しろ
    という意味だったらしい)LDK外に出される父と私。
    父は中に入ろうとしたが、母が皿を投げつけてきたので、
    被害拡大を防ぐため、放置する事に→それぞれ2階の自室へ。

    このページのトップヘ