レストラン

    675 :鬼女の秘密 2015/08/15(土) 05:04:54 ID:zqP
    誰もいない内にこっそり投下。
    修羅場ってほどじゃないかもしれんが、金が人を変えてしまった話。

    上司の娘さんとその旦那さんの話。
    旦那さんはレストランで修業中の料理人さん。
    上司の家に遊びに行った時に偶然一回会っただけの俺のこと覚えてくれてて、二回目会った時向こうから気づいて笑顔で挨拶してくれた。
    いい人だな、と思って好印象だったよ。
    そんな旦那さんが独立して自分のレストランを開業した。
    雑誌やテレビで紹介されて開業一年で一躍有名店になった。

    続きます

    83 :鬼女の秘密 2017/02/21(火) 22:55:09 ID:z0h
    すまない、ぶった切りで愚痴を吐かせて欲しい。

    彼女とレストランでコースの食事をしたんだ。
    自分は「いただきます」と手を合わせ出てきたコースをとりあえず完食。
    彼女は特にいただきますとか何もなく色々残した(嫌いな物があったとかで手をつけなかった)。

    レストランを出て、美味しかっただのあれが不味かっただの話をしたんだが、そしたら彼女が
    「いただきますとか言っちゃって坊ちゃんアピールすんな。食いたくない物無理して食って馬鹿じゃないの」
    って言ってのけたんだ。

    自分としては、別に坊ちゃんぶったとか何も考えずにいただきますをして、
    不味いかどうかも食べてから判断した訳だが、
    不味いと思ったものは手を付けない方がいいんだろうか。

    「いただきます」が坊ちゃんぶってる。
    不味いと思った物って手を付ける前に拒否する。

    この2点にモヤモヤしてしまう。

    このページのトップヘ