勘助

    252 :鬼女の秘密 2013/09/03(火) 10:59:46 0
    ロミオ成分少な目かもしれませんが気持ち悪いので解決を願って投下させてください。
    来月結婚が決まっているのですが、
    件名 もう大丈夫だよ
    ○○(私)、気づいてあげるのが遅くなってごめん。けど兄ちゃんがついてるからもう大丈夫だ!俺がお前を何があっても守ってみせるよ…
    早急に話し合わないと、取り返しがつかなくなってしまう!
    ○日の○時に俺たちの約束の場所で待ってる。愛してる…俺の…、なんか照れくさいな!直接言うから。待ってる。

    こんなメールがが突然来ました。
    私23歳。ロミオが27歳です。実家の近所に住んでいて近所の子供皆のお兄さんって感じの人、よく遊んでもらいましたし実家を離れてからは年に数回程度メールをする程度の友人?でした。
    彼氏彼女になった覚えもないので、宛先を間違えたのかと思いましたがはっきり私の名前入り、幼馴染で警戒心が働かず「?」と思いどしたの?^^;wwと返事をしました。冗談だと思ったんです。

    返事がこれです

    件名 隠すな!
    兄ちゃんは、いや、俺はもう分かってるんだよ…○○。
    ○○がずっと俺を想ってくれていた事も、その重いを隠し続けていた事も
    解ってるのに何もしてやらなくて、すまなかった。
    でも解ってくれ、俺もお前をずっと想ってきた。
    だけど俺の重いは、まだ未熟な○○には重すぎて、潰してしまいそうで怖かった…!
    だからお前が人間として、女として立派に育つのを見守ってやっていたんだ。
    でもそんな俺の重いが、お前には伝わってなかったのかもな…それが最初の
    俺の過ちだったのかもしれない。お前は家を出て、俺から離れてしまったから…

    続きます。

    879 :鬼女の秘密 2008/09/08(月) 16:44:42 ID:09AzR3hS
    ここ一年ほどのことを報告します。

    勘助(今年25)会社の後輩
    私子(今年28)
    A美(今年25)勘助の同期

    勘助に最初(一年前)告白されたときに「私年上だし、ごめんね」と断ったのが全ての始まりでした。
    勘助は私が「年上であること」を気にして「本当は好きなのに」付き合いを断ったのだと勘違いしてきました。
    それから二度三度と告白され、勘違いされているとまだ気付いていなかった私はその度にやんわりと断っていました。

    このページのトップヘ