716 :鬼女の秘密 2010/11/27(土) 13:40:32 ID:DrpBhi4M
自分の武勇伝じゃないけど、母の付き添いで病院に行き待合室に居た時のこと。

受付で何やら才柔めていて、どうやら30代女性.が「〇〇医師を呼べ、今すぐ呼べ」と言ってるらしい。
そこにその〇〇医師とやら(その女性.と同年代っぽい女医さん)がやって来た。
そしたらその才柔めてた女性.が「や~ん、Aっこちゃん久しぶり~!」と満面の笑顔。
「え?K子ちゃん?なんで?」
「うん、アタシ前から不眠症で悩んでるって言ってたでしょ?
それなのに今のセンセったらこれ以上お薬出せませんって言うの、ヒドイでしょ?
あ、それと頭痛薬も欲しいの。偏頭痛がもう最近すっごくひどくなってて~」
「そういう事情だったらそこの初診カードに症状書いて、そこの箱に入れて、
保険証準備して呼び出しを待ってて。イトコだからって早く診察してあげるわけじゃないの。
そうやって私を呼び出したってことは、今待ってる患者さんの待ち時間を延ばしたってことよ?
つまりK子ちゃんの待ち時間もそのぶん延びたってことだからね。それじゃ」

さっと踵(きびす)を返して診察室へ戻って行く姿はとってもカッコ良かった。
聞くと母の担当医だった。Aっこちゃん先生!一生ついて行きます!