友達

    712 :鬼女の秘密 2014/10/24(金) 06:54:24 .net
    あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色

    791 :鬼女の秘密 2015/11/25(水) 20:18:13 ID:YEje7wdj.net
    披露宴の最後、新婦挨拶の時に花束と一緒に新婦お母さんに渡されたものはクマのぬいぐるみ。
    生まれた時と同じ重さのぬいぐるみを渡すことがあるらしい。
    そこへ酔った親戚が一声。「生んでないぞ~!渡してどうする!!」
    実は新婦お母さんは新婦が物心付く前にお父さんが再婚した人。
    でもものすごく新婦を可愛がってくれて、誰もが温かく見つめていたから真相は新婦は知らなかった。が、バレてしまいそこからは新婦お母さんは号泣しながら「ごめんね」と繰り返し、バラした親戚は他の親戚に糸交められていた。
    新婦はびっくりした顔をしていたが、「でもお母さんはお母さんだもの」とクマのぬいぐるみは渡さずに「育ててくれてありがとう」とお母さんを抱きしめた。
    それを見て新郎お父さんが号泣。どうやら感動したらしい。
    あまりに泣くから新婦お母さん、泣くのをやめて必タヒに慰めていた。

    という話を後に新婦から聞きました。
    「ぬいぐるみどうしたの?」と聞いたら
    「実家に飾ってあるよ」と笑顔だったのがよかったかも。
    不幸なのは親戚。それ以来、他の親戚から無視され奥さんからは
    「酔っていたとはいえなんてこと!」
    と離婚されそうになっているんだとか

    1 :鬼女の秘密 2019/08/05(月) 02:26:39 ID:XlgUAS5f0.net
    ほぼ毎日会ってる件について

    1 :鬼女の秘密 2019/11/05(火) 13:56:16 ID:oCDQvjTQ0.net
    めっちゃ怒られたんやが

    78 :鬼女の秘密 2018/06/19(火) 13:54:49 ID:/jiC/GTF0.net
    彼氏がバイト先でよく怒られていて落ち込んでいた。
    飲食店のバイトで、まだ慣れないのに理不尽に怒られるもう行きたくない。
    でも、ここで辞めたら負けた事になるから、負けないで続ける。
    私も世の中には、意地悪な人や自分が出来るからって当たり前に人に強要いるいるからなぁって思ったし、
    何より理不尽に負けないって頑張ってる彼氏を応援して励ました。

    彼氏から私が行けば元気になるから、一度友達誘って来てよって言われて、女友達と行った。
    お店は何処にでもある普通チェーン店みたいな感じで彼氏がホールで接客してくれた。
    彼の制服姿が意外に格好良かったし、笑顔で働いているのみて、頑張ってるの認めてくれたらよいなって思ってた。

    友達はコーヒーとケーキ、私はいつもコーヒーだけど紅茶が美味しそうなお店だったので、紅茶とケーキを頼んだ。
    その後コーヒーが2きて、ミルクとスプーンと、ケーキにかけるシロップが付いてこなかった状態で、
    「御注文の方は以上でおそろいですか?」ってどや顔で聞かれた。

    友達に帰り道「彼氏、何ももってきてないじゃん」って言われた。
    彼氏ダメじゃん。
    馬鹿過ぎて引いた。

    13 :鬼女の秘密 2014/04/28(月) 18:22:31 ID:OXZQVoDKq
    ちょっとした仕返し

    昔友達にお金とか盗ってく子がいたのね
    アクセサリーとかマンガ本とかも無くなってたからたぶんそれも
    うすうす分かってからはうちに招かないようにしたけど、グループで遊びに来るときは断れない
    そのうちボロ出してその時のはうっかり間違ったって言いつつ認めたけど、それ以前のことは認めなかった
    周りも許してあげなよって感じで、どうやら私だけがターゲットだったらしい
    今思えばこういうのって誰からでも盗りそうなんだけど

    で、何年もたってからママ友として付き合いが復活したんだよね
    あんまり乗り気じゃなかったけど、離婚して地元に戻ってきてておばさん(その子の母親)にもよろしくって頼まれたし
    それでまあ案の定盗るんだよねやっぱりww
    もちろんビデオカメラ仕掛けてこっちも撮ったったwww
    おばさんから離婚理由(盗癖)聞いてて対策しない訳ないじゃないの・・・
    ぜーんぶおばさんとおじさんに見せてその子(&その子供)とは絶縁ということでオシマイ
    昔のことも認めさせたので、ひっくるめて弁償+αのお金を頂いた

    お金が目的じゃなかったし、えぐえぐ泣いてる姿見たいわけでもなかったけど
    なんていうかモヤっとした過去を吹きとばせてスッキリした

    697 :鬼女の秘密 2009/04/10(金) 12:23:28 ID:CuoFcfGT
    ROM専の俺が書くとはな・・・相手がママならスレチじゃないよな?
    俺はまだ結婚してないし、男なんで、スレチだったらすまん。

    向かいに住んでる友人夫妻の奥さんが泥棒だった。
    被害額は結婚資金として用意してた現金100万円。近いうちに使うから
    銀行から下ろして自宅に保管してただけなのにな('A`)

    706 :鬼女の秘密 2020/01/14(火) 11:44:05 ID:zGK
    ややフェイク有
    もう十数年前の話だけど、私が小学生の時の話

    近所に住んでた同級生のA子とは仲が良く、家族ぐるみの付き合いだった
    A祖父母も近距離別居で、A家から歩いて数分なので犬の散歩ついでに顔だしたりしていた
    ある日、私がちょっといいお菓子(多分結婚式の引き出物)をお土産にA家に遊びに行った
    量が多かったので、「祖父母家で一緒に食べようか」と話がまとまった
    A両親、A子、A姉、私でA祖父母家へ向かった
    ちなみにA祖父母はA父の両親

    A父が一緒にいるときは合鍵があるので、A祖父母宅にはいつも勝手口から入っている
    勝手口からA子が「おばあちゃん、来たよー」と声をかけてみんなで上がった
    A子の声に反応し、ドタドタと足音が二つ
    普段なら「あらー、よく来たねー」と満面の笑みで出迎え、孫ではない私すらハグするような朗らかなA祖母
    そして座る前から「これ食べなさい」とおかきを差し出すA祖父

    でもその日は違った
    まずA祖母が私たち子供をスルーしてA父のもとへ
    そしてA父の胸ぐらを掴んで泣きながら怒り始めた
    後から来たA祖父は、そんなA祖母をA父から引き離しながらも厳しい顔でA父を睨み付けていた
    (引き離されたA祖母はそれでもA父をラップの芯で叩いていた)
    A祖母は「このバカ息子が!」「A母さんやA子達を不幸にしたいのか!?」と泣き喚き
    A祖父は「お前、よくのこのこ来れたな」「恥を知れ」と聞いたことない低い声で言っていた
    訳も分からず叩かれるA父、半泣きの私とA子、私たちの肩を抱きながら呆然とするA母

    その中でA姉は冷静で、「何があったの?」「お父さんが何をしたの?」と質問
    話すのをためらっていたけど、A姉も譲らなかったのでA祖父母は折れた
    要約すると、「A父が電話で『ヤのつく人をはねてしまい、恐喝されたので会社の金から一部払ってしまった。家族や会社にばれる前に会社に金を返さないといけない、援助して』と言ってきた」というもの
    完全に詐欺の電話だった

    当時はまだ「オレオレ詐欺」という言葉が生まれる前で実子を騙る詐欺の認知度が低かったこと
    偶然相手の声がとてもA父に似ていたこと
    そして相手が適当に名乗った名がA父の名前と一致していたこと(A父はオーソドックスな名前)
    この二点で完全にA祖父母は騙されていた

    電話を取ったA祖父が電話口で「何たわけたこと言っとるんだ!嫁さんと会社に頭下げろ馬鹿者!!」と怒鳴ったら相手がガチャ切りしたので、幸い実質的な被害はなかった
    すぐさま警察に相談、A祖父母はA父には疑ったことへの謝罪、私たちには嫌な思いをさせたことの謝罪をした

    そのあと警察が事情聴取に来たみたいで、私たち子供は私の家で泊まることになったので詳細は不明
    後日地域の回覧板で「詐欺に注意!」みたいなのが回ってきた
    犯人が逮捕されたのかは不明

    とにかく普段やさしかったA祖父母が鬼のような顔でA父を怒っていたのが子供心に修羅場だった
    本当の修羅場はやってない罪を背負わされそうになったA父だろうけど

    531 :鬼女の秘密 2019/08/13(火) 22:15:29 ID:ZpI8Z0gq.net
    ディスってきたから言い返したら「うわw○○が怒ったw」「想像通りの反応wウケるw」と言ってきたとき。
    本人は「○○は一番の親友」「○○がいないと寂しいよぉ~」と言ってくるが知らん。

    667 :鬼女の秘密 2011/08/29(月) 07:48:38 ID:kMqKrlUV0
    女友達の話

    彼氏と夜道を歩いてたら、彼氏、突然、道の端の方へ歩いてった

    戻っていた彼氏はコンクリートブロックを手にしてて
    そして、それを両手で頭上に掲げ、彼女を見つめてた

    その頃の二人は、お互い、嫌いになった訳じゃないけど、ギクシャクしてて
    自分の気持ちを上手く伝えられないもどかしさが募って、彼氏はプッツン(タヒ語)して、そんな行動をしてしまった様だ

    彼女は彼氏のそんな気持ちを瞬時に理解し、杀殳される事はないと思ったけど、やっぱ怖いので
    近くの民家に避難→通報→警察沙汰→親バレ→破局になったそうな

    このページのトップヘ