好み

    955 :鬼女の秘密 2019/11/23(土) 09:24:18 ID:8Z.j5.L1
    旦那の若かりし頃(高校頃)の写真を見たら、元彼にそっくりだった事。
    元彼がなかなか香ばしい人だったので、写真を見た時、心臓が一気に冷えた感覚がした。

    916 :鬼女の秘密 2019/05/24(金) 10:50:45 ID:f5zHXeT50.net
    胃袋掴まれ話を見てウチのことを思い出したんで書いてみる

    嫁とオレは会社の同僚だったんだけど、会社の飲み会で意気投合し、食の好みが
    一緒だったので、ちょくちょく一緒にメシを食う間柄に。で、オレも嫁もラーメン大好きで
    その中には即席ラーメンの袋麺も含まれるわけだ

    オレの実家は昔から「出前一丁」がスタンダードで、嫁の実家は「うまかっちゃん」だったので
    一番美味い袋麺を決める議論ではお互いが譲らず、業を煮やした嫁は、

    「今度作ったるからウチに来て食ってみろ!」
    という話になった

    で、迎えた当日。眼の前に出されたうまかっちゃんは肉野菜炒めがたっぷりのった
    うまかっちゃんぽん(嫁命名)

    よくTVCMなんかで「調理例」ってな感じで出てきてもおかしないようなまごうことなき
    「チャンポン」だった

    今まで実家では出前一丁を食べる時はせいぜい卵を落とすぐらいのことしかしてなかった
    ので、この「うまかっちゃんぽん」はカルチャーショックだった

    速攻で負けを認めたオレは嫁が他にどんな美味い料理を作ってくれるのか知りたくなり
    休みの度に押しかけては料理を作ってもらってた

    そのうち、「メシだけじゃなく、ウチも食べんかい」と迫られた(?)ので美味しくいただきましたw

    今では子どもたちも大好きメニューのひとつに「うまかっちゃんぽん」はなりましたとさ

    145 :鬼女の秘密 2018/01/11(木) 14:49:48 ID:t2EmihGv.net
    ここでいいのかよくわかってない新参者だけど、置いていくね。ちょっと長くて申し訳ないです。
    職場恋愛の末に結婚し、主役2人がその披露宴後不幸に陥った話。
    新婦:40歳美人 うちの部署の創設メンバーで結婚式当時は課長。実質部署内トップに君臨している人
    新郎;28歳。入社4年目。うちの部署でチーフを務めている。  
    結末:新郎は降格・島流しの上で自主退職。新婦は色んな特権はく奪され、監視をつけられて自主退職。

    何があったかというと、披露宴にて2人の馴れ初めを紹介する件や、
    新郎が作ったであろうPVがひどすぎて参加者ドン引き。
    参加者にはもちろん職場のお偉いさんも部下たちもいたわけで・・・。
    内容をうまく説明できる自信がないので箇条書き。多少のフェイクやぼかし有りなので、訳わかんないとこはスルーしてね。

    ・2人の出会いはどこ?→2人「職場の面接(新婦+事務のお偉いさんが面接官)」
    ・結婚を意識したのはいつ?→2人「初対面のとき(つまり面接したとき)」
    ・付き合い始めたのはいつから?→新郎が就職1年目の冬から(新郎は同時期に他部署の役職付きとも付き合っていたし、公言もしていた)
    ・どういった形で愛を育んでいったのか→出張先でもデートしていた(つまり交通・宿泊費は経費)
    ・PVにて、次期課長・部長・主任候補たちをdisる。
    (飲み会等での醜態写真などを出して、だらしない上司・先輩方だけど私達で〇〇部を支えていきます!的なストーリーに仕立ててあった)
    ・元カノ(というか二股してた相手)からもらった手作りマフラーを2人で着用しての2ショット写真掲載。
    その女性.は退職済みだが、同じ部署だった面々は気付いてざわついてた。

    471 :鬼女の秘密 2017/10/20(金) 23:51:01 ID:/kMG7r7w.net
    同僚3人で某テーマパークに行ってきた。
    全員でちょっとした仮装をすることになり道具は自分が準備をしたんだが、計1000円ほどかかった。
    楽しかった1日も終わり、いざ精算というところになって、1人が
    「仮装は●●(自分)が好きで準備したものだから払うことに納得できない」
    と言い出した。
    確かに発案は自分だったがそいつ含め全員賛成してたし、買いに行く旨も伝えていたし、何よりそいつが一番道具を使っていた。
    確かに買うときに金額の確認はしなかったけど、大の大人がワンコイン以下の金額に確認必要か?
    しかもそいつ仮装用?の粗雑なバッグで来たせいでパーク内で破れてしまい、中の荷物を他のメンバーで手分けして持ってやったのに「ごめんー」の一言のみ。
    こっちは歩き回るから少しでも荷物を軽くするために四苦八苦してたのに、そいつの荷物が増えた分肩は痛くなるし、ほんとにスレタイだった。
    もう二度と仕事以外では付き合わない。
    お金は大した額じゃないし、他の人にはもちろんちゃんと払ってもらったけど、そいつの分は勉強代だと思って諦める。

    このページのトップヘ