161 :鬼女の秘密 2012/10/23(火) 00:46:12
    今凄い才柔めてる。夜中に不安になって目が覚めたから吐きださせてくれ

    嫁が今、俺の女友達を浮気で訴えると言って大騒ぎしている
    先週から別居状態……。俺は別居OKしてないけどとっとと物件見つけて出ていった
    疑われるようなことした俺も悪いけど、肉体関係は一切ない
    つか、ただの女友達
    嫁も明確に浮気をしたと確信してるわけじゃないと思う
    何もしてないわけだから、当然証拠は一切ないし

    でも既婚の男と出かけて一晩中一緒にいるということは、その嫁に訴えられても仕方が無いらしい
    慰謝料とかどうでもよくて、独身で三十間際で不貞で訴えられた裁判記録を残されるのが
    彼女に対する俺の妻としての制裁なんだそうだ
    元々感情的な割に妙に頭の切れるところのある嫁だけど、今回ばかりはちょっと怖い
    女友達は泣いてるし、嫁に謝りたいと言ってるけど取り付く島なし
    出ていってしまって俺もメールでしか連絡取れない状態

    嫁実家は俺が悪い、大人同士のことだから自分たちで解決しろというスタンス
    俺実家は疑われるようなことした俺が悪いけど、嫁のやり方もちょっと度が過ぎてるんじゃないかって意見

    こんなんで本当に裁判なんて出来るもんなのかな
    俺が弁護士雇うのは火に油だろうし、女友達をかばうような事を言っても
    やっぱり余計に怒りを買うだけだと思う
    今は離婚の話は出てないけど、家から出てったってことはそれも視野に入れてるのか
    藪蛇になりそうで聞けない
    ただ嫁の留守中に女友達と飯を食いに出かけて、彼女の運転してた車が事故を起こして
    とっとと帰る訳にもいかないし友達が不安そうにしてるから傍についてただけなんだ
    警察の証拠とかもある。客観的に見て不倫とか出来ごころの浮気なんてのもない状態なのに

    今現在、マジで胃が痛いんだが……

    737 :鬼女の秘密 2015/08/19(水) 20:20:45 ID:NQF
    俺 28
    嫁 27

    嫁は会社の後輩。入社した年に社内サークルで知り合って付き合うようになった
    俺26、嫁25で結婚。現在小梨
    仕事柄休みがなかな合わず、昨日久々にレンタカーで片道3~4時間の小旅行に行ってきた
    二人とも初めて走る高速道だったんだが、帰りに渋滞で足止め食らった時、暫くしてから
    「そう言えばこの先車線が減って有料道路の料金所があるから混んでるのか」
    と俺が言ったところ、嫁はそんな事とっくにわかっていて、俺が今気付いた事に驚いてた

    最近そういう事が多くて滅入る
    俺がその瞬間気付いた何気ない事は、大体嫁が既に把握してる
    嫁に先回りして「こうした方がいいよ」と言われて、その瞬間は意味がわからなくて、
    後からそういう事かって理解できることも多い
    ニュースの内容や時事ネタがいまいち分からないと嫁が全部解説してくれる

    今、嫁に何か発見して話す事に嫁が「うんうん、そうだね」っていう感じが
    ガキの頃カーチャンに「芋虫って大きくなるとチョウチョになるんだよ!」
    っていう発見を話して、カーチャンが「そうだね、すごいね」と相槌うってくれてるような
    なんつーか大人と子供の会話みたいですごく惨めになる

    入社当時も付き合ってた頃も、俺は先輩、嫁は後輩って感じだったから
    今すげー情けなくて仕方ない。他愛ない会話でそういう惨めな思いをすることが多くて地味に辛い

    932 :鬼女の秘密 2019/10/09(水) 07:11:24 ID:yCDpcACs0.net
    今離婚一ヵ月で間男の嫁さんがコンタクトを取ってきたんだ
    スペック : 俺元嫁28歳結婚3年半小梨

    経緯
    出張から早戻りすると部屋が散乱、ゴミ箱にティッシュ&使用済み金堂無
    嫁呼び出し、自白したのでマリジリング台所に流して実家返品
    翌日義実家で離婚届記入&提出
    翌々日司法書士に頼み公正証書作成、分与無慰謝料10万

    バカに関わる時間が無駄と考えてるから間男の事は一切知らない
    元嫁がああたらこうたら話してたけど判子貰った後だから
    興味無いので失礼します、で帰って来た

    相談なんだが、間男の嫁さんが今さら俺に接触する意味って何だろうか
    こっちが離婚した事に驚いていたし普通に考えたら慰謝料とかのリスクしか無い筈
    バカの周囲の身勝手な人、の話なら付き合うつもりは無いんだが
    何かしら差し迫った事情があるなら会うべきかとも思う

    亭主の浮気相手の旦那、にわざわざ接触する程深刻な動機
    と言うのが有る物だろうか?

    52 :鬼女の秘密 2015/03/06(金) 19:37:17 .net
    相談させてください。俺52嫁50子供たちは自立
    俺は中学生のときに事故で上半身が文字通り崩壊した。皮膚がただれたとかじゃなく、整形外科でもどうにもならないレベルで欠損している感じだと思ってほしい
    そんなんだから当然、周りからは化け物扱い。でも成人する頃に嫁と出会い、外見に囚われず俺を好きでいてくれた嫁に心底救われ、勢いでプロポーズした
    それから今に至るまでラブラブ夫婦で居続けた
    お恥ずかしい話だが未だに遊園地デートはするし夜の営みもある
    心底幸せだったんだが、先週の休みにそれが崩れてしまいそうな事態になった
    嫁が俺の実家に行き、そこで俺の妹に捕まってお茶会をすることになったと連絡を受けた。妹は俺を毛嫌いしているんだが、嫁のことは大好き
    たまたま実家に帰った時に大好きな義姉がいてハイになったんだろうと思う
    しかし数時間経っても帰ってこないので流石に拘/束しすぎだろうと思い嫁を迎えに行った
    家に上がったら嫁と妹の会話が聞こえてきて、聞いてしまった
    妹が「なんでアレと結婚したの?」と嫁に問いかけて、嫁は「だってあまりにも可哀想じゃない」と答えたんだ
    同情から俺と結婚したのか、とそれから今に至るまで混乱しています
    どうするべきなのでしょうか…
    関係は壊したくない、でも今まで通りにするのも苦しいでわけがわかりません

    1 :鬼女の秘密 2019/11/21(木) 12:41:10 ID:FDW9gOlla.net
    嫁「まあいいけど。休むなら皿洗いと買い出しと掃除機がけとお風呂掃除とトイレ掃除と洗濯やっといて。あとよるごはんもよろしく。」
    俺「ごめん、今日は休ませて」
    嫁「なんで?家にいるならやっといてよ」

    てなことがありましてね。
    なんだかね

    126 :鬼女の秘密 2018/07/24(火) 00:17:43 ID:pGVbMsLw0.net
    5年くらい前の話
    結婚3年目。俺31歳 自営で成功し年収1000万
    嫁27歳 専業主婦
    間男45歳 嫁の料理学校の同期?

    当時マンションの10階に住んでいた
    仕事が忙しくて週3は午前様か朝帰り
    それ以外は早く帰宅するように心がけて、嫁と一緒に過ごしていた

    その日も朝方になると思って、昼頃に嫁に連絡した
    だが思ったより早く仕事が片付いたので帰宅したんだが
    疲れててね、なんだか眠かったんだ
    そんなんで嫁には連絡しないで家にはいったら
    嫁が男連れ込んでたのよ
    なんか48手を試していたらしく、変なポーズでまぐわっていた
    怒りよりも「ああ、やられた・・・」と思った
    疲れていて、怒るどころではなかった
    俺「ああ、続きは外でやってくれ」と言ってネ果のままの2人の髪の毛掴んで
    玄関の外に放り投げ、鍵閉めて寝たんだ
    呼び鈴連打されて鬱陶しいから電源引っこ抜いてそのまま熟睡
    ついでにスマホも電源切った(嫁のスマホは家の中にあった)
    朝電源入れると知らない番号から着信あり
    かけ直すと警察で、名前言うと担当に変わってくれた
    なんと嫁と間男、俺が出ないので諦めて
    ネ果で外にでて、間男車まで行ったらしい
    その時車のキーを家に置き忘れてきて俺自宅に戻ろうとしたけど
    マンションのキーもなく(暗証番号なしのマンションだった)
    エントランスにも入れずに躊躇していたら通報され
    駆けつけた警官から「公然わいせつ」で逮捕されドナドナされていた

    俺は爆笑したあと「そんな人知りましぇーん」とだけ言って電話切った

    これが俺の修羅場だった

    以上

    615 :鬼女の秘密 2017/09/10(日) 09:12:14 ID:AJiCkLQa0.net
    当時会社は激務で毎日が残業だった
    そんな俺を嫁は支えてくれていたんだけど、ある日辞令が出てね
    某県に現地採用で営業所を立ち上げる事になり俺が指導者として3ヶ月単身で行くことになった
    なんとか立ち上げて戻ってきたら、すっかり嫁は変わっていた
    なんていうのか、化粧が濃くなった。下着もほとんどが新しくなっていて少し派手目だった
    スマホも手放さなくなっていたな
    考えたらはじめの2週間は嫁から頻繁に連絡が来ていたのに戻る頃には
    3、4日空けてしかこなくなっていた(俺は毎日送っていた)

    まぁここでよく見る俺の会社の上司が嫁にちょっかい出していたわけなんだが
    上司は遊び見え見えなんだけど嫁が上司の口説き文句を間に受けてね
    嫁から離婚を言い渡してきた。理由は「寂しかった。これからもこんな気持ちになるのなら離婚しかない」
    ってさ、連絡もスルーしていたくせに何言ってるんだ?と思ったよ
    結局同僚の密告で嫁と上司の不倫発覚してるんだけど
    嫁は財産分与とは別に慰謝料500万要求してるんだ
    まぁ上司は軽く〆ておいたけどね。それが原因かわからないけど
    街のお金屋さんから追い立てられて夜逃げしていったよ
    もちろん上司は上司嫁と離婚。子供2人とは離別
    今はどこにいるのか、生きているのかわからない

    嫁は上司から突然連絡が途絶えたので焦ってたな
    「一時の気の迷い」と俺との離婚を白紙にしたいって言ってきた
    「もう戻れないよ」と笑顔で答えたら
    「じゃあ慰謝料下さい」ってさ。マジ笑えた
    だから弁護士連と一緒に帰宅して嫁に説明した
    嫁は真っ青になってさ、「私は騙されたの!!!!私は悪くないの!!!」って発狂してた
    でも既成事実あったわけだし、その時はまだ嫁のこと愛していたんだけどね

    925 :鬼女の秘密 2013/02/19(火) 00:45:42
    先日、嫁と出かける用事があって結構混んでる電車で移動中にいきなり
    「この人痴/漢です!」って化粧が濃い女に思いっきり腕を捕まれたんだ。
    周りの注目は浴びるし、一瞬何が起きたか解らなくなって唖然としてたら
    嫁が「この人はしてません!する訳が無い!!」って言ったら女が、
    「被害者の私がしたって言ってるの!やってない証拠無いでしょ!」とか
    滅茶苦茶な事を言ってきたんだ。

    411 :鬼女の秘密 2020/03/26(木) 01:26:12 ID:hM.lb.L1
    ネーミングセンスって、どこで養われるんだろうなぁ
    うちの嫁、趣味は読書で色んな作品で色んな名前に触れてきたはずなのに、いつも嫁の直感でつける名前は、センスが良いとは言い難い

    例えば、いつも我が家にやってきて愛想を振りまくたぬき顔のどこかの飼い猫、ニャンぽこ
    毎朝我が家の柵にとまっては、ホーホー鳴いて餌を要求する野鳩、ハトッピー
    巣立ちに失敗してケガしたまん丸なスズメの雛、マメぞう(ニャンぽこに仕留められる前に巣に戻し、巣立ち済)
    家出したマロ眉毛の犬、マロ毛(保護した後、警察に連絡、無事飼い主が見つかりました。)
    ご近所のだみ声で喋ったりギャーギャー鳴いたりする鳥、ギョエちゃん
    通勤途中の家で飼われているよく吠えるダックス&いつもぷるぷるしてるチワワ、ワン坊&チワぷー
    ご近所の酪農家にいる嫁に懐いてる牛、ンモ助(雌です)
    迷子の高齢のシーズー、シズばぁ(寿命までウチで世話しました)

    嫁になんでそのネーミングなのかを聞くと、対象を認識したときに瞬時に浮かび上がる名前で呼んでるそうで
    なーんにも考えずに命名しているらしい
    ちなみに俺と最初に出会ったとき、嫁が俺につけたあだ名はマリモヤッシー(天パー&モヤシ体型&ふなっしーのスマホケース)
    一緒にいた俺の友人はイガグリーン(丸刈りが伸びてきたところ&緑が好きで全身緑だった)
    友人はそのあだ名をいたく気に入って暫く緑のイガグリのアイコン&SNSのニックネームにしていた・・・

    嫁の実家には小型の雑種犬がいるのだが、その犬を引き取るときも、嫁は半立ち耳を見て、無意識に「へろ耳」と呼んだそうで
    名前を決めるまでのわずか一日の間に犬が「へろ耳」を覚えてしまい、結果名前が「へろ」になったんだとか

    最近また保護された犬を引き取らないかと打診があったのだが(現在病気無いかの検査と予防接種待ち)
    ヨークシャテリアとシーズーあたりのミックスなのか、茶色い毛が伸びてボサボサになっており
    嫁が保護されたばかりの姿を見て「ヤキソバ」と呼んだため、犬の名前がヤキソバになるのではないかと戦々恐々としている
    ヤキソバ以外にしようと提案した結果、嫁が毛並みを揃えられた犬を見て出した名前は「茶丸(ちゃまる)」
    犬は雌なんやが・・・響きが可愛いから、えぇんかな・・・

    178 :鬼女の秘密 2014/03/13(木) 10:51:49 ID:E5F6oRgv0.net
    夜勤明けで帰って寒かったから猫を湯たんぽ代わりに抱っこしてベッドで寝ていたらなんか声がコソコソ聞こえる。
    うっすら目を開けたら嫁が猫に向かって
    「ゆーちゃん(猫の名前)、場所変わりなさい」
    「そこはママの特等席よ、お願いだから変わって」
    「ママもパパと寝たいの、変わってよ~」
    と小声でコソコソ言っていた。
    猫も猫で「んにゃ」とか「なう」とか嫁に反論してる感じで鳴いてた。
    結局、猫と俺が少し端に寄って嫁も一緒にベッドに入って2人と1匹でゴロゴロしてた。

    このページのトップヘ