怖い

    1 :鬼女の秘密 2017/01/12(木) 02:46:16 ID:OjmSUGJ8a.net
    近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら、店主がいらないと言うんだ。
    「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰めを二つくれた。
    俺は何と言っていいかわかんなかったけど「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。
    折詰めの中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。
    面白い体験だな。得しちゃったな。と、楽しくなってさ。帰り道、友人に電話して、経緯を話してから「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。
    すると、友人は変な事を言うんだ。

    91 :鬼女の秘密 2009/02/27(金) 15:40:57 ID:+J8t5Y7z
    流れ豚切りですみません。
    ついさっきの事、投下。

    姉が現在、妊娠7ヶ月。
    検診に行く為、私が車を運転して病院へ送り届けた。
    検診にどの位、時間がかかるかわからないとの事で
    私はしばらく、その辺を走って時間潰し。
    姉から迎えに来て、と連絡が来たので、再び病院へ行くと
    玄関の中で待っている姉の横に、もう一人女性.の姿。
    特に気にせず姉に声をかけ、姉は助手席に。
    するとその女性.も
    「あら~悪いわね~よっこらしょ」と後部座席に乗り込んできた。
    私「姉ちゃん、あの人誰?」
    姉「?知らない」

    616 :鬼女の秘密 2015/08/30(日) 18:17:48 ID:QcG
    愚痴というか怖かったことというか…
    昨日遅くに友達と飲んだ帰りにタクシー捕まえて
    自宅の前の階段で下ろしてもらって階段を上っていると
    私が乗ってきたタクシーの後ろに車が止まりました。
    人気のないところだしだいぶ深夜なので車?珍しいなあ~と思っていたら
    車から男(20代くらい)が降りてきて階段の下から「すみません」と話しかけられました。
    返事をすると「あの、連絡先を教えて下さい」と突然言われてわけがわからず何も言えないでいると
    男が「????(地名)からタクシー乗られてましたよね?車でそこから追いかけてきました」と…
    何だか異常性.を感じて怖くなり「すみません、私もう家そこなので…」と言うと
    「彼氏はいますか?結婚されてますか?家はそこなんですね?LINEだけでもだめですか?少しお話だけでもできませんか?」と質問攻めをしながら階段を上ってこようとする男。
    本当に怖くなったので「すみません!」と家に逃げ込みました。
    家に入ってからは怖くて眠れず朝まで起きてました、きっとナンパ?なので大したことはないかもしれませなんていうかんが
    家はそこなんですね?という発言が気になっています…。
    警察に行った方がいいのか、何か実害があったわけではないので行くまでもないのか困っています。

    201 :鬼女の秘密 2019/11/20(水) 12:53:34 0.net
    義弟嫁がアポなしで訪問してくるのでやめてと伝えたら
    「姉妹なんだからそんな水臭いこと言わないの」と
    人差し指でおでこをツンとされた
    思わず「やめてよ触らないでよ」と叫んでしまった
    何あれ気持ち悪い

    749 :鬼女の秘密 2016/03/20(日) 22:40:23 ID:XjB
    うちの父親は転勤族だったので、小中の9年間で4回引っ越しをした。
    その中で一度だけ恐ろしい経験がある。
    中2の時、市の総体前で部活(バスケ)で遅くなった。
    もう暗くなっててエレベーターの前もがらんとしてた。
    1階の踊り場で待ってたときは確かに私ひとりだったのに
    箱が降りてきて乗り込もうとしたら、私に続いて腰の曲がったおばあちゃんが
    すぐ後ろから乗り込んできた。
    あれ?ひとりだと思ってたけどいつの間に・・・?
    腰が曲がって小さいから見えなかったのかな・・・?
    そう自分を納得させて、その時は別に怖いとか不思議だとか思わなかった。
    ただの勘違いだと思ったから。
    パネル(でいいのかな?ボタンが並んだやつ)の真ん前に立って
    自分の階のボタン⑧を押し「何階ですか?」って聞こうとしたら
    同時に「3階お願いします」と、か細い声。
    ③を押してしばらくすると3階で止まり、扉が開いた。
    おばあちゃんが降りるんだろうと思って振り向いたら誰もいなかった。
    ちびった。

    353 :鬼女の秘密 2014/07/01(火) 21:30:48 ID:9sxJsHL6.net
    十数年前の話。
    当時学生で駅隣接のコンビニでバイトしてたんだけど、
    コンビニの隣がコインロッカーで、客からよく両替を頼まれてた。
    そのロッカーもコンビニと同系列の会社が運営してたので、
    小銭に余裕があるときは、両替はOKだった。
    田舎の駅なので、最終の特急が出た22時以降は比較的暇だった。
    そこに真っ白なロングドレスを着た女性.が両替に。
    場違いな格好だったけど、20代の普通にきれいな女性.だった。
    とりあえず1000円を全部100円玉にしてあげた。
    気になって見ていると、店舗の前に止めた車から大荷物をごそごそとロッカーに。
    しばらくして、また店に入ってきたその女性.は、ごみ袋とおにぎりを購入し、
    ついでにまた1000円の両替を頼まれた。
    どんだけ荷物ロッカーに入れるんだと、はっきり記憶。
    その後も車からごそごそと荷物を出してロッカーに入れてた。

    数日後、シフトの入っていない日に店長よりTEL。
    ケーサツが聞きたいことがあるので、店まで来て欲しいとのことだった。
    嫌な予感はしたが店まで行くと、やはりロッカーに入れらていたのは、
    バラバラのタヒ体だった。
    ケーサツには上記の話をして、その女性.が購入したジャーナルを提出。
    もうその時は犯人=その女性.はつかまっており、裏付け捜査だったらしい。

    最後に大部分が遺棄されたコインロッカーだけでなく、
    高速のパーキングのごみ箱とか、山中とか、いろんなところにタヒ体が
    捨てられていたので、ニュースやワイドショーで結構取り上げられた事件だった。
    恋愛感情のもつれとかなんとかで、恋人が杀殳され、風呂場でバラバラにされたと記憶している。

    ごみを捨てに行くのに、深夜にそのロッカー内を通らなければならず、
    そのロッカーの床で寝袋で仮眠していた自転車旅行のあんちゃんがめっちゃうなされていたの見た時が修羅場。
    だってその顔の真横はちょうど遺体が入っていたロッカーがあった場所だった…

    478 :鬼女の秘密 2018/08/27(月) 18:26:51 ID:scnfwMxW.net
    会社の飲み会でとある男性.社員と女性.社員が飲んでいたのだが女性.社員の表情がおかしい
    男性.社員の表情もかなり厳しかったのでなにか叱られているのかなと思っていたら
    しばらくして男性.社員が女性.社員の服を脱がせようとした
    それに皆驚いて必タヒに引き離そうとすると男性.社員は勝手に首を突っ込むなと怒鳴り散らす
    それでもなんとか引き離して男性.社員に事情を聞いたら、女性.社員に成長したことを証明するために自分が納得いく提案書を出せ、出さなかったら何でもいうことを聞くことという約束をし、キスを求めようとしたが駄々をこねたので叱ってようやく承諾した
    それに応じたから身体中にキスしようと服を脱がせようとしたと回答されて、その場が修羅場になった

    976 :鬼女の秘密 2014/04/13(日) 09:05:43 ID:mwzdBQvl0.net
    大田区某所の企業でSEしてた数年前の話。
    今は転職して違う仕事してる。

    そこは結構夜勤中の突発的な飛び降り自杀殳が多いと有名な所で、今は屋上へ行けなくなってる。
    会社の先輩からは半分冗談で「朝早い時間に出勤するときは、タヒ体発見者にならないように気をつけろよw」とか言われてた。

    そんな会社。

    隣の席のたまに二人で飲みに行くくらいの仲の同僚が、半年以上首と肩の痛みに苦しんでた。
    首をグルグルしたり、肩を扇子でグリグリしたり、首を肩につくくらいまで傾けたり、唸ってたり。
    四六時中痛みと戦ってる様子だった。

    ある日急に「あ、そうか」と納得したように独り言を言うと、たぶん給湯室からだと思うけど、果物ナイフを持ってきた。
    ちなみにプログラム作ってる時の独り言は普通にみんな言うので、あまり気にしてなかったw

    同僚は椅子に座るとワイシャツのボタンを2つくらい外し、肩の辺りを広く開けると、そこにナイフをぶっ刺した。
    同僚は「あっ、痛ってぇ、ううう、痛てぇ。」とか言いながらそれでもナイフを刺し続ける。
    驚いて俺が「おいっ!何してんだよ!」と叫んだのを聞きつけ、周りにいた数人でナイフを取り上げ、警察と救急車を呼ぶ。
    思ったより血は出なかったが、救急車到着までの数分間、痛い痛いと騒ぎ続ける同僚の肩にタオル巻いたり押さえつけたり大変だった。

    つづく

    252 :鬼女の秘密 2013/09/03(火) 10:59:46 0
    ロミオ成分少な目かもしれませんが気持ち悪いので解決を願って投下させてください。
    来月結婚が決まっているのですが、
    件名 もう大丈夫だよ
    ○○(私)、気づいてあげるのが遅くなってごめん。けど兄ちゃんがついてるからもう大丈夫だ!俺がお前を何があっても守ってみせるよ…
    早急に話し合わないと、取り返しがつかなくなってしまう!
    ○日の○時に俺たちの約束の場所で待ってる。愛してる…俺の…、なんか照れくさいな!直接言うから。待ってる。

    こんなメールがが突然来ました。
    私23歳。ロミオが27歳です。実家の近所に住んでいて近所の子供皆のお兄さんって感じの人、よく遊んでもらいましたし実家を離れてからは年に数回程度メールをする程度の友人?でした。
    彼氏彼女になった覚えもないので、宛先を間違えたのかと思いましたがはっきり私の名前入り、幼馴染で警戒心が働かず「?」と思いどしたの?^^;wwと返事をしました。冗談だと思ったんです。

    返事がこれです

    件名 隠すな!
    兄ちゃんは、いや、俺はもう分かってるんだよ…○○。
    ○○がずっと俺を想ってくれていた事も、その重いを隠し続けていた事も
    解ってるのに何もしてやらなくて、すまなかった。
    でも解ってくれ、俺もお前をずっと想ってきた。
    だけど俺の重いは、まだ未熟な○○には重すぎて、潰してしまいそうで怖かった…!
    だからお前が人間として、女として立派に育つのを見守ってやっていたんだ。
    でもそんな俺の重いが、お前には伝わってなかったのかもな…それが最初の
    俺の過ちだったのかもしれない。お前は家を出て、俺から離れてしまったから…

    続きます。

    このページのトップヘ