思い込み

    167 :鬼女の秘密 2011/05/09(月) 14:21:41 ID:rQzD/cGpO
    携帯からスマソ。ドロドロ系修羅場じゃないので申し訳ないが、ネタ投下されてないみたいなんで、投下してみます。

    登場人物

    私子;大学生。何もかも普通な平凡女子。
    元彼男;専門学生。男尊女卑な考えで、短気、暴力的。デブ(筋肉もある)で糸目。
    彼男;大学生。運動神経良し頭良し。細マッチョ。

    彼氏欲しい病にかかっていた中学時代に、告られて付き合い始めた元彼男。
    性.格は、思っていた以上に悪かったが、共依存に陥り、なかなか別れられずにいた。
    ある日、これはいかんと目が覚めて、あの手この手を使い、やっと別れることができた。(向こうから別れようと言ってきた)
    ここまでが前置き。

    412 :鬼女の秘密 2009/12/15(火) 13:39:58 ID:fXNoK7Vx
    同僚が「とある子が俺を好きっぽい」と言ってきたんだが、
    ・ 出社時間がよく被る
    ・ エレベータで会うと挨拶される
    ・ エレベータではボタン前を取ってくれて開閉や階数を押してくれる(エレベーターガールのような感じ)
    ・ ドアをあけた後にうしろの人の為に少しだけドアを押さえるなどの行為をしてくる
    って理由かららしいけど、そんなん誰にでもするでしょ…って事を平気で勘違いしてびっくりした
    で、他の男に同じような事をしてると「俺に妬かせようとしてるのかな?」と言っていた
    キモメンブサメンでもなくコミュニケーション能力も普通で、人並みに交際暦(彼女を紹介された事があるのあるホントそこらへんにいるって人なんだけど、
    その子が寿退社したらしくそれを聞いたら「危うく小悪魔女に騙される所だった」と言っていた
    騙すも何もその人とは挨拶以外で話した事ないでしょ…
    ちなみにそれから一週間しないうちに「あの店の子が俺に気があるそぶりをしてくる」ってニヤつきながら言っていたけどね…

    86 :鬼女の秘密 2009/03/15(日) 19:37:01 ID:+/Z3dhWG
    はいよ
    ソイツのエピソードが色々ありすぎるんで、個人的に強烈だと感じたやつを投下

    クラスメイトのT
    縦にも横にもでかくて、ちょっとしたことですぐキレる
    一年の時から、ある女の子(以下A美)に一目ぼれしたって言って、ずっと付きまとってんだけど
    ある時、A美とちょっとした言葉の行き違いで、馬鹿にされたと勝手に思い込んでブチ切れ
    そのやり取りの間で、A美は耐え切れなくなって泣いてしまったらしい

    そりゃあ、A美の倍はあろうかという体格のTに、他に誰もいない所で
    「普通そっちから謝るんじゃないの?」とか威圧されたら恐いわな

    だけどTは、その涙を
    『俺を怒らせてしまったことが申し訳なくて泣いてる』と脳内変換したらしく
    「もういいよ、笑ってる方が可愛いよ」とA子に告げ、更に泣かせてしまう
    (実際には、A子はもう感情がぐちゃぐちゃになって絶句した状態)

    でもTはその『更に泣かせた』部分すらも、
    『俺に許して貰えて安心して泣いた』と脳内変換したみたい

    623 :鬼女の秘密 2017/06/02(金) 23:49:59 ID:PRT
    旦那の親族は、義両親世帯と義兄世帯が別々に、同じ市内に住んでいる。
    高齢の義父が手術のため入院となり、やはり高齢の義母には家でゆっくりしてもらうことにして
    義兄・義兄嫁・旦那・私の4人が交代で病院に顔を出すことになった。

    私の当番の日。
    仕事を終えて病院に行き、頼まれた買い物を渡し義父と話をしていると
    「私子さんに財布を預かってお金を管理して欲しい」と言われた。
    なぜ私? 旦那はゆるフワ系なんで避けるのはわかるが、
    義兄はしっかり者長男、しかも銀行員。義兄嫁は専業主婦で動きやすい。どちらもまじめ。
    そもそも義兄は義両親家の入出金手続を助けたりもしていると聞いている。
    「私は構いませんが、義兄さんの方がいいんじゃないですか?」と言うと、
    義父は少し考えて「そうだね、そうしようか」と引っ込めた。
    解せない感じを持ちつつその日帰宅した。

    次の当番の日。
    病院に行くと義父が深刻な顔で「聴いてもらいたい話がある」と言うので、ベッドサイドに座る。
    「このことはまだ誰にも言わないで欲しいんだ。母さん(義母)にも黙ってて。」
    緊張しつつも心の準備をする。
    「実は、〇〇(義兄:以下A)に愛人がいるんだ。」 えっ!?
    曰く、
    ・愛人にAとの子が一人いて、認知している。小学生になる女の子
    ・お金を請求され、内々に自分が用立てようと思っている
    ・Aは前にも自分の財産から愛人にお金を回しているんじゃないかと思う
    ・今、愛人と自分が話し合いをしている
    ・・・ショックだ。Aさんが愛妻家風なのは表の顔だったのか、A息子の妹ってことか、
    義母が知ったら心臓が止まってしまうかも・・・脳内がぐるぐるしていると、

    753 :鬼女の秘密 2012/04/12(木) 22:28:07 ID:6BeUZ+CxO
    バカな元彼の話を投下。

    私子 20 普通 大学生
    彼男 24 普通 社会人
    A子 21 美人 社会人

    彼男とは、大学へ入学直後に告白され役二年程付き合っていて。
    お互い一人暮らしだったので半同棲見たいな感じだったので『浮気』の心配は全くしていなかった。

    けれどある日『別れて欲しい』と彼男に土下座をされた。
    理由は『浮気』をして、しかもその人に本気になってしまったと。泣かれた。

    正直泣かれた事は知らんがなとも思った。
    だけど二年付き合った手前どうしても
    『わかりました』と返事は出来なかった。

    768 :鬼女の秘密 2016/07/28(木) 22:52:14 ID:???
    最近になって気付いたっていうか、知ってて当たり前なのに大人になって知ったことが多すぎることに気づいた。
    そしてそれをずっと知ってたよ当たり前じゃん面して過ごしてるんだけど、なんでここまで自分が馬鹿だったのかわからない。
    ・じいちゃん家(父方)にいくとじいちゃん夫婦がもてなしてくれる。
    ばあちゃんのことも大好きで子供のころもよく遊んでくれてた。
    だけどじいちゃんちには仏壇があって別のばあちゃんが入ってた。
    行くたびにちゃんと線香あげてたし、仏壇の中の人が父を産んだ母親ってのも認識してた。
    別に隠されてる訳でもなく思い出話とか聞かせてもらってたしね。なのに。
    遊んでくれるばあちゃん(じいちゃんの後妻しかも俺が産まれた後に再婚した人)を本物のばあちゃんだと思い込んでた。
    大人になってからばあちゃん(仏壇の人)の墓参りいくよーって話になった時初めて「あれ?ばあちゃんの墓参りて仏壇の人だよな?父ちゃんの母親があの人だから…あれ?あの人(後妻ばあちゃん)だれだ?」って気付いた。
    ・親の名前を知らなかった。
    なにがしかの書類とか親に来る手紙とか見てたハズだし、親名義のものは「母ちゃんに来てるよー」てな感じに俺が振り分けてたりもしてたはずなんだ。なのに知らなかった。俺の名前じゃないから母ちゃんだろ。くらいな感じだったんだと思う。
    何の要件だったか忘れたけど母宛の電話が来て「テツコさんいらっしゃいますか?」って言われて初めて母の名前がテツコだったって知った。でも父親の名前は何故か昔から知ってた。

    そんな感じの何で知らなかったの?が今更になってポロポロ出てくる。なんでなんだろう。

    このページのトップヘ