感動

    126 :鬼女の秘密 2019/10/22(火) 20:04:58 ID:Jd.es.L2
    俺の母親は料理自慢で、実際メシウマだったが、家族の好き嫌いをまったく覚えない人だった。
    たとえば俺・父・兄は全員マカロニサラダが嫌い。マヨネーズ味にされたマカロニが嫌いで、グラタンなどなら食う。
    しかし母は何度もマカロニサラダを作り、皆が残すとキレる。
    何度も「マヨネーズ味にされたマカロニが嫌いなだけで、他の調理法なら食べる」と言っているのにキレ、また作っては残されてキレる。
    はたまた兄はあるナス料理がトラウマで(理由はちょっとシャレにならないので割愛)、母に何度も説明しているのに作る。
    そして単なる好き嫌いだと決めつけ、兄が無理して食って、夜中に吐くと説明を忘れて「吐くほどまずいのかー!」とキレまくる。
    家族以外はみんな母を料理上手な良妻賢母だと思っていたから周囲にも言えなかった。
    「女というのはこういうもんなんだな」と諦めの境地を抱きながら
    成人後に嫁と知り合い結婚。
    嫁は一度も食卓にマカロニサラダを出してこない。
    昨日勇気を出して「なんで嫌いなの知ってんの?」と聞いたら「付きあう前に飲み会で話してるの聞いた」
    「よく覚えてたね?」「好きな人が言ったことは誰でも普通覚えてるよ」
    感激すると同時に、そっか、母はそんなに俺らのこと関心なかったんだろうなーとへこんだ。
    嫁さん孝行に今夜はケーキ買って帰ります

    811 :鬼女の秘密 2006/02/17(金) 08:35:00
    半年前、飼ってた猫がタヒんだ。23歳だった。

    両親は昔不妊治療をしていたんだけど、子供を諦めて飼い始めたのがチハルだった。
    母親曰く、女の子が生まれたら付けたかった名前だったそうだ。
    飼い始めて1年も経たない内に妊娠して(医者には奇跡と言われたとか)、
    待望の妊娠だったから親戚一同に「猫を処分しろ」って言われたらしい。
    でも両親は頑なに拒否して、そのまま俺が生まれた。
    チハルはかなり子煩悩だったらしく、俺をとても可愛がっていていつも一緒にいてくれた。
    昔の俺の写真には、必ずといっていいほど彼女の姿がある。

    どんなに遅く帰っても、玄関まで迎えに来てくれた。
    寒い日には布団にもぐりこんで来て腕枕。PCやってる時は膝の上。

    同級生の女子とか家に来ると威嚇まではしなくてもかなりそっけない態度だったよな。
    あれってやっぱり嫉妬してたのかな?
    でも、たった一人にだけは最初から懐いてたよな。ゴロゴロ鳴らしてさ。
    そう、今の嫁だよ。
    お前にはわかってたのかな?「俺のことをよろしく頼む」とでも言っていたのかな。

    彼女にプロポーズしようと思ってる、と打ち明けたときはまっすぐに見上げてくれたよな。
    そして彼女がOKしてくれたという報告の翌日に旅立ってしまった。
    「何でこんな時に」と思ったけど、考えてみれば「これでもう安心だ」と思ってくれたのだろうか。

    生前、両親はよく「尻尾が何本になってもいいから、できるだけ傍にいてね。でもちゃんと見送らせてね」
    と言っていた。
    あの時は「何言ってるんだよ」と笑ってたけど、俺も全く同じ気持ちだったんだ。
    ごめんな、素直になれなくて。

    チハル。
    今でも、これからもお前は俺の最高の「お姉ちゃん」だよ。
    これから生まれてくる甥っこ、姪っこの事見守ってくれよな。

    773 :鬼女の秘密 2009/01/20(火) 10:20:20
    長文だが投下させて下さい。


    昨年、突発性.難聴と診断された妻。病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。
    きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。
    「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)
    夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。
    最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」って書いた。

    847 :鬼女の秘密 2008/01/16(水) 20:38:37 ID:/Om9E/4vO
    好きな漫画が同じで、それで親しくなった友人と夏休みに旅行したときの事。
    二人で旅先の山に登ったら、私は綺麗な花が一輪咲いているのを発見。
    それを知らせると、友人はすぐさましゃがみこんでしばらく動かなかった。
    写真を撮っていたのだったが、立ち上がった彼女は目に涙をためていた。
    彼女が言うにはそれはかなり珍しい花らしく、見ることができて感動したらしい。
    もうしばらく行くと同じ花の群生地帯があり、私もほんやりと幸せな気分に。

    このページのトップヘ