感動

    369 :鬼女の秘密 2020/01/06(月) 12:22:40 ID:???
    とても長くなってしまったけど書かせてね。

    昔、爺の親友が事故で亡くなって遺された一粒種の男の子をうちで育てたの。
    その辺りの事情は長くなるし、身バレも困るので割愛するけど
    すでに6歳になってたから本人も事情は大体分かってて、
    でも亡くなった親友と共によくうちに遊びに来てたから、うちの生活に慣れるのは早かったの。
    本当は養子にしたかったのだけど母親が養子にすることだけは了承しなかった。
    うちには子供がいなかったから、子育てについて戸惑うことも多くて
    どう対応していいのか分からない時もあったけど
    婆と爺の双方の両親も孫として接してくれたし、
    友人たちも協力してくれたし、色々教えてもらいながら頑張って育てた。
    でも普段明るくて良い子なのが、時々暗い目になることがあって
    それがすごく気になったりもしたわ。
    一年も一緒に暮らすと、もう我が子にしか思えなくなって可愛くて可愛くて
    いつか母親が迎えにくるかも知れないと思うと不安で震えることもあった。
    で、息子(と書かせてね)が高2の時に転換期があったのよ。
    ある日息子が「卒業したら就職する」って。
    それに対して爺は「学力は十分あるんだから大学は行った方がいい。
    行きなさい。お金の心配は要らないから」って言ったんだ。
    お金の心配してるのは黙ってても分かったから。
    もっと早く言ってあげたら良かったと反省したわ。
    こっちは我が子として育ててるつもりだったから学費は用意してたの。
    そしてこの時に息子が思いのたけを話してくれたのよね。

    子供の頃、父親と一緒にうちに遊びに来てたころ
    お母さん(婆)が作ってくれるごはんが美味しくて
    いつもこんなの食べられたらいいなぁって思ってた。
    そしたらお父さんがタヒんじゃって、お母さんに捨てられて
    罰が当たったってずっと思ってた。
    中学の時に新しい家(婆たちのマイホーム。それまでアパート暮らしだった)が建った時
    僕の部屋があって嬉しくて泣いた。
    ちゃんと僕を息子だと思ってくれたんだって。
    でも大学に行きたいってのはどうしても言えなかったって。
    奨学金を借りてってことも考えたけど、自分みたいな境遇が
    ちゃんと就職できるかどうかも分からないし、
    払えなくなったら婆たちに迷惑掛けるしと思ってたって。

    462 :鬼女の秘密 2020/01/08(水) 10:59:38 ID:ky.hf.L1
    突然の書き込み失礼致します。
    誰かに自分の話を聞いてもらいたい、誰かに何かを話したいと娘に言ってみたところ、この掲示板を教えてもらいました。
    若い人たちばかりでしたら、お邪魔して大変申し訳ないです。
    私は還暦を過ぎた年寄で、身近な友人は病でなくなったり、皆孫の世話やら親の介護やら身の回りのことで忙しく、
    なかなか会って話をする機会がないために、誰かに聞いて頂きたいのです。

    この度、私は1月末をもって長年勤め上げた会社を定年退職するのですが、
    定年後の夢として、キャンピングカーで自由気ままに全国津々浦々を旅していたいと思っていました。
    兼業農家でもある私は、今までの人生働き詰めでした。
    子供を産んだからには、と二人の娘は借金なしに大学まで上げましたし、二人ともなかなか良い企業に入社してくれ、
    去年でついに二人とも私のもとを離れました。
    一人は婿をとってくれ、孫にも囲まれ楽しく過ごしています。
    つらく大変なことが多い人生でしたが、今はこれで良かったと心底思える生活を送っています。
    山奥の農家の長男で、男一人。口下手な性.格や決して二枚目ではないことも災いして嫁に来てくれる人はおらず、
    仕事から帰れば親に泣かれて責められる日々を随分と過ごしました。
    周りの友人は皆結婚をし、子供が産まれるなかで卑屈に30歳半ばまで過ごしましたが、なんとか縁あって結婚し、今に至ります。
    友人連中が「どうだ羨ましいだろう」と飲み屋に子供を連れてくる姿を見て、笑いながら腹の底では悔しくて仕方なかったのは今でもはっきり覚えています。

    そんな私でしたが、正月に末の娘が連絡も無しに実家に帰ってきました。
    ハイエースに乗ってきた娘に驚いて、前の軽はどうしたのか、ぶつけたのかと聞くと、
    「これは父さんのだよ。今まで仕事ご苦労様でした」と言って、後ろの座席を開けてくれました。
    そこにはベッドと台所が備え付けられていて、居住するには十分でした。
    話を聞くと、二人の娘夫婦で金を出し合い中古のハイエースを購入し、最近流行りの工作が得意な末の娘と車の整備士である娘の夫が
    キャンピングカー風に改造してくれたというのです。
    自分の老後の夢を覚えていてくれたという驚きと、あまりの感動にうまい言葉が出ず、
    いやあ、いいなこれ。ありがとう。と言うのが精一杯でした。

    夜、皆が眠った後に妻と晩酌をしみっともなく泣きました。
    妻は始終そんな私を見て、腹を抱えて大笑いをし、危うく子供らに泣いてる姿を見られるところでした。
    昨今、私なぞは高齢ドライバーと呼ばれる年齢になりますが、早くこのハイエースに乗って旅に出たいと気持ちが逸るばかりです。
    子供が上京したまま帰ってこない、子供が結婚しないので孫の顔が見れないと嘆く、
    かつて私に子供を自慢した友人たちには到底言えませんが、本当に自分は今が幸せだと心から叫びたい。

    680 :鬼女の秘密 2009/09/15(火) 22:25:32
    678 :名無しって呼んでいいか? :2009/09/15(火) 01:21:36 ID:???
    母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、
    四つんばいになった格好で遺体で発見された。遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、
    何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。

    「赤ちゃんが生きている!」

    救援隊員が叫び、救出作業が再開。生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。
    救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、1行のショートメールが残っていた。

    「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」

    子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。

    126 :鬼女の秘密 2019/10/22(火) 20:04:58 ID:Jd.es.L2
    俺の母親は料理自慢で、実際メシウマだったが、家族の好き嫌いをまったく覚えない人だった。
    たとえば俺・父・兄は全員マカロニサラダが嫌い。マヨネーズ味にされたマカロニが嫌いで、グラタンなどなら食う。
    しかし母は何度もマカロニサラダを作り、皆が残すとキレる。
    何度も「マヨネーズ味にされたマカロニが嫌いなだけで、他の調理法なら食べる」と言っているのにキレ、また作っては残されてキレる。
    はたまた兄はあるナス料理がトラウマで(理由はちょっとシャレにならないので割愛)、母に何度も説明しているのに作る。
    そして単なる好き嫌いだと決めつけ、兄が無理して食って、夜中に吐くと説明を忘れて「吐くほどまずいのかー!」とキレまくる。
    家族以外はみんな母を料理上手な良妻賢母だと思っていたから周囲にも言えなかった。
    「女というのはこういうもんなんだな」と諦めの境地を抱きながら
    成人後に嫁と知り合い結婚。
    嫁は一度も食卓にマカロニサラダを出してこない。
    昨日勇気を出して「なんで嫌いなの知ってんの?」と聞いたら「付きあう前に飲み会で話してるの聞いた」
    「よく覚えてたね?」「好きな人が言ったことは誰でも普通覚えてるよ」
    感激すると同時に、そっか、母はそんなに俺らのこと関心なかったんだろうなーとへこんだ。
    嫁さん孝行に今夜はケーキ買って帰ります

    811 :鬼女の秘密 2006/02/17(金) 08:35:00
    半年前、飼ってた猫がタヒんだ。23歳だった。

    両親は昔不妊治療をしていたんだけど、子供を諦めて飼い始めたのがチハルだった。
    母親曰く、女の子が生まれたら付けたかった名前だったそうだ。
    飼い始めて1年も経たない内に妊娠して(医者には奇跡と言われたとか)、
    待望の妊娠だったから親戚一同に「猫を処分しろ」って言われたらしい。
    でも両親は頑なに拒否して、そのまま俺が生まれた。
    チハルはかなり子煩悩だったらしく、俺をとても可愛がっていていつも一緒にいてくれた。
    昔の俺の写真には、必ずといっていいほど彼女の姿がある。

    どんなに遅く帰っても、玄関まで迎えに来てくれた。
    寒い日には布団にもぐりこんで来て腕枕。PCやってる時は膝の上。

    同級生の女子とか家に来ると威嚇まではしなくてもかなりそっけない態度だったよな。
    あれってやっぱり嫉妬してたのかな?
    でも、たった一人にだけは最初から懐いてたよな。ゴロゴロ鳴らしてさ。
    そう、今の嫁だよ。
    お前にはわかってたのかな?「俺のことをよろしく頼む」とでも言っていたのかな。

    彼女にプロポーズしようと思ってる、と打ち明けたときはまっすぐに見上げてくれたよな。
    そして彼女がOKしてくれたという報告の翌日に旅立ってしまった。
    「何でこんな時に」と思ったけど、考えてみれば「これでもう安心だ」と思ってくれたのだろうか。

    生前、両親はよく「尻尾が何本になってもいいから、できるだけ傍にいてね。でもちゃんと見送らせてね」
    と言っていた。
    あの時は「何言ってるんだよ」と笑ってたけど、俺も全く同じ気持ちだったんだ。
    ごめんな、素直になれなくて。

    チハル。
    今でも、これからもお前は俺の最高の「お姉ちゃん」だよ。
    これから生まれてくる甥っこ、姪っこの事見守ってくれよな。

    773 :鬼女の秘密 2009/01/20(火) 10:20:20
    長文だが投下させて下さい。


    昨年、突発性.難聴と診断された妻。病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。
    きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。
    「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)
    夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。
    最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」って書いた。

    847 :鬼女の秘密 2008/01/16(水) 20:38:37 ID:/Om9E/4vO
    好きな漫画が同じで、それで親しくなった友人と夏休みに旅行したときの事。
    二人で旅先の山に登ったら、私は綺麗な花が一輪咲いているのを発見。
    それを知らせると、友人はすぐさましゃがみこんでしばらく動かなかった。
    写真を撮っていたのだったが、立ち上がった彼女は目に涙をためていた。
    彼女が言うにはそれはかなり珍しい花らしく、見ることができて感動したらしい。
    もうしばらく行くと同じ花の群生地帯があり、私もほんやりと幸せな気分に。

    このページのトップヘ