救急車

    817 :鬼女の秘密 2012/04/05(木) 19:19:43 ID:pbvWMVoq
    もうだいぶ前の話。当時自分20代毒男、実家住まいで農家やってた
    ある日野菜泥棒捕まえた。相手は近くに引っ越してきたおばはん。
    量もたいしたことないし子持ちだし魔が指したってことで小一時間説教して通報はせずに解放。
    一応こんなことがあったよと交番に相談だけはしておいた。

    その翌々日、深夜に車の止まる音やら納屋でガタガタ音がするので見に行く。
    怪しい人影を発見、誰何したところで意識ブラックアウト
    気付いたら包帯ぐるぐるで病院。3日ほど空白の時間あり。

    怪しい人影は先日捕まえた泥。意識が飛んだのは泥夫が後ろから角棒で私の後頭部を強打した為。
    泥が先日の説教中に農機用の燃料を農協が入れに来たのを目撃。
    「あそこからガソリン抜けばお得!」とかトチ狂ったことを思って盗みに来たらしい。
    もちろんガソリンではなくディーゼル用の軽油です本当にありがとうございました。

    これから空白の間の話、記憶に無く全部伝聞。
    後頭部強打された私は逆に泥夫をフルボッコ。ここで泥夫の悲鳴で他の家族気付く。
    泥は夫が私に杀殳されると思って、持参した包丁で私を刺す。私目標変更して泥フルボッコ。
    暫くして家族到着。止めに入る親父のアバラをへし折る。兄を間接極めて拘/束する。
    ここまでやってから意識不明でぶっ倒れて救急車で病院へ。
    兄いわく、納屋が血の池+泥のお漏らし+血まみれで暴れる110㌔で地獄絵図だったそうです。

    当事者双方重症で入院の為、中々話が進みませんでしたが、結果泥夫婦はそろって塀の中へ。子供は施設へ。
    前科あり+悪質だったので即座に実刑でした。持参した荷物に包丁とかライターとか怖すぎだろ。
    強杀殳未遂に放火未遂まで付けてもらって多分未だに服役中。
    逆にこちらは正当防衛とのことでお咎め梨。相手の前歯全部なくなっちゃったけど問題なかった。

    私は切りつけられたとこが悪くて障/害残っちゃいました。
    それとあだ名が暫くハート様になりました。

    教訓:泥を見つけたらまず警察呼びましょう。自分で捕まえようと思うと痛い目を見ます

    納屋取り壊して倉庫建てるので厄落としにカキコ

    438 :鬼女の秘密 2012/08/30(木) 12:11:04 0
    この流れで思い出した修羅場
    自転車で片道30~40分(信号次第で変化)の高校に通っていたが
    ある日の帰り、タイヤがパンクして、それでも根性.で自転車こいで帰って自転車屋で修理してもらった
    翌日もパンク…というか、いくら入れても空気が抜けて入らない状態になって、また修理(昨日の今日と言うことで代金タダだったが)
    その翌日も同じ状況だったので「もうタイヤ替えてください」と言うも「大丈夫大丈夫」と修理される(代金はタダ)
    さらに翌日も案の定……さすがに強硬に出てタイヤ替えさせた…他に自転車屋があればこんな店行かなかったのに…

    この程度ならまだ大したことはないんだが、このとき実は食あたりでおなか壊しつつ、38度の熱をおして通学中
    そんな状況なら休めと言われそうだが、運悪く定期試験中だったので頑張って毎日自転車こいでた
    最後の方は熱は下がらなかったが、下痢と吐き気が止まっていたので快方に向かっていたと思っていた
    でも、テスト翌日に病院に行ったら救急車で運ばれて入院することが即決定
    入院先の病院で出た結果は「サルモネラ食中毒」で、下痢と吐き気止まっていたのは内蔵がほぼ停止していたため
    入院中、ついに40度を超えたり、大量に下血したりしたがそれでも回復したのは奇跡的とのことで
    もうちょっとで、定期テストのために人生中退するところだったよ……

    897 :鬼女の秘密 2019/11/10(日) 02:38:09 ID:dJ.af.L2
    15年ほど前に祖父が法事中に意識を失った
    お経が終わっても動かないので祖父の顔を覗き込んだら真っ白
    「あ、じーちゃんタヒんじゃった」って一目見て思うほど安らかな顔だった
    しかも祖父が座ってたのはちょうど寺の大きな仏様の正面最前列というバッチリなロケーション
    法事の参加者が近年稀に見る大往生だ仏様がお迎えになられたんだと手を合わせるほどだった
    父も祖父は往生したと思ってタヒ亡確認してもらうつもりで救急車を呼んだ
    そして呼ばれた救急車で搬送中、祖父、蘇生
    心電図も呼吸も止まってたのにむくっと起き上がったらしい
    平然と付き添いの父にタバコを寄越せと要求する祖父に救急救急車内大パニック
    そのまま大急ぎで病院へ運ばれた頃には自分の足で救急車を降りて診察室に行けるほど祖父は回復してた
    検査結果も心臓も脳も呼吸も異常なしでなんで蘇生したか不明だがともかく元気になった
    何故かわからないけど意識を失う前よりずっと元気になった
    なんだったんだろう、あれ…って今でも家族全員不思議に思ってる

    581 :鬼女の秘密 2007/04/04(水) 07:59:32 ID:g274Un5F0
    >580
    ドンマイ

    イベントに行くために朝6時くらいに家を出たんだ。
    そしたら通り道で、見知らぬおじいちゃんが頭から血流して倒れてるのを見つけた。
    取敢えず第一発見者として、学校の保健の授業で習った一連の流れをやった後に
    集まってきた周りの人に救急車呼んでくれって頼んだら、消防車が来た。
    通常の3倍が来て、不謹慎かもしれないが緊迫してた場の空気が和んだ。

    おじいちゃんは無事だった。良かった。

    57 :鬼女の秘密 2018/04/25(水) 09:50:48 ID:DW2bXZNq.net
    同じマンションの、ある奥さんが何かで救急車を呼んで運ばれるところに出くわしたんだが、ヨチヨチ歩きの小さいお子さんと旦那さんが救急車の前にいた。
    旦那は「何時に(奥さんを)戻せます?」と隊員に聞いていて、隊員は「いやもうこれ即入院ですよ」と答えてた。そしたら旦那が車内の奥さんに向かって
    「おい!入院なんてされても困るよ!子供どーすんだ!5時までには帰れよ!」
    とか怒鳴り散らしてた。私は思わず「えっ!」て思っより大きい声を出してしまって、旦那さんは怒鳴ってた勢いのままこっちぐるっと振り向いて「なんだよ!!」
    ビビった私は「えっだってすごい(何が)から!すごくないですか!」とかわけわからんことを大声で返してた。
    集まってたマンション住人たちが微妙な顔をして「まぁ…」「すごいっちゃすごいよ」「ウン」みたいに囁きあって、旦那さんさらにヒートアップ。
    救急隊員に「もういいからお子さんこっちにください」と子供を奥さんと同乗させて「奥さん、ご実家近い?家族連絡取れる?ああハイ」とかなんとか言って扉閉めて出発した。
    残された旦那さんが私に向かって突進してきそうな勢いの所で住人の自治会やってるオジさん数人とおばさん数人が旦那さんを取り囲んで説教してるうちに私は「部屋バレないように」と言われて帰されたけど、あの旦那が素足でタンスの角に小指ぶつければいいのにと祈ってる。

    646 :鬼女の秘密 2013/12/07(土) 12:14:25 ID:TizbJyQS
    ちょっと前にあった人違いで殴られた話、俺の会社でもあった。
    不倫してた男(T)が、ケータイに不倫相手の名前を本名じゃなく営業補佐の女性.の名前を入れていたんだと。
    しかもTは社内恋愛で結婚してて、T奥は補佐の子を知っている。
    ちなみに不倫相手は中途採用で来たばっかの小悪魔っぽい他部署の女。
    ある日T奥が「近くまで来たからー。」と手土産片手にやって来た。
    お久しぶりですーと挨拶してる時に「補佐ちゃんいる?」と言われた子が席外してた補佐ちゃん呼びに行ったのね。
    それで補佐ちゃんが「あ、お久しぶりですー。」と言った瞬間T奥が鞄から日傘抜いて
    「アンタ人の旦那に色目使ってるんじゃねーよ!っざけんなああああああ!」みたいな事怒鳴りながらメッタ打ち。
    度肝抜いた俺らが引っ剥がそうとしても日傘で殴られたり突かれそうになって超危険。
    結局俺と後輩が後ろから足元にタックルかましてT奥倒して押さえ込んでから救急車と警察読んだ。


    Tは当たり前だけど懲戒免職。
    後味悪いんだけど、T奥自宅で吊ったんだよね…。
    不倫相手は私悪くない!私悪くない!って気が狂ったみたいに叫んでた。
    こいつも懲戒免職だった。
    補佐の子は傷だらけだったけど、幸い跡に残る事は無かったようで3ヶ月後に違う営業所で復帰した。

    とにかくあんな修羅場二度と遭いたいもんじゃない。
    当事者の>>580はさぞかし大変だったろうと思う。
    月並みな事しか言えんが、ゆっくり休んであんまり無理しないで欲しいわ。

    47 :鬼女の秘密 2020/01/10(金) 13:03:35 ID:1y.gy.L1
    俺は東北出身で標準語を使うけど、
    妻は関西出身で俺の前手間はコテコテの関西弁で、関西以外ではイントネーションまで標準語
    今関東の社宅住まいなんだが、外の人と会話するときは妻は標準語使ってる
    妻は昔から黙ったらタヒぬ病を自称するほどのおしゃべりなんだけど、俺はそのおしゃべりが好きなので、
    マシンガントークで繰り出される関西弁にはストレスが一切無い

    話は変わるけど、社宅は近くの駅まで徒歩15分と少し離れているため、
    俺は妻と駅で待ち合わせして一緒に帰ることがよくあった
    一緒に帰れば気軽に途中のスーパーに寄って買い物したりも出来て何かと便利だった
    そしてその帰宅の15分間、妻は俺に対しやはりマシンガントークで話していた
    それをたまたま鉢合わせする同じ社宅に住む人に見られてるので、「仲の良いご夫婦」とはよく言われていた
    だけどAさんだけは違った
    たまに俺のところに来ては妻が煩くて性.格悪くて不快とクレームつけられてた
    あんまりいわれるから、俺は自宅でのことかと思い、いつの時間帯かと聞いたら、
    「常にです!関西弁が不愉快なんですよ!ここ関東ですよ!関西人ってホント自己主張強い!」と言われた
    妻は俺以外には標準語で話すから、Aさんに対して関西弁を使うことはないし、そもそもAさんとそんな絡みはないはず
    Aさんが煩いと感じるのはいつのことですか?と確認をとったら、
    「毎日のように駅から一緒に帰ってますよねぇ!?その道中の会話が耳に入ってくるのが愉快なんですよ!」
    と言われた
    「そんなによく妻の関西弁が聞こえてるんですか?」と聞き返したら
    「関西人は声デカいんですよ!気持ち悪い!」と言われた
    妻は関西人だが、特別声が大きいわけじゃないと思うし、結婚する前から声が大きいなと感じたことは一度もなかった
    Aさんが「みんな迷惑してますよ!」というので周りに確認してみたら、周りの社宅住みの人たちは
    「思ったこと無いけど」
    「響きで関西弁だなってのはわかるけど会話までは聞こえない」
    「関西弁聞き慣れてないから耳に残りやすいってだけじゃないのか」
    とフォローしてくれた
    だけどAさんは「みんな年とって聴力衰えてるんでしょ!」と爆弾発言を投下
    周りが「不快に思う人がAさんだけなんだから、Aさんが耳栓でもするか少し距離をおけばいい」で終了した
    ところがそれからAさんが狂いだした
    俺と妻が話しながら歩いていると、
    真隣を耳をふさいで「あーーーーー」と声を出しながらAさんが並んで歩くようになった
    俺たちはかなり足が早いので、Aさんは両耳を塞ぐという不自然な格好で早歩きすることになった
    一ヶ月ほどAさんの行動がつづいたある日、Aさんに油断があったのか、
    俺と妻がアヒルが飼われてる公園に餌を届けようと寄り道(通勤経路をやや逸脱)しようしたとき
    Aさんは勝手についてきて、途中の石畳の階段で足をひっかけてすっ転んだ
    両手が耳にあったせいで瞬時に手をつけず、顔面から倒れて前歯2本とも損傷して顎骨折して顔面流血した
    それを労災として出したから、会社からも怪我したときの状況を詳しく説明するように言われ
    俺は目撃者&救急車を呼んだ張本人として話を聞かれたので、これまでのAさんの奇妙な行動と共に報告
    結果労災は認められず、Aさんは厳重注意とともに、全て自腹で治療をすることになった
    前歯だけで費用が100万近くかそれ以上かかるとかで、なんとそれをAさんが応急処置をした妻に請求してきた
    妻は鼻血噴出するAさんを介抱しただけなのに、その応急処置が悪かったから前歯がダメになったんだと言いがかりをつけられた

    Aさんの前歯のない顔は失礼を承知でいうとかなり間抜けで、何人か顔を見て吹き出す人もいた
    そのせいでAさんは会社を休んでるんだけど、妻への治療費請求を取り下げるつもりはないみたいで、弁護士に相談中
    Aさん、引っ込みつかなくなったのかもしれないけど、もしかして、精神的な病気なのかな

    954 :鬼女の秘密 2016/06/01(水) 08:54:53 ID:LOO
    嫁が腹がいたいってたおれたんだけど。
    とりあえずベットに寝かせて水を置いてきたよ。
    どの程度なら救急車って呼んでいいもんなのか。
    たいしたことないなら人騒がせだし迷惑になるし。
    タクシーも考えたけど一人じゃタクシー乗れなそうだし。
    今日は忙しいからせめて午後まで待って欲しいんだけど。
    どっちにしろ一回家に帰ってご飯食べて着替えたい。
    救急車呼ぶときってどういう基準で呼んでる?

    906 :鬼女の秘密 2012/10/02(火) 06:04:19 ID:PcEFIxor
    朝起き途端に頭に凄い激痛
    その後脂汗、布団が汗でビショビショになるくらい
    取りあえず会社に今日は休む電話をしたが、頭痛治らず
    しかし痛みに慣れてきたので、取りあえず病院に行く気になり
    汗かいていたのでシャワーを浴び、その後左半身動かないまま自分で車運転して病院にいく
    が、昼休み前で受付終了、何とか痛み止め貰おうと交渉中倒れる
    そのまま処置室に運ばれそこから別の病院に救急搬送
    くも膜下でした。
    大きな病院に運ばれてそこで吐き気催してもどして、自分で掃除しようとして
    ストレッチャーから降りて掃除しようとしたのを止められたところまでは覚えていたが
    その後意識なくす。気が付いたら手術終わってICUでした、
    後で聞いたらほとんど奇跡的だったそうです。
    今後は必ず頭が酷く痛いときは救急車を呼ぶようにきつく言われたのだが
    その後心筋梗塞起こした時も気合で乗り切ってまた病院で怒られました
    布団が汗で濡れるくらい痛い時は救急車を呼んでも良いと覚えました。

    976 :鬼女の秘密 2014/04/13(日) 09:05:43 ID:mwzdBQvl0.net
    大田区某所の企業でSEしてた数年前の話。
    今は転職して違う仕事してる。

    そこは結構夜勤中の突発的な飛び降り自杀殳が多いと有名な所で、今は屋上へ行けなくなってる。
    会社の先輩からは半分冗談で「朝早い時間に出勤するときは、タヒ体発見者にならないように気をつけろよw」とか言われてた。

    そんな会社。

    隣の席のたまに二人で飲みに行くくらいの仲の同僚が、半年以上首と肩の痛みに苦しんでた。
    首をグルグルしたり、肩を扇子でグリグリしたり、首を肩につくくらいまで傾けたり、唸ってたり。
    四六時中痛みと戦ってる様子だった。

    ある日急に「あ、そうか」と納得したように独り言を言うと、たぶん給湯室からだと思うけど、果物ナイフを持ってきた。
    ちなみにプログラム作ってる時の独り言は普通にみんな言うので、あまり気にしてなかったw

    同僚は椅子に座るとワイシャツのボタンを2つくらい外し、肩の辺りを広く開けると、そこにナイフをぶっ刺した。
    同僚は「あっ、痛ってぇ、ううう、痛てぇ。」とか言いながらそれでもナイフを刺し続ける。
    驚いて俺が「おいっ!何してんだよ!」と叫んだのを聞きつけ、周りにいた数人でナイフを取り上げ、警察と救急車を呼ぶ。
    思ったより血は出なかったが、救急車到着までの数分間、痛い痛いと騒ぎ続ける同僚の肩にタオル巻いたり押さえつけたり大変だった。

    つづく

    このページのトップヘ