父親

    709 :鬼女の秘密 2009/09/28(月) 00:23:03 ID:p4ryfQLA0
    2年前に起きた修羅場。フェイクあり

    ある日、俺の父親(51)の彼女のAさん(38)から大事な話があるので実家に来てほしいと連絡が入った。
    指定された日時に実家を訪ねて、玄関を開けると父親と俺の婚約者のB(26)が二人揃って土下座してた。
    思わず固まってしまった俺(25)にリビングのドアから出てきたAさんが「これはほっといていいから、向こうで話しようか」と
    父親とBをゴミを見るかのように一瞥した後、俺をリビングへと促した。
    この時点でなんとなく察しがついた俺は黙ってリビングへ移動した。

    Aさんの話の要約
    ・俺から婚約を報告された直後に、父親から突然別れ話を切り出された。
    ・Aさんは納得いってなかったけど、よく話し合った結果、別れることになった。
    ・しかし別れた後、腕を組んでシティホテルに入っていく父親とB(Aさんと面識あり)の姿を見かけてしまった。
    ・ホテルで俺と待ち合わせてる可能忄生もあるので、念の為に俺に連絡入れてみたら、俺は仕事中だった。
    ・式場の下見なのでは?とも考えたが、もやもやが消えないので興信所に調査を依頼した。
    ・真っ黒だったので俺を実家に呼び出す一方で、父親とBにも証拠を突きつけ、呼び出しておいた。

    話が終盤にさしかかる頃にはAさんは平静を装いながらも時折嗚咽を漏らしていた。
    証拠を確認したら、ひどいなんてレベルじゃなかった。
    日帰り旅行に始まり、ラブ𣎳前でキス、勿論、実家にも連れ込んでた。

    小さい頃に病気で母を亡くして以来、父一人子一人だったわけですが
    まさか父親(以下、屑)が息子の婚約者に手を出す屑だとは思ってもみなかった。
    気づいたら、土下座してる屑をゴルフクラブで毆ってた。
    Bがこの時、失禁してたのをよく覚えてる。そしてそんなを見てBは「杀殳してやる」と
    半ば本気で言ったところでAさんが止めに入ってくれて、その後の事を話し合った。

    話し合った結果、B親に報告するのは早い方がいいということで、その場でB親に連絡を入れ
    先方の了解が取れたのですぐに会いに行くことになった。
    家を出る時、屑が玄関のところで丸くなってうめき声をあげていたので
    Aさんが傍らで泣いてたBに「救急車呼んであげれば?」と声をかけてた。

    689 :鬼女の秘密 2014/05/09(金) 21:10:18 0.net
    昔あった修羅場 ド田舎&多少フェイクありと考えていただけたら

    自分が小学生だった頃母子家庭だったんだが再婚することになり父親が出来た
    生まれて初めて肩車してもらったりキャッチボールをしてもらったりととても楽しい日々を過ごしていました

    ある日家で留守番をしていると玄関をたたく音が
    「おーい○○君(自分)いるかー?」と声がしたので町内の人かと思い玄関を開けると見たことのないおじさんが居ました
    すぐさま自分を押しのけて玄関に座り込むと「ちょっと喉乾いたからお茶持ってきてくれんかー?」といい睨んできました
    親からは「お客さんが来たら麦茶でも出してあげてね」と言われていたので持っていくと一気に飲み干して話しだしました

    「いやー○○君大きくなったねぇあんなに小さかったのに・・・所で突然なんだが実はお父さんにお金を貸していてね・・・
    今日中に3000円返してもらわないとお父さんを連れて行って二度と会えないようになっちゃうんだが・・・」
    と言いました

    新しく出来たお父さんが居なくなってしまうとおろおろしていると胸倉を掴まれ
    「いいからあるだけ金持ってこいや!さもなきゃ親父がどうなってもいいのか?!」と叫び投げ飛ばされました
    怯えながらも自分が貯めていた貯金箱を持っていきこれしか今持ってないと言うと殴られ
    「明日はもっと金もっとけや!さもなきゃ親と二度とあえねぇ様にしてやるぞ!それと今日合ったことも話すなよ!」
    といい貯金箱を持って帰って行きました

    189 :鬼女の秘密 2011/05/09(月) 22:56:35 ID:CG9UfUHg0
    私:社会人。
    彼男:当時の彼。社会人。

    付き合って半年ほど。
    彼男とデート→彼男の家に泊まる、という計画を立ててたのだが、
    ちょうどその前日に、ちょっと離れたところに住む父親が倒れた。
    病院に担ぎ込まれたが意識はなく、
    家族は最悪の事態も覚悟しててくれ、と医者に宣告される状態。

    彼男には悪いが、この状況ではデートどころじゃなく、
    事情を話してデートをキャンセルさせてくれ、とお願いした。
    彼男もそういう事情なら仕方ないね、と言ってくれて、
    私は親の病院へ直行。ちょうど週末だったので、その間ずっと親についてた。

    397 :鬼女の秘密 2011/05/14(土) 15:54:20 ID:8pxWWEBu0
    >395
    会社だと、ヘタに首突っ込んで巻き込まれたらめんどうだからと静観する人多いよ。

    私と同時期に中途入社したAちゃん(20代前半)、
    すぐに20代後半の先輩社員Bと付き合い始めて結婚→出産で退社したんだ。

    Aが退社してすぐ、Bは女子社員C(Aより若い)とただならぬ雰囲気に。
    「バレてない」と思っているのは当の二人だけってくらいバレバレの
    お花畑ぶりでもうほんと気持ち悪かった。

    実はBは数少ない女子社員(男9:女1の職場だった)のほとんどに手をつけてた上に
    乗り換えの仕方がひどくてAちゃんの前につきあっていた女子社員は自杀殳未遂まで
    起こしていたらしい。

    A本人はもちろん、Aと仲がよかった私にも誰も教えてくれなかったよ。
    まあ自分が外野の立場でもそうしただろうけど。
    Bは女癖以外の部分では気さくで仕事もできて、後輩の面倒見も
    上のウケもよかったからね。ヘタにバラして睨まれたら困るってのもあったんだろうけど。

    369 :鬼女の秘密 2020/01/06(月) 12:22:40 ID:???
    とても長くなってしまったけど書かせてね。

    昔、爺の親友が事故で亡くなって遺された一粒種の男の子をうちで育てたの。
    その辺りの事情は長くなるし、身バレも困るので割愛するけど
    すでに6歳になってたから本人も事情は大体分かってて、
    でも亡くなった親友と共によくうちに遊びに来てたから、うちの生活に慣れるのは早かったの。
    本当は養子にしたかったのだけど母親が養子にすることだけは了承しなかった。
    うちには子供がいなかったから、子育てについて戸惑うことも多くて
    どう対応していいのか分からない時もあったけど
    婆と爺の双方の両親も孫として接してくれたし、
    友人たちも協力してくれたし、色々教えてもらいながら頑張って育てた。
    でも普段明るくて良い子なのが、時々暗い目になることがあって
    それがすごく気になったりもしたわ。
    一年も一緒に暮らすと、もう我が子にしか思えなくなって可愛くて可愛くて
    いつか母親が迎えにくるかも知れないと思うと不安で震えることもあった。
    で、息子(と書かせてね)が高2の時に転換期があったのよ。
    ある日息子が「卒業したら就職する」って。
    それに対して爺は「学力は十分あるんだから大学は行った方がいい。
    行きなさい。お金の心配は要らないから」って言ったんだ。
    お金の心配してるのは黙ってても分かったから。
    もっと早く言ってあげたら良かったと反省したわ。
    こっちは我が子として育ててるつもりだったから学費は用意してたの。
    そしてこの時に息子が思いのたけを話してくれたのよね。

    子供の頃、父親と一緒にうちに遊びに来てたころ
    お母さん(婆)が作ってくれるごはんが美味しくて
    いつもこんなの食べられたらいいなぁって思ってた。
    そしたらお父さんがタヒんじゃって、お母さんに捨てられて
    罰が当たったってずっと思ってた。
    中学の時に新しい家(婆たちのマイホーム。それまでアパート暮らしだった)が建った時
    僕の部屋があって嬉しくて泣いた。
    ちゃんと僕を息子だと思ってくれたんだって。
    でも大学に行きたいってのはどうしても言えなかったって。
    奨学金を借りてってことも考えたけど、自分みたいな境遇が
    ちゃんと就職できるかどうかも分からないし、
    払えなくなったら婆たちに迷惑掛けるしと思ってたって。

    136 :鬼女の秘密 2014/03/23(日) 17:38:25 ID:vpTpOiHr8
    暴力を封じるにはより大きな力で押さえつけるしかない。
    昔、それを目の当たりにしたのが第一の修羅場。

    母を何かにつけ殴っていた父親が、小学生の自分と妹に暴力の矛先を向けたとき
    初めて母がぶちきれ、数十秒で父が立ち上がれなくなるほど
    父をボコボコに殴りつけた。
    (そのとき初めて、父より母のほうが体格がいいことに気がついたww)

    祖母が救急車呼んで、父はしばらく入院してたが
    父の入院中、うちにお巡りさんが来て
    「母ちゃん連れてかれちゃうんだろうか」
    と玄関の隣の台所でびびってた時が、第二の修羅場。

    「なんとかなんとか、ですよね?」とひとことだけ言った母に
    「…確かにそうです。おじゃましました」と
    お巡りさんが頭下げてあっさり帰っていったのを覚えている。
    なんとか、の部分は忘れた。というか、
    当時は母がなんと言ったのか、わからなかった。
    今考えると「警察は民事不介入ですよね」とでも言っていたのかな?

    それ以来、父は家の中で家族の顔色見ながら今でもびくびく暮らしてる。
    普段は母が父を立てているが、父が調子に乗ってると判断すると
    母は真顔で父をじっと見る。父びびって黙り込む。

    母が父に暴力を振るったのは、あのときが最初で最後。
    自分も妹も、これからは自分たちも母を父から守らなければ!
    と思い込み、武道を習って段位を取ったけど、
    今んとこは役に立てていない。段位より母の一瞥のほうが強い。

    あのときの母ぐらい強い女でなければ
    夫のDV癖を矯正することは不可能なんじゃないか、と今でも思う。

    807 :鬼女の秘密 2020/03/22(日) 08:51:50 ID:Wr.dz.L2
    職場恋愛で婚約後に破談になったことがあった。
    披露宴に関して、俺にはこだわりは無かったけど彼女が望むならやらせてあげたいとは思っていた。
    しなくていいと言うなら記念写真ぐらいは撮っておこうってぐらいの感じ。
    それが彼女が披露宴会場に指定したのがSって言う五つ星の高級ホテルだった。
    料理も最高ランクのフランス料理、引き出物も高価なものを物色していて
    一日2組限定だとかで、ここなら友達に自慢できるし一生の思い出にもなるって言いながら
    カタログをドンッと目の前に置かれて、いやちょっと待てよ!って。
    いくらかかると思ってるの?そんなに貯金ないでしょ!って。
    婚約直後に通帳を開示し合った時、彼女の貯金って20万ぐらいだった。
    俺だって300万ぐらいしかなかったし。
    もっと自分たちに合ったレベルで考えようよって言ったら
    「え?披露宴って新郎側が負担するもんでしょ?ウエディングドレスぐらいは自分で出すけど。
    それに俺君ちだったらこれぐらい平気なんじゃないの?どうせご両親が出してくれるんでしょ?」
    って言われたんだ。
    俺んち、確かに地元じゃそこそこ名の通った家ではあるんだが、家業を手伝わずに
    畑違いの道に進んで父親とはあまり関係が良くなかった。
    だから親がかりの披露宴なんて考えていなかった。
    そう言ったら「ちょっと考えたいことがある」って帰ってしまった。
    それから一週間、職場で会っても言葉を交わすことがなく、メールしても返事がなかった。
    そして一週間後に「結婚やめたい」って婚約指輪を返してきた。
    元々はそんな派手な披露宴を望んでたわけじゃなかったが
    俺の家に婚約の挨拶に行った時に、初めて資産家だと言うことを知って夢を見てしまったらしい。
    「一旦ああいう夢を見たあとに、現実に引き戻されて何もかもが色褪せて惨めに思えて
    幸せになれる気がしない」って言われたんだ。
    そして「おまえの夢なら俺が頑張って叶えてやる!ぐらいの気概が欲しかった。
    なんか・・・ちっちゃい。ガッカリ・・・」とまで言われてしまった。
    さすがにそこまで言われても縋るほど未練はなくなった。
    で、破談。
    そして3年ほど経って新たな恋人と婚約したんだが、
    婚約の挨拶に彼女のご両親と会ったら、父親が俺の父と大学のチームメイトだったらしく
    そこから両家で盛り上がってしまって、なんだかんだで父親と和解することができた。
    双方の親が披露宴にノリノリになり、元カノが望んだほどではないがそれなりに盛大な披露宴になった。
    その披露宴に招待した上司や同僚から話を聞いた元カノが、
    しばらく刺すような視線を向けていたことに気付いていたがスルーしていたら
    廊下ですれ違いざまに「うそつき」って言われた。
    意味わからん。

    844 :鬼女の秘密 2013/02/03(日) 21:28:44 ID:Jtn6PyP20
    私の父はものすごく無口で、
    あまり会話らしい会話をした思い出が無いんだけど、
    タヒんだあと部屋から日記代わりのノートが見つかって、
    それに「○子(私)××校卒業。成績優秀。」とか
    「○子が△男(ダンナ)と遊びに来た。」「新婚旅行のお土産に××をもらった。」
    とか短く書いてあった。

    あー、私に無関心なわけじゃなかったんだなーと思って読み進めてたけど、
    「○子無事出産。新しい命の誕生。」のところで
    涙腺崩壊した。

    516 :鬼女の秘密 2020/01/16(木) 12:42:58 ID:CQ.fc.L2
    私が小五、妹が小一の時に母が喘息で亡くなった。

    時は経って私が中学生になった頃、父と二人で出掛けていた妹が帰宅後酷く落ち込んでいた事があった。
    「どうしたの?元気ないじゃん。具合悪いの?」と聞いても「なんでもない」と言う。
    出掛ける前は普通だったからお出掛け中に何かあったのかと思い、父がいないところで「外で何かあったの?お父さんと喧嘩でもした?」と聞いても違う、お姉ちゃんには言えないと言うので理由を聞くと「お姉ちゃんも傷ついちゃうから」。
    「も」って事は妹は既に傷ついてるってことだから、私は大丈夫だから教えてと促すと、お出掛け中に父との会話の流れで「女の人は妊娠出産で体質が変わる。お母さんも昔は病気一つない健康体だったのが、出産してから喘息になった」と言われたらしく
    「私の事産まなければ、お母さんはタヒななかったのかもしれない。」と言ったところでとうとう泣き出してしまった。

    私は慌ててそんな事はないし、もし本当に出産したせいで喘息になったんだとしても、私の方が先に生まれたんだから妹のせいってことは絶対にないよと慰めたんだけど
    「お姉ちゃんを産んだ時にはまだ喘息になってなかったかもしれないし、もしなってたんだとしても私を産んだせいで酷くなったのかもしれないじゃん」と泣きじゃくられてしまった。

    その日の夜遅く、一人リビングで晩酌していた父のところへ行きその日あったこと、妹がとても傷ついてること、母のタヒは自分のせいかもしれないと悩んでしまっていることを話したんだけど
    「考えすぎ」「会話の流れで言っただけで、そんな意図はなかった。」「あの子は想像力が豊かすぎるから」とまったく悪びれなかった。

    病気で母親を亡くした子供が、その病気になったのは妊娠出産したからだと聞かされたら「自分を産んだせいで母がタヒんだ」と受け止めてしまうことに考えが至らず理解ができなかったとしても
    自分の発言のせいで小学生の娘が泣きじゃくるほど傷付き思い悩んでいるのに「考えすぎ」「そんなつもりはなかった」と流せる父の神経がわからなかった。

    80 :鬼女の秘密 2016/04/20(水) 23:22:13 0.net
    家族のことで相談させてください。前提として↓
    年金暮らし両親と成人済み弟
    弟は家族と顔も合わせない(他人以下の扱い)、着信拒否、家のもの壊す、暴力でKサツきたことも
    父いざという時にヘタレ
    私は親に搾取され気味(弟のローンなどの不足分を困っているのがわかるので私が払う形)

    親がやっと弟に家から出るように話し、弟承諾。その後弟賃貸借りるからと年収など情報教えてくれと父に言う、父詳細も聞かず分かったと返事
    それを聞き父に、保証人なんてと言うとと煩い!と一蹴され話にならず。こんな状態で保証人になろうとする父に失望

    結婚を控えてるが親と縁を切りたいレベル。弟がおかしいと思ってたけど父も相当おかしい
    弟が家賃の滞納などしたら、それを払うだけの財力は両親にありません。しわ寄せが私に来るのは目に見えています。
    弟や親と縁を切ること(法的に責任を取らなくていい状態になる)はできるのでしょうか?

    このページのトップヘ