玉の輿

    98 :鬼女の秘密 2010/01/26(火) 15:23:20 0
    30をとっくに過ぎても玉の輿願望を捨てていない派遣社員のコトメ。
    今度の3月で仕事の更新を断られそうだとかで、結婚に逃げようと焦りまくっている。
    が、それでも相手は「25~32までの初婚」「最低でもマーチ程度の四大卒」「年収800以上」
    「できれば理系専門職」「都内から転勤なし」「長男不可」・・などと寝言を言ってるので
    (実際はもっと細かい)、ウトに100万近く払わせた結婚相談所でも当然相手見つからず。
    で、出した結論は「今時の男が情けないのが悪い」だそうだ。

    私は理系の学部出身で、確かに友人や同窓生にはつぶしのきく技術職に就いた人間が多い。
    もちろんごく一部になるけど、かなりの「いわゆるわかりやすいエリート」も存在する。
    が、今まで散々「女で理系なんてキモイ・暗い・ダサい」と言われ続けてたので、
    今更「友人や先輩後輩紹介して!嫁子ちゃんしっかりしてるからそのお友達なら安心だし~」
    と言われたところでハイハイ応えるわけがない。

    めぼしいのはみんなもう結婚しちゃいましたwとか言ってスルーしてたら、
    (実際はかなり残っているw)
    「私が不幸になってもいいの?ほんの少し協力くらいしてくれたって・・」とウトメの前で泣き出した。
    もうものすごい悪者扱い。まるで私の妨害によってコトメが結婚できないみたいな空気。
    もちろん夫のいないときを狙われての、アホみたいな責任転嫁劇場。
    今までもずっと仲良くしたかったのに、私がそれに気づいて手を差し伸べなかったのが悪いんだってさ。
    その私の鈍感さがコトメの良縁をつぶしてたんだってさ。

    ムカついたので、「おひとりさま」系の本をたくさん買ってきてプレゼントしてきた。
    エッセイ漫画から、いかにして独身人生を損せず楽しむかの実用書っぽいものまで多数。
    「これで不幸にならずに済むと思いますよ!要は気の持ちようですから!」と笑顔で。
    コトメはまたさめざめと泣き出した。
    今度は一族中から悪者扱いになるであろう。
    だがそれでいい。
    ちなみに夫は「できるだけのことをしてやったのに、本はちゃんと新品だし高かったし、
    何が不満なんだろうな?」と言っています。
    そんな夫は、私以上に機微を解さない超理系男。
    私も「何が悪かったんだろうねー?」と天然理系女の顔をして便乗し続ける所存です。

    849 :鬼女の秘密 2019/06/18(火) 13:19:30 ID:nWKM5yzu.net
    プチだけど

    うちの職場の男性.社員が結婚して1年ほどして離婚した。
    結婚式に参加した上司は「ありゃ、すぐ離婚するわ」と式の翌日職場で言っていた。
    その式の話。
    新婦は貿易会社の社長の娘で、いわゆる逆タマ。
    立派な式場だけど、招待客の8割は新婦側だったらしい。
    うちの会社から出たのも上司一人だけ。
    その式の中でお互いの経歴をプロフィールビデオとして上映したらしいけど
    何故か、新郎の経歴が聞いているもの(履歴書のもの)と違った。

    上司の知っている新郎の経歴は、普通の家庭で育ち、Bラン大学を5年がかりで卒業
    1年長いのは「ついうっかり単位が足りなかったから」と飲み会で言っていたらしい。
    その後、3年ほどフリーターを続けて、うちの会社に入った。
    当初は下の階(通称新人の部屋)にはいったが、その後、2階止まり(上にいくほど出世できる)
    連日のように遅刻して、ダラダラ仕事するダメ社員の典型。

    プロフィールビデオでは、家庭は貧乏で中学の時に父親がタヒに、
    高校の時からバイトで自分の学費と弟の学費を稼いでいた。
    卒業大学はAラン大で、5年かかって卒業したのは「学費のために1年間がっつり仕事をしていた」から。
    新卒でうちの会社に入社。
    職場では下の部屋からいきなり最上階(出世頭。めったにいない)にいき、
    現在は「今後の活躍のために」2階にいっている。
    将来××(うちの会社)を背負って立つ人材。

    いやいや、多少リップサービスがあるのはしゃーないにしても、嘘八百じゃん、と言いたかったらしい。
    本人、それで仕事辞めるのかと思いきや、普通に新婚旅行後も職場にきていて
    ダラダラ仕事をして「いずれ、彼女の親の会社に入ってどっかの支店任せてもらうんすよ~」とヘラヘラ笑ってたけど
    半年もたずに嘘がばれて追い出されてそこから1年かかって離婚してた。
    ちなみに、お父さんがなくなったのはうちに入社してからだから、親のタヒぬ時期まで嘘だった。

    109 :鬼女の秘密 2012/09/05(水) 14:27:19 0
    空気読まずに吐き出し失礼。

    いきなり20年前のことがフラッシュバックした。
    私を突き倒して蹴りながら怒鳴る父、
    罵詈雑言を浴びせながら殴りかかって来る母、
    「目を蹴り潰さないだけありがたいと思え!」って
    言われたところで記憶が途切れてる。

    親の自営がうまく行かなくなって、関連会社の重役の息子と私の結婚が
    資金援助の条件だったとかで話がどんどん進んでいた。
    当時は恋人もいたし、何よりその重役の息子が今で言う糖質。
    「僕たちケッコンするんだから、主治医に挨拶してネ!」と言われて
    ごめんなさいごめんなさい本当にごめんなさい私には無理、と
    お話を断って帰宅したら両親に折檻された。通帳と印鑑も奪われ
    会社にも「花嫁修行のため退社させます」と勝手に連絡された。
    体重が32kgまで落ちて自分で立てなくなった頃、祖母宅に引き取られた。

    両親と没交渉になり、少しずつ食べられるようになり、
    3年ほどかけて心と体調子を取り戻した。バイト先で頑張ってたら
    正社員登用の試験に合格出来て、そこで知り合ったのが今の主人。
    私と両親の関係を理解してくれたので、入籍だけして遠くへ引っ越した。

    祖母から先日、両親が私に会いたがってると聞いた。
    あんなことしておいて孫に会わせろとか寝言は寝て言え、だ。
    私の携帯番号や住所を教えないよう祖母を説得するのい骨が折れる。

    このページのトップヘ