相続まとめちゃんねる

遺産・相続・離婚・親権・探偵・争続まとめ

    秘密

    928 :相続まとめちゃんねる 2018/03/27(火) 11:03:16 ID:FHq
    初カキコ。読みにくかったらすみません。

    昔、重度の薬中毒者で逮捕までされた。
    お金欲しさ(薬買うために)風呂屋に自ら落ちていったほどw

    何が黒いって、今旦那には元風呂屋勤務も中毒者って事も
    逮捕された事も言っていない。
    中毒者で逮捕された芸能人を見ると思い出すし、
    今旦那がそのニュースを見て
    「人間として終わってるよなー」て言ってるのを聞いて
    胸が痛すぎるし、
    その芸能人の気持ちが分かりすぎてまたしたいと思う事。
    お金があったら今もやってると思う。
    墓場まで持っていく。

    659 :相続まとめちゃんねる 2010/06/11(金) 02:36:32 ID:i4ZqAq750
    こんな場なので全部本当の事書きます

    ・私 前夫が仕事を辞めギャンブラーになり嫌いになった
    ・夫 前妻が借金作り愛想尽かす
    ・私と夫 ネットで知り合い後腐れなしの関係→予定外に情が移る(不イ侖)
    ・当時のパートナーと別れお互い子連れで再婚することに。
    ・しかし両家とも相手が子供を渡してくれない。
    ・現夫の場合は子供が小さすぎる為、母親が必要と思ったから
    ・私の場合は子供が前夫の実家の長男で初孫だった為
     お舅、姑が「離婚したいなら子供だけはおいていけ」
    ・私としてももちろん連れて行きたかったが、お舅、姑は財力も孫に対する
     愛情もあるので、馬廘母が連れて行くよりは幸せと思いお願いする
    ・不イ侖はばれていないので、お互い慰謝料等無し
    ・現夫に関しては離婚の理由は「妻の多額の借金」が理由なので
     養育費もなし
    ・お互い前の結婚相手の名前も顔も知らない(嫌がらせ?等無し)
    ・なんといっても出会いが最悪の状況だが、なぜか疑心暗鬼にはならない
     お互い「不イ侖する時」「嘘をつく時」の事をしっているからか
    ・自宅で二人で仕事をしているのでほぼ365日24時間一緒
     趣味も同じなのでオフの時間も一緒だが、窮屈さはない
    ・「でも不イ侖する男は絶対にまた不イ侖しているわよ!」といわれるかも
     しれないが、今のところはなさそう
    ・少なくても、私は浮氣する気がまったくない
    ・以前の結婚の時は毎日喧嘩していたので、喧嘩しなくていいのが嬉しい
    ・特に金持ちではないが、生活するのに困るほどでもない
    ・お互い負い目があるので、子供は絶対作らない
    ・再婚して15年。人より幸せかどうかはわからないが
     とにかく以前よりは毎日笑って過ごせる
    ・子供にはとても申し訳ないことをしたと思ってる 
    文章が下手なので箇条書きにしました。

    338 :相続まとめちゃんねる 2015/09/16(水) 06:13:56 ID:dVW
    うちの母には文字通り、墓場まで持っていくものがある。

    母方の祖父はプロ野球が好きで、地元の某球団の熱烈ファンだった。
    毎年ホーム球場の年間指定席を買っていて、仕事の接待に使ったり、
    友達や家族を連れて行ったりしていた。
    祖父には5人の子供がいたが、母だけが野球好きのDNAを受け継いだ。
    私も小さい頃は、よく祖父と母に連れられて観戦に行った。
    (私の父や父の実家はスポーツ自体にあまり関心がない)

    そんな祖父は、88歳の時、その球団が日本一に輝いた嬉しさで
    ぽっくり逝ってしまった。不謹慎だけどマジです。
    その前夜、テレビで、ビールかけやら「日本一までの軌跡!」の特集やら
    選手や監督のインタビューやらを、夜中まで大騒ぎしながら見て、
    「いやーよかったよかった」と言いながら就寝して、
    そのまま天国な気持ちで天国へ行ったのよ。
    病気でも何でもなく、医師の診断も老衰だった。
    集まった親戚も「なんて理想的な終わり方だ」とうらやましがった。
    お棺には祖父の集めた野球グッズをいろいろ入れた。
    (葬儀社の人に入れていいものを確かめた)(続く)

    517 :鬼女の秘密 2018/08/11(土) 23:34:40 ID:ldv
    姑を見杀殳しにしたこと

    夜中、トイレに起きたら姑が電気のついた台所で倒れてた。
    背中しか見えなかったけど、それを見た瞬間に今までされたこと
    (私の両親sage姑age、私の祖母の形見の着物や祖母手縫いの洋服を切り裂く、料理にケチつけて捨てる、
    私の親引き取り同居なのに旦那が建てたと旦那が何度訂正しても思い込み我が物顔…他多数)
    が思い出されたので、電気を消してトイレを済ませてそのまま寝た。
    運が良ければ旦那が起きてきて助けるか自分でなんとかするだろうと思ったけど、朝起きたら冷たくなってた。
    旦那にはこのことは内緒。

    619 :鬼女の秘密 2020/11/27(金) 16:22:06 ID:J1Gdm1sU.net
    高校生の頃、漫画読むのが好きで集めてたんだけど
    中学生だった妹に漫画をお勧めしても「読まなーい興味なーい」って感じだった

    ある日、妹の机に可愛い柄のノートが置いてあったんで、どこで買ったんだろう?とペラペラ~とめくってみたんだけどその内容に目を疑った
    私の集めてた某少年漫画のイケメンキャラと女の子のキャラクターがイチャイチャしてる絵や小説
    女の子は漫画に登場しないキャラで、髪型や服装等が妹の特徴を捉えてる
    小説は…キャラと自分の恋愛を書いた小説、いわゆる夢小説だった
    しかも、キャラと妹は血の繋がってない兄妹の設定
    血の繋がってない妹にキャラは「(かっかわいい…///)」とスラッシュを多用しデレデレで
    妹はそんな兄に「ほぇ?お兄ちゃんなんで顔赤いの?」って感じのやつ
    勝手に読んでしまって悪いと思ってるが、妹が普段から私が漫画を勧めた時「読みたい!」と積極的であれば
    ノートを見た時すぐに察して閉じたかもしれないが
    いつも「興味なーい」って態度だったから、ノートに書いてある絵や小説に対して
    「え?なにこれ?嘘でしょ?妹が描いたの?いやあの子非ヲタだし、そんなわけないよなぁ」と
    理解するまでに時間がかかって、つい読み進めてしまった

    809 :鬼女の秘密 2018/11/27(火) 03:27:20 0.net
    先日、二世帯に同居してるコトメに我慢できなくて悩んでたんだけど、とうとう旦那が英断してくれて自宅売却、トメには老人用マンソンに行ってもらったんだけど、トメは気落ちしたのか一月持たずにあぼーん(*゜Q゜*)しました。
    私達家族はマンソン購入か一軒家か相談しながら、とりあえずマンスリーで暮らしてます。

    で、行き場の無いコトメが毎日凸して来ます。
    コトメと同居するつもりは欠片も無いんだけど分譲マンソンのカタログ持って「私の部屋は此処でぇ~」とか馬廘かと…
    とりあえずへらへらしながら(おまえには新居の場所さえ教えないよ)と思いながら適当にスルーしてます。

    コトメはネカフェで暮らしながら私達の新居が決まるのを待ってるそうです。
    少しでも早く自分の家を確保して!と毎日、大騒ぎしてます。馬廘過ぎる。

    164 :鬼女の秘密 2016/01/14(木) 02:23:55 ID:sHd
    こんな時間だけど、日付変わって昨日受けた衝撃を

    私の会社はみんなデスクワークで男忄生社員はスーツで出勤
    女忄生社員は私服で出勤して、ロッカーで制服に着替える
    ロッカールームはちゃんとした部屋ではなくて
    事務所の奥の倉庫っぽい部屋に適当にスチール製のロッカーを入れた雑多な部屋

    昨日の私は朝はちゃんと出勤したんだけど
    ひどい貧血で天井が回りそうな状態
    早退したかったんだけど、
    14時から本社との大事なテレビ会議が控えていた
    私以外の人の代理がきかない会議で、早退なんてできない

    上司に事情を話したら、とりあえず会議まで寝てていいから
    会議だけ出て、終わったら早退してOKと言われた
    お言葉に甘えて、事務所の奥のロッカールームで寝ることにした

    キャビネやら脚立やら雑多に置かれている中にスペースを作り
    新聞紙を敷いて、膝掛けブランケットを敷いて
    コートを布団代わりにして横になり、すぐに意識がなくなった

    602 :鬼女の秘密 2016/09/20(火) 09:58:19 ID:2GCYvZGv0.net
    最初の結婚の相手は会社経営者で一回り上のバツ1で某広域暴カ団の企業射程とかいう役職だった
    私はハタチで今思うとなんでそんな難あり物件とと思うが、裕福で気前のいい夫に甘えて当時は幸せだった
    兄と弟に挟まれた中間子長女で父親っぽさに飢えた結果なせいな気がする

    結婚して3年目に夫の会社が不渡り出した時に現金で1500万円を渡された
    「どっかに仕舞い込んで誰にも秘密にしとけ、銀行に預けたりしたらばれるからダメ」と言われた
    金額のわり意外と少ない嵩だったので考えて、色つきのタッパーに分割して冷凍庫保管
    不渡り出した後も、私の生活に変化はなく専業主婦で暮らしていたけどさらに数年たって夫の会社がとうとう倒産してしまった
    家は私名義だったので無事だけど、それ以外はほとんど失って無一文に近い状態
    私名義のお金で食べながら再起をはかることになった
    当然夫の前妻の子への養育費は止まった、夫が無一文だからしょうがないと説明済
    その翌年夫が事故タヒ、怨恨とか杀殳人とかいろいろ疑われてたけど事故だった
    私に保険金が入ったので、前妻親子からお金を請求されたけどそんな権利はない

    私は30になったばっかりだった
    前夫が盛大に甘やかしてくれたおかげで父忄生愛も贅沢ももうお腹いっぱい
    一人住まいには広すぎる自宅は借家に出し、ワンルームに住んで簿記の専門学校へ通った
    専門学校から紹介されて小さな事務所の経理兼事務に就職、
    地方公務員の今の夫と知り合って2年付き合って35で再婚、子どももできた

    夫は私が前夫とタヒ別してるのは当然知ってるけど、借家に出してる持家が結構大きいこと、お金が2千万近くあるとは知らない
    家は県外だし前夫の親族が住んでるので当分は何もできないと説明してある
    前夫がヤ𠂊ザ関係者だったのと家賃収入と貯金の事は一生言わないと思う

    715 :鬼女の秘密 2019/07/24(水) 01:16:13 ID:qNb354ke.net
    昭和49年生まれのBBAが語る。長文注意。 長文なのでレス分けます。

    小中学生時代、周りの子は生理来ているのに、私だけ来なくて悩み続けた。

    私は周りより背も体重もあるかなりデカいほうだったから、 小学生時代から、その体型で絶対生理来てるでしょー。嘘つき呼ばわりされた。

    小学生で背も体重もちっこい妹2人にも生理くるの先こされて泣くほど落ちこんだり、
    ほんとは来てるのに恥ずかしくて言えないくせに!と嘘つき呼ばわりされたり周りにいじめられ、

    悩み続け悩み続け限界で、とうとう私は高校1年で生理がやっと来たと嘘ついた。
    妹らに先こされたのも悔しいし家族にも見栄はりたくて、私も同じになりたくて、 母や妹にさえ嘘ついた。

    使いもしない生理用品買ったり。わざと下着に赤茶色いシミつけてから、それを無理矢理1人で洗った感じにしたり。 使ってない赤黒っぽい、シミつけた生理用品をくるんでゴミ箱に捨てたり。

    むなしいけど、一度見栄はりでやったら、もうあとは毎月止められなかった。
    本当はまだ来ていないだんて、もうとても言い出せなかった。

    友人との会話も、得た知識から来てることにした。普通に毎月つらいよねーと会話した。知識なら私のがあったほど。
    まあ別の意味で毎月偽装つらかったけど。


    それをもう、16歳で生理きたことにしたあの日から、
    なんと、29年間も続けている……!!!
    今や45歳のBBAだけど。
    未だに生理用品を部屋におきまくってる。


    ちなみに私の子宮は子供時代で止まり成長せず機能してないってことを知ったのは、33歳だったけど。
    33歳まで、生理来ないと病院に一度も相談しなくてほっといたことに医者にびっくりされたわ。
    でも結果、別にほっとこうがほっとかなかっただろうが、結果は変わらず治療は不可だったけど。

    次レスへ続く

    457 :鬼女の秘密 2017/05/14(日) 00:03:52 ID:Oi8
    うちのじいちゃんは郵便局で小包配達してたんだけど、配達先のマンションで悲劇に見舞われた。

    その日、大き目の荷物を抱えてエレベーターに乗り込んだじいちゃん。
    ドアが閉まった直後、じいちゃんは思った。
    「屁が出そうだな…。誰も居ないからいいか…」

    その場でじいちゃんは出した。でかいのを2発。すると…

    「──おじちゃん…。おならしないで、臭いから…」
    「っ!!!!!!?」

    驚いて背後を振り向くと5歳くらいの女の子。
    どうやら、一緒に乗り込んだらしいが、荷物がタヒ角になって見えなかったようだ。
    ちなみにじいちゃんの屁は物凄く臭い。

    女の子「……(何とも言えない渋い顔)」
    じっちゃ「………あー…ごめんねぇ、お嬢ちゃん。臭かった?(苦笑)」
    女の子「……(無言で頷く)」
    じっちゃ「そっかぁ…ごめんねぇ…(苦笑)」

    やがてエレベーターは目的の階へ到着。じいちゃん降りる。女の子も降りる。
    じいちゃん、配達先の部屋まで歩き、ドアの前で止まる。
    女の子も後から着いてきて、同じ部屋の前で止まる。実は配達先の娘さんだった。

    じっちゃ「………えーと、お嬢ちゃんのお家?」
    女の子「うん(頷く)」
    じっちゃ「……ママ居る?」
    女の子「うん、いるー」
    じっちゃ「……呼んで来てくれるかな?お届けものだから」
    女の子「はーい!(女の子、ドア開ける)」
    じっちゃ「…あと、おならした事、ママには言わないでね。おじちゃん、恥ずかしいから」
    女の子「わかったー」

    じいちゃんは無事に配達完了してマンションを後にした。
    帰り道、「小さい子は言うだろうなぁ…」と遠い目をしたらしい。

    その予感は的中し、後日再びそのマンションに荷物を届けに行ったら、
    ちびっ子たちから「おならの郵便屋さん」というあだ名を頂戴したらしい…。

    このページのトップヘ