813 :鬼女の秘密 2008/09/06(土) 10:05:45 ID:Udx+r0tB
ちょっと体調を崩して休職していたとき、世の中のお盆休みにあたる時期に
A(勘助)から電話がかかってきた。
元々は友人B(女性.)とAが仲良くて、そのついでに喋る程度の仲。
でも大学の方面が一緒で通学中やそのときは普通に仲良くしてた。

就職で上京していたのだがお盆で帰ってきた、C(男性.)と一緒に食事に行かないか、とのこと。
しかしCはKYというかなんと言うか、微妙な人だし親しくも無いので、「それは遠慮する」と返事。
Bはいないので元々誘えないのがわかっていた。
そこで何かスイッチが入ったのかもしれない。
「今からちょっと喋ろうよ」となって、特に断る理由もなかったのでOK。
夜のコンビニで待ち合わせした。

コンビニで待ってる間(時間を指定したのはAなのに30分ほど待たされた)に、良くわからない男にナンパというか
声をかけられて困っていたらAがやってきて、助けてくれた。
肩を抱いて連れ出してくれたのだが、その時は彼氏のフリをしてくれたんだろうと思っていたが
店を出ても離してくれない。「もういいよ、ありがとう」といって手を強引に剥がす。
何かいやな予感がしたので適当に切り上げようと、
食事とかはせず散歩に切り替え。