胸糞

    753 :鬼女の秘密 2016/06/12(日) 01:18:48 ID:L2D
    結構前の話だけどふとはき出してみる



    結婚して十年元夫の母(トメ)の介護をしていた。
    トメは別に悪いトメじゃなかったんだけど、やっぱり手はかかるので、仕事は続けられずやめたし、
    子供は作る気になれなかった。そんな余裕なかった。
    旅行も十年行ってないし、ろくに美容院や買い物もしたことない。
    友達とランチすらほとんどなかった。
    元夫は仕事が忙しくて、帰ってくるのは遅くて、でもいつもごめん、と謝ってたからまあ我慢できた。

    十年たってトメがタヒんで、なんだかやっと肩の力が抜けて、言っちゃ悪いが、やっとタヒんでくれた、って
    気分になった。トメはけして悪い人じゃなかったが、なんというか自分の人生十年間棒に振った気がして
    つらかった。
    でも、トメがタヒんだ後に、元夫が離婚してくれと言い出したのは驚いた。
    なんと残業だと思っていたのは、愛人とデートしてただけだったらしい。
    今思うとテンプレなんだけど、妻が介護で身なりもかまわずぼろぼろで、家事もおろそかになり、部屋も
    うんこしっこで臭いし、まあきれいな愛人とホテルで遊んでる方が楽しかったんだろう。
    出張とかいってたのもお泊まりデートだったみたい。
    トメがタヒぬまでは離婚できないから、私は介護要員だったわけだ。
    それだけでもショックなのに、元夫の愛人には子供がいた。五歳だって。種は旦那ね。
    おまえとの間には子供いないけど相手には子供がいるから、とかいわれて、私アハハハハハハハハハハハハハハ
    と狂ったように笑い続けてたの覚えてる。
    元夫が何か言おうとしたけどひたすらアハハハハハハハハハハハハハハハハハハハっていってた。
    怒りより先に笑いしかでなかった。
    アハハハハハハハハっていいながら黙って鞄もって実家に言って、びっくりした親に大笑いしながら、
    「なんかねww元夫隠し子いたんだってwwww離婚したいんだってwwwうけるーwwwww」
    とか泣きながら笑ってた。
    それからあと、頭ぼーっとしてほとんど覚えてない。なんか頭真っ白って言うかご飯食べてたりしたのは覚えてる
    んだけど、なんというのか、機械みたいだった。深く物事を考えたらいやなことを思い出しそうで、感情ってのが
    沸いてこなかったというか沸かないようにしていた。
    しばらくしたら、怒りとかよりも先に気が抜けて、ひたすらむなしくて悲しかった。
    旦那に腹は立たなかった。ただ、あー、わたし、何してたんだろう十年・・・馬鹿だなあ・・・という自己嫌悪
    ばかり。
    自分が廃人みたいになっていた間に、親とかが頑張ってくれていたみたい。離婚は決定だったし、慰謝料は当然
    向こうは払ってくれるつもりだったようだ。
    親は私の代わりに憤慨していて、元夫を刺し杀殳さない勢いだった。慰謝料はそうとうふんだくれたらしい。
    離婚届に名前を・・・のところで、私はとある気持ちがわいてきた。
    旦那の愛人と隠し子に会わせてほしい、といった。元旦那は渋った。私が彼女たちに何かひどいことを言ったりすると
    思ったんだろう。酷いことは言わない。なんなら元夫が隣で監視していてもいい。ただ元夫の新しい妻になる人と
    子供に、最後に話をしてみたいだけだ。と。会わせてくれるなら慰謝料も減額してもいいと言ったら元夫はOKした。

    361 :鬼女の秘密 2013/08/04(日) 09:59:35 ID:JcltP2mM
    昔の話なんだが、付合いで参加した登山で遭難した。仲間は俺置いて先に下山。
    仲間は俺のこと嫌いだから置いて行こうみたいな態度でさ。あっち(どっちだよ吹雪だぜ)
    まっすぐ行ったら帰れるからって早口で言って笑いながらで走って逃げて行かれた。
    冗談・好き嫌いでもやっていいことと悪いことがあるよな。
    登山経験ゼロの俺は、逆に冷静になった。頼れるのは俺だけ。慌てるな、考えろって。
    でも視界はクソ悪い。登山経験者ならコツを掴んでるかもしれんが…

    風よけの大きめの木に寄りかかって夜が明けるのを待ってた。
    その大きめの木を探している最中に一体ほど、まあ、その、氷漬けの人を見つけた。
    話しかけたら、反応しないわけよ。ここは風くんのかーっとおもってちょっとだけ距離とって
    その人の寝袋もどきを見ながら夜明け待ってた。その時、寝たらダメだと思い色々考事したんだ。
    この寝袋取ったら三時間は長めに生きられるのかなとか。でも多少の違いなら剥ぐの忍びないなとか。
    正直この時点でもう体が鈍くて動かなかった。七割ぐらい諦めかけてた。せめて遺書でもと
    ペンしかないので腕にちょろっと書いて寝ようと蹲ったんだ。で、その時はっと思い付いた。
    もうガチでダメ臭いけどどうせなら見晴らしがいい場所の方が見つけてもらえやすいんじゃないかと。
    たとえ一か月後でも。これも何かの縁だと最後の根性.でそいつ引きずったり転がしたりしながら
    (二体の方が目印になるかと)開けた場所で気絶してたら運よくヘリが来てなんとか助かった。
    そのヘリっていうのがそいつを探してたヘリらしく、俺はついでに見つかった運のいい遭難者だった。
    あれ以来、アウトドアとかトラウマ

    1 :鬼女の秘密 2017/08/13(日) 12:29:16 ID:7bnr3/vh0.net
    妊娠してました……

    516 :鬼女の秘密 2020/01/16(木) 12:42:58 ID:CQ.fc.L2
    私が小五、妹が小一の時に母が喘息で亡くなった。

    時は経って私が中学生になった頃、父と二人で出掛けていた妹が帰宅後酷く落ち込んでいた事があった。
    「どうしたの?元気ないじゃん。具合悪いの?」と聞いても「なんでもない」と言う。
    出掛ける前は普通だったからお出掛け中に何かあったのかと思い、父がいないところで「外で何かあったの?お父さんと喧嘩でもした?」と聞いても違う、お姉ちゃんには言えないと言うので理由を聞くと「お姉ちゃんも傷ついちゃうから」。
    「も」って事は妹は既に傷ついてるってことだから、私は大丈夫だから教えてと促すと、お出掛け中に父との会話の流れで「女の人は妊娠出産で体質が変わる。お母さんも昔は病気一つない健康体だったのが、出産してから喘息になった」と言われたらしく
    「私の事産まなければ、お母さんはタヒななかったのかもしれない。」と言ったところでとうとう泣き出してしまった。

    私は慌ててそんな事はないし、もし本当に出産したせいで喘息になったんだとしても、私の方が先に生まれたんだから妹のせいってことは絶対にないよと慰めたんだけど
    「お姉ちゃんを産んだ時にはまだ喘息になってなかったかもしれないし、もしなってたんだとしても私を産んだせいで酷くなったのかもしれないじゃん」と泣きじゃくられてしまった。

    その日の夜遅く、一人リビングで晩酌していた父のところへ行きその日あったこと、妹がとても傷ついてること、母のタヒは自分のせいかもしれないと悩んでしまっていることを話したんだけど
    「考えすぎ」「会話の流れで言っただけで、そんな意図はなかった。」「あの子は想像力が豊かすぎるから」とまったく悪びれなかった。

    病気で母親を亡くした子供が、その病気になったのは妊娠出産したからだと聞かされたら「自分を産んだせいで母がタヒんだ」と受け止めてしまうことに考えが至らず理解ができなかったとしても
    自分の発言のせいで小学生の娘が泣きじゃくるほど傷付き思い悩んでいるのに「考えすぎ」「そんなつもりはなかった」と流せる父の神経がわからなかった。

    229 :鬼女の秘密 2006/12/11(月) 15:23:15
    妻が流産した。体調悪そうなのはわかっていたが、大丈夫だと思って放置。次の日サッカーに行き、妻に漏れを見学させた。
    その帰り、どうしてもとゆーので病院連れてったら発覚。
    泣いても怒ってもなかった。
    漏れ「もう帰っていいの?」と言ったら(`A')ポカーンとした後、「うん!」とキツめに言われた。
    どう扱っていいかワカラネ…

    14 :鬼女の秘密 2019/06/30(日) 23:59:58 ID:hjK.rl.j8
    私原因で婚約破棄された
    あーあ、隠してた過去暴かれた
    小3になりたての頃、誘拐されて暴行されて
    名前まで変えてすべてを捨てたのに、身辺調査したらバレるんだね
    私が原因だから慰謝料貰わなきゃって相手の両親が激怒してる
    10年つきあってたからね、私が最初から性.犯罪被害者だって暴露してれば、彼の大事な10年を無駄にしなかったもんね
    私の両親は当時みたいにボロボロ泣いてるし
    周りには婚約破棄の原因吹聴されるし
    なんかこの世の中から居場所がなくなった気分
    生きてる限りずっと性.犯罪被害者ってラベルが張り付いてるんだよね
    犯罪者が一生犯罪者ってラベル張り付いてるのと同じなんだよね
    はー

    このページのトップヘ