衝撃

    677 :鬼女の秘密 2015/05/30(土) 23:59:14 ID:uye
    父親が危篤と連絡があり、閑散期で暇だったこともあってそのまま急きょ早退して病院に向かうことになった同僚Aを
    先輩社員Bが呼び止め、このタイミングで何を言い出すのかと思ったら
    「忘れないうちに伝えとくけど、あなた最近、注意力が散漫すぎる、
    この間も確認ミスしてたし、少したるんでるんじゃないの?
    ちゃんと責任もって仕事に取り組んでくれないと困るんだけど」と説教開始して本気でぎょっとした
    Aはもう顔面蒼白ですみませんと謝ったけどBは「すみませんて何が?謝ればいいと思ってない?」と更に説教を続ねようとする

    呆気に取られてた私含め他の同僚と上司が我に返って慌ててBを止めてAを病院に向かわせたけど
    Bは何で止められるのか納得いかないと怒ってて、マジでこの人なんなんだ…?と衝撃を受けた
    仕事のことで注意をするのはいいんだけど、あのタイミングはおかしいと思う
    Aのお父さんが亡くなった時も文句言ってて、宇宙人と遭遇した気分だった

    549 :鬼女の秘密 2014/03/27(木) 21:29:22 0.net
    なかなか子どもができないので旦那に内緒で病院へ行って検査してもらったら子どもができにくい体ですと言われた。
    根拠はないけど旦那の方に問題があると思ってたのでかなりショックだった。
    その後とにかくお義母さんに相談して味方になってもらおうと思ったら、大した家ではないが私達で終わりにするのはご先祖様に申し訳ないから息子とは別れてくれと言われた。
    旦那は家付きのお墓と仏壇を相続したって言ってる人だし絶対に捨てられると思ったときが内心修羅場だった。
    お義母さんに言われるよりは私からと思い旦那に恐る恐る報告すると「そうなんだ」とただ一言だけだった。数日後離婚の話を切り出すと「親戚の誰かから養子を1人貰えばすむ話だ。離婚する気はない」と言ってもらえた。
    今日3人目を授かったので記念カキコ

    331 :鬼女の秘密 2020/01/21(火) 12:17:41 ID:i7.ep.L1
    皆のいう衝撃とはちょっとズレてるかもしれない
    俺は三人兄弟の長男で、妻の姓を名乗ってる
    弟二人が「男が女に名前を合わせて変えるなんてありえない、男は跡取りとしての役割がある」と言ってて
    なんか跡取り問題で才柔めそうだなと思ったので、両親や親戚の反対を押し切って妻の姓にして妻の実家で同居した
    その際に遺産相続は一切しないとの一筆を書かされたが、元々遺産は求めてなかったので二つ返事で書いた
    両親と祖母は開いた口が塞がってなかったが、弟二人は小躍りしてた

    前、法事があって実家に行ったとき、祖母、母、叔母、伯母、従姉妹、妻が連れたって台所に食事の支度をしに行った
    俺はいつものくせで、ひょこひょこと妻の後ろに付いていった
    台所についたら、女性.陣の目が一斉に俺に注がれ、「何しに来たの」と言われた
    ビビりながら「え、何って、手伝いだけど」と伝えたら、妻以外が雷に打たれたような顔をした
    伯母から「それならこれを持っていって」と大量のビール瓶とグラスを任されたので、食卓のある三間続きの和室に運んだ
    そこでは父、弟を始め、親戚全員の男性.が当たり前のように座り込んでテレビをつけて寛いでいた
    そして俺の運んだビールで酒盛りを始めた
    俺は早速あいた瓶を持って台所に向かうと、また女性.陣が驚いた顔をして、「また来た!」と言われた
    再度「何しに来たの」と言われたので、「だから手伝いに」というと、酒のつまみを運ぶように頼まれた
    再度戻るともう驚いた顔はされなかった
    俺は普段妻の実家にいるとき、台所に立つ妻の隣でいつも何か手伝いをしてた
    カレーの日なら簡単に皮がむける玉ねぎと人参の皮をむき
    妻が鍋で調理を始めたらその隣で洗い物をする感じ
    元々アトピー持ちの妻の手荒れが心配で洗い物全般を引き受けることから始まった習慣だが
    それがいつの間にか俺の日常になっていて、妻が台所へ立つと無意識に俺も台所へ行くようになっていた
    妻の実家で同居になるまで、俺は男性.陣と同じようなことをしていた
    そういえば元々妻の実家でも、同居した直後は義母から「常識無いわね」と散々叱られて家事を覚えたんだった
    半泣きになりながら自分の溜め込んだワイシャツの黄ばみを歯ブラシで落とし、洗濯して
    どうやっても上手くアイロンがけが出来なくて、惨めになりながら何時間もアイロンと格闘したっけ
    あっちのシワを伸ばせばこっちのシワができるのエンドレス

    祖母と母は「うちの大事な男子になんてことをさせるんだ」と妻と妻の実家に怒っていたが
    伯母が「もう時代は令和、私ら昭和初期の考えは古いんだよ」と間に入ってなだめてくれたのが意外だった
    伯母は嫁いだ身ながら唯一自営で自分で稼いでおり、俺より数歳年上の息子がいて、東京に行って就職・結婚してるから
    価値観を更新する機会がどこかにあったのかもしれない
    俺も妻と結婚して実家から離れなければ、ずっと実家の価値観のまま令和を迎えていたと思う
    そう思ったら、なんだか空恐ろしくなった
    ちなみに男性.陣には、年下の弟や高校生の従兄弟にまで、「台所に出入りする男、ミットモナイ」
    「夫を台所に出入りさせる女、ミットモナイ」と言われた
    一方、年の近い社会人の従姉妹たちは
    「今どき共働きが当然で女もバリバリ働く時代、おさんどんなんてタヒ語
    家事できない男なんてゴミ、親戚の男性.陣みんなゴミ」
    となかなかの酷評だった
    従姉妹たちは地元で就職して自立しているが、地元の人と結婚する気は無いらしい
    「母や祖母みたいに男につくす人生なんてイヤ、この辺の男は老若男女みんな昭和脳なんだもん」とのことで、
    田舎の人口減、少子化の原因はこんなところにも転がっていた
    俺も18歳で家を出るまでゴミだったのかと思うと、本当に申し訳なかった

    無意識のうちに価値観が更新されていたことと
    狭い世界で生きてることの怖さを知ったのが衝撃だった

    46 :鬼女の秘密 2015/02/03(火) 21:22:42 ID:5dc2TTut0.net
    臆病なくせに車運転すると性.格が変わる。親御さんの7人乗りの車を運転している際には前の自動車をひたすら煽る。止めてと怒っても「いいんだよ(ヘヘン」みたいな感じで聞かない
    普段は店員さん呼ぶ時もキョドるに運転すると殿様状態になる。
    煽る時は決まって軽自動車とかばかりで同じようなワゴン車には接近しない

    それでこの間3車線ある国道で例の如く危険な運転60キロのメーター以上のスピードを出しながら強引に車線を変更するアホな彼
    右から中央の車線に移動した際にさっきまで煽っていた軽自動車に併走されたのだが、助手席から怖い叔父さんがコンニチワしてくる
    彼は絶対に気付いているのに右を向こうとしない。
    さらに一番左に車線変更するもすかさず横にピタッと着かれる。私が「どこかコンビニでも入ろうよ」と提案してもイラついた雰囲気で「黙っててくれる?運転中だよ?」と真っ直ぐ前しか見ていない状態
    隣の車の助手席の人は何か叫んでるみたいでとにかく怖い。彼がビビりつつ隣に目をやって数秒した瞬間に前の車に激突した。私が叫んだ時はすでに遅し
    左折レーンなのにスピード出してたからそりゃブレーキ間に合わないよ。
    その後の事故対応も色々大変だったけど、何より事故った瞬間に「お、お前さー...何やってんだよ.......!!」と言われた瞬間、“???”から数秒してこいつはヤバい!と直感してゾワゾワってなった

    346 :鬼女の秘密 2017/02/17(金) 22:07:20 ID:XyB
    何年か前の祖母が大往生で亡くなって葬儀をしたんだ
    丁度、同じ時間帯で隣でも葬儀をやっていたんだが同じ苗字の家だった。
    しかも祖母の名前と一文字違いだった。
    式場の人、遺族や参列者、皆混乱!
    名前の確認をしっかりして参列者の案内をどうにかこなした。

    葬儀が終わり今度は火葬場へ移動。
    地元には火葬場が一箇所しかないからお隣の方々とかぶるのは仕方ないと思った。
    そしたら、今度は先客の方々がいらしたんだ。
    別の葬儀場で葬式をあげた『同じ苗字』の人たちが……
    今度は火葬場の方々が混乱!
    なんとか事なきを得て最後までいって終了となった

    今でも家族みんなでなかなかないことよねーって話になるな

    882 :鬼女の秘密 2011/07/13(水) 18:21:08 ID:9m6vOduaO
    カップル板でいいのか分かりませんが投稿します。
    言葉足らずなところが有るかも知れませんがなるべく質問には答えます。



    私の彼女の妹が高校生二年生の時の話です。
    彼女妹には同じ学年の他クラスに彼氏がいました。しかし、彼女妹が別れ話を持ちかけてからその彼氏がス㋣ーカー化しました。

    復縁を迫る電話やメールがひっきりなしに来るようになり、着信拒否にしたり、メルアドを変えても友人等を通じてアドレスを入手したり、パソコンからメールを送信したり、携帯以外の電話からかけてきたり。

    学校内でも、ことあるごとに復縁を迫ってきたそうです。それで彼女妹の友人が常に一緒にいてくれるようになったのですが、元彼はいつも彼女妹を見ていて、付きまとったりしてきたそうです。その時点ではまだ校内限定でした。

    140 :鬼女の秘密 2019/11/22(金) 19:47:43 ID:WMQ
    今になっては笑い話だが、当時小学生だった俺にとっては修羅場だったこと。

    GWに田舎の祖父の家に遊びに行ったとき、ばあちゃんに買い物を頼まれた。
    子供の足で片道30分ほどかかる商店だが、田圃や草むら、ため池など普段見れない景色を楽しめるため喜んで引き受けた。

    五分ほど歩いたとき、水の張られている田圃を通りかかると、アオサギがいた。
    普段見慣れない大きな鳥で、驚いてじっと見ると、何かおかしい。
    よく見てみれば、力なくだらりと下がる、大きさからしてウシガエルの足が、くちばしから垂れていて、いっさい微動だにせず一点を見つめていた。
    さらに驚いたが、こちらを警戒しているのかと思い、商店へ。

    お店の人と会話して、買い物を済ませてから帰ってくると、まだ、いた。しかも先程と同様微動だにしない。

    続きます

    116 :鬼女の秘密 2017/03/15(水) 21:42:56 ID:SoH
    衝撃的スレかどっちに書こうか迷ったけど理不尽冷め&グロ注意
    俺 禁煙者 外では吸わないけど家と車ではよく吸う
    相手 かわいい 匂い酔いしやすい

    好きな子は新車の臭いやタクシーの臭いが苦手。俺はよくわからんけどクレヨン系のなんとも言えない臭いがして長時間乗れないらしい
    ある日仕事でその子が俺の車にのることに
    悪いから自分の車で行きますだなんだ言ってたけど行き先が一緒だし、向こうでまた合流するのが面倒だったもんで
    「気がきく子だなー」と思いながらも俺の車に案内してその子が乗ろうとした瞬間盛大に吐いた
    マジでマーライオンみたいに綺麗に吐いた
    タバコ臭が染み込んだ車内がその子の嫌いなクレヨン系の臭いを何百倍濃縮したような香りで充満してたらしい。

    951 :鬼女の秘密 2019/11/23(土) 00:05:02 ID:OW.ud.L1
    それまでずっと父だと思ってた人が実は叔父だった

    ずっと父子家庭で育ってきて結婚式の間際になったある日、旦那と一緒に父からいきなり告げられた
    私は本当は父の弟の子供で、実父と母は一緒の交通事故で亡くなったらしい
    毎年命日にお参りに行ってた母のお墓に実父も一緒に入ってた
    実父と母は駆け落ちみたいにして結婚したから母の実家からはもういない扱いになってて引き取りは嫌がられて、
    父の両親もそのとき既に亡くなってたから父が引き取ってくれたんだって
    「いつ言おうか迷ってるうちにこんな遅くなってしまった。ごめんなさい」って謝られたけど旦那は泣いてたし、
    私も授業参観や運動会には必ず来てくれて、出世も自分の結婚の機会も蹴って私を育ててくれた父には感謝しかない
    ただ最後の「あの時お前の親類の態度に腹がたったのと、実はお前のお母さんすごく俺のタイプだったもんだからつい俺が引き取るって言ってしまった」というのはちょっと聞きたくなかったかもしれない
    ちなみに私の結婚後父はいそいそとプレステ4とニンテンドースイッチを買ってきて、テーブルに旅行ツアーのパンフレットを広げてどこへ遊びに行こうかとうなっていた

    960 :鬼女の秘密 2019/11/23(土) 23:44:58 ID:4T.9r.L1
    友達から久しぶりに連絡があって、「遊びにおいでよ!」と言う。
    「いいねえ、場所は○○だっけ」と言うと
    「引っ越したの。今は××。詳しいことは会った時に話す」
    ということで、ケーキ持って新居にうかがった。
    友達はテキパキシャキシャキした性.格の美人で、
    ぐったりのんべんだらりの私と正反対。
    数年前に結婚して、旦那さんの希望で専業主婦になって、
    そういう性.格だから家の中もピッカピカで、料理も上手。

    ××にある新居は、中古だけどしっかりしたつくりのマンション。
    ○○に住んでいたころは一戸建てだけど借家だったから、
    マイホームを買ったのね、お披露目ってわけねと思った。

    友達が「待ってたよー!見て見て夢のマイホーム!」と部屋を案内してくれた。
    寝室まで見せてくれたんだけど、
    高級ホテルの部屋みたいに機能的で清潔な寝室に、ベッドが一つしかない。
    「あれ、旦那さんとは寝室は別なの?」と訊いてみると、
    友達はこともなげに、
    「あー、別れた別れた。それでふんだくった慰謝料で買ったのがここ」
    「はいっ!?」
    続きます。

    このページのトップヘ