衝撃的

    817 :鬼女の秘密 2012/04/05(木) 19:19:43 ID:pbvWMVoq
    もうだいぶ前の話。当時自分20代毒男、実家住まいで農家やってた
    ある日野菜泥棒捕まえた。相手は近くに引っ越してきたおばはん。
    量もたいしたことないし子持ちだし魔が指したってことで小一時間説教して通報はせずに解放。
    一応こんなことがあったよと交番に相談だけはしておいた。

    その翌々日、深夜に車の止まる音やら納屋でガタガタ音がするので見に行く。
    怪しい人影を発見、誰何したところで意識ブラックアウト
    気付いたら包帯ぐるぐるで病院。3日ほど空白の時間あり。

    怪しい人影は先日捕まえた泥。意識が飛んだのは泥夫が後ろから角棒で私の後頭部を強打した為。
    泥が先日の説教中に農機用の燃料を農協が入れに来たのを目撃。
    「あそこからガソリン抜けばお得!」とかトチ狂ったことを思って盗みに来たらしい。
    もちろんガソリンではなくディーゼル用の軽油です本当にありがとうございました。

    これから空白の間の話、記憶に無く全部伝聞。
    後頭部強打された私は逆に泥夫をフルボッコ。ここで泥夫の悲鳴で他の家族気付く。
    泥は夫が私に杀殳されると思って、持参した包丁で私を刺す。私目標変更して泥フルボッコ。
    暫くして家族到着。止めに入る親父のアバラをへし折る。兄を間接極めて拘/束する。
    ここまでやってから意識不明でぶっ倒れて救急車で病院へ。
    兄いわく、納屋が血の池+泥のお漏らし+血まみれで暴れる110㌔で地獄絵図だったそうです。

    当事者双方重症で入院の為、中々話が進みませんでしたが、結果泥夫婦はそろって塀の中へ。子供は施設へ。
    前科あり+悪質だったので即座に実刑でした。持参した荷物に包丁とかライターとか怖すぎだろ。
    強杀殳未遂に放火未遂まで付けてもらって多分未だに服役中。
    逆にこちらは正当防衛とのことでお咎め梨。相手の前歯全部なくなっちゃったけど問題なかった。

    私は切りつけられたとこが悪くて障/害残っちゃいました。
    それとあだ名が暫くハート様になりました。

    教訓:泥を見つけたらまず警察呼びましょう。自分で捕まえようと思うと痛い目を見ます

    納屋取り壊して倉庫建てるので厄落としにカキコ

    938 :鬼女の秘密 2015/07/06(月) 12:34:17 ID:x9s0G0XE0.net
    昨日の夜彼の部屋にアポなしでお土産届けに行ったら鍵閉まってた。
    合鍵で鍵あけて部屋入ったら彼が部屋で知らない若い娘二人と3Pセ○クスしてた。
    ワンルームだから玄関からベッドの様子丸わかり。隠す暇なかったね。

    部屋飛び出して自宅に急いで帰った。未だに連絡無し。嘔吐が止まらない。涙も止まらない。
    今まで遅刻も早退も欠勤もした事無かったのに、こんな事で記録が途絶えるとは。

    289 :鬼女の秘密 2019/11/01(金) 08:45:14
    内向的な女の子(男の子に対してすぐビクビクする系)と社交的な男の子のカップルだと思ってた小5の時のクラスメイトは
    男の子が無理矢理致してそれネタに女の子縛り付けてる状態だったって成人式の時にカミングアウトされたわ

    454 :鬼女の秘密 2019/11/05(火) 00:53:55 ID:JO8
    誰かいるかな。初めて書き込むから、少し変でも見逃してね。
    まだ入籍してないから既女ではないけど、近々そうなるのでその彼との話を。

    彼を初めて職場で見た瞬間にビビっときた。「あっ、私この人が好き。この人と結婚する」って。運命って本当にあるんだって思ったよ。
    でもその当時彼にはすでに婚約者が居た。当たり前だけど、少しして彼は入籍してしまった。

    入籍した以上諦めるしかないのかな、と思っていたところで、少しした頃から彼がカリカリするようになってきた。
    もともと温厚で明るく、人に好かれる体質の人だから周囲の同僚たちからは「どうしたんだろう」と心配されていたけれど、次第に「入籍してからだよね」という話になっていった。
    ずる賢い私は「チャンスだ」と思った。

    もともと彼とは趣味が合うことで親しくなっていた。食の趣味からオタク趣味まで、本当に話が合うからそういうところもすごく理想的だった。
    だから食事に誘った。「最近元気無いけどどうしたの?ご飯でも食べに行こうよ」って。
    相談に乗るフリして。

    540 :鬼女の秘密 2016/11/10(木) 23:44:04 0.net
    相談です。初心者なので、誤り等ありましたらご指摘いただけると幸いです。フェイクあり。長いです、すみません。

    兄が結婚相手を連れてきたのですが、不愉快に思うことばかりです。個人的に付き合いたくないのですが、どのようなスタンスを取ると良いと思いますか?

    一人暮らし歴15年の兄が同棲したいと言い出し、浮いた話がなかったので喜んでいました。

    彼女が挨拶に来た時、以下の条件を出して来ました。(相手はひとりっ子、バツイチ小梨です)

    ・実家の近くから離れたくない
    ・離婚理由は話したくない

    両親は自営業なので、兄が跡取りと思っていました。なので1つ目の条件はかなり驚いたそうです。同居でなくても、気持ち的には沿ってほしいという考えがあったようで。離婚理由を言いたくない、というのには納得出来ませんでしたが、言いたくないの一点張りでした。
    そういう相手を選んだのは兄ですけどね…。話し方も一方的で、その時点で不信感があったようです。

    その後「彼女が妹に会いたいと言っている」とのことで、3人で会いました。
    初対面で姉気取り&独演会でしたw
    あいづちを挟む間もなく…それ以外では、なぜか私のプライベートを聞きたがりました。

    ・派遣から正社員になれる→詳しく聞くとパート社員。見栄?それとも分かってない?
    ・和食が得意と言うので、オススメのレシピを聞く→「チンジャオロースとか~」。家庭料理かもしれないけど、和食じゃないだろう…
    ・さっき話してたことと言うことが変わる。
    ・親が反対している相手と結婚しちゃだめ!〇〇の職業は性.格悪いからだめ!と私の相手にダメ出し。どちらでもないんですけどw
    ・マナーがよくない…肘をつく、スープが冷めるまで待って飲む、声が大きいetc.恥ずかしかったです。
    ・「どこか遊びに行きたいのに連れて行ってくれない」と文句→地元ならお店詳しいですよね?誘ってみたらいいですよ~!と行ったら「そういうことじゃ…」とふくれっ面。

    906 :鬼女の秘密 2017/10/12(木) 14:29:09 ID:raw
    高校の時のクラスメイトの話
    見た目は優等生でイケメンスポーツマンなんだけど中身がサイコパスの虚言癖
    私はバカでとろいのに、昔から記憶力だけすごくよかった
    多分私が単純バカだから扱いやすくて好かれてたんだけど
    いつの日からか彼の話に矛盾が多すぎることに気づいた
    本人も覚えていないような些細なことが、私にとっては昨日のことのように思い出せてしまう
    嘘自体は本当に小さいことで、家の車のブランドだとか兄弟の学校とかなんだけど
    本当にいつも連れ回されていたので、この人はなんだかいつも違うことを言うなぁとぼんやり思っていた

    毎日一緒に帰ってたんだけどある日「ねえ、前違うこと言ってたきがする。今日の話とどっちが本当?」と聞いてしまった
    その瞬間みるみる顔が青ざめ、「違う!違う!ごめん!!」と急にうろたえて謝ってきた
    私も何が何だかわからず「どういうこと?何が違うの?」と聞いてしまった
    その瞬間うるせぇ!!!と急に本気で怒られ肩を掴まれ揺さぶられ、今日のことは誰にもいうなよと脅された
    高校生とはいえ異性.の本気の怒号にびっくりして、怖くて走って逃げ帰った

    次の日から私、クラスで総スカン
    なんで?と思うけど 誰も相手にしてくれない
    そしたらクラスで親が893とか魔薬やってるとか言われて割と浮いてたハーフの女の子(ダレノガレに似てるから以下ノガレ)がいたんだけど
    その子が休み時間に近づいてきて
    「余計なお世話かもしれないけど、例の男子があんたの悪口散々言ってたよ。でもあたしは絶対ぜんぶ嘘だと思う」みたいなこと言われた
    どうしてそんなこと言うんだ?と本人に聞こうにも電話もメールもブロックされていた

    だんだんノガレと一緒に帰ったりご飯を食べる仲になったのだが
    ノガレ実際はクソ真面目で医学部目指してた
    家も行ったけど893どころかお嬢様で、単に嘘の噂で浮いてたことが判明
    ノガレ曰く、入学当初から興味ないのに例の男がしつこく言い寄ってきて
    はっきり断ったら次の日からクラスでハブられてたらしい
    その時復讐するんじゃなくて別の方法で絶対見返してやると思って勉強始めたそうな
    例の男に嫌われると先生にも嫌われるから学校の推薦は諦めたこと、でも一般受験は学校の評価全く関係ないからそっちで頑張ろうと思ったことを伝えられた
    この人カコイイ!と思い私も影響されて良い大学に入ろうと決意
    その後の学校生活は新しい友達はできなかったけどノガレのおかげでめちゃくちゃ楽しかったし
    まぁそんなこともあったよねって感じだった

    280 :鬼女の秘密 2018/10/17(水) 15:21:42 ID:6TssmVG2.net
    母が藁人形を作って燃やしていたこと

    当時大学の部活の人からス㋣ーカーをされて、部員は動いてくれないし学生課?に相談しても様子見で色々参っているときだった
    ベランダにフライパンが置いてあったから、なんでここに置いてるの?と聞いたら、藁人形を燃やしたと。
    警察に取り合ってもらえる段階じゃないし、大学に相談してもどうにもならないのでそういう手段に出たらしい
    そんなことしたら母さんも呪われるよって言ったら、私に危険がなくなるなら自分はどうなってもいいと言われた。
    私にとっては大好きな母なのでどうでもよくないし、母に何かあるたびあの時の報いなのかと身構える
    やっちゃいけないことには違いないけど、それをやる位心配させてたと思うと申し訳なくなる
    普段ほとんど神様とか信じないけど、たまに思い出してはどうか見逃してと祈らずにはいられない。

    505 :鬼女の秘密 2016/03/18(金) 21:14:18 ID:SOB
    ひと区切りがついたので、ちょっと吐き出し。
    舅と姑のこと。

    夫の両親に初めて会った時は、どちらかというと男尊女卑的な夫婦関係の私の両親とは
    全く違う雰囲気の、仲睦まじく対等な夫婦関係のカップルで、理想的だなと思った。
    舅が2歳下の姑に猛アタックして射止めた恋愛結婚だと聞いて
    ますます良いな、私たちもこうなりたいなと思った。

    ところが、両家の打ち合わせなどの段取りを決めるために何度目かに訪問した時
    舅から衝撃的なことを聞かされた。

    ・夫は舅の子ではなく、姑が不倫して妊娠した、いわゆる托卵の子であること
    ・舅は姑を許し、夫を我が子として育ててきた。愛情に変わりなくこれからもそのつもりであること。
    ・こういう経過から、夫側は両家の親族とは疎遠で参列者も少なくなることをご容赦願いたい

    というものだった。文に書くと立派な舅だけど、この時、実は夫も初耳で
    大きくショックを受け、式の延期を考えるくらい落ち込んでいた。
    普通は、夫婦にいきなりじゃなくまず実子に話すものだと思うけどね。
    そういうこともあって、特に疎遠にしたわけではないけど、
    私たちと義実家とは精神的な壁ができてしまった。

    結婚1年余り後、私が妊娠中に姑が急病で入院。夫が義実家に通った。
    ずっと後になって、自杀殳未遂だったと知らされた。
    妊婦に負担をかけるな、と義伯母(姑の姉)から口止めされていたらしい。

    その後、何も知らなかった私が訪問した時には、また仲睦まじい夫婦になっていた。
    私たちや子供達のことも、折節の訪問とか贈答はあったけれど、基本的にふたりの人生を
    楽しんでいるようで、ほどよく不干渉な感じだった。

    それから10年余り経ち、舅に進行ガンが見つかった。
    手術に抗がん剤、放射線といろいろな治療をして、舅は入退院を繰り返した。
    その間、姑はつきっきりだった。
    私たちが見舞うと、姑は舅を気遣い「お父さんはこんなところで終わってはいけない」と
    必タヒで世話していた。舅がいない時に舅の苦しみを慮って泣いていたこともあった。
    舅も、姑がいないところでも姑への感謝の言葉がくり返し出てきて、
    「母さんと一緒にどこそこに行きたい、もっとふたりの人生を楽しむんだ」と言っていた。

    しかし、甲斐無く舅は70前で亡くなった。姑は「どうして」とくり返し泣きはらしていた。
    余りにも落ち込みがひどいので、極端に言えば後追いも心配され、一人にしておけないと
    いうことになった。でも唯一の実子世帯の私たちは、子供が難しい年頃で
    姑が落ち着ける場所もなかったので、大きな姑実家を継いでいる義伯母のところに引き取られた。
    しかし、そこも居心地があまり良くなかったのと、
    まだ60代なのに軽い認知症の気配もしてきたため、
    姑自身の希望で、舅の遺産と義実家を処分したお金で、今後介護が必要になっても対応できる
    遠方の上等な有料老人ホームに入ることが決まった。
    無事に引越しが終わったのが先日。

    438 :鬼女の秘密 2018/12/02(日) 22:03:08 ID:SnC
    29歳、会社員。今日の修羅場。
    4年付き合った5歳年下の彼女がいる。
    知り合った頃、俺は派遣社員で彼女はその派遣先でバイトしてた。
    それで知り合ったんだが、結婚を意識するようになってから
    やっぱり派遣じゃ向こうの親にも信用がないんじゃないかと思い、
    ちゃんと社員になってから挨拶に行こうと思い、就活して2年前に正社員になった。
    誰もが知ってる大きな会社じゃないけど安定企業だ。
    彼女には、ちゃんと正社員になって仕事にも慣れてきたらご両親に挨拶に行きたいと言ってあった。
    嬉しそうに応援してくれていた。
    先日、仕事にも慣れてきてちゃんとボーナスも貰えるようになったから
    来年早々にも挨拶して、春には結婚しようって言った。
    涙を流して喜んでくれてたんだ。
    なのに、今日大事な話があるって呼び出されて行ったら、隣に男がいた。兄貴だそうだ。
    で、促されるままに喫茶店に入って聞かされたこと。
    彼女、バツイチで子供がふたりいるんだってさ。
    16と18の時に男の子を産んだんだって。
    知り合った時は離婚した直後だったそうだ。
    それ聞いて、最初はビックリし過ぎて何も言葉が出なかった。
    少し沈黙が続いてようやく「そんな大事なこと何故隠してたんだよ」って聞いたら
    「だって聞かれなかったし」って言われたけど、知り合った時はまだ20歳で
    まさか子供がいるとは全然思わなかったし。
    でもさ、4年付き合ってて聞かれなかったから言わないってずるくないか?
    いくらでも言うチャンスあったんじゃないか?
    そう聞いたら、横にいた兄貴が急に凄みだして「おまえもDTじゃないんだから
    子を産んだ女かどうか抱いたらわかるだろうが」って言われたけど
    自慢じゃないが俺、彼女が初めてだったしその後も彼女しか知らないし
    そんなのわかんないよ。
    何度も彼女のアパート泊まったけど、子供の写真一枚見たことないし
    それらしいものも何もない、普通の女の子の一人暮らしふうだったし。
    更に「今更結婚は無しなんて言わんだろうなぁ?」とか睨まれたわ。
    彼女の方は「嫌いにならないで!俺君と結婚したい!」とか涙目で言われたけど無理だわ。
    「ごめん、裏切られた気持ちで一杯で結婚とかもう考えられないよ」って言ったら
    兄貴が拳を俺の目の前に突き出してきて、そう言うのも無理だった。
    「殴って気が済むなら殴ってくれ。でも結婚はない」って言った。
    彼女泣きながら店を出て、兄貴も追いかけて行った。
    3人分のコーヒー代は手切れ金だと思って払ってきた。

    終わったわー。彼女との結婚を目標に頑張ったこの2年は何だったんだろう。
    正社員になれたと言うことを前向きに捉えるしかないのかな。
    明日、クリスマスに予約していたホテルとディナーをキャンセルしないと。

    918 :鬼女の秘密 2009/03/17(火) 19:16:08 ID:wuRGlB3v
    ちょっと文章下手なんで読みづらいかもしれないけど、聞いてくれ。

    この前、狭い道の道路のド真ん中でハザードつけてる車がいた。
    車が動かなくなったのかな?と思って、降りてその車の運転手にどうかしましたか?って聞いてみた。
    そしたらその車の運転手はおばさんだったんだけど、どうやら息子の迎えで今、息子を待ってるとのこと。
    とりあえず自分も通りたいし、ここだと対向車も通れないと思ったのでどいてくれるよう頼んだ。

    私「真ん中なんでもうちょっと左によってくれませんか?」
    バ「これ以上左寄ったら溝に落ちちゃうわよー無理やり通ってちょうだいよ」

    というかあきらかに全然左に寄れるほどの幅はある。ド真ん中だから

    私「じゃあ私がもうちょっと左にどかすんで車貸してください」
    バ「嫌よ!もし事故ったらどう責任とるつもり!?」
    私「じゃあ前に行って下さい。ここは車も通るし、これじゃ対向車も通れないですよ」
    バ「前に行ってる間に息子が着たら迷うじゃないの!!」

    と全然話にならない。こいつは自分がこの状況だったら迷惑じゃないのか・・と思ってたら、後ろで詰まってる車の運転手のお兄さんも降りてきた。
    で、状況を説明し、そのお兄さんと一緒におばさんに抗議したら、おばさん切れてドアロックかけて閉じこもってしまった
    「は?」って思って窓たたいても携帯いじって聞く耳持たない。
    さすがに警察にでも電話しようかと思った瞬間に息子が来てさっさと帰ってしまった、謝りもなしに。
    自分とお兄さんはただボーゼンとそのおばさんが車で去ってく姿を見てた
    いろんな意味で衝撃的だった。世の中にはこんな人もいるんだ・・と。






    このページのトップヘ