相続まとめちゃんねる

遺産・相続・離婚・親権・探偵・争続まとめ

    責任者

    935 :鬼女の秘密 2013/02/11(月) 00:54:42 ID:oCvI7ZFP
    今日某バーガー店に行って注文した後に席とって待ってたら商品きたから
    トイレに手を洗いに行ったら二個頼んだバーガー一つとポテトがきえている・・・

    あれ?と思って店員に聞きに行って店員と戻ってきたら
    なぜか食べ終わったバーガーやらの包み紙がある。
    店員A:「いや、ご自分でお食べになったんじゃ?」
    俺:「いやいや、だったらせめて捨てていくでしょ!」
    何か近くに居た子連れ:「その人食べてましたよ!」
    俺:「いや、トイレ行ってる間になくなってたんだけど・・・カメラで確認できないの?」
    子連れ:「プライバシーの侵害だからだめよ!」
    (何いってんだこの子連れ関係ねぇだろ・・・)
    店員:「基本的に・・・」とか始まる
    俺:「いや、とりあえず君バイトでしょ、悪いんだけど責任者よんでくれるかな?」
    店員:「はぁ・・・」的なやりとり。
    責任者に説明して確認してくださいって確認して貰ったら案の定子連れがくってやがって笑った

    25 :鬼女の秘密 2019/08/18(日) 11:02:53 ID:MD.ws.L1
    「接客中ではない店員の私語くらいいいでしょ」みたいなまとめを見て思い出した話

    友人と出かけた際、時間が微妙だったので少し早めにランチしようかと、中華料理のチェーン店に11時過ぎに入った。開店とほぼ同時かな?くらい。
    店内には私達しかいなくて、日替わりランチみたいなものはないから、メニューもらって悩んでたら続けてお客さんが三組入ってきた。店内はわりと広いから配置はバラバラ。
    店内の給仕は女の子が五人くらいいた。

    3分くらいで、後から入ってきたグループがオーダーを決めたのか店員に「すみません」と声をかけた。が、店員は聞こえてないのか、厨房の前に五人で固まって何かしゃべってる。
    接客しろよと思いながら、私達もオーダー決めたから店員に「オーダーお願いします」と呼んだ。が、無視。
    私、意識的に大きめな声で呼んだんだけど、私語で盛り上がってて無視。
    他のお客さん達も何回も呼んでるけど、誰も反応しない。テーブルには店員を呼ぶベルもないから、声をかけるしかない。
    が、5分くらい、客がグループごとにタイミング見ながら呼んでも私語をしてる。

    イライラしてきて、何気なく近くの席のお客さんを見たらカップルだったけど、彼氏さんがかなり怒ってる感じがした。
    で、黙って厨房前の店員を見ながら「行きます?」みたいな合図をしたら、彼氏さんが頷いたから私が立ち上がった。他のお客さんグループからも一人ずつ、代表みたいに立ち上がるw
    私、彼氏さん、おばさん、お姉さんという構成。

    まず私が女の子店員に近づいて「さっきからみんなが呼んでるんですけど。オーダーしたいの」と声をかけた。
    「え?あ、はい」と悪びれない態度に、彼氏さんは黙って入り口へ。少し隔離された作りの会計スペースに男性.店員がいたから、そっちに話しに行った。
    おばさんとお姉さんと私は、「客がいること、オーダーがまだなこと、わかってるでしょ?」「なんで店内の様子を見ないで店員同士でしゃべってるの?」「呼んでるのに来ないなら、あなた達のとこまでオーダーしに来いってこと?」と聞いた。
    女の子店員達がおろおろし出したところに、彼氏さんに連れられて男性.店員が来た。責任者だったらしく、私達に謝り、女の子店員達を叱りつけた。

    私も友人ももういいやって気持ちになってて、「私達はもういい。帰る。お水の代金はいくらですか?」と聞いた。
    そしたらおばさんとお姉さんも連れの方々に「ねえ、もうここで食べる気しないでしょ?出ましょ」と言って皆さんが立ち上がる。
    彼氏さんも彼女さんに「出よう。別の店行こう」と声をかけた。
    男性.店員が「すぐにご注文をお伺いしますので」と焦ってたけど、全員拒否。お水はサービスだったから(わかってはいた)四グループが連れ立って退店。
    出る時に皆が「店員教育してるの?」「研修くらいしたら?」「客を無視する店員しかいないの?」「客の注文取るより私語優先できるなんて、素敵なお店ね」と吐き捨てていた。

    入り口付近に、中の様子を窺ってる人達がいた。入るかどうか迷ってたみたいだけど、捨て台詞が聞こえたらしく「やめよ、客を無視する店みたい」と帰って行った。

    何故、客がいるのに私語に夢中になれるのかわからない。

    このページのトップヘ