資格

    708 :鬼女の秘密 2020/01/16(木) 11:54:19 ID:TP6
    私はある会社の役職についていた。
    ある日上司から呼ばれ、不景気で業務を多少縮小することになったので
    私が担当している部署のフルタイムパートの中から2人、リストラ候補を選んでくれと言われた。
    まぁ言葉はもっと遠回しで柔らかかったけど。
    その日から胃が痛くて痛くて。
    20代後半から40代後半まで、色んな年代の人が10人ほどいたが
    自分が40代なこともあって、再就職が難しい40代の人はなるべく避けてあげたい。
    子供の大学進学費用やマイホームのローンの返済などを背負ってる人も多いし。
    20代の子も、シングルマザーで頑張ってる人は残してあげたい。
    色んなことを考えると本当に胃が痛くなって、500円玉禿げも出来てしまった。
    悩んでいたら上司から「あと一週間以内に決めて」と急かされるし。
    とにかく私には荷が重かった。重かったけどやらなければならない。
    一人は割と早いうちに決まってた。
    Aさんと言うまだ20代の既婚女性.なんだけど、
    ずっと体調悪いみたいで休みがちだったし、出社してきても休憩室で休んでることも度々あって
    たぶん本人も納得してくれるだろうと思った。
    実際話をしたときも、自ら「いい機会だから体調を戻すことに専念します」って言って
    私の立場を慮ってくれたりもして。
    問題はもう一人を誰にするかだった。
    能力はみんな大差ない。色々考えた挙句、決めたのはBさんって人。
    Bさんは30代半ばの選択子梨(本人申告)で、Bさんがやってる仕事では必要ないが
    ある資格を持ってる人なので、他の人に比べて再就職の道はあるだろうと思った。
    又Bさんは自身のご両親と同居しているので、たちまち生活に困ることは無いだろうと言うのも理由のひとつ。
    もちろん実際どうなのかは分からないが、そういうところで判断していくしかなかったと思っている。
    Bさんに告げた時、理由も聞いてこず、ただ刺すような視線を寄越して一言も話さず部屋を出ていった。
    覚悟はしていたけど、その視線が心に突き刺さって入社以来これほどしんどかったことはない。
    ふたりに告げて、それから退職日の調整をすることになってたんだが
    ふたりとも翌日から出社してこなかった。
    まぁ本人たちからすれば、その気持ちは分からなくもない。

    188 :鬼女の秘密 2020/02/25(火) 22:21:14 ID:MuQ
    私は二級建築士の資格を持っていて、とある住宅メーカーに勤務している。
    最近は女性.の有資格者も多くて、戸建マイホームを建てる時
    女同士の方が相談しやすいと言って下さる奥様も多く、やりがいを感じている。
    うちの場合、最初はアドバイザーが対応してお客様の予算や希望を詳細に聞き
    それから私たち建築士が希望をもとに設計し、その図面を見ながらお客様と色々詰めていくわけだが
    同僚の女性.建築士が事情があって休職することが突然決まり、その人が対応していた客(Aとします)を
    私が引き継ぐことになった。
    バスやトイレ等を決めるショールームの案内から引き継ぐことになったんだが、
    とにかく急な話だったのと、その日の日程は既に決まっていたから
    前日に電話して急に担当が変わったことを告げて、お詫びと簡単な挨拶をし
    明日の予定確認と共に「精一杯勤めさせていただきます」「こちらこそよろしくお願いします」
    と言うような会話を奥様との間で済ませてあった。
    そして当日ショールームで待っていたら、やってきた夫婦の旦那さんの方が元彼だった。
    養子に入ったらしくて名前を見ても気が付かなかったんだ。
    いい別れ方をしなかった相手なので、気付いた時に内心「うわ・・・」と思ったものの表情に出さないように気を引き締めたが
    元彼の方が「おまえ・・・」って呟いて、気付いた奥様が「知り合い?」って聞いてたけど
    明らかにただの知り合いじゃないだろうってのは分かってるふうだった。
    ただの知り合いなら「おまえ」なんて言わないだろうしね。
    元彼が黙ってたので「建築専門学校で同じクラスだったんですよ」って言ったら、
    「え!そんな学校行ってたの!?知らなかった!」ってなって、なんかヤバいこと言っちゃったかなって焦った。
    その後ショールームを回ったんだが、なんかギクシャクして
    って言うのも、前任者から明るくておしゃべり好きの奥さんって言われてたのに
    奥さん全然しゃべんなくて、説明しても「ふーん」って感じで。
    後日、何がどうなったのか上司に呼ばれて、担当交代だってさ。
    「なにやらかしたの?」って聞かれたので、もう正直に話した。
    「何もしてないんですけど、お客さんの旦那さんの方が元彼だったんです。
    奥さまには学校で同じクラスだったって事しか言ってないんですが、まぁ雰囲気で察したような感じですね」って。
    上司も気さくな人なので「そっかー、世の中狭いねぇ。ま、面倒臭いから変わって貰った方が君も楽でしょ」って言われた。確かにw

    元彼とは建築専門学校で付き合ってて、お互い合格したら結婚しようって言い合ってた。
    でも私だけが合格した時、「おめでとう」とすら言ってもらえず
    その日から電話もメールも着拒されてしまったんだ。しかも別れ話も友人経由。
    私、立ち直るのに結構時間がかかったんだよなー。
    今思えば、なんでこんな男の為にクヨクヨしてたんだと思う。
    今となっては、去って行ってくれてありがとうと思うけど。

    285 :鬼女の秘密 2017/07/27(木) 07:48:54 ID:oFP
    大学時代から付き合っていた彼氏と、お互い就職して一年経った頃に結婚しようって話になった。
    それで彼の実家にご挨拶に行ったとき、母親がニコニコして玄関に現れたのに私を一目見てからは急に静かになった。
    父親は単身赴任中で、妹さんは合宿か何かで留守だった。
    彼が一生懸命場を和まそうとしてくれたけど母親はほぼ無反応で、なんか私、嫁候補としてはNGらしいなと感じた。
    帰り道で彼に「なんか私、嫌われたっぽいね。なんか拙いことしちゃったかな」って言ったら
    彼が「そんなことないと思うけど、今晩聞いとく」って言われて、お茶したあと別れた。
    翌日、その母親から電話があって(あとから知ったけど、私の番号は彼から聞いたわけではなくこっそり彼の携帯の電話帳から仕入れたらしい)
    最寄りの駅まで来てるので出てきてほしいと言われて出向いたら、結婚はあきらめてほしいと言われた。
    何故か理由を聞いたら「私の人間性.を否定してるわけではないので、そこは分かってほしい」と言いつつ「背が低いお嬢さんはちょっと」って。
    私、身長153cmでチビではあるけど、それが結婚の障/害になるなんて晴天の霹靂とはまさにこのこと。
    ちなみにその母親も私と同じぐらいの身長で、彼は175cmぐらい。
    で、母親の説明によると、父親は160cmぐらいで妹さんは150cmに少し足りないぐらいなんだって。
    双方の祖父母さんたちも曾祖父母さんたちも皆、低身長だったそうだ。
    「父方も母方も親戚は低身長な人ばかりで、そんな中でやっと170㎝越え(彼)が生まれて
    低身長の遺伝をなんとかしたいと常々夫婦で話してた」そうで、息子の嫁には170cmぐらいある女性.を望んでたらしい。
    そんなこと言われて「そうですか、じゃあ結婚止めます」とは思えず「それなら彼にそういう女性.と付き合うように
    小さいころから言い含めておけばよかったじゃないですか。ここまで来てそんな理由で断られても私の気持ちはどうなるんですか?」
    と反論したら、申し訳ない申し訳ないって謝ってきたけど「息子が女性.とお付き合いしてることを知らなかった」そうだ。
    就職後には一人暮らししてるとは言え、大学卒業するまで自宅通いだったし、そんなもん?
    その後、彼とご両親の大バトルがあった。父親も母親と同じ意見で、単身赴任先から戻ってきて彼を説得したらしい。
    妹さんだけが味方になってくれて「私が好きな人との結婚をそんな理由で断られたらタヒぬほど辛い」とまで言ってくれたらしいけど
    せめて160cmはないと無理って言い続けてたらしい。
    うちの両親も「そこまで反対される家庭に嫁がせるのは・・・」と不安がっていたら、
    俺の両親の許可なんか要らんって彼が言ってくれて「今後一切自分の家族とは接触させないから」と私の両親を説得してくれて結婚。
    結婚式は教会で私両親と彼妹と、互いの親友だけを呼んでひっそりしたものだった。
    結婚してもうすぐ10年、子供も男の子がふたり生まれたけどまだ身長が伸びるかどうかわからない。
    彼の実家には、彼の宣言通り一度も行っていない。彼の両親はいまだに私を嫁と認めてないようだし。
    思い出すと今でもちょっと面白かったのは、義妹が母親に言い放ったという「デカ林素子ぐらいじゃないと遺伝に勝てるか」と言う言葉。
    その義妹は165cmぐらいの男性.と結婚したが、やはり身長のことで反対されたらしく義父母とは疎遠気味。
    「それ以上大きな人だと首が疲れるのよ」って言ってた。

    このページのトップヘ