753 :鬼女の秘密 2015/11/17(火) 18:51:07 ID:uGN
    親に贔屓されていた妹は常々私のことを見下していた
    成績や顔を妹に毎日馬廘にされるのは辛かった
    最初は親のマネをしているだけだったと思うけど、成長してからは悪意が明確になってきたので妹のことは嫌い
    不愉快だったから家にいた頃も妹に自分から話しかけることは滅多になかったし、実家を出た後は必要最小限の接触に留めていた
    私が穏やかな夫と結婚して長女を産んだ後は、家族と仕事の両立が忙しくなって妹とはすっかり疎遠になった
    そもそも私が結婚してからは飛行機の距離になったので、少なくとも気軽に会えるようなことはなくなった
    法事で会っても顔を合わせるだけで会話すら交わさなかった
    妹の家族に関しては、10歳ぐらい年上の旦那さん、長女、次女、末っ子の男の子がいるという情報しか知らなかった
    ここまでが前提

    ほとんど会ったことのない祖母の葬式で5年ぶりぐらいに妹と再会
    そこで妹…ではなく末っ子の男の子(高校生)に話しかけられた
    当たり触りのない対応に留めていたが、向こうから押し切られる形で連絡先を交換した
    この件は妹に内密にするように念を押された

    320 :鬼女の秘密 2020/11/26(木) 20:46:38 ID:7IvK4rjr.net
    自分はリハビリ職で病院勤務してるんだけど担当の高校生の言葉遣いがびっくりするくらい悪いのと語彙力が低すぎて地味にストレス溜めてる

    入院患者自体が8割が中高年~高齢者なんだけど、そういう人達に対して基本的にタメ口だったりお前とか貴様とか言い出すし口癖が『は?』『しね』『ころす』『しんだー』とかばっかり
    見かけるとその都度注意して一時的に収まってもしばらくすると元通り
    高齢患者の方々は孫感覚でにこやかに笑って本人には言わずにリハビリ担当だからって自分にクレームが来る時も多々ある
    言葉遣いの部分なんて親がしつけてこなかった結果なのに何で自分が謝まったりフォローしたりしなきゃならないんだってリハビリ業務と関係の無いところで悩まされてて最近ストレスが溜まってる

    791 :鬼女の秘密 2012/01/30(月) 21:27:02 ID:RPS+cY/i
    俺、仕事の都合上手が物凄く汚いんだよね。
    風呂に入っても湯船で長時間ふやかしてからでないと汚れが落ちない。
    なので疲れている日はシャワーで済ませると、手が汚れたままなんだ。
    そういう時はコンビニ行くのがすごく憂鬱なんだよね。
    でも昼飯買わなけりゃいけないからコンビニ行くんだけど小銭は極力用意して行くんだ、
    お釣りがいらない様に。
    しかし、その日はたまたま財布の中の小銭がまったく無かったんだ。

    8 :鬼女の秘密 2018/09/20(木) 09:50:45 ID:2zU
    >>1乙です。
    誰か相談に乗って下さい。
    両親と兄のせいで兄嫁さんから恨まれるようになってしまいました。
    所々フェイク入れさせてもらうけど、先々月に兄が結婚したんです。
    結婚する事態は結構前から決まってて、両親が結婚のお祝いにって兄夫婦の家を建てる事になってその完成に合わせて入籍した形です。
    もちろん間取りや内装を決めたのは兄夫婦です。
    私はちょくちょく兄夫婦から「今こんな感じなんだよ~」と話を聞く程度でした。
    実の親を亡くしている兄嫁さんは「義理とはいえこんなに優しくしてくれるご両親に出会えて良かった。」と喜んでたんです。
    それが家が完成して兄夫婦が籍を入れた途端、両親と兄が「この家は娘(私)に渡すものだ。兄夫婦は実家で同居!」と言い出して。
    私はそんな話一度も聞いた事なかったから両親や兄に「どういう事?この家は兄達の家だって言ってたじゃん!」と言ったんですが、
    兄は「俺は長男なんだから実家がありゃそこに住むのが当たり前だろ!」と言い、両親を「そうだそうだ!」と腕を組んで頷いていました。
    当然兄嫁さんは大激怒。「こんな騙し討ち酷すぎる!家を奪われただけじゃなく相談の1つ無く同居を決められて、はいそうですかと言える馬廘がどこにいる!?」と泣いていましたが、
    「家を兄達に渡すなんてどっかの書類にでも書いてたか?」と兄と父に言われて呆気にとられたようになっていました。
    私も兄夫婦の家として建てられたはずの家に入るつもりも無く、「これは兄夫婦のものだから私が入るべきじゃないし、入るつもりもない!」と言いましたが、
    「わざわざお前の職場に近い所を選んだんだから遠慮しなくていい。家は財産になるし取っておきなさい。」とニコニコ顔で両親と兄が言うんです。
    兄嫁さんの意思なんて丸々無視なとことか、わざわざお前の職場の近くに~って事は初めから兄夫婦の家にするつもりはなかったの?とか、
    とにかく何もかもがめちゃくちゃ不気味で思わず私その場から逃げちゃって。
    そしたらそれが悪かったのか兄嫁さんから翌日留守電が入ってて、
    「どうせあんたもこの事を知ってたんでしょ。知ってて、私が喜んでる姿を影で笑ってたんでしょ。さぞ面白かったでしょうね。
    私は籍を入れて逃げられない。一生自分勝手なあんた達に振り回されて私はタヒんでいくんだ。」という内容が何件も入ってました。
    私はどうすればいいですか?
    兄嫁さんには留守電が怖すぎてまだ掛け直していません。
    なんとかしなきゃとは思うけど何からどうしていけばいいのか全然わからない。
    早くしなきゃ両親は本当に新居を私の名義に書き換えようとしてるし助けて。

    228 :鬼女の秘密 2013/01/09(水) 20:22:51 ID:0Jsn6gwH
    流れを読まずに。
    スーッとはしない気がするが聞いてほしい。
    …思い返すと自分の行動にイライラするけど。

    仕事帰りの夕方。駅に向かう途中。
    盲目らしい男忄生が白い杖で点字ブロックを辿りながら勢いよく歩いていた。
    俺は見えてないのに確りした足取りで凄いなとか思いながら眺めてた。
    そして、少し行ったところの信号。この時は赤になったばかりだった。
    この信号は音が鳴る仕様。点字ブロックも続いている。
    そこで急に男忄生の前に割り込んだ高校生らしい男子。当然、ぶつかる。
    男忄生が軽く謝罪し、男子もボソリと謝罪はしたようだった。
    しかし、俺はイラっとした。急に出てきて点字ブロックを塞ぐなよって。
    でも、男子の前を見てみると母親と小さな子供がいた。
    母親と手を繋いでるとはいえ、子供は点字ブロックに乗ってしまっていた。
    このまま男忄生が進んでいたら子供に勢いよくぶつかってしまっていたと思う。
    イラっとする行動だが、偶然にぶつかったのが男子でよかったと思った。

    1 :鬼女の秘密 2012/12/11(火) 18:41:35 ID:HaHEpuGQT
    彼女「(お腹を触りながら)三人だよ///」 彼氏「えっ?まさか?出来たのか?」 彼女「…うん///」
    店員「あの~何名様ですか?」 彼氏「三人です」 店員「お二人ですね」 彼氏彼女「」

    481 :鬼女の秘密 2020/07/22(水) 14:09:59
    トメが金にだらしない人で婚姻中にたかられていたこともあって
    旦那が亡くなったあと旧姓に戻し姻族関係終了届も提出して義実家にも告げてから実家に戻った
    最近コトメからトメが要介護になったから金出せって電話がかかってきた
    なんで私が金出すと思うのか分からん
    実家が店をやっていて電話番号知られているので
    着拒しても他の番号からかけてくる執念深さ
    その労力他に使って自分で稼げ

    278 :鬼女の秘密 2019/12/02(月) 16:37:14 ID:N6L
    彼は一人暮らし、私は実家住まい
    彼「こたつ出した?」
    私「うちは犬いるから毛だらけになっちゃうしこたつは出さないよ」
    彼「でもこたつは気持ちいいよ、買いに行こうよ」
    この会話で冷めて今どうやって別れようか考え中
    すごい些細な事だけど、なんか無理と思った

    401 :鬼女の秘密 2016/01/17(日) 01:38:35 ID:1GX
    ものすごく長い自分語りです。
    復讐スレと悩みましたが、最終的には神経わからん話だと思うのでこちらに。
    妊娠流産、犯罪の話があるので嫌な方は飛ばしてください。

    今から15年ほど前の話です。
    短大を卒業して新社会人になった時に一つ年下の大学生の彼氏ができました。
    ルックスがよくて歌もすごく上手くてバイトも忙しいのに毎日会ってくれる、二人きりになると甘えん坊になる、そのくせ女の影もまったくない彼に私は夢中でした。
    最初の数ヶ月はすごくうまくいってました。
    けれど実はバイトしてない、適当に大学通いながらパチプロやってる、大学も二年じゃなくて本当は二回目の一年生だったという嘘が後々起こる修羅場の始まりでした。
    今だったらふざけるなと言って即座に別れられますが、恋愛経験の少なかった私は「正直に言ってくれてありがとう、これからは嘘つかないでね(ハート)」となってしまいました。
    そんな私の言葉に安心したのか彼は私にもパチ〇コを強制(軍資金は彼持ち)、自分が負けても私が勝った分を全部持って行ってマイナス分を減らしたいのが目的でした。
    もう既にデートはパチ〇コ屋のみになってました。
    大音量のパチ〇コ屋は苦痛でしたが、パチ〇コ屋で彼が楽しそうにする顔を見ると何も言えません。
    避妊にも非協力的(恥ずかしながら私は一人暮らしで精一杯で値の張るピルを買う余裕がありませんでした)、彼の母親から家庭環境(母子家庭や実家は賃貸マンション)について色々言われてもまだ彼が好きでした。
    本当に馬廘としか言いようがない。
    付き合って一年が経とうとした頃、久々にパチ〇コで大勝ちして気を良くした彼が過去に犯した窃盗について語りだしました。
    パチ〇コ屋で財布を盗み、身分証からクレカの暗証番号は誕生日ビンゴ、20万引き出して遊んだ、と。
    しかし警察もバカじゃない、防犯カメラからあっさり身元が割れ、被害届が出されていたので裁判にかけられ、弁済プラスαで決着ついて…笑いながら言われました。
    それってあなたに前科があるってことだよね?と聞くと、「え?服役したわけじゃないから違うしwww」と返され、私もバカだけどコイツはもっとバカなんだとようやく目が醒めました。

    838 :鬼女の秘密 2020/06/30(火) 13:31:05 0.net
    茶碗蒸しを作ったら「料理上手ぶりたいのか!」と言われた
    トメにとって茶わん蒸しはスーパーで買う物らしい
    市販の白だし使ってるからスーパーのものと変わらないですよと言ったら
    「だったら買えばいいでしょ、嫌みなの?」とまた怒られた
    料理下手のこじらせババアは扱いづらいわ

    このページのトップヘ