衝撃的

    315 :鬼女の秘密 2008/11/06(木) 10:51:03 0
    長くてごめん。自分でやっちまった話なんだが。
    なんだか出来すぎなくらい不思議な縁で繋がっていた話で、
    事実は小説より奇なりを実感してしまったので、記念に書いてみる。

    ファミレスで、外国人の友達とメシ食ってた時のこと。
    通路挟んで隣の席に、姑さんと嫁さんらしき関係の女忄生2人と、
    2歳くらいの子供とスリング?スイング?入りの赤んぼが座った。
    2歳児はお子様用イスに座り、自分でどうにかメシを食っていた。
    嫁さんは、2歳児の世話をしながら、赤んぼにミルク。
    その間ばーさんは、ひとりガツガツとメシを食いながら、
    嫁さんの悪口、嫌味をてんこもり。しかも食いながら言うから
    クチャクチャうるせーし、口の中のものが丸見えで見苦しい。

    会話の内容から、ばーさんがカルチャースクールwへ行くのに
    足が欲しく、なおかつスクール仲間に孫を見せびらかしたく、
    旦那もおらず子供の面倒が大変だからと嫁さんが断ったのに
    ほぼ無理矢理連れてきたことが推測された。子供達のほうがひと段落して、
    やっと嫁さんがメシ食おうとしたら
    「冷めてまでゴハン食べようだなんて卑しい嫁」とか
    「私の時は自分の食事は返上してでも姑や子供達のために時間を作った」とか。
    反論しようとする嫁さん遮って、口答えするなんて!とののしり始め、
    嫁さんがメシ食うのを阻止。サンドイッチに冷めるも何もないだろうがwww
    しかも嫁さん、本当はたらこスパを食おうとしてたんだが、
    注文の時にばーさんが嫁さんのオーダー中にしゃしゃりでてきて
    食べやすいサンドイッチにしろ!と無理矢理オーダー変更していたw
    で、ばーさんは帰り支度を始めて2歳児をイスから下ろして帰ろうとした。
    赤んぼを抱き、涙目の嫁さんがあまりにもかわいそうだったため、
    友達と一芝居うつことにした。

    567 :鬼女の秘密 2012/02/19(日) 21:30:58 0
    俺現在32歳。この話をすると、大体年を疑われる修羅場w

    俺が5歳の頃に母が三つ子を妊娠。
    入院とか出産とかその後も入院とか、まあとにかく大変で俺の面倒
    見れないからと、小学校に上がる前の1年と上がっての1年計2年間
    母方のばあちゃん家の、超田舎に預けられて過ごした。
    そこで母の姉の子(従兄弟)2つ上と、従兄弟の友達・俺と同級生のA、
    Aの兄のBの4人でいつも仲良く遊んでた。
    忘れもしない秋の夕方、近所のうちの山の神社脇
    (といっても近所は全部山ww)で
    木の実取りに夢中になっていた。その日は絶好のポイント見つけられて
    競うように取ってた。しかし夕暮れが近くなって、ばあちゃんが
    呼びに来て、俺は従兄弟とすんなり帰宅したんだが、
    食い意地はってたAはB兄に促されるももうちょっと!
    と粘りついには切れたB兄に置いてけぼりにされた。

    そしたらA夕食の時間になっても戻らない。家族が捜しに出るも
    見つからず、うちにも話聞きに来てた。
    すぐ後に消防団やら自警団・警察の人が山狩りに出たが見つからなかった。
    しかし翌朝、Aは惨杀殳体で発見。
    なんと野豚に食い杀殳されていた。雑食の豚コエェ!ってなってそこから
    豚肉が食べれなくなった。さらにその犯人の豚が射杀殳されて解体された
    んだけど、消防団のおじちゃんが、供養に食えって肉もってきて
    それ皆普通に食ってたのが激しくトラウマ。
    Aくん食べた豚食べてるー!って錯乱したらしいwww

    あと小学校がボットン便所w年に1人は落ちてタヒんでた。
    しかも落ちてすぐタヒぬんじゃなくて、2週間後ぐらいにタヒぬのな。
    俺が入学したときも、トイレの注意ってすげぇされた。
    にも関わらず、一こ上の女子が落ちてタヒんでた。しかも引上げられて
    私タヒんじゃう~!って号泣。あの声は一生忘れられない。

    186 :鬼女の秘密 2010/10/02(土) 14:47:29 ID:nwCMMPdb
    以前の話だけど、夜近所のマンション付近にパトカーや救急車が止まって人だかりができてたから
    何かあったのかと思ったら、トレンチコート一枚で、以前から香ばしい噂の絶えない近所のAママがきーきーふじこりながら警官にひきずられて出てきたよ。

    どうやらそのマンションに住むBさん一家のB息子(高校3年の受験生)をロックオン。
    Bママさんに近づき仲良くなり、Bママさんに
    「息子さんの勉強のために、息子さんをひとりにさせてあげては??」と
    温泉宿泊券のチケットかなんかをあげて、家に息子さんひとりにさせてその後は(ry☆ミ

    をやらかそうとしたんだけど、結局B一家の都合で行けなくてまた今度ってことになり、
    合鍵作って侵入したら、Bさんとこのおじいさんと鉢合わせ。

    1 :鬼女の秘密 2015/07/07(火) 11:58:43 ID:wp3jrXHb0.net
    コンビニのATMで俺が9000円おろす

    同僚「なんでそんな半端な額なんですかー?一万円札にすればいいのに」
    俺「一万円札は店で使うと迷惑や面倒かけちゃうことあるから、常に千円札持つようにしてるんです」

    「気遣い素敵!付き合って!」と告られる

    この子チョロすぎないか…?

    298 :鬼女の秘密 2019/07/29(月) 18:51:13 ID:kY.xa.L1
    改名したから、記念で。改名後の名前はフェイク、もともとの名前はフェイクなしで。
    うちは父、母、私、弟の四人家族。
    特別貧乏でもお金持ちでもない、よくある家庭。
    ただ、私の名前が渚美里(なちゅり)、弟が海風(しょあ)であることだけがちょっと変だった。
    親はサーフィンとか海もそこまで大好きというわけでもなく、ギャルだったようにも見えない。
    唯一、強いて海と関わりあるといえば、父が湘南出身というだけ。
    あんなに地味な親が、ギャルみたいな名前センスだなとは思ったけど、親に聞いても「大事な名前なのよ」としか言われず。
    でも、大きくなってから、私達は養子だったと言われた。
    そのことももちろん衝撃だったけど、それ以上に私達の名前を父母がつけたんじゃないんだ!ということに衝撃&納得。
    私達の名前をつけたのは実親で、うちの親はそれを尊重したかったらしい。
    でも正直実親の記憶も全くなく、今の父母だけが親。
    一応実親に会いに行ったけど、全く尊敬できるような感じではなかったので、未練もなくなった。
    私はなっち、なっちゃんと呼ばれているから、そのあだ名になるような名前に改名。弟も由来は省くけど、改名。
    二人とも示し合わせてないけど、父母との関連も持たせた。
    関連と言っても、母が恵美子だから私は奈津美(美が同じ)、父が和樹だから弟は将大(父の樹と弟の大で大樹になる)みたいな一見わからないレベルだけど。
    私達もだけど、親も新しい名前を気に入ってくれてよかった。
    本当に普通の親としか思えず、ムカつくこともあるんだけど、これからも普通の親子として生きていきたいと思う。

    753 :鬼女の秘密 2015/11/17(火) 18:51:07 ID:uGN
    親に贔屓されていた妹は常々私のことを見下していた
    成績や顔を妹に毎日馬廘にされるのは辛かった
    最初は親のマネをしているだけだったと思うけど、成長してからは悪意が明確になってきたので妹のことは嫌い
    不愉快だったから家にいた頃も妹に自分から話しかけることは滅多になかったし、実家を出た後は必要最小限の接触に留めていた
    私が穏やかな夫と結婚して長女を産んだ後は、家族と仕事の両立が忙しくなって妹とはすっかり疎遠になった
    そもそも私が結婚してからは飛行機の距離になったので、少なくとも気軽に会えるようなことはなくなった
    法事で会っても顔を合わせるだけで会話すら交わさなかった
    妹の家族に関しては、10歳ぐらい年上の旦那さん、長女、次女、末っ子の男の子がいるという情報しか知らなかった
    ここまでが前提

    ほとんど会ったことのない祖母の葬式で5年ぶりぐらいに妹と再会
    そこで妹…ではなく末っ子の男の子(高校生)に話しかけられた
    当たり触りのない対応に留めていたが、向こうから押し切られる形で連絡先を交換した
    この件は妹に内密にするように念を押された

    228 :鬼女の秘密 2013/01/09(水) 20:22:51 ID:0Jsn6gwH
    流れを読まずに。
    スーッとはしない気がするが聞いてほしい。
    …思い返すと自分の行動にイライラするけど。

    仕事帰りの夕方。駅に向かう途中。
    盲目らしい男忄生が白い杖で点字ブロックを辿りながら勢いよく歩いていた。
    俺は見えてないのに確りした足取りで凄いなとか思いながら眺めてた。
    そして、少し行ったところの信号。この時は赤になったばかりだった。
    この信号は音が鳴る仕様。点字ブロックも続いている。
    そこで急に男忄生の前に割り込んだ高校生らしい男子。当然、ぶつかる。
    男忄生が軽く謝罪し、男子もボソリと謝罪はしたようだった。
    しかし、俺はイラっとした。急に出てきて点字ブロックを塞ぐなよって。
    でも、男子の前を見てみると母親と小さな子供がいた。
    母親と手を繋いでるとはいえ、子供は点字ブロックに乗ってしまっていた。
    このまま男忄生が進んでいたら子供に勢いよくぶつかってしまっていたと思う。
    イラっとする行動だが、偶然にぶつかったのが男子でよかったと思った。

    927 :鬼女の秘密 2019/03/12(火) 22:55:59 ID:Ikz
    長い昔話になります。

    学校の先生になって、新卒2年目のとき。担任してたのは低学年。
    うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
    その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

    Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
    だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
    懇談の最中、何かの流れで、
    「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
    と突然聞かれた。突然すぎて、なんのこっちゃ、な私。

    「何の時期ですか?」
    「式の時期ですよ。あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
    「式??」
    「結婚式です」
    「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
    「はい、本当にありがとうございます」
    「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。お父様とA君のご都合を優先させてください」
    「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
    「…?A君、転校とかされるんですか?」
    「いえ、転校はしません」
    「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
    「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
    「は…?え?ドレス??」
    「やはり冬休みがいいでしょうかね。先生も少しはお休みできますよね?」

    ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
    Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
    いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろうと思い直して、断ることに。
    そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

    「何をおっしゃるんです。主役が不在では、式にならないじゃないですか」

    いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
    Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
    Aパパと私の結婚式の話をしていた。

    当たり前だがAパパとは、「息子の担任」以外の関わりはない。
    そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?とか、
    この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?とか、
    ちょっと何言ってるか分かんないです状態。
    会場はどうのとか、親族がなんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、
    しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
    うろたえる私に、「驚かせてすみません」と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。
    仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたらと、
    泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
    そろそろ私の番なんですけど~、との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
    「では、また日を改めて話し合いましょうね」
    と笑顔で去っていった。あまりに普通すぎて怖かった。

    314 :鬼女の秘密 2016/07/20(水) 20:36:04 ID:u9P
    ずいぶん昔の話だが、転勤の辞令が出て妻と一緒に新居を探してた時にちょっと面白い物件があった。
    外階段を上がったところに玄関がある完全分離型二世帯住宅だった。
    仲介業者から「1階に大家さんが住んでて、賃貸に出てたのは2階部分ですが、
    結構いいですよ?見てみます?」って言われて
    下に大家がいるなんて窮屈だって最初妻は嫌がったけど、まぁ見るだけ見てみようってなった。
    行ってみると、2LDKでリビングがかなり広々としてて、バルコニーも広い。
    当時今ほどコンビニがあちこちに無かった頃だったけど、100mぐらい先にあったし
    最寄りの駅から徒歩10分切るぐらいだし、駐車場も屋根付きで家賃込になってた。
    子供がいなくて夫婦ふたりで住むには十分な広さで
    下に大家が住んでるだけの普通のアパートと考えれば近隣相場と比べると破格の物件だった。
    それで妻も少し乗り気になってきて「一応大家さんがどんな方か会ってみたい」と言い出し
    会った印象次第で決めるってことに。
    1階は婆さんの一人暮らしで、この婆さんが女優の原ひさ子にそっくりで
    少し話しをしたが、面倒な人ではなさそうだったので決めた。

    そこに住んだのは5年近く。
    いつもは3年で異動になるんだが、何故かその時は長かった。
    妻は婆さんとアッと言う間に仲良くなって最初は窮屈で嫌だなんて言ってたのに
    昼間婆さんがいる1階でお茶を飲んだり一緒に買い物に行ったりして本当に仲良くなってた。
    そのうち「私(婆さん)がタヒんだらこの家貰ってもらおうかねぇ」なんて言い出して
    冗談だろうし、婆さんには遠方に住んでる娘さん夫婦がいたから
    適当に聞き流していたが、次の転勤の辞令が出た時に報告したら
    結構マジなトーンで言われてちょっとビビったw
    もちろん断ったけど。現実的じゃなさ過ぎる。
    でもその後も年賀状のやり取りもしたし、赴任先から地の物を贈ったりもした。

    1 :鬼女の秘密 2021/03/24(水) 21:59:32 ID:jLwKYeRc0.net
    後悔したわ

    このページのトップヘ