スカッとした話

    182 :鬼女の秘密 2015/08/29(土) 18:31:19 ID:y8A
    思い出した。
    5年以上前のことだけど、>>157さんと同じようなことしたことがある。

    大学時代、同じゼミにいと同級生T。
    背が高くてがっしりしてるTは、人一倍そのことを気にしながらも
    人一倍ピンクとかレースとか薔薇柄とか、そういう可愛いものが好きだった。
    私は背が低い割にそういったものが苦手で、
    白黒ベージュ、シンプルで格好いいものが好きだった。
    だからいつも二人で「私達、好みが逆ならよかったのにね」と笑いあっていた。
    Tの一人暮らしの家に泊まりに行ったり、学園祭を回ったり。
    新しくオープンしたカフェにも、二人でよく行っていた。
    自他共に認める仲良しな二人だった。

    155 :鬼女の秘密 2019/03/13(水) 13:15:19 ID:Qys
    うちの娘(3歳)、母親の私がこんなんだから美人だとは思ってないけど
    旦那の血がいい具合にブレンドされて、それなりに子供らしい可愛いと思ってる。
    その娘を連れて義母と一緒に出掛けたんだけど、3人で混んでるレジに並んでたら
    私たちの前に並んでたJK2人組が娘を見て「うわっ!眩暈がするようなブス!」って言ったの。
    はっきり回りにも聞こえるように。
    娘が悲しそうな顔をして私に「〇〇ちゃん(娘)、ブスなの~?」って聞いてきて
    「そんなことないよ」って答えようとしたら義母が「〇〇ちゃんはまだ赤ちゃんと一緒だから。
    これからうんと美人さんになるよ。でもあのお姉ちゃんは可哀想だね。
    出来上がったブスはどうにもならないから」って言ったんだ。
    回りにも聞こえるように。
    回りがクスクス笑いだしてJK真っ赤。
    ゲーム感覚かなんか知らんが、見ず知らずの人を撃つようなことするなら
    被弾する覚悟ぐらいしとけよ。
    にしても義母の「出来上がったブス」と言うパワーワードに感心した。

    115 :鬼女の秘密 2014/03/20(木) 08:17:17 ID:YMwYK5kL0.net
    軽く悪口を言うとこでささやかに仕返ししただけのはずが。

    小学生の頃、手癖が悪い、持ち物を奪う、、乱㬥者のAがいた。
    親同士が仲良いせいで、親に友達づきあいを強要されていた。
    Aには大切にしていた物に目をつけられ、必タヒに阻止したら破壊されたという
    恨みがあった。
    私以外にも、クラスメイトにはかわいい文房具やヘアアクセサリー、給食などを
    奪われた子がいっぱいいた。

    乱㬥者なのでなかなか抗議とかできずにいたんだけど、それで調子に乗った
    Aが強奪をエスカレートさせ、さすがに問題になって学級会が開かれた。
    Aはニヤニヤしてるだけ。
    その時私が「Aちゃんは貧乏でちゃんと食べさせてもらえないから給食盗るのかな」と
    周囲にだけ聞こえるくらいの声でつぶやいた。それが仕返しのつもりだった。

    が、それを聞いたおっちょこちょいが
    「Aちゃんの家は貧乏でいろんな物を買ってもらえないんじゃないでしょうか!」
    と発言。
    ちょうど社会福祉とかを学ぶ授業みたいなのが取り入れられはじめる学年だったこともあって、
    「Aちゃんは貧しいおうち!可哀そう!みんなでAちゃんを助けてあげよう!」
    という空気に。

    気が強く、プライドが高いAは「貧しくてかわいそうな子」扱いされたことで号泣。
    その後も何か奪おうとする時に
    「買ってもらえないの?かわいそう…」
    「今日もごはん食べられなかったの?かわいそう…」
    と言われるもんだから逃げて行った。

    その後これが親の耳に入り、Aは別の中学に行き親同士もなんか疎遠になったので
    その後は知らないけど、思わぬ仕返しができた。

    983 :鬼女の秘密 2020/08/11(火) 11:06:37
    スレ立てありがとです!

    午後から通院のトメの一言
    「私、1時から病院だから送ってもらわないと」
    なんでお願いしますが言えないんだろう
    送迎したらしたでありがとうではなく「はい、どうもどうも」って言うんだ
    どうせ治るわけはないから聞き流してるつもりなんだけど、たまに引っぱたきたくなる

    991 :鬼女の秘密 2013/05/20(月) 21:12:15 ID:c9qov0La
    仕事で3泊4日の研修に行くことになった。
    4日ぶんの料理を作って冷凍しておくよと旦那に言ったら
    「3日や4日外食でも全然平気。遠慮せず行って来い」とのこと。
    ちょっと寂しい思いをしながら研修をこなして帰ったら
    旦那暗い顔。
    「駅前の定食屋のうどんにはベーコンと玉葱が入ってない」
    それうちのうどんだけだと思うよ。
    「居酒屋の三色ごはんが三色ごはんじゃない」
    鮭そぼろと胡麻いんげんとオムレツで三色なのはうちだけじゃないかな。
    「レストランの焼き魚に目玉焼きとほうれん草がのってない」
    だからそれはうち(ry

    「全然平気じゃなかったです。うちの料理が食べたいです」
    って言わせた後、存分に食べてもらったぜ!

    334 :鬼女の秘密 2016/09/09(金) 01:31:53 ID:6xImRD2f0.net
    小学生の時、私の同級生と近所に住む年下のイトコと自転車で15分くらいのところにある
    〇〇センターへ遊びに行った。センターの2階は週1で書道教室を開いたり、年1くらいで
    立派な人を招いて講演会を行う場所。1階は管理事務所とトイレと体育館。地元の人が夜、
    ママさんバレーやったり、バスケの試合に使ったり、週1で空手道場とかやってた。
    中には入らず、外で追いかけっこみたいな感じでふざけてた。
    暫くしてイトコが急に頭を抱えて苦しみだし、「物凄く・・・頭が痛い・・・」と言って
    座り込んで泣き始めた。生憎、遊びのメンバーは全員、1円も持ってなくて
    管理事務局の責任者のジジイところへ行って「すいませんイトコが苦しんで・・
    (事務所の電話)貸してください!!」と懇願したのだが「ダメッ!、ここはそういう
    ことに使う電話ではないのっ」と取り合ってくれない。私は「じゃあ、10円貸してください、
    公衆電話からイトコの母親を呼ぶので、10円は必ず返します」と泣きそうになって
    頼んだのだが「貸さない!!」の一点張り。苦しんでるイトコをしかめっ面でジジイは眺めてた。
    咄嗟に私は道路を通りかかった車の前に飛び出て、訳を話すと快く10円を差し出してくれた。
    その10円で公衆電話からイトコのお母さんに電話すると車で飛んで迎えにきた。
    翌日、初潮を迎えたことが分かってホッとしたのだが、管理事務局の責任者の
    ジジイのことは許せなかった。(続く)

    236 :鬼女の秘密 2009/04/17(金) 06:42:45 ID:T00Lo4eg
    某大手レンタルDⅤDショップで、レジが3つあるのに1つしか
    開けていないので長蛇の列。残りの2つのうち1つはクローズで、
    もう1つのレジに店員が3人集まって何かやってる。

    客はイライラしてるのに、そいつら「ちがうって、これだよ」とか
    談笑しながら気にも留めない。一人レジ開けてる女忄生店員が
    冷や冷やしながらレジ打ってる様子が分かるけど、注意もしない。

    最後尾の方からDQNが前に出てきて、「もう1つレジ開けてくれない?」
    と言ったら、そっちを見ることもせず、内輪で「おいレジ開けろってよ」
    「だってこれまだ終わってねーじゃん」とかクスクス笑ってる。さすがに
    DQNがブチ切れて「いいから開けろっつってんだよ!」と怒鳴ったら、
    商品整理していた店長と思われる人が駆けつけて「申し訳ありません。
    君たち何やってんの?そんなの後でいいだろう!」と一喝。すぐに3つ
    レジが開いた。

    でも怒鳴られた店員2人はあからさまにブスッとしながら「次の人どうぞ」
    とか言ってる。一人は無言。レンタル期間を聞くのにカウンターの価格表を
    指さしたりしてる。

    ガキかよこいつらと思ったら、次から見かけなくなったのでやめたようだ。
    打たれ弱い連中だ。

    247 :鬼女の秘密 2014/05/17(土) 16:06:10 ID:???
    ついさっきあった出来事

    友人とショッピングモールに行ってうろうろしていたら、あるショップの前で
    中高生くらいの子数人が私とAにぶつかりながらダーっと走って行った。
    それと同時に「いつもの子達、○○!(聞き取れなかった)10番!」という声が。
    (はっきりとは聞き取れなかったけどたぶんこう言っていた)
    続いて「追います」って聞こえたかと思ったら一人のスタッフが走って行った。
    しかも、「青いカットソーに黒のショーパンをお召しのお客様ー!
    白地に黒ドットのブラウスにデニムスカートをお召しのお客様ー!
    当店のレジはこちらでございまーす!お会計はこちらでございますー!!」
    と、追いかけている相手の特徴を叫んで大注目を浴びながら…

    気になって仕方が無くて私達も追いかけたけど早すぎて追い付けなかった。
    一度見失ってしまって次に見た時にはそのスタッフと中高生たちと
    数人の警備員と二人の警察官がお店の奥に入って行くところだった。
    接客時の微笑と高めの声のまま特徴を叫んで猛スピードで追いかけてたスタッフ
    中高生も警備員さんも息を切らしていたのに一人だけ涼しい顔してた。
    もう色々と衝撃だった。

    375 :鬼女の秘密 2014/02/05(水) 22:23:25 ID:mpxu6ZxC
    以前のバイト先にて。

    そのバイト先は受付と講師に部署が分かれていて、当時19歳の私は受付の方の仕事を担当していた。
    ただ、あるとき受付部署に入ってきた4歳上の後輩が「私さんって19歳なんですかあ!?見えなーい!!!」と大袈裟にびっくりしていて、多少は傷付いたもののまあ老けて見られるのは事実だし…とスルーしていた。
    でもその後も、他の先輩やお客さんがいる前で「あたしは今23なんですけどぉ、私さんは何歳でしたっけぇ??」とわざとらしく聞いてくるようになって、わたしは外見年齢も精神年齢もこいつより大人なんだしスルーしよう!と努めていた。

    そんなある日、受付部署と講師部署のアルバイトを集めた飲み会があった。
    テーブルは2つに分かれていて、わたしが座っていた席は件の後輩とは別のテーブル、そしてイケメンの講師Sさんがいるテーブル。
    飲みつつ食べつつ皆でわいわい話していたら、後輩がおもむろにSさんの隣に席を移動してきた。

    続きます。

    823 :鬼女の秘密 2013/06/11(火) 13:47:24 ID:3lsY75+B
    流れを読まず投下。

    高校の友人の結婚式に参列したときのこと。
    友人は幼~中学、大学はお嬢様女子校で、高校だけ共学。
    家柄はもちろん、忄生格もよく、祖父母のことを「おじいちゃま、おばあちゃま」と呼ぶ正真正銘のお嬢様。

    式場も、地元民ならみんな知ってる高級なところだったので、友人に恥をかかせちゃならないと、マナー本を熟読して、特に服装にはとても気を遣った。
    ネックレスは、母から借りて真珠を付けていった。

    当日、式、披露宴はつつがなく終了し、送賓の列に並んでると、多分、幼~中時代の新婦友人集団に声かけられた。

    「素敵なお式でしたわね」
    「そうですね、○○(新婦あだ名、ゆう子→ゆうゆ、みたいな感じ)、とっても綺麗でした」
    「まぁ!○○子さんのこと、そうお呼びになるの?」
    「はい、高校時代のあだ名ですけど」

    彼女達にとっては、私の口調とか、友人をあだ名で呼ぶとかが癪に障ったみたいで、「お里が知れましてよ(本当にこう言った)」と言いつつ、私に説教しだした。

    「新婦の友人として招かれたのですから、お式に華を添えるのが役目。そのお色味のドレス(ネイビーでした)はふさわしくありません。靴も黒だなんて!
    ネックレスも、できれば本物をお付けになるべきでしたね。非常識です。○○子さんの面子を考えて差し上げては?」

    このページのトップヘ