両親

    862 :鬼女の秘密 2020/12/27(日) 17:15:09 ID:nN.j9.L1
    近所に大柄のセク八ラジジイにセク八ラされてるところを同じく近隣住民の元警察官のAさんに助けてもらった。
    そのセク八ラジジイが厄介で自分がやったことを棚に上げてAさんに強く押さえつけられたから痣が残ったとかでいちゃもんつけている。
    Aさんは精神疾患で警察を辞職しており、それが理由で「もしかしたら僕の発言は信じてもらえないかもしれないから場合によっては私さんに協力して頂きたい」と両親に頼みにきたのだが両親は渋い顔。
    というのもセク八ラジジイが許せないのはそうだが、同時に精神疾患の武道が堪能の元警察官が近所に住んでることも怖いそうでうまいことセク八ラジジイとAさんで潰し合ってほしいそうだ。本当に恥ずかしい。
    私はまだ高校生で法律のことなんか何も知らないが、調べたところセク八ラジジイでも証拠があればAさんを過剰防衛で訴えて損害賠償請求したり、病院に入院措置を取らせることもできるそうだ。
    この件で相談したいのは
    1.セク八ラジジイを刑務所に送れるか(というか私のセク八ラで捕まったはずなのに何故か自宅に戻ってきてる)
    2.私が証言しないとAさんは逮捕されたり支払う必要のない損害賠償を支払ったり入院されたりしないか
    です。

    187 :鬼女の秘密 2009/08/28(金) 03:09:55 ID:hGMoS2bC
    今度、結婚することになった。なぜか言い出しにくくて、
    3日くらい悩んだけど、夕食の席で、ようやく両親に
    「来月の土日、空いてる?いつが都合いいかな?
    彼が挨拶に来たいと言ってるんだけど…
    け、結婚の挨拶に…」と言い出すことに成功。

    母は「まー!ついに!?いつそんな話に??
    あんたみたいなのをもらいたいなんて物好きねー。
    で、プロポーズは?式はどうするの?孫が出来る?!」
    と予想通りのウキウキモードw
    父は「わかった。ただ、結婚するということは…云々…
    ちゃんと自立しないと…云々…」みたいにお説教モードに。
    父とは仲も良いし、いつも冗談ばっかり言い合ってるから、
    「おお!おめでとう!!」とかもっと軽い感じのおめでたいモードに
    なるかと思っていたので、ちょっと予想外でちょっとだけ寂しかった。

    夕食後、ようやく言えたなーとくつろいでいると、
    父が飼い猫と何やら話しているのが聞こえた。

    父「○○ちゃーん・・・おねえちゃん(私のこと。長女)
    結婚するんやってー。」
    猫「・・・・・・・」
    父「さみしいなー。どうする?
    ○○ちゃんは、ここにいる?
    それとも、おねえちゃんに着いてく?」
    猫「・・・・・・・・・」

    お父さん・・・猫は置いていくよ(´;ω;`)

    769 :鬼女の秘密 2019/07/30(火) 09:25:24 ID:B923KYU9.net
    自分の遠い親戚夫婦が私と血の繋がった実の生みの親で
    自分を育ててくれた両親が本当は遠い親戚である事を
    私自身はとっくの昔に知っているけど、周りは私がなにも知らず気づいてないと思い、必タヒにひた隠しにしようとしているので
    こちらも、それに付き合っている事

    600 :鬼女の秘密 2019/04/16(火) 08:12:04 0.net
    夫も私も10連休きっちり休めるから
    あれもしたいこれもしたいと2人でキャッキャウフフと計画立ててたら
    義妹が出来ちゃった入籍することになり5月4日に顔合わせだってよ…
    「パパ(義父)がいないんだからおにーちゃん(夫)が来るに決まってんじゃん!」
    と言われて夫意気消沈中
    お願いしますとか、急な話でごめんとか、そういう言葉は一切なし
    頭もお股もユルい義妹が大嫌いです

    126 :鬼女の秘密 2012/07/01(日) 19:43:18 ID:su/lBwW7

    あんまり大したこともないんだけど、あとで修羅場だったとわかった修羅場。

    もう二十年以上前の、私が小学校低学年だった頃の話。
    父には年の離れた弟がいて、私も弟もおじさんの事がお兄さんみたいな感じで大好きだった。

    ある晩、夜中にトイレに起きたら、なぜか茶の間におじさんと寝間着姿の両親がいて、
    低い声でなにか話し合っていた。おじさんは無精髭が伸びていて、すごく怖い顔をしていた。
    大人の話を邪魔すると怒られるので、私は「いらっしゃい」と挨拶だけして部屋に戻った。
    だけど両親たちの話が気になったので、襖を少しだけ開けて、こっそり聞いていた。
    おじさんが低い声でなにか叫んだ。
    父の声。「おい、そげなもん、しまえ!」
    続いて母の声。「○○(おじさんの名前)さん、そんなことしたらいけんよ!いけんよ!」
    その後も低い声で言い争いは続いた。
    声の調子から只事じゃないのはわかったが、子供なんでいつの間にか眠ってしまった。
    でも翌朝、父も母も何も言わなかったから「もしかして夢だったかも?」ぐらいに思っていた。

    おじさんは近所に住んでいて、よくうちに晩御飯を食べに来ていたけど、その晩からは
    なぜかうちに顔を出すことはなくなった。

    おじさんがどういう状況なのかわかったのは、それから1ヶ月ぐらいしてから。
    当時のテレビで、警察の指名手配犯の写真と名前を流す5分ぐらいの番組をやっていて、
    ある土曜日に母と私と弟でお昼を食べていたら、テレビの画面ににっこり笑ってる
    おじさんの顔と、名前がドーンと…。

    おじさんは893みたいな悪い仲間と銀行強盗をやらかして、指名手配されていた。
    その事件は地元の新聞にも結構大きく報道されていて、私も読んだ覚えがあった。

    148 :鬼女の秘密 2019/01/22(火) 10:50:48 ID:rqZQG4xMa.net
    親が嫁を連れて帰ってしまったので、どう謝罪すれば丸く収まるかアイデアください
    嫁がインフルエンザで休んでいて、でもそのことを忘れていて…というか軽く考えすぎていて、家事くらいしなよと軽く怒ってしまった
    嫁が勝手に俺の母に電話したみたいで、今朝両親が嫁はしばらくうちにいてもらうと連れ帰った
    病人にひどくしたと謝ったが、父にお前は何もわかってない、親ながら情けなくて涙が出ると言われ、家に寄るなと言われました
    インフルエンザを軽くみすぎていたこと、病人に対する気遣いがなかったことは十分に反省したのですが、どう謝ればわかってくれるかアイデアください

    90 :鬼女の秘密 2016/11/15(火) 15:20:59 .net
    流れを読まずに失礼します。
    すれ違いでしたら教えてください。
    嫁の考えていることがわからず質問させていただきます。

    当方自営業の二代目、父母健在で嫁も私も同じところで働いております。
    この夏休みにうちの子供を連れて大阪のUSJに旅行に行こうと言うと嫁は大喜びしました。
    父母に話したところ大阪観光に自分たちも行きたいので大阪まで車で乗せてほしいと。
    あわよくば交通費くらい出してもらえるかと快諾しました。
    嫁に報告すると思いがけず「家族水入らずで行けると思ってたのに残念だった。
    他のお嫁さんは年に一度の義理親との旅行すら嫌がると思うよ。だけどうちは年に2回は一緒に行ってる。
    嫌とは言わないがその辺は良い嫁を持ったなと少しは感謝してほしい」と
    恩着せがましく言われました。

    639 :鬼女の秘密 2018/04/05(木) 21:35:58 0.net
    私は托卵とはちょっと違うが
    彼の子を妊娠したと思って元旦那と離婚(元旦那とは避妊してたから)して再婚・息子を出産

    んで、息子が元旦那にそっくりなんだよね・・・

    332 :鬼女の秘密 2010/03/24(水) 22:41:39 ID:vInIpViW
    俺とオヤジに血のつながりがない事を
    俺は知らないと両親が思ってた事。

    結婚したい子が出来た、とオヤジに言っ
    たら数日後「大事な話がある」と言われ
    家族会議になった。今までにない、真剣
    な顔で
    父「実は、俺と…俺と、お前は血のつな
    がりがないんだ。。」
    俺「…うん、知っ、、
    父「でもな!でも!父さんは、いつだって
    お前を本当のムスコと思ってきた!」
    俺「いや、うん。だから、知っ、、
    父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」
    父、涙目。
    母、号泣。
    俺、呆然。
    父「うん。わかるよ、いきなりこんな事
    言われたら。。混乱するよな…黙ってて
    悪かった。うん。父さんが悪かっ、、
    俺「知ってるよね?俺」
    父「うん、そうだよな、、、あ?」
    俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」
    父「え?」
    俺「え?」

    嘘みたいだけど、本当の会話。リアルで
    「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw

    770 :鬼女の秘密 2014/07/21(月) 20:54:55 0.net
    兄と姉と俺と両親の修羅場。
    上手く書けないから箇条書きで書く

    ・兄、姉、俺の三兄弟で姉が最初に結婚
    ・子供も生まれ、初孫フィーバーな俺たち一家
    ・数年後に兄も結婚。会社の人(以下義姉)とでき婚
    ・義姉妊娠中、同い年だったためか姉と義姉すごく仲良くなる。頻々に一緒に出掛ける仲に。
    ・しかし義姉出産後病院にて、義姉両親と俺一家勢揃いの中、生まれたての赤ん坊を見て姉が「これ兄貴の子じゃないよね?」
    ・その発言に俺を除く一同大激怒。言った張本人の姉もなぜかすごく困った顔
    ・その後も姉は「あれは兄貴の子じゃない!もしかしたら病院側で取り違えかも!」と主張
    ・俺両親大激怒で姉に「2度とツラを見せるな!」と怒鳴り散らしながら物を投げつけ、姉に大怪我をさせる
    ・姉も「お前らの娘と孫はタヒんだと思え!」と出て行く
    ・俺両親、溺愛してた初孫とは会えなくなり、代わりに兄の子をしこたま可愛がるように
    ・しかし俺はというとなんとなく姉が正しい気がして内緒で姉一家と会ってた。姉の子が兄の子よりも断然可愛かった
    ・俺、頻繁にうちに来る義姉に「なんでウチの子は可愛がらないんだ!」と引っ叩かれ、父にも引っ叩かれる
    ・俺、反抗期突入
    ・義姉は俺たちのご近所さんに「(姉)ちゃんにこんなこと言われたんですよオヨヨヨ」と言いふらし、ご近所さんを味方につける
    ・俺、ご近所さんに「義姉さんを大事にね!」など色々言われるが無視してたら父に引っ叩かれる

    このページのトップヘ