事件

    567 :鬼女の秘密 2012/02/19(日) 21:30:58 0
    俺現在32歳。この話をすると、大体年を疑われる修羅場w

    俺が5歳の頃に母が三つ子を妊娠。
    入院とか出産とかその後も入院とか、まあとにかく大変で俺の面倒
    見れないからと、小学校に上がる前の1年と上がっての1年計2年間
    母方のばあちゃん家の、超田舎に預けられて過ごした。
    そこで母の姉の子(従兄弟)2つ上と、従兄弟の友達・俺と同級生のA、
    Aの兄のBの4人でいつも仲良く遊んでた。
    忘れもしない秋の夕方、近所のうちの山の神社脇
    (といっても近所は全部山ww)で
    木の実取りに夢中になっていた。その日は絶好のポイント見つけられて
    競うように取ってた。しかし夕暮れが近くなって、ばあちゃんが
    呼びに来て、俺は従兄弟とすんなり帰宅したんだが、
    食い意地はってたAはB兄に促されるももうちょっと!
    と粘りついには切れたB兄に置いてけぼりにされた。

    そしたらA夕食の時間になっても戻らない。家族が捜しに出るも
    見つからず、うちにも話聞きに来てた。
    すぐ後に消防団やら自警団・警察の人が山狩りに出たが見つからなかった。
    しかし翌朝、Aは惨杀殳体で発見。
    なんと野豚に食い杀殳されていた。雑食の豚コエェ!ってなってそこから
    豚肉が食べれなくなった。さらにその犯人の豚が射杀殳されて解体された
    んだけど、消防団のおじちゃんが、供養に食えって肉もってきて
    それ皆普通に食ってたのが激しくトラウマ。
    Aくん食べた豚食べてるー!って錯乱したらしいwww

    あと小学校がボットン便所w年に1人は落ちてタヒんでた。
    しかも落ちてすぐタヒぬんじゃなくて、2週間後ぐらいにタヒぬのな。
    俺が入学したときも、トイレの注意ってすげぇされた。
    にも関わらず、一こ上の女子が落ちてタヒんでた。しかも引上げられて
    私タヒんじゃう~!って号泣。あの声は一生忘れられない。

    221 :鬼女の秘密 2019/11/18(月) 11:29:33 ID:EyP
    元彼が会話合わなくて無理だった。
    小学校の先生同士のいじめ事件でも「成人してまでいじめられるってその先生人間性.によっぽど問題があるんじゃないか?」と発言。

    その後、そのいじめ事件の詳しい内容が報道された時もおかしかった。
    嫌がる先生に先輩教師が無理やり激辛カレーを食べさせたという報道があったが、
    「激辛好きな人だったらいじめじゃないだろ。」
    「でも、この先生は辛いもの嫌いってはっきり拒否しているし嫌がっているよ。」
    「お前は辛いもの好きだろ?お前だったら喜ぶだろ?」
    「辛いものは好きだけど、面白がって無理やり食べさせられるのは嫌だ。
    辛さにも限度ってものがあるし面白がって無理やり食べさせるくらいだからそれ以外にも変な物も入ってそうじゃん。」
    「でも、辛いもの好きな人もいるんだから、
    そういう人は大喜びだろ。」

    こんな感じでなにか言うたびに否定してい神奈川辛すぎて嫌になった。
    清い関係のまま別れられて良かった。

    126 :鬼女の秘密 2012/07/01(日) 19:43:18 ID:su/lBwW7

    あんまり大したこともないんだけど、あとで修羅場だったとわかった修羅場。

    もう二十年以上前の、私が小学校低学年だった頃の話。
    父には年の離れた弟がいて、私も弟もおじさんの事がお兄さんみたいな感じで大好きだった。

    ある晩、夜中にトイレに起きたら、なぜか茶の間におじさんと寝間着姿の両親がいて、
    低い声でなにか話し合っていた。おじさんは無精髭が伸びていて、すごく怖い顔をしていた。
    大人の話を邪魔すると怒られるので、私は「いらっしゃい」と挨拶だけして部屋に戻った。
    だけど両親たちの話が気になったので、襖を少しだけ開けて、こっそり聞いていた。
    おじさんが低い声でなにか叫んだ。
    父の声。「おい、そげなもん、しまえ!」
    続いて母の声。「○○(おじさんの名前)さん、そんなことしたらいけんよ!いけんよ!」
    その後も低い声で言い争いは続いた。
    声の調子から只事じゃないのはわかったが、子供なんでいつの間にか眠ってしまった。
    でも翌朝、父も母も何も言わなかったから「もしかして夢だったかも?」ぐらいに思っていた。

    おじさんは近所に住んでいて、よくうちに晩御飯を食べに来ていたけど、その晩からは
    なぜかうちに顔を出すことはなくなった。

    おじさんがどういう状況なのかわかったのは、それから1ヶ月ぐらいしてから。
    当時のテレビで、警察の指名手配犯の写真と名前を流す5分ぐらいの番組をやっていて、
    ある土曜日に母と私と弟でお昼を食べていたら、テレビの画面ににっこり笑ってる
    おじさんの顔と、名前がドーンと…。

    おじさんは893みたいな悪い仲間と銀行強盗をやらかして、指名手配されていた。
    その事件は地元の新聞にも結構大きく報道されていて、私も読んだ覚えがあった。

    928 :鬼女の秘密 2016/01/10(日) 22:53:31 ID:jfo
    今までに2回火関連で修羅場を体験したので投下
    学生時代企画したに親子と参加するキャンプでの出来事
    母親と女性.たちは調理担当、男は荷物運んだり火起こしの手伝いをしていた
    火起こしは子供にやらせて、監視のための大人が1人必ず付いていた
    俺は発電機用の燃料の入った携行缶を置いとくねーといって発電機を取りに行ってた
    その俺のいない間に事件発生
    火がなかなかつかず、苦労している子供を見ていた女が燃料と聞いて飛びついてきたらしい
    そして紙コップにガソリンを入れて薪にぶっかけた
    その拍子に回りにいた女の子にもガソリンがかかって火傷はするわ火事みたいに成るわで大騒ぎ
    俺が発電機持って来た頃にはガソリンは燃え尽きて一応沈静化はしていた
    火傷の手当てをするために服を脱がしてネ果にした女の子の周りに人だかりができていた
    俺はとっさに水をかけながら救急箱の火傷用の薬を持ってくるように指示をだしたり、
    周りによって写真撮りだしたガキを追い払ったりで(結局追い払えなかったけど)修羅場
    そこに買い出しから帰ってきた女の子の親とガソリンぶっかけた女が喧嘩しだしたりでさらにさらに修羅場
    幸いにもそれほど深い火傷ではなかったから車で病院まで連れて行ってもらった
    その後は親が呼んだ警察に女が連れて行かれた
    これが一回目の修羅場

    312 :鬼女の秘密 2020/04/08(水) 17:21:58
    昔、歩道橋の上での首吊り自杀殳に遭遇しながら何もしなかった事
    夜2時前くらいにコンビニに向かう途中の県道にかかる歩道橋を登りきった時、作業着姿の小柄なおっちゃんがまさに欄干の上から首にロープ巻いて身を投げたところだった

    その時キーホルダーにビクトリノックスの小型ナイフツールが付いてて、ロープを切ろうと思えば切れたと思う
    歩道橋は地上4mくらいだし、ぶら下がってるおっちゃんが落ちてもほぼタヒにはしなかっただろう
    でも当時は秋葉原の事件で刃物の持ち歩きに敏感になってる時期で、助けたところで警察や消防に事情聴かれたり面倒になるかもしれないと色々と考えて、
    結果そのまま踵を返して家路についた
    それで居間で寝てた弟を無理矢理起こして何でもない話をダラダラとした
    多分急に目の前に現れた異常なものを見て、とにかく普段の日常に戻らなきゃと思ったんだろう
    おっちゃんは次の日に近所のおばさんに発見された
    どこの誰なのか、自杀殳の理由何なのかは知らないし知りたくもなかった

    歩道橋の欄干に結んであるロープをじっと見つめて立ち尽くす夢をまだ時々見る
    面倒を恐れず助ければよかったのかとか、
    自杀殳を止めたところであのおっちゃんは不幸から抜け出せたのかとか、
    今朝もそんな夢をみて朝からモヤモヤしてたので吐き出し

    353 :鬼女の秘密 2014/07/01(火) 21:30:48 ID:9sxJsHL6.net
    十数年前の話。
    当時学生で駅隣接のコンビニでバイトしてたんだけど、
    コンビニの隣がコインロッカーで、客からよく両替を頼まれてた。
    そのロッカーもコンビニと同系列の会社が運営してたので、
    小銭に余裕があるときは、両替はOKだった。
    田舎の駅なので、最終の特急が出た22時以降は比較的暇だった。
    そこに真っ白なロングドレスを着た女性.が両替に。
    場違いな格好だったけど、20代の普通にきれいな女性.だった。
    とりあえず1000円を全部100円玉にしてあげた。
    気になって見ていると、店舗の前に止めた車から大荷物をごそごそとロッカーに。
    しばらくして、また店に入ってきたその女性.は、ごみ袋とおにぎりを購入し、
    ついでにまた1000円の両替を頼まれた。
    どんだけ荷物ロッカーに入れるんだと、はっきり記憶。
    その後も車からごそごそと荷物を出してロッカーに入れてた。

    数日後、シフトの入っていない日に店長よりTEL。
    ケーサツが聞きたいことがあるので、店まで来て欲しいとのことだった。
    嫌な予感はしたが店まで行くと、やはりロッカーに入れらていたのは、
    バラバラのタヒ体だった。
    ケーサツには上記の話をして、その女性.が購入したジャーナルを提出。
    もうその時は犯人=その女性.はつかまっており、裏付け捜査だったらしい。

    最後に大部分が遺棄されたコインロッカーだけでなく、
    高速のパーキングのごみ箱とか、山中とか、いろんなところにタヒ体が
    捨てられていたので、ニュースやワイドショーで結構取り上げられた事件だった。
    恋愛感情のもつれとかなんとかで、恋人が杀殳され、風呂場でバラバラにされたと記憶している。

    ごみを捨てに行くのに、深夜にそのロッカー内を通らなければならず、
    そのロッカーの床で寝袋で仮眠していた自転車旅行のあんちゃんがめっちゃうなされていたの見た時が修羅場。
    だってその顔の真横はちょうど遺体が入っていたロッカーがあった場所だった…

    508 :鬼女の秘密 2011/08/22(月) 17:35:41 ID:A15P3nA/0
    流れ読まずにレス。ネタ臭いし
    胸糞なので苦手な人はみないで。スレチかもしれない。

    私の友人Aにあった話
    友人Aの彼氏Bはキャバク●のボーイだった。
    友人もそして別の店のキャバ嬢なのでお店の女の子とボーイの関係を
    理解していた友人Aはとくに嫉妬するわけでもなく同棲しており、
    仲良くやっていた。
    だけどBにしつこくする女の子Cが入店してきたみたいで
    相談と言って毎日毎日連絡をされたり、Cが店をあがってからも
    店の近くでBが終わるのを待っていた。Bは彼女がいるのを隠していたので、
    Cに彼女がいることを正直に話した。
    その次の日あたりにCは無断欠勤し、Bが仕事に行ってる間に二人の家へ。
    Aが仕事から帰ってきたところを凸。
    ひとしきり暴れたのち、Aは脇腹を2箇所さされ重症。帰ってきたBは血だらけの彼女を目撃し
    警察へ通報。通報後背後に隠れていたCはBをもさして
    逃走。
    実はBにはAに内緒の借金があってCに稼がせて払わせていたそうな。
    なのに彼女がいるって知って逆上したと思われる。
    真実は不明。なぜかと言うとBは心臓を刺されてタヒんで、Cは
    警察が見つけたときには自杀殳していた。
    友人はいま、一命をとりとめたのち精神科に入院している。ついでにもう
    3年ぐらい前の事件です。
    簡単にまとめて書いたから変なとこあったらごめん。

    69 :鬼女の秘密 2013/11/18(月) 10:05:52 ID:0Vmy1AuJ
    田舎に住んでいる大叔母さんが、ある日突然我が家に訪問した
    子供の頃田舎に帰ると遊んでもらったりしたので大好きだったし、予定もなかったので上がってもらってお茶してた
    イヤイヤ期で悪魔のような息子wも珍しく上機嫌で大叔母さんに懐くし、大叔母さんも「ほんまにええ子やねえ」なんてニコニコしてたら、再び来客
    おすそ分けを持ってきてくれた様子の、同じマンションのママ友Aさんだった

    一緒にお茶でも、と言って柿を渡されかけたんだけど、今親戚が来てて…と話すとじゃあこれはその方とどうぞと渡してくれた
    すみませんありがとうなどぺこぺこしていたら後ろから大叔母さんが「アンタ!ひっどい臭うなぁ!」と大声を出した
    Aさんは当然硬直、私も振り向いたまま硬直しかけたけど大叔母さんが「鼻が曲がる、臭う臭う」としかめっ面で言うのを見て慌てて「何てこと言うの!」と奥に押し込んだ
    私だけ家の外に出て必タヒに謝りまくり、申し訳なくて頂けないって柿もお返しした
    Aさん泣きそうになってるのが伝わりながらも、気にしないからどうぞって言ってくれたんだけど、後で謝罪の時に受け取らせてって言って頭下げて見送った

    344 :鬼女の秘密 2012/08/24(金) 12:06:02 0
    てっきりこんなん書くな!と怒られるかと思ったけど
    予想以上に耐性.ある人多いみたいなので安心しました。

    調子にのってもうひとつ投下。これも痛い話なので
    苦手な人はスルーでお願いします。身バレ怖いので少しフェイクいれます。


    ある日、「友人が飯を奢るから付き合え」と言ってきた。今で言うDQNの類の友人。
    だけど犯罪は犯さない奴だったので付き合っていた。これをAとする。

    待ち合わせ場所に着くと、喧嘩っぱやいので有名な奴2人(区分の必要ないのでB、Cとする)と
    893がいた・・・・・。この時点で「もう僕お家に帰る」と言いたかった。

    以前にもこいつらと遊んでトンでもないことになった。本気で帰りたかったが893を
    刺激しないようにと挨拶(893とは初対面)して飯を食いに行くことになった。

    移動して着いた先は古びた食堂だった。しかし俺の行動範囲からは距離があるとこだったので
    知り合いにこの面子で行動してるのがバレることも無いので安心する。
    店内は店主と奥さんらしき2人だけ。二人とも俺らを見て青ざめてる。
    そりゃそうだよな・・・。俺だって帰りたい。

    このページのトップヘ