子ども

    527 :鬼女の秘密 2021/03/17(水) 12:01:28 ID:rq.9v.L1
    吐き出し。
    前提としてうちの子は知的障碍があって時間に対してこだわりがめちゃくちゃ強い。
    スケジュールは何日もかけて丁寧に刷り込んで、それをこなしていく。突発的なことに弱くストレスの癇癪を数日引きずってしまう。
    そして長時間の待ちも同じく苦手なので、極力短時間を1日1つしか予定を入れないなどの縛りがある。
    それでもどうしてもそういう日もあるし、仕方ない。でも出来るなら避けたい。

    そんな子供は大きな病院でいくつかの科を掛け持ちで通院してる。
    前述のこだわりによって、定期受診では1日1科の小分けにして受診している。
    それぞれの主治医にもその旨は説明していて他の科との予約が被らないように気を付けてやっている。
    ある日A科しか受診を入れていない日に診察券を出したらその後B科も行ってくださいと突然言われた。
    B科は別日で既に受診と検査で予約も取ってるのになんだろう?と思いつつ行ったら「検査日を決めたくてお話しに寄ってもらいました!」
    検査日は前回来た時に決めて予約とってますよね?その日はダメになってしまったんですか?
    と聞いたら「あら、次の受診日で検査になってたかしら?じゃあそれでいいよー」
    と。
    なんじゃそりゃ。これだけでもパニック起こすのに困ったなあ。まあ仕方ないか。
    とちょっとガックリしたけどその後のパニック週間も終えてC科受診の日が来た。
    今日こそはサクッと帰ろう!と思って行ったらまた「C科が終わったらB科に行ってください」
    え?

    527 :鬼女の秘密 2015/03/03(火) 10:33:03 ID:npX
    結果的に復讐を継続してできているんじゃないか、って進行形の話。
    よくある話だと思う。

    俺には8歳上の兄がいるんだが、幼い頃からひどく暴カを受けていた。
    自分が親父に叱られた腹いせはもちろん、俺に関係ないことでも、何か気にくわないことがあったら動けなくなるまで毆られ、蹴られた。
    顔が青アザだらけで学校で心配されることもあった。
    俺はずっと、ひとつ屋根の下で暮らす兄に怯えて暮らしていた。
    「兄弟のこと」と軽く思われるかもしれないが、逃げ場もなく徹底的にボコボコにされる恐怖と憎しみを想像して欲しい。
    親父は、兄が武器を持って毆ってきた時だけ兄を叱りつけたが、それ以外は兄弟喧嘩として扱われた。
    父母に恨みはないが、高圧的で俺をサンドバッグ&パシリにしていた兄が大嫌いだった。

    そんな兄は二度の結婚をし、2人目の奥さんとの間に2人の子どもがいる。女の子と男の子。
    40過ぎてできた子どもだから、兄はそれはそれは溺愛している。
    子ども達の為にタバコをやめ、ビールは第三のビールに変えて、ローンで家と車を買った。
    仕事を休んでまで習い事の送り迎えもしているらしい。
    溺愛はしているが、言うことを聞かなかったり失敗したりすると手をあげるのが気にかかった。
    「子どもを叩くのはやめなよ」と言うと「何だと!?」と俺が毆られた。

    一方俺はアラフォーになっても結婚できず、盆や正月に実家に集まると兄に
    「結婚できないなんてクズだ」
    「まぁお前にはムリだ」
    「子どもの顔を見せないなんて親不孝しやがって」
    とニヤニヤ言われ続けた。
    俺は、歯向かっても毆られるだけだと分かっているからスルーし続けた。

    このページのトップヘ