彼女

    1 :鬼女の秘密 2012/12/11(火) 18:41:35 ID:HaHEpuGQT
    彼女「(お腹を触りながら)三人だよ///」 彼氏「えっ?まさか?出来たのか?」 彼女「…うん///」
    店員「あの~何名様ですか?」 彼氏「三人です」 店員「お二人ですね」 彼氏彼女「」

    28 :鬼女の秘密 2014/01/21(火) 02:18:47 .net
    17歳の高校の時から付き合っていた彼女と10年経った位の時
    俺の仕事が忙しくなり、デートもままならなくなっていた。
    いきなり、2人の部下を付けられて、定時内は、2人の後輩の指導で、
    自分の仕事は定時後にやるという事を続けていた時だった。
    その中の一人が、空気を読めない女で、
    休み中も仕事の事を馴れ馴れしくメールしてくるような奴だった。

    ダーリン休み何してる?仕事で分からない事があったら優しくね! 
    みたいな感じ。

    彼女は、黙って俺のメールをみて、会社の後輩と付き合っていると勘違いし、
    俺に連絡してこなくなっていた。
    俺は俺で、仕事の激務の疲れで深く考えられず、自然消滅かなと思っていた。

    2ヶ月くらいして、彼女の実家から俺と別れたショックで
    彼女が自杀殳未遂を起こしたと連絡があった。
    すぐに彼女の実家に行くと、彼女の両親から、よりを戻してほしいって懇願された。
    俺との結婚を楽しみにしていたし
    料理も習いに行ったりして、努力している娘が不憫で仕方ないと言われた
    彼女に確認すると、後輩のメールをみて二股かけられ捨てられたと勘違いしていた。
    俺は、別れたつもりもないと、彼女とは、結婚も考えていたと言うと
    それなら、娘を安心させるためにすぐに結婚してくれって言われて
    気が付くと寝ていた彼女までが部屋の奥で土下座している。
    お金も時間も準備がいるからって言ったら、
    こちらで費用も準備もしますのでお願いしますって
    10日で会場見つけて、親族だけで式あげて、2週間後にはハワイに新婚旅行に行った。
    ハワイに着くころには、彼女は元気いっぱいで走り回っていたんだけど
    本当に自杀殳未遂したのだろうか?

    結婚生活は、楽しいから、後悔はしてない。

    670 :鬼女の秘密 2007/02/07(水) 00:57:25 ID:IAz2SpfS0
    自分24
    彼女28

    学生時代から付き合ってて、俺の仕事の都合で遠距離恋愛を始めた。
    2年ほどメールやメッセをやりつつ、月2、3回会う関係を続けてて
    いい加減一緒に暮らしたいし、まず婚約&同棲を切り出そうかと思い
    親に挨拶をしたいと彼女に言ったらやたらキョドる。問い詰めても埒が明かない。
    前に親に会った事はあるし、親子仲が問題じゃないよな?浮氣してる?それとも俺とは結婚したくない?
    一週間ほどそれで悩んで思いつめ、予告無しに彼女の部屋に行ったら男がいた。

    あーやっぱり浮氣してたんだ。てかこの場合俺が浮氣相手になるのかな。

    なんて思って「(彼女)さんはいらっしゃいませんか?」なんて聞いたら
    「妻は今パートに出てるんですが」と返された。
    結婚してたんだ、と頭から血の気が引いたがその場は何とか撤退し
    (昔の友達で、近くに寄ったので~とか言った気がする)
    その家の近くのコンビニのトイレにたどり着き、泣きながら便器を抱きしめてしこたま吐いた。
    掃除用具を持ち出して「迷惑掛けてごめんナ、ありがとう」なんて便器に言いながら掃除までした。

    その後ホテルに泊まって、次の日に会いに来たと言ってホテルの部屋に彼女を呼び出した。
    「来るなら言ってよーw」「うん、ごめん。ところで結婚おめでとう。昨日旦那さんと会ったよ」
    って言ったら硬直した後言い訳を始めた。
    彼女が2時間ほど泣きながら話すところによると
    ・黙ってたけど2年前に結婚した(遠距離初めてすぐプロポーズされたらしい)
    ・でも実はあなたが本命なの
    ・旦那は働いてくれない
    ・私を愛してるなら離婚するから結婚して
    ということらしい。本気で意味がわからなく、別れるしかないと言う結論に俺が勝手に達したため
    「私はあなたを愛していました。、それをあなたは他の相手と結婚して、しかもそれを私に2年も黙っているという最悪な形で裏切りましたよね?
    そういうことをする相手を私は本気で軽蔑致しますし、言葉を交わしたいとも思いませんので
    今後一生私の前に現れないでください、できればこの世から消滅してくださいますと本当に助かります!」
    と笑顔付きの仕事用の丁寧語で言い捨てて、泣いてる彼女を置いてチェックアウトして自分の家に帰った。

    388 :鬼女の秘密 2017/12/23(土) 00:51:57 ID:Y500lt3U0.net
    俺の体験した話
    当時俺は彼女が居て、(今の嫁)週末は彼女が俺の部屋に泊まりに来るのが常だった
    今は治ってるが、彼女は鬱病持ちでヤンデレ気質で、俺が女と話すようなら射杀殳すような目で睨みつけるような女だった
    ある日いつも通りやることやって眠っていると、キィン、という耳鳴りで目が覚めた
    起きようとすると金縛にあったように身体が動かない
    なんだこれ?と目玉だけを動かしていると、横で寝て居た彼女と目が合った
    彼女も金縛にあってるらしく、怯えた目でアイコンタクトしてきた
    そのまま何分経っただろうか、いよいよ恐怖心が心に影を落とし始めた時、向かいの壁の上の方から女が滲み出てきた
    壁から湧いて来るような感じ
    恐怖でガクブルしながらそれを見つめ続ける
    彼女はもう泣きそう
    女は俺に狙いを定めたのか、ゆっくりと俺の方へ降りて来る
    数十秒か数分か
    女が俺に馬乗りになり、首へと手を伸ばし始める
    その瞬間、彼女が「てめえふざけんじゃねえ!!!ぶっ杀殳してやる!!!」と叫んで女に毆りかかった
    どうやらヤンデレの精神力で金縛を振り切っちゃったらしい
    毆られた女はぶわっと霧が膨張するように消えてしまったが、それでも彼女の気は治らないらしく「もう一度出てこい!何度でも杀殳してやる!!!」と大絶叫
    隣の部屋からは怒りの壁ドン
    なんとか彼女をなだめすかして事なきを得たが、彼女のキレっぷりは半端なく、落ち着かせるのに30分はかかった
    幽霊も怖いけど、生きている人間も怖いと思った出来事でした

    909 :鬼女の秘密 2019/01/29(火) 10:06:32 ID:HQMabuwG.net
    休みの日にマンションの部屋で彼女と過ごしていたときに
    台所で水のトラブルが発生したので不動産屋に電話したら
    すぐに駆けつけてくれて、台所の床に這いつくばるようにして直してくれた
    丁寧にお礼を言い、不動産屋のスタッフが帰った後、彼女の機嫌が悪い
    「あんな人間は最低」とのこと
    俺の見ていないときに何か失礼なことでも言われたのかなと思って話をよく聞くと
    「自分が悪いわけでもないのに年下の私達にヘコヘコして
    スーツ着てるのに床に這いつくばって、プライドがない」とのこと
    さらに「あなたは、部屋のせいで迷惑を被った側の人間なんだから
    文句の一つも言うべきなのに、あんなに低姿勢でお礼まで言って
    見ていて恥ずかしかった」と
    サーッと気持ちが冷めてしまった

    412 :鬼女の秘密 2018/12/15(土) 05:09:08 ID:1Ekg5cRK.net
    ドライブデートして夜に彼女の家に送る最中、野良猫の団体に遭遇した
    住宅街なせいか道路の真ん中で普通にくつろいでて、よく見たら足元おぼつかない子猫もいる
    こっちの車にもまるでビビらず
    俺も彼女も動物好きで猫カフェとかモフモフ動画とか一緒に見てたから「可愛い」と思ったけど、とりあえず猫にどいてもらわないと進めない
    助手席の彼女に「猫を道の端に移動させてくれ」と頼んだら
    「えっ?やだよ!野良猫触るの無理なんだけど」
    動物好きじゃねーのかよ!と思ったけど確かに野良猫は衛生面が心配なのもわかる
    でもこの状況じゃお前がやるしかないだろ…
    ウェットティッシュあるから、とか、最寄りのコンビニのお手洗いですぐ手を洗おう、といろいろ言ったけど拒否
    仕方なく俺が車から降りて猫を道の脇に寄せるものの、俺が運転席に戻って発進しようとするとなぜかすぐに道路の真ん中に出てくる
    30分近く1人で猫を運んでようやく発進できた
    その間彼女は「野良猫は病気持ってるのに」「引っかかれたりしてない?」「あの耳のやつ病気だよ」「よく触れるね~うわぁ」と助手席から声だけかけてくる
    この時点ですでに気持ちが氷点下でとりあえず彼女を送り届けた後に「別れよう」とライン。冷めた理由も伝えた
    そしたら「野良猫は病気が!」「目とか耳とか汚かった!」「あの猫が集会してた家が餌付けしてると思う!無責任なことして繁殖させるからさっきみたいなことに!」とかなんか来たけど
    「じゃああの場で触らずにそのまま発進して轢き杀殳せばよかったのか?」と言えば「そうじゃないけど……」とゴニョゴニョ

    確かに猫好きだからって不衛生な猫も平等に可愛がれ!は無理なのはわかる
    わかるけどもうちょっとなんかあっただろうとモヤモヤしてる
    ちなみに野良猫のくせに人馴れしてたのでお触りはもちろん身体スリスリもしてくれた

    691 :鬼女の秘密 2019/01/18(金) 11:54:36 ID:WtG
    知人Aはイケメンで学歴も年収も高い欠点のない男で、高校時代はバスケ部のキャプテンだったしモテモテだった。
    Aに見合ったハイクラスな彼女もいた。
    こういう奴は一生順風満帆で生きていくんだろうと思っていたが、高校の彼女と別れてからさっぱり彼女ができなかった。
    えり好みしてるんだろうとか、本当は𣎳モなんじゃないかとか、前カノが忘れられないんだろうとか色々言われてたが、本人はニガワライするだけだった。
    そんなAに彼女ができた。前カノとは似ても似つかないバカでブスで金遣いの荒いクズみたいな女だった。
    話を聞くと、生い立ちに同情できる部分はあったが、それを差っぴいてもクズでバカだった。100円あったら101円使ってしまうような根本的なバカ。当然借金まみれだった。
    しかしAはそいつに夢中で、Aに貢ぎ、深夜に呼び出されれば飛び起きて駆けつけ、借金を肩代わりし、浮氣されても(ブスでも浮氣できるのが凄いよな)
    「最後に俺のそばにいればいい」などとラオウのようなことを言っていた。
    みんなAを止めたがAは聞き入れず、女と付き合い続けた。A親とは勘当騒ぎまでいったらしい。
    しかし2年くらいたって風向きが変わった。女がAの真心に報いはじめた。
    お水を辞め、底辺ながらまともな仕事を探すようになり「Aのために生まれ変わる」とか言い出した。Aは喜び、A親も喜んだ。
    しかし女が工場勤務になって一ヶ月もしないうち、Aは女と別れた。

    飲んでる時Aがぽつぽつ話したんだが、どうやらAはクズみたいな女でないと忄生的にそそられないらしい。
    本人いわく「俺がいないと、こいつ明日には東京湾に浮かんでんじゃないかって思う女でないと、恋愛感情までいかない」
    だめんずうぉーかーの男版とでも言うんだろうか。
    Aはその後親に「これは本能なので仕方ない。その代わりこれから付き合うどの彼女とも結婚しないし、血族に迷惑はかけない」と約束したそうだ。
    Aは今も虚言癖のあるメンヘラブスと付き合っていて幸せそうだ。
    「一生彼女といたいけど絶対結婚しないし妊娠もさせない。親兄弟まで巻き込めないから」だそうだ。
    Aと彼女の会話を聞いたことがあるが、まったく会話として成り立っておらず(たぶん彼女は知的にもなんかある)どこが幸福なのか傍目にさっぱりわからない。
    Aの優秀な遺伝子が絶えるのはもったいないが、これはこれで仕方のないことなんだろう。

    732 :鬼女の秘密 2011/07/11(月) 20:50:40 ID:MYfRgnjR0
    >>666
    俺も似た経験がある。

    本命に落ちて滑り止めの大学に進学、半年位やる気が起きないまま通学。
    そしてちょいキツめで派手っぽい女の子に声かけられて付き合う事になった。正直、俺まだやる気起きず、彼女の事が好きかどうかも分からない状態。
    で、同じ様に彼女に絶対に来て!と言われて飲み会へ。最初から俺の事無視してガタイのいいチャラお達と騒いでいる。本当に666氏と同じ状況。

    792 :鬼女の秘密 2011/07/12(火) 03:36:17 ID:ybTWUTcJO
    彼女の誕生日の日付が変わる瞬間自分の家で寝てた

    2時頃目が覚めると着信が160回
    血の気が引いた

    934 :鬼女の秘密 2012/03/09(金) 19:05:05 ID:QD6nSEwN0
    俺自身はカップルじゃないんだけど、カップル出てくるし、このスレでも該当する気がするから書いてみる

    A=俺の昔なじみ 親がシングルマザー
    Aカノ=Aの彼女 俺とも顔なじみ

    ある晩、家でまったりしてたら電話がかかってきた。Aの携帯からだった。
    でも出たらAカノの声で、「助けて~、Aくんやめて、ぎゃああ、助けて~助けて~」と悲鳴あげてた。
    驚いてAのアパートへ直行。
    ドア閉まってたけどドンドン叩いて、携帯かけまくったらやっと開いた。
    中には顔真っ青のAと、顔面ボッコボコのAカノ。
    Aカノは俺が入ったとたん、バッグ持ってだーっと走って逃げていった。

    俺、呆然としながら「…なにがあった?」と聞いた。
    そしたらAがぼろぼろ泣きだして
    「俺、頭おかしい。病気だ。医者に行く、トシキ(←俺)ついてきてくれ」って言う。

    このページのトップヘ